March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:木曜日】新しい力

花粉症にとっては辛いこの時期、フットボール中、ぶつかる度に鼻水が飛び出してしまうDB27 津野 聡史(3年)です。

トレーニング期間が終わりフットボールが始まると同時に、合格発表などで新入生と関わる機会が増えてきました。

新入生と関わるとそのフレッシュさに圧倒されてしまいますが、同時に自分がフットボールを始めてから2年も経つということに驚きを隠せません。

フットボールを始めるにあたって、様々なことで悩みました。

勉強のこと、バイトのこと、通学時間のこと…あげればきりがありません。

しかし、この道を選んだことに後悔は全くありません。

「俺はお前とフットボールがしたい。」と私をこの道へ導いてくれたLB52 野澤 柾斗(4年)のように、迷っている新入生を後押しする存在になりたいと思います。

何か新しいことをしたい。
何かに熱中したい。
一生の仲間を作りたい。

そんなあなたを私たちは楽しみに待っています!

【新入生応援特集 Vol.3】習うより作ろう

教育支援過程 教育支援専攻 カウンセリングコースのMG 保坂 実生(3年)です。

ひと月前は自分の専攻学科について紹介させていただきました。
今朝、ふとこのブログの人気記事ランキングを見ると、4位のところに自分の記事のタイトルが。

恥ずかしくも、とても嬉しい気持ちで今日をスタートすることができました。
ご愛読いただきありがとうございます。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。
今回のテーマは「一人暮らしに役立つ情報」です。

私は群馬県の小さな村に生まれた田舎者で、「東京での一人暮らし」に並々ならぬ期待と不安で胸がいっぱいでした。
そんな私が一人暮らしを目前に控えたとき、母親に最も心配されたことは「自炊」でした。

高校生まで、料理はおろかリンゴの皮むきすらもままならなかったような私です。
「そりゃ親も心配になるわ。」と今になってしみじみ思います。

新入生の皆さんの中にも、自炊に関して不安に思う人が多いのではないでしょうか?
そんな皆さんに伝えたいことはただ一つ。
「習うより慣れろ」です。

何を始めるときにも共通して言えることですが、どんなに上手くなるための知識やスキルを頭に詰め込んでも、実践なくして上達はしないのです。
最近ではSNSで「レシピ動画」をよく目にします。
そういったものを見て、「おいしそう」と思ったらまずは作ってみましょう!

「一人暮らしに役立つ情報」をお教えするはずが、かなり抽象的なアドバイスになってしまいました…。
最後に、役に立つかは分かりませんが私の思う万能な食材をご紹介します。
それは「片栗粉」です!

とろみをつける時に使うイメージがあると思いますが、使い方は様々です。
大根やじゃがいもと混ぜて焼けばモチモチ触感のおかずが簡単に作れます。
また、お豆腐と混ぜればヘルシーな「なんちゃってわらびもち」も。

これより先は某Foodieブロガーにバトンタッチすることにします。
それでは皆さん、充実した一人暮らしを!

【朝ブログ:水曜日】太陽の樹の産物

おはようございます!

今日も爽やかに水曜日のFoodieブログをお届けします。どうも、TR 齋藤 優香(3年)です!

今日は3月15日。
早いもので3月も、折り返しですね。
行く1月、逃げる2月、去る3月とよく言われますが、私にとってこの3ヶ月は本当にざーっと流れるように過ぎていった気がします…

そんな折り返し地点の今日は、「オリーブの日」。
1950年の今日に昭和天皇が小豆島町でオリーブの種を植えたことに由来があるのだとか。

オリーブには、抗酸化作用のあるビタミンE、さらには生活習慣病の予防や改善にもつながるオレイン酸という脂質が多く含まれています。

このオレイン酸は熱にも強く、オリーブオイルとして使う際に加熱をしても、他の植物オイルに比べて栄養価が高いままでお腹の中にはいってくれます。
火を使って調理するのに、ピッタリですね。
もちろん、摂りすぎは禁物ですよ!

また、オレイン酸の不足はニキビなどの肌荒れを増進させる可能性もあります…

もちろん、オリーブオイルだけでなく、オリーブの実を食べても同様の効果は得られます。

脂質が気になるのであれば、オリーブの実を料理に使ってみるのもいいかもしれませんね!
例えば、ポテトサラダに刻んで入れてみるのはどうでしょう。
ぜひ、お試しください。

ちなみに、「飲むオリーブオイルの日」は10月3日なんだとか…
世界には色んな記念日がありますね!

来週もお楽しみに!

【新入生応援特集 Vol.2】スキマやる気スイッチ

初等教育教員養成課程 学校教育選修 AS 永川 諒大(3年)です。

まずは、新入生の皆さん、合格おめでとうございます!
長い入試がようやく終わり、一息ついている頃でしょうか。

これを機に一人暮らしを始めるという方も多いと思いますが、私の周りでは実家から大学に通う、いわゆる「実家生」も多くいます。(私が所属している学校教育選修の3年生は実に7割が実家生です!)

実家生の共通の悩みはやはり通学時間! 一人暮らしの学生が10分足らずで登校している中、1時間も2時間も早く起きて家を出るのですから、その時間をいかに有効に使うかが勝負の分かれ目です。

私は電車を2つ乗り継いで通っており、1つの電車に乗っている時間は15分ほどしかありません。
1年生の頃はその時間を有効に活用出来ているとは言えず、悶々としていました。
2年生になって、授業も増えてくるとその15分、あるいは電車を待つわずかな時間に出来ることがあると気が付きました。1つ目の電車の15分、電車を待つ10分、2つ目の電車の15分、その時間で課題やレポートに取り組めるのです。
家に帰ってからは何かとサボりがちな勉強も、強制的に短く区切られた通学時間なら集中できます。
受験を終えたばかりの皆さんに、また受験テクニックのような話をしてしまって申し訳ありません。
しかし、部活やサークル、バイトなど新しいことが始まるからこそ、隙間の時間を上手く使って勉強してもらいたいな、と思うのです。

何やら小難しい話ばかりしてしまいましたが、大学生活では楽しいことがたくさん待ち受けています。
入学当初に全然友達が出来なくて焦っていた私が言うのですから間違いないです。

遊ぶ時間も勉強する時間も、それらの隙間の時間も目一杯使って存分に楽しんでください!

【朝ブログ:火曜日】肝は下半身と体幹にあり

おはようございます!
風邪により体重が落ち、危機感に追われながら飯トレに励んでおります OL79 藤井 基弘(2年)です。

先日、LIXIL DEERS の皆さんと合同でトレーニングをする機会がありました。

1番最初に対面して本当に驚いたことは、ラインマンだけでなく、全体的にプレーヤーの皆さんの身体が大きいということです。

やはり、日本のトップレベルの選手が集まっているだけあるなと、自分の身体の小ささに愕然としました。

お話をさせていただいたOLの方の体重をロスターで拝見するとほとんどが120キロ近くありました。

ただ体重があってお腹が出ているのではなく、腕も丸太のように太く、下半身もズッシリとしており、この身体に少しでも近づきたいと心から思いました。

しかし、今から新しいことに手を出しすぎて混乱し、結局単調なウエイトトレーニングになってしまいそうです。

「どのようなウエイトトレーニングをしてますか?」と率直に聞くと
「下半身と体幹が本当に大事だから、その2つを中心にやっている」とお答えいただきました。

私たちもスクワットや体幹は当たり前のようにやっています。
しかし、その重要度がわかってやっていたかと言われると実際にはそうではありません。

今まで行っていたウエイトトレーニングのメニュー1つひとつを改めてどの部位に利かすのか、どの動きに必要だからやっているのか、ということを自問自答しながら、自分の身体と向き合い、鍛えていきます。

合同トレーニングのおかげで、何か漠然とですが、強くなるためのヒントのようなものを得られたような気がします。

LIXIL DEERSの皆さん、ありがとうございました。

【新入生応援特集 Vol.1】スタートダッシュ

初等教育教員養成過程 国語選修のMG 小金澤 晴花(3年)です。

受験生の皆さん、長い間お疲れ様でした!
推薦入試、前期試験で合格を掴んだ方、おめでとうございます。
後期試験まで一生懸命頑張ったあなた!
結果が気になるところではありますが、ここまで頑張ってこれたことは本当に価値のあるものだと思います。

1月から昨日まで、皆さんの受験勉強のお役に立てればと【受験生応援特集】をお届けしてはやくもVol.71までになりました。

大学入試センター試験から2次試験対策、試験前の過ごし方をSNAILS部員の経験談をもとに書いてきました。
大学に入学したら、このブログを書いていた部員に出会うかもしれませんね!

たくさんの出会いがあるのが大学です。
どう過ごすか、何をするかは皆さん次第です。

明日からは、これから大学生になる準備をする皆さんに向けて【新入生応援特集】をお届けします!

意外と知らない東京学芸大学の豆知識、一人暮らし必見の情報、第2外国語の選び方など、お得な情報を発信していきます。
一足はやく色んな情報をゲットして、素敵な大学生活のスタートダッシュをきりましょう!

明日からもどうぞお楽しみに!

【朝ブログ:月曜日】花粉症にはかかりたくない!

おはようございます。
月曜朝ブログ担当MG 三浦 あかね(2年)です。

最近は花粉が多く飛散しているのでしょうか。
部員が花粉で苦しんでいるのをよく見かけます。

マスクを2重にしてグラウンドを走っているスタッフ。
息苦しくて大変そうです。
練習用にグラウンドに持ち込むティッシュの減りがはやいのも、もしかしたらプレーヤーが花粉症で苦しんでいるからかもしれません。

自分は今まで、花粉症にかかった経験がありません。
しかし、発症のピークは20~30代。
これから花粉症になる可能性は十分にあります。

ところが田舎育ちの私は、「花粉症にはかかりたくない!」というよく分からないプライドを持っているのです。

生活の環境や習慣で体質は変わるので、気をつけていこうと思います。

日常の小さな積み重ねで、身体の性質である体質は変わります。
それと同じように、毎日どのように過ごすかで、考え方やそれに基づく行動も変わるでしょう。

「自分はこの1年間でどう変われただろう」

そう考えた時、果たして自分は成長することができたのか、疑問に思いました。

最近、
「先輩がいないと自分は何もできないじゃん...」と自分自身を振り返るタイミングがあったのです。

その時、改めて先輩の大きさを知りました。
そして何もできない自分に無力さを感じました。

仕事をまだあまり知らないとはいえ、もう2年生。
先輩になります。

この1年間は先輩からいろいろなことを吸収する1年間にしたいと思います。
教えていただく仕事を覚えるだけでなく、仕事を普通にこなしている先輩をよく見たい、そう考えています。

以前、ブログで関わりを持った人たちを大切にしたい、と決意しました。
その思いを形にするためにもスキルアップに努めます。

【受験生応援特集 Vol.71】笑顔の花を!

初等教育教員養成課程 国語選修のMG 森崎 瑠菜(2年)です。

前期試験で合格を掴み取った皆さん、おめでとうございます!
皆さんの努力が報われたことを思うと、私も自分のことのように嬉しいです。

そして、後期試験を控えている皆さん、ここが勝負どころです。

思い返せば1年前。
同じ高校の友達が東京学芸大学の後期試験を受けるということで、卒業式の直後、一緒に面接練習をした記憶があります。

短時間で簡潔に話せているか、質問に対する答えになっているか、文章の丸暗記ではなく言葉のキャッチボールができているか。

面接で重要なポイントが押さえられているかどうかは、自分1人ではなかなか気づけないものです。
だから皆さんにも、友達や先生、家族に見てもらい、客観的なアドバイスをもらってほしいと思います。

そして、最も重要なポイント「笑顔」を忘れずに!
面接は皆さんが自分自身をアピールする、最大のチャンスの場です。
笑顔で話すことにより、面接官に好印象を持ってもらいましょう!

もちろん、面接が課されていない皆さんにも、意識してもらえたらと思います。
試験当日は誰でも緊張し、無意識に顔が強張るものです。
そんな時、緊張している自分をふふっと笑うくらいの余裕があると、リラックスして試験に臨むことができます。

春はすぐそこ!
笑顔の花を咲かせましょう!

【朝ブログ:日曜日】リメンバー・ユー

3月は時間の進みが遅い気がしています、AS 永川 諒大(3年)です。

昨日の14時46分、私は6度目の黙祷を捧げました。
願いのような祈りのような、あるいは怒りのような名状しがたい感情の正体をつかむ前に1分が過ぎていきました。

日本は災害大国と呼ばれています。 地震や台風にこれだけ多く襲われている国は世界的に見ても稀です。
そういった災害に襲われる度に、「被災地」が生まれ「被災者」が増加します。

東日本大震災だけが災害ではありません。
災害だけが悲劇ではありません。 毎日毎日が、誰かにとっての「悲劇の1日」なのです。

その中で私が東日本大震災の日に黙祷を捧げ続けているのは、自分もその揺れを体感したからです。
長く続く揺れの中で船酔いのように気持ちが悪くなったからです。

震災から時間が経過するほどに「風化」という言葉を聞くようになり、近頃はその言葉すら叫ばれなくなってきました。
私自身、悲劇はなるべく早く忘れたい忘れさせてほしいと思います。
何年も何年も悲劇の記憶を保持していくのは辛く苦しいことだと思います。

でも、だからこそ、1年に1回は、それらの悲劇を思い出して、祈りを捧げる日があるべきだと思います。
私にとってその日が「3.11」なのです。

SNAILSにも、あの日東北で震災を経験した方がいます。
その方々の気持ちにはなれなくても、その気持ちに思いを馳せることは出来ます。
その時、私はその方の仲間に、メンバーになったような気がするのです。

それでは皆さん、素敵な一週間を!

【受験生応援特集 Vol.70】諦めない

中等教育教員養成課程 理科専攻 RB23 大本 拓輝(2年)です。

前期試験で合格した方、おめでとうございます!
合格した方は、とにかくたくさん遊んでください。
そして、もし暇があるならば、大学のイベントに参加するとよいです。
他学科の人と仲良くなるチャンスは入学した後にはあまりありません。
このチャンスをぜひ活かしてほしいと思います!

後期試験を受ける人。
まだまだチャンスはあります。
後期試験で入学した友人の話だと、後期の受験会場に行ってみると全然人がいなかったそうです。
年度にもよるとは思いますが、後期試験の倍率は思ったよりも高くありません。
そのため、とにかく諦めないことが大切なのです。

面接の前準備としては、志望動機をじっくりと考えておいたほうがよいです。
深堀されることもあるので、ここをツッコまれたらこう答えようと考えておくのも大切です。
理科専攻の面接に関して言えば、研究のことが聞かれることがあるので、自分の興味のある分野の知識をつけ、将来どんな研究をしてみたいというところまで考えてみてください。
その分野の本をたくさん読むといいです。

みなさんと大学で会えることを楽しみにしています!!

<<back|<12345678>|next>>
pagetop