September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【朝ブログ:日曜日】クツヒモ・エフェクト

愛用のスニーカーの靴ひもがほどけやすくてイライラしています、AS 永川 諒大(3年)です。
靴ひもを濡らすとほどけづらいという説を聞いたことがありますが、雨の降っている日でもほどけるときはほどけるのであまり信用していません。
デザインは良いものの、毎日のように靴ひもがほどけるその靴は、そろそろ買い替えようかなと思っています。

そんな超個人的な内容は置いておいて、いつもの日曜ブログに戻りましょう。

昨日で、NFL2017のPRESEASON第1週の試合が全て終わりました。
HOFゲームと同じようにレギュラーメンバーが出場するわけではありませんでしたが、見ごたえのある試合が多くありました。

PRESEASONの試合を観る上で私が注目しているのは「新しいメンバー」です。

1年目のルーキー、新しくチームに移籍してきたプレーヤー。
9月から始まるSEASONに向けて、コーチ目線で新しいプレーヤーを発掘していく作業は楽しいです。

第1週の試合の中で、私が一番注目していたのは、ジャクソンビル・ジャガーズvsニューイングランド・ペイトリオッツの試合です。

私はジャガーズのルーキーRB27 レナード・フォーネットに注目していたのですが、それ以上にペイトリオッツのDB陣のマズさが際立っていました。
CBのイージーミスによるロングゲインが多く見られ、結果は31-24。

ペイトリオッツ・ファンとしては若干不安が残る試合でしたが、逆にジャガーズ目線で言えば収穫の多い試合となりました。

「地区優勝争いにも食い込めなかったチームvsスーパーボウルを制覇したチーム」 であっても、メンバーによってはこのような結果が出るのがフットボールの面白さでもあり、怖さでもあります。

PRESEASONの1試合でも、不安を覚えればSEASONに影響していくことがあります。
靴ひもがほつれるように、ちょっとしたことが要因となって、チームそのものが崩れていくことはフットボールに限らず、全てのスポーツで言えることです。
そうなってしまったチームを再建していくための手立ての1つに「メンバーチェンジ」があります。

SNAILSでも、Football Camp、そしてSEASONが近付いてくるにつれて、SEASONで出場するメンバーが固定されつつあります。
その裏で選ばれないプレーヤーがいるのもまた事実です。
しかし、選ばれなかったメンバーもチームに与える影響力がゼロになったわけではありません。
チームが波に乗れないとき、何か不安要素を抱えているときに、起爆剤となるのはそういったプレーヤーかもしれないのです。

一度ほどけた靴ひもがその日の気分を決めるように、何が物事に影響を与えているかはわかりません。

どんなプレーヤーでもスタッフでも、その行動全てがチームに繋がっているということを自覚しながら、SEASONに向けて日々邁進していきます。

それでは皆さん、素敵な1週間を!

【朝ブログ:土曜日】国士舘大学戦の夢を見ました。

OB2年目、野沢 真吾です!
一昨日のことですが、国士舘大学戦の夢を見ました。

時間は夕方。
ディフェンスの一場面で、DB47 仲村 佑樹(4年)がインターセプトからリターンタッチダウンを決めたところでした。
次の試合に向けサイドラインの端では東京大学が待ち構えていたので、第4Qも終盤の頃だと思います。

仲村がサイドラインぎりぎりのところを駆け抜けエンドゾーンまで走り込み、審判がさっと両手を挙げたところで目が覚めました。

勝った。

詳しい点差はわかりませんが、「勝った」とそう確信し、興奮を抑えるために一杯の水を飲みました。

実は去年の第1節 帝京大学戦の前にも、同じように試合に勝った夢を見ました。

ただし実際の試合では、28対30という僅差でSNAILSは敗北しました。

「死亡フラグ」という言葉があります。

アニメや映画の登場人物が、これをしたら死んでしまうという行為を指して言われます。

よくある具体的なものは戦争に行く前に結婚を宣言することで、大抵その人物は死んでしまいます。

私が見たこの夢はSNAILSの死亡フラグなのでしょうか。

私はそうは思いません。
冷静になって考えてみたときに、負ける前に勝つ夢など見るものでしょうか。

去年は夢を見た時点ではSNAILSの勝利が決まっていたが、試合までのどこかで帝京大学の総合的な取り組みが上回ったのだと、そう私は考えています。

だから、現状に満足せず、日々進化する取り組みを続けていれば必ず勝てるのです。

私の同期の主務 中野渡が言っていたことを思い出しました。

「勝つ可能性は最初からある。ただ、その後によくない練習や取り組みをすると、勝つ可能性は減っていくんだ。」

考えてみれば当たり前のことです。
ただそういう当たり前の中に、勝利はあるのだと思います。

今日も生きましょう!!

【朝ブログ:金曜日】その責任を、背中で

最近、私が1年生だった頃の4年生の先輩方が、コーチや1人のOBとしてグラウンドに来てくださる姿を見て、しみじみと時の流れを感じています。

主務 半場 梨佐子(4年)です。

3年前、何もかもが初めての経験ばかりだった当時。
4年生の先輩方は、その威厳と貫禄と、力強さで、1年生とは良い意味での距離感がありました。

フィールド外での優しさとはうって変わって、練習が始まると途端に荒々しくなり、時間入れの声すらかけにくい始末。
自分には無い"本気度"に、近づきにくさを感じると共に、その真剣さ、周りを引き付けるパワーに恐れに近いような、憧れの念を抱いていました。

そして、自分の学年が上がるにつれ、お世話になった先輩が次々引退されていく中で、増えていった不安。
と同時に、自分の中での当事者意識は増す一方で、それでも先輩方に頼りきりだった昨年。

今年になって4年生として迎えた初めての練習では、「やってやるぞ。」という気持ちよりも、内心は臆病な弱さでいっぱいだったのを昨日のことのように思い出します。

冒頭で述べたように、これまでお世話になった先輩方は今も違う立場で、私たちを存分にサポートしてくださいます。

しかし、2017SNAILSの4年生は、私たち26人しかいません。
そう考えると、その責任の重さは計り知れないものです。

夏から秋、冬にかけてリーグ戦が進んでいく中での闘いは、4年目の意地を懸けて、全て後輩のため、未来のチームのためにあります。
どのような結果でも、12月には現役部員を終える身で、苦しい道を後輩に残す訳にはいきません。

とは言え、まだまだ未熟な私たち。
克服するべき課題で溢れている、情けない現状があります。

それでも、何か1つでも多くのことを後輩に残せるよう、Player/Staff関係なく、がむしゃらに、ひたむきに、闘い続けます。

【朝ブログ:木曜日】あぁ、栄冠は◯◯に輝く。

最近、耳掃除は耳かき派から綿棒派に変わりました。
QB93 遊佐 一樹(2年)です。

8月7日、高校野球夏の甲子園が開幕しました!

今年の開幕戦は、9年ぶりの公立校対決。
彦根東(滋賀)が阿佐見(長崎)を6-5のサヨナラ勝ちで下しました。

開幕戦からドラマのある甲子園。
高校球児たちの底知れないパワーには感服です!

「普段は野球なんて見ないけど、甲子園は見ちゃう」という人をよく聞きます。

なぜ、高校野球になると引きつけられてしまうのでしょうか。

私にとって、肌にまとわりつくような湿った空気と、ジリジリとした日差しにさらされながら白球を追いかける甲子園球児たちは、いつになっても自分よりはるかに大人びて見える眩しい存在です。

甲子園球児たちに対する思いは人それぞれでしょうが、その「本気」は誰しもが認めるものではないでしょうか。

冒頭の彦根東や甲子園の歴史を彩る名試合も、球児たちの「本気」が作ったドラマだと思います!

甲子園球児たちからは学ぶことばかりです。

SNAILSの練習では、最初の1プレーにどれだけ懸けられるかを大事にしています。

1プレー目から、ウォーミングアップから、試合を想定できているか、対面をイメージしているか、そこに部員それぞれの「本気」が表れます!

「本気」の集団は秋にとんでもないドラマを巻き起こすはずです!

甲子園ボウルを目指して今日もグラウンド駆け回ります。

また再来週お会いしましょう。ありがとうございました!

【朝ブログ:水曜日】果報は寝て待たないでください。

台風が過ぎ去り、昨日はまた暑い1日でしたね。

月曜日の練習の帰り、雨が降っていなかったため自転車で帰宅したところ、家を目前にして土砂降りにあいました。

夏の気まぐれ空に振り回されています、TR 三友 真梨(2年)です。

早速ですが、タイトルに「んっ?」と思った方、いらっしゃるのではないでしょうか。

「果報は寝て待て」なんじゃないの?

ちょっと余談ですが、「果報は寝て待て」の「果報」を「家宝」と書いてしまうのはよくある間違いです。

やるべきことをやったら、その良し悪しはどうなのかという結果を待つ際、慌てず焦らず、落ちついているのが1番だ、という意味です。

終わってしまったことの結果は、その結果が出るまで気にするな、ということでしょうか。

寝て待つのが一番、寝て起きたら結果が待っている…

寝て待っていてはだめなんです!!!

皆様、「睡眠の質」というものを考えたことはありますか?

お仕事や学校がお休みの日にいつもより沢山寝て、昼過ぎに起きたりしたこと、ありますよね。
こんなことが毎週の習慣になっていませんか?

はたまた、夜更かしをしてしまって翌日無理矢理目覚ましで起きる生活を送っていませんか?

これらは、「睡眠の質」を低下させてしまう要因です。

人間の睡眠サイクルは1.5時間と言われています。
この倍数の時間を睡眠時間に当てることで、普段より朝スッキリ起きることができるのです。

そして毎日、できるだけ同じ時間に就寝し、同じ時間に起床することで皆様の身体に睡眠サイクルを作り、毎日良い睡眠を取ることができるのです。

私も、最近7.5時間睡眠を習慣づけるようにしたところ、朝目覚ましがなくてもスッキリ起床できるようになりました。

スッキリ起きられると何が良いかって?

個人的に一番良いのは、日中眠くならないことです!
これで今後、授業中も眠たくならない…はずですね。

疲れが溜まりやすい夏だからこそ、良い睡眠から良い1日を作っていきませんか?

寝て待ってはだめ、結果は作るもの、素敵な睡眠は作るもの!

素敵な1日は、こういった良い睡眠から作れます。
ただなんとなく起きて過ごす、そんな1日ではなく、良い1日を寝ている間に作ってみてください。

皆様の快適な睡眠を願っております。
ではまた来週お会いしましょう!

【朝ブログ:火曜日】君の筋肉をたべたい

台風5号のようなノロノロしたペースでしか課題が進まない自分に嫌気がさしています、OL73 田中 優太郎(3年)です。

先日、久しぶりに読書をしてみようと思い、本屋に足を運びました。
タイトルからわかる人もいると思いますが、買った本は『君の膵臓をたべたい』。
実写映画化もし、今最も注目されている本の1つです。

膵臓に重い病気を患い余命僅かな女の子と、【僕】との物語ですが、なんとも切なく涙が止まりませんでした。
ぜひ皆さんにもオススメしたい1冊です!

さて、なぜこの話をしたかというと、本の冒頭で、女の子が【僕】に「君の膵臓をたべたい」と言うからです。
これは、身体の中の不調な部分を治すには調子の悪い部分と同じものを食べるのがいいという、同物同治の考えが中国から伝わってきたものだそう。

私は、この物語にとても感動しましたが、その一方でとあることを考えていました。

「君の筋肉をたべたい」

さあ、この「君」とは誰なのか。

それは、DL10 松崎 淳平(3年)です!(以下 松崎)

松崎はDLの中のNGをやっていて、Cの私とは対面の関係なので練習中からよく当たります。
NG、CはそれぞれDF、OFの最前線にいるラインマンの中心にいる人です。

松崎の武器はスピードとパワーだと私は感じており、100kgを超えているとは思えない速さでぶつかってきて、そのまま強靭な肉体で私の身体をコントロールしてきます。
今はそのスピードとパワーに対抗できず、勝っていると感じたことはほとんどありません。

松崎に勝つために、どこをどうすればいいか、やられて嫌なことは何かなどを本人に聞いていますが、それでもまだまだ壁は高いと感じています。

本気で身体を追い込んでトレーニングして、本気でフットボールに向き合える。
この両立ができるのは8月の間だけです。

この初戦までの1ヶ月で速く強く当たれるようになり、松崎よりも強くなってリーグ戦を迎えたいです。

それができるようになる一番の近道は、地道で辛いことをコツコツやること。
リーグ戦で結果を出すためにやるべきことをやっていきます。

しかし、やはりそれでも、強くなるために

「君の筋肉をたべたい」

そう思って止みません。

今週も読んでいただきありがとうございました。
再来週もよろしくお願いします!

【朝ブログ:月曜日】温かい背中から感じたもの

最近、照屋コーチに「丸くなった?」と言われたり、先輩に「泥団子」と呼ばれたりして日々悲しい気持ちに浸っておりますが、万全の日焼け対策をし、全力でグラウンドを駆け回っています。
MG 福谷 茉裕子(2年)です。

先週、現役部員6人で、SNAILSのOBである関根 史朗さんの勤める小学校へ行き、子どもたちと『フラッグフットボール』をしてきました!



『フラッグフットボール』とは、先週お伝えしたタッチフットとも異なり、ボールを持っている人の腰に付いている旗「フラッグ」を取り得点を競うスポーツです。
体育館中を元気いっぱいの子どもたちと一緒に駆け回り、とても楽しい1日を過ごしました。

『フットボールで使うボールって楕円の形をしてるよね、幼い頃に円形以外のボールを触ることも大事なんだよ』
『先生の先輩として言えることで、日々の日記を書くことも重要なことなんだ。あの日はあんなことがあったな、こんなことを学んだなって、思いだすことができるでしょう。アウトプットすれば、またそれは「経験」になるよね。』

この日、史朗さんからいただいた言葉がとても心に残っています。
どれもその通りだと、強く感じられたから。

きっと人が「成長」するには、いつもと違う経験をしたり、日々のフィードバックを行ったりすることはとても大切なことで、そんな小さいことの積み重ねが私たちにとって大きな前進につながることでしょう。

そして最後にもう1つ、
『「ありがとうございます」が言えることは大事。そして、「また次回もよろしくお願いします」と言えることは、もっと大事。』
そんな言葉をいただきました。
素敵な経験は1度では勿体無いです。
また次も。
今日も1つ、貴重なことを学び前進できました!

そして、このようなことを気づかせていただいた関根さんへ「向日葵」を送りたいと思います。
花言葉は「憧れ」。
熱い気持ちを胸に持っている方で、この日私たちに大事なことをたくさん教えていただきました。

今日も読んでいただきありがとうございます。
また来週も、よろしくお願いいたします!

【朝ブログ:日曜日】「頭」と「身体」、フットボールの全部

AS 永川 諒大(3年)です。

先週、先々週とアナウンスしてきました、HOFゲームが日本時間の8月4日(金)に行われました!
皆様、もうチェックされましたか?
日本にいるとなかなか観ることができず、結果や速報だけをチェックしていたという方も多いかと思います。

私はあそこまでプッシュしただけに、LIVEでじっくりと観戦しました。
「まだ観てない!」「これから観ようと思った!」という方々のために、結果を発表するのはここでは控えさせていただきます。

しかし、結果は発表しないものの印象に残ったプレーヤーがいましたのでそちらは紹介します。
それは、ダラス・カウボーイズのTE80 リコ・ゲイザーズ・シニアです!
「誰?」という声が聞こえてきそうですが、それもそのはず、NFL Draft 2016を経て入団した、まだ2年目の新人プレーヤーです。
ゲイザーズの特徴はなんと言ってもその経歴。
何と13歳以降フットボールの経験がないのです!
カレッジ時代はベイラー大学でバスケットボールのプレーヤーとして活躍していたそうです。

日本のXリーグでもNFLでも大学からフットボールを始めたというプレーヤーは、少数ですが存在します。
しかし、ハイスクールでもカレッジでも経験がないとは…。
私は初めて聞いたタイプであり衝撃を受けました。

しかも、ゲイザーズは本格的にフットボールを初めて2年目にしてHOFゲームに出場し、Touch Down Pass Recieveを決めていたのです!
「こんなヤツがいるのか…。」と気が遠くなる思いがしました。

NFL Draft 2016でのゲイザーズの評価は「フットボールの基礎を学ぶ必要があるものの、フィジカルやアジリティ、スピードはNFLで通用する」といったものでした。
ハイスクールからフットボールを続けてきた多くのTEを差し置いて、です。

私は日頃から、フットボールは「頭」の勝負だ、と言っています。
少なくともASという立場から見れば、「頭」がものを言うスポーツであると思っています。

しかし、ゲイザーズを見ているとフィジカルやアジリティといった「身体」の重要性を再認識させられます。
それは簡単には鍛えられないものだからこそ、重要なのかもしれません。

SNAILSの練習も、先週から本格的にフットボールを再開し、「頭」のトレーニングが増えてきました。
NFLのような超一流プレーヤーは当然一人もいないので、「頭」のトレーニングも簡単ではありません。
しかし、それだけを鍛えていても勝つことはできません。

「頭」も「身体」も一流であること。
本当に初歩的なそんな目標を、夏の暑さに負けて汗と共に流してしまわないように、強く胸に刻んで強くなります。

それでは皆さん、素敵な1週間を!

【朝ブログ:土曜日】今食べている量の倍を食べる

OB2年目、野沢 真吾です!

今週は気温が下がり過ごしやすい日もありましたが、週末は再び30度を超えるじめっとした天気が続くようです。
水曜日木曜日と、朝ブログでは夏バテ解消の食べ物を紹介していましたが、皆様食は進んでいるでしょうか?

ただでさえ体重が減りやすいこの時期、フットボーラー、とくにラインマンは夏バテなど吹き飛ばし、今まで以上に食べなければなりません。

また、入部して3ヶ月ほどのFreshmanも食べて食べてサイズアップしなければなりません。

OBの皆様は現役部員の頃、どのように体重を増やしていたでしょうか?

食べているものは違えど、量にこだわるという部分は今も昔も同じなのではないかと思います。

私は自分の胃をビニール袋だと思っています。

夕方のニュースの特集で、「激安詰め放題」などと銘打って、食べ物や衣服を袋に詰め込んでいる映像を見たことはないでしょうか。
プロのおばさんは、まず最初に袋を伸ばせるところまで伸ばしてから闘いに向かいます。

胃も同じで、より多く食べたいならば、まずは量を食べて胃を大きくする必要があります。

先日、FreshmanのLB 浅井 貴敦ほか何名かと食べ放題に行ったのですが、まだまだ食べる量が少ないなと思いました。

今まで食べていた量の倍以上食べないと、そうそう大きくはなりません。
当たり負けない身体のため、身近な食事から意識していきましょう!

写真はフリーズしてしまった浅井です。 1回限りではなく、今日もたくさん食べろよ!

【朝ブログ:金曜日】(連絡)明日の練習は中止です

と、タイトルのようにもし突然言われたとしたら。
今の現役部員は何を思うでしょうか。

「いや、どうにかして練習がしたい。」
「久しぶりに遊べて嬉しい!」
「よし、その時間をスカウティングに充てよう。」

考えることは人それぞれでしょう。
しかし、もしリーグ戦開幕を後1ヶ月に控えたこの大事な時期に、こういった取り組みをした場合、練習だった時間をどれほどFootballのために使えるのか。

その取り組みレベルが今のチーム状態であり、現状における練習外の時間の使い方に表れているように思います。

主務 半場 梨佐子(4年)です。

先週お伝えしたように、いよいよ夏休みに突入し、Footballが始まりました。

とは言え、グラウンドの使用が限られている現状で、全員でまとまって練習ができる時間は1日多くて3時間。

専用グラウンドがあり、全体練習よりその後に各自で課題を克服するために使う時間の方が長いという強豪チームの話を聞いた際は、環境に驚いたのと同時に、私たちではそこまで時間を割けるだろうかと思わず考えさせられました。

大学生として、もちろん他にやりたいこと、やるべきことはあります。
Football関連のことだけが、1人のPlayerを、1人のStaffを成長させる訳ではないでしょう。

しかし、どのチームもそれぞれの本気をもってして最大限の準備をするこの期間だけは、腹をくくって、Footballに捧げるべきではないでしょうか。

今の課題は、そこにあります。

この数日間の取り組みを見ていて、グラウンド時間外にもっとできるし、もっとやることがあると強く感じています。

そういったグラウンド外の時間に、まだ闘志を燃やす場では無い時に、試合のフィールドで闘うイメージをより作ることができた人ほど、練習に入った瞬間の"目"が変わっているように思います。

先週のブログで述べた、練習は"試合"であるということ。
その思いを常に忘れず、"試合外"の時間の使い方から、"試合"をつくっていきます。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop