July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:月曜日】MGの闘い〜上智大学戦〜

MG 三浦 あかね(2年)です。

先日の上智大学戦には100名を超える方々に観戦していただくことができました。
今回の試合は、アミノバイタルフィールドのHOME側で今シーズン初の試合ということで、「Welcome Home, Comeback Home.」というテーマのもと、皆様をお出迎えしました。
試合受付はメルマガ、LINE@を見てくださった方々からの「ただいま」とMGからの「おかえり」が飛び交うなんだか異色の空間に。
受付担当のものは「ただいま」とたくさん言っていただき、とても嬉しそうでした。
少しでも、「Home」に来た!と感じていただけたなら幸いです。



そして、今回はMGがスタンドキャプテンを務めるという初の試みに挑戦しました!
同期MGの森崎が、OBの方々のサポートをいただきながら最後まで声をはりあげ、指揮をとらせていただきました。
「緊張したけど、とても楽しかった!」
試合後、息を弾ませた森崎の言葉です。



帝京大学戦でも様々な企画を検討中です!
お楽しみにお待ちください!
私たちMGが、とびきりの笑顔でお出迎えします。


ーNEXT GAMEー

vs.帝京大学 ASSASSINS
6/24(土)
10:45 KICK OFF
@アミノバイタルフィールド

【朝ブログ:日曜日】"風"乗りジョニー

AS 永川 諒大(3年)です。

昨日、6/10(土)はとても風の強い日でした。
その風と陽気に当てられながら私は2016年リーグ戦 第3節 東京大学戦を思い出しました。
「たしかあの日も風の強い日だったな」と一人呟き、これから始まる試合に向けて気を引き締めました。

フットボールは雷以外は基本的に天候による中止が存在しないスポーツですから、その日の天候によってプレーには少なからず影響が出ます。
雨が降ればボールを落としやすくなりますし、風が吹けばボールの軌道は変わります。

プレーヤーなら「天候に左右されずにプレーする」ことが重要ですが、ASとしては「この天候をどのように活かすか」を考えます。

「追い風だからKickがよく飛ぶ」「相手は向かい風だからRunが主流になるぞ」 そんな会話をSide Lineで繰り広げながら闘っていました。

ここまで引き延ばしてしまいましたが上智大学戦の結果は、東京学芸大学の勝利!
約1ヶ月半ぶりに勝ちを掴むことが出来ました。

決して追い風ばかりではないタフな試合でしたが、チーム全体で風を味方につけることが出来たと思います。

次は約2週間後の帝京大学戦、場所は同じくアミノバイタルフィールドです。

次戦は雨かもしれませんし、真夏日かもしれませんし、また風の強い日かもしれません。
どんな天候でも「左右されない」くらい万全の準備をして、昨日掴んだ気がした上昇気流に乗って闘いに臨みます。

オープン戦最後の試合。
ぜひとも応援にお越しください!

それでは皆さん、素敵な1週間を!

【試合結果】2017プレシーズン 上智大学戦

本日の試合結果を報告致します。


アミノバイタルフィールド  13:30〜
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京学芸大学 0 7 0 7 14
上智大学 0 0 7 3 10



本日も多くのご声援、ありがとうございました。


■次戦のお知らせ----------------------
vs. 帝京大学 ASSASSINS
6月24日(土) 10:45 KICK OFF
@ アミノバイタルフィールド



【朝ブログ:土曜日】結局は、自分

OB2年目、野沢 真吾です。

そろそろ関東も梅雨入りとのことですが、毎日夏のような暑さが続いているこの1週間。
LB41 本田のように、寒暖差で体調を崩している方もおられるかもしれません。

本日6月10日(土)は、上智大学戦です。
約5ヶ月ぶりのアミノバイタルフィールドでの闘い。
会場に向かう準備は万全でしょうか。

最高気温32℃の猛暑日が予測されています。

会場は熱気で覆われることでしょう。

皆様の記憶の中で、一番暑かった日はいつでしたか?
私は、2013年のリーグ戦の初戦、帝京大学戦です。
その日の帝京大学グラウンドは熱したオーブンのようでした。
人工芝がため込んだ熱はスパイクを貫通し、日光は帽子を無視して頭皮に突き刺さってきました。

今日の選手も、暑い中闘います。

7日水曜日の深夜、全仏オープンの準々決勝がありました。
錦織圭vsアンディ・マレーの一戦。

錦織は負けましたが、フランスの地で一人で闘う姿に私は力をもらいました。

アメリカンフットボールも結局のところは個対個です。

応援はもちろんあります。
自分以外の選手、スタッフからのかけ声ももちろんあるでしょう。

ただ、闘うのは自分。

暑い中で、熱い「個」の闘いを見届けましょう!

今日も、勝ちましょう!

【朝ブログ:金曜日】いつの時代も、決戦は金曜日

幼い頃から1980年代、90年代のヒット曲を好んで聴いていたため、親から「生まれる時代を間違えたのでは。」とよく言われます。

主務 半場 梨佐子(4年)です。

いわゆる"ドリカム世代"ではありませんが、「決戦は金曜日」「うれしい!楽しい!大好き!」などは、色褪せない名曲だと思います。
時代が変わっても、人々に愛されるものは変わらず受け継がれていくものです。

今回は、決戦は金曜日 - SNAILS ver - をお送りする訳ではありませんが、上智大学戦を前日に控えた"金曜日事情"をお伝えします。

文字通り、SNAILSにとっても"決戦は金曜日"です。

準備のスポーツである以上、KICK OFFの瞬間までにいかに勝利できるTeamを創りあげられているか、Conditionを整えられているか、ぬかりない準備ができているか。
前日までの過ごし方が勝負の鍵を握ります。

リーグ戦でも、今回でも、試合が土曜日だとしたら、決戦はまぎれもない今日、"金曜日"なのです。

もちろん大学生である以上、授業も、バイトも、教育実習もあります。
1日の全ての時間をFootballに注ぎ込むことはできません。

しかし、気持ちの面でそれをすることは可能です。
寝る直前も、ぼんやりと電車の乗り換えをしている時も、身支度をしている時も。

どこかで、「明日に繋がっている」と意識する。
それだけ強い気持ちをもって臨む。

そういった常軌を逸した"確固たる意志"や"熱量"が今のTeamには必要だと強く感じます。

「そんな根性論は古くさい。」
そう思われる方もいるかもしれません。

ですが、その考え方がそもそもTeamに根付いていないのであれば、むしろ新たな視点として取り入れるべきだと考えます。

決戦である大事な1日を明日に繋げられるよう、"闘い"の意識をもって今日を過ごします。

週末はぜひアミノバイタルフィールドへ!

【朝ブログ:木曜日】めざせ!お昼寝マスター

おはようございます!!!

こんな元気なテンションで毎朝スッキリ起きたいLB41 本田 稜人(2年)です。

最近、授業の課題・練習・夜遅くまでのバイトと忙しい日々が続いて長い睡眠時間が確保できず、これに朝夕の寒暖差が重なって体調を崩してしまいました。

このブログを読んでくださっている方の中にも、睡眠時間がとれず身体を壊してしまいがちな方も少なからずいらっしゃると思います。

そこで今日は、短時間睡眠でも質の高い睡眠をとるにはどうしたらよいのかを調べてみました。

某有名検索サイトG◯◯gleで検索すると、

・22時から2時までのゴールデンタイムに寝る
・寝る際にリラックスした音楽を聴く
・入浴は就寝1時間前までに行う

などなど色々な方法が出てきましたが、その中で私が一番気になったのが、「パワーナップ」という方法です。

どんな方法かというと

「空いている時間に25分だけ眠る」

これだけです!

昼寝すればいいの?と思いがちですが、パワーナップには、「深い眠りにあえて入らず25分という睡眠時間を守る」というルールがあります。

深く眠りすぎるとそれはただの仮眠になってしまい、場合によっては余計に疲労を感じる逆効果なども生まれてしまうそうです。

しかしルールを守ってこのパワーナップを上手く活用すれば、夜は短時間睡眠でも疲労が抜けて次の朝をスッキリと迎えられるとのこと。

これはもう実践するしかない!

と思った今日この頃であります。

とはいっても、講義中には実践しないようにしなくては…。

それではまた再来週お会いしましょう!

【朝ブログ:水曜日】ムシゃムシゃ

おはようございます。

6月4日の日曜日に私にとってここ最近で涙するほど嬉しかった出来事が1つ。
私の応援している、松本 裕樹選手という福岡ソフトバンクホークスのピッチャーが初勝利を挙げたのです。
1人で嬉し泣きしました。
本当です。

ファンで良かったと強く思いました。

場所を変えれば、私もファンの皆様に支えてもらっている1人です。

SNAILSも応援してくださるファンの皆様と嬉し涙を流せるよう、全力疾走します!

…話は飛びましたが、6月4日からの1週間を巷ではなんと呼ぶかご存知ですか?

ムシ(6/4)歯予防週間です。

私は生まれてこの方ムシ歯になったことはありませんが、皆さんはいかがでしょうか。

歯が健康な人の健康寿命は長いのだとか。
アスリートも歯が健康な人の方がパフォーマンスは上がるのだとか。

ということで、今日は歯の健康にもってこいな「セロリ」を取り上げます!

どうして「セロリ」なのかって?
それは、セロリに豊富に含まれる食物繊維が歯や粘膜の表面の清掃をしてくれるからです。

また、歯を丈夫にするビタミンCとKも多く含まれています。
歯の健康維持にピッタリですね!

咀嚼回数が増えると、天然の抗菌剤である唾液の分泌量が増えます!
よく噛むことも忘れずに。

そんなセロリのオススメの食べ方は、フレンチドレッシングにいかくんを一緒に漬け込んだマリネです!

噛めば噛むほど、いかくんの旨味が出できて、とーっても美味しいです。

私が小さい頃、セロリは苦手な食べ物だったのですが、どうしてか、このセロリだけは食べることが出来ました。
それは、セロリの独特の匂いが抑えられるからかもしれません。

TR 齋藤 優香(3年)お墨付きのレシピをぜひ召し上がれ!

いくら歯にいい食べ物食べたところで、歯の健康を保つために、やはり歯磨きに勝るものはありません。
少なくとも、朝夜2回は歯磨きを!

…ということで、来週もお楽しみに!

【朝ブログ:火曜日】本場を生で見て

おはようございます。
OL79 藤井 基弘(2年)です。

先日、早稲田大学BIG BEARS vs Illinois Wesleyan univ TITANS の試合を観に行きました。

Illinois Wesleyan univ はfootballの本場であるアメリカから来日したdivision 3に所属している大学です。
早稲田大学との対戦が2017シーズンの初戦でした。

対する早稲田大学はプレシーズンで慶應義塾大学や立命館大学との試合を全て勝利しており、日本で1、2を争うレベルの大学です。

私は2Qの中盤からしか観れなかったのですが、すでにTITANS が13点ものリードを奪っており、これがアメリカか…と絶句しました。

その後も早稲田大学のオフェンスはなかなかゲインすることができませんでした。

逆にTITANS は着実に点差を広げ、パントブロックやファンブルフォースなどのビッグプレーを量産して付け入る隙を与えませんでした。

TITANSの選手たちは自分のチームの選手がハードヒットをすればサイドラインにいる選手は自分のことのように喜んだり、QBサックをすれば非常にシビれるセレブレーションをしたりと興奮する場面がたくさんありました。

人生で頻繁に観ることができない、アメリカの大学のfootballを生で見れて、入場料2000円の価値は見出せたと思います…。

私も本場を意識して喜怒哀楽をフィールドで表現していきます。
タッチダウン後のセレブレーションにご注目ください。
タッチダウンを獲った選手よりも嬉しさを表現します!

【朝ブログ:月曜日】戦国時代を生き抜く

MG 三浦 あかね(2年)です。

最近、各コンビニのカフェラテを飲むのにハマっています。

きっかけは、
ローソンの「人気の秘訣は、ミルク」というキャッチコピーを見たこと。
甘くてクリーミーな味なのかなぁと想像し、思わず買ってしまいました。

カフェラテにさらにガムシロップまで入れると、甘党の私も文句はない甘さ。
とっても美味しいです。

それからというものローソン以外のコンビニでもカフェラテを買うようになりました。

コンビニごとに、ミルク感が強かったり、コーヒーの主張が激しかったり、味に差があります。

また、作り方にも違いがあります。
元々凍らせた甘い粒がカップに入っていて、コーヒーを注げばカフェラテができるようになっているセブンイレブン。
お店の人が全て作ってくれるローソン。
コーヒーマシンに専用のスイッチがあり、全てセルフサービスのファミリーマートとサークルKサンクス。

他との差別化を図る取り組みもあり、例えば、ローソンでは通常の2倍サイズのメガアイスカフェラテが販売されています。
購買欲がそそられる!!!

コンビニが競い合っているコンビニ戦国時代の今、どんなメリットがあれば自分たちの所で買い物をしてもらえるか、各コンビニは考えに考えているのでしょう。

競争率が高いほど、差別化を図ろうとし、質の高い商品が出来上がります。

それはコンビニだけでなく、関東大学リーグでも同じ。

フットボールの会場でも、マネージャーたちは他の大学が観客にとってどのような魅力的な取り組みをしているか気にかけ、対戦相手をライバル視し、高め合っています。

コンビニは、セブンイレブン一強説が浮上しています。

将来的な目標は、関東大学リーグは学芸1強と言われること。

そのためにまずはBIG8で一強。

メディア担当として、
ローソンのキャッチコピーのような魅力的な一言で、観客の皆様の心を掴み、取り組みで他を圧倒したいです。

そして、対戦相手にフットボールでも、スタンドの盛り上がりでも勝てるよう努めていきたいと思います。

【朝ブログ:日曜日】もう待てない!

実家から最寄り駅までの最短ルートの道中で工事が始まったため、回り道を余儀なくされているAS 永川 諒大(3年)です。
この工事の終了も「もう待てない!」といったわけですが、私が「待てない!」と思っているものは他にもあります。

それはもちろんNFL!
2017-2018シーズンが始まるのは本日6/4(日)から96日後だそうです。
96日…。

その時間が途方もなく遠く感じた私は、96日前を思い出して現実逃避することにしました。
96日前は2/28(火)!
東京学芸大学の前期試験が終わった頃です。

それからの96日間を思い出すと様々なことがありました。
旧4年生との別れ、Freshmanとの出会い、新たなチームでの初試合、初勝利、初敗北。

その中で私自身はどうでしょうか。
20歳の誕生日を迎えて、学年が1つ上がって、それだけで成長した気がしているだけのように思います。
それは恐らく私だけでなくチーム全体にも言えることでしょう。
「成長したな」と思うプレーヤーもいれば「もっと出来るのに」と思うプレーヤーもいます。
同じ時間が流れているはずなのに、です。

96日が過ぎればNFLが始まると同時にBIG8のリーグ戦も始まります。
「もう待てない!」という気持ちの中には「早く来てくれ!」という思いと、「成長するまで待ってられない!」という思いがあります。

96日前と96日後を自由に行き来できるのは頭の中とブログの上でだけです。
私たちに出来るのは1日1日時間を成長を積み上げていくことだけです。

96日後にこのブログを読み返して、「あの時から圧倒的に成長したな」という自信をチーム全体が得られるような濃密な時間を過ごします。 それでは皆さん、素敵な1週間を!

<<back|<123456789>|next>>
pagetop