September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【Daily SNAILS】心が変われば


先日、アメリカに行く機会があったのですが、羽田空港からずっと英語で案内されました。日本ではアウェーの顔のQB17 所 亮丞(3年)です。


さて、最近SNSで、様々なアスリートが茶道をしている様子を目にします。柔道日本代表をはじめ、競泳日本代表チームやボクシングの村田諒太選手などが茶道を体験したようです。


高校時代に茶道部の部長を務めていた私にとってはとても興味深い話。

なぜ多くのアスリートが茶道を学んでいるのか、調べてみました。


どうやらアスリートが茶道を体験する理由は、いくつかあるようです。


まず、オンとオフの切り替えのために静と動を知るためです。

メリハリという面でもそうですし、集中するポイントでどれだけ集中できるか、”静”で研ぎ澄ました感覚を”動”でどれだけ生かせるか、これらをアスリートたちは大切にしているようです。


また、ルーティンとして自己の状態を把握するためです。

点てたお茶やお点前の所作で、今の気持ちや精神状態はどうなのか、自分と向き合うことができるのです。


他にも、観察力の鍛錬の場としたり、相手との駆け引きを楽しんだりと、スポーツに一見関係なさそうな茶道は、実はアスリートを鍛えるトレーニングになっていることがわかりました。


さて、アミエルというスイスの哲学者の言葉に、とても有名なものがあります。


「心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる」


靴を揃えること。ゴミをちゃんと分別して捨てること。荷物や道具を整頓すること。

フットボールとは、もちろん、直接関係ありません。


しかし、心が変われば人生が変わるのです。

一見フットボールに関係ないことでも、必ずどこかフットボールに繋がっているはずです。


私たちSNAILSを振り返ってみると、さあ、どうでしょうか。


【Daily SNAILS】あなたは運がいいですか?


占いの恋愛運。思わぬところにライバルがいがちです。そんなときほどラッキーアイテムは恋愛と全く関係ないことが多いものです。今日のラッキーアイテムは割り箸。TR 山田 駿(1年)です。


老子は言いました。

「禍いは福の倚る所、福は禍いの伏す所。」と。

不運なときは幸運が寄り添っており、幸運なときは不運が潜んでいるという意味です。


私は運がいいとは言えません。帰省する際の電車が遅延する、授業の抽選に外れる、好きなテレビ番組が終わる、センター試験数学Bの試験中に、落とした消しゴムを前の席の人が受け取るなど不運の連続です。急いでいるときほど信号に引っかかる、傘を持って行った日に限って雨が降らない、白い服の日ほど食事で汚してしまう、などは多くの人が当てはまるのではないでしょうか。


逆に運がいい人もいます。テストの直前に確認したところの問題が出る、自動販売機で自分の買った分で売り切れる、東京オリンピックのチケットが当たる、ババ抜きで勝つ、寝坊した日に授業が休講になる。あなたの友人に1人や2人、あるいはあなた自身が当てはまるかもしれません。(私はババ抜きで勝つことしか当てはまりませんが)


しかしながら、不運はある物事を見た際の一面的な要素でしかありません。老子の言ったように、不運の中にも幸運があるのではないでしょうか。


,△覆燭鰐邉總手だったとします。試合中にエラーをしてしまいますが、幸いにも失点に繋がりませんでした。


△△覆燭麓動車を運転していて、交通事故を起こしてしまいます。しかし、死傷者は誰一人としていませんでした。


あくまで例ではありますが、不運の中にも幸運はあるのです。


私に実際に起きた不運で考えてみます。好きな番組が終わってしまっても、DVDやYouTubeが普及している今の時代を生きているからこそ、再度観ることができます。昔は不可能なことであったと考えれば一概に不運とは言い切れません。また、センター試験でも消しゴムを失い、マークミスができない状況になったことでいつもより慎重に問題を解くことができ、解けた部分のミスがなかったのも事実です。


このように考えていくと私はそこまで不運ではないと思います。不運であると思い込んでいるが故に、幸運な出来事を見逃していることが多いのかもしれません。大学に通う、友達と話す、ご飯を食べるなど私たちにとってあたりまえのことが、すでに幸運なことなのではないでしょうか。不運だと思い込んでいるあなたは、ぜひ自身の幸運に目を向けてみてください。


【Daily SNAILS】身体と心のトレーニング


皆さん、こんにちは。

AC 福永和輝(3年)です。

前回のブログに引き続き、今回もFreshmanの様子を書いていこうと思います。


“Freshman Training”

このブログを読んでいただいているOBの方の中に、この言葉を聞いて嫌な思い出、しんどかった思い出がある方もいらっしゃるかもしれません。


Freshman Trainingとは、入部したFreshmanがフットボールをするために必要な体を作るために行うTrainingのことでNeck Training(首を鍛えるトレーニング)、体幹Training、可動域Training(股関節等の可動域を広げるトレーニング)など様々なTrainingを行います。


これがかなりキツいのです。特にフットボール初心者のFreshman達にとっては、全く鍛えたことのない筋肉を鍛えるため、初めの頃はみんな四苦八苦しながらTrainingに取り組みます。

僕も初めてNeck Trainingをした次の日に首が動かず、ベッドから起きられなくなったのを覚えています。


これらのトレーニングに加えて、Circuit Trainingという腹筋やスクワット等、複数のメニューを40秒、レスト20秒のサーキット系のトレーニングや、体力向上のためのRun Trainingなど様々なTrainingを行い、フットボールをするための身体を作るのです。


僕がこのFreshman Trainingの中でFreshmanに鍛えてほしい部分が体の他にもう一つあります。それは“心”の部分です。

これは決して根性論的なことを言っているのはありません。

先述の通り、Freshman Trainingはとてもハードで、たった一人で行うのは心が折れてしまうかもしれません。

ただ、このTrainingはFreshmanみんなで行うものです。

隣で歯を食いしばって腹筋をしているのは、走っているのは、もちろん大学に入るまでは全く知らない人ですが、同時にこれから大学生活4年間、共に戦っていく仲間です。

そのような仲間と苦しい中で声を掛け合い、励ましあいながらTrainingをすることで何よりも必要な仲間同士の信頼関係が生まれるのだと思います。


このようにFreshman TrainingでFreshman達はフットボールに必要な身体、そして信頼関係を気づいていくのです。



【Daily SNAILS】記念すべきブログデビュー


初めまして。通学時間の長さに憧れて受験したものの、往復3時間半に少しの後悔。電車が寝床、毎日が遅延。MG 齋藤 梨歌(1年)です。


進撃の巨人ーSeason3ーが終わり、日曜日の楽しみがなくなってしまいました。


第1回のブログは「SNAILSに入って激増したこと」について書きたいと思います。体重?と思った方、やめてください。

そもそも私がSNAILSに入部したとき、友達や家族よりも、私自身が1番驚きました。“自分を成長させたい” “自分の武器が欲しい” そんな理由で入部を決めたのは初めてです。


そんな私が、この3ヶ月間でどのような変化を迎えたのでしょうか。


変化その 知り合いの数が激増!

学校内を歩いていると、部活の先輩や同期にたびたび遭遇します。その都度挨拶をするので、移動中も常に気が抜けません。周りからは「3歩歩けばスネイルズ」と呼ばれます。


変化その◆О貊錣砲い觧間が激増!  

部活のあと、スタッフの人とご飯に行くことが多くなりました。部活の前にも、購買で一緒におやつを買ったり、もはや1日の半分はSNAILSと一緒にいる気がします。・・・・・学科に友達いるの?


変化その:LINEを見る頻度が激増!

SNAILS関係のLINEグループでは、毎日たくさんの連絡が回ってきます。直ぐに目を通すため、通知がきたら開く!を心がけています。ただそれもあって、部活外のプライベートなトークは後回しになってしまいます。これが友達を失う要因なのでしょうか。


色々と述べましたが、SNAILSのおかげで私の大学生活は充実しています。これは間違いないです。

今はテスト勉強もあり、時間の使い方が試される時期だと思います。部活動も学業も両立させて、“自分を成長させる最初の夏”にしていきたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました!


○今日の雑学○

ムンクの有名な作品『叫び』。これはこの人物が叫んでいるのではなく、自然を貫く果てしない叫びに耐えきれず耳を塞いでいる姿なのです。


【Daily SNAILS】【合法】肉体改造ドリンク飲んでみた。


先日最近流行りのタピオカを飲みに行った。

学科の友達と私とで並んだは良いが、場違い甚だしく、「男であること以外は女である。」というように思い込み、なんとか行列を並びきった。

しかし、メニューに表記されていたのはタピオカでは無い、「パール」。

パール?

2年LB 佐藤 悠だ。


タピオカは美味くない。

誤解を生むやもしれぬがそれは紛れも無い。

それが美味いか否かは、それを判断する主体に委ねられているが故である。

これは私が美味しく無いと思ったのでは断じてない。

断じて。

では、それを判断する主体つまり、私達は何を基準に決定しているのか。

それは文化であると考える。

その文化に帰属する人同士の認識のすり合わせに美味さが存在しているのだ。


ビールは苦い。

ビールは子供からすれば大人の象徴みたいなものであった。

しかし、飲んでみるとどうだ。

かなり苦い。

それでも大人は美味いと言う。

そうなると美味いと思えるようになりたいと願ってしまうのは私だけだろうか。

別にビールを美味しく飲みたいのでは無い。

そういった一面があるにしても、それ以上にビールが美味いと思える「大人」という文化に帰属したいという憧憬があるのだ。

おそらく。


タピオカブームにもそういった側面があろう。

あの飲み物を可愛いと感じ、美味しいと思うその1つの文化への自己同一化をはかる。

そうすると、晴れて「良さが分かる人」になれるのだ。

ビールの美味しさが分かる人の如く。


猿とは違い人は文化を持つが故に人だと小林秀雄の言を借りるとそうらしいが、文化に帰属し生きることが、人を人たらしめるならタピオカを飲むことも吝かではあるまい。


とおもったが、僕は美味しいとは思わなかった。

高いし。

おとなしく水溜りの水を飲んでおきます。


追記:ぼくも、もうりっぱな20さいじ!


【SNAILS Daily】sora定 750yen


七夕は一日中図書館に篭もり、課題をしていました。課題やテストに追われる7月があまり好きではない、DB34 脇本 智郎です。


PRESEASONが終わり、7月もはや中盤へとさしかかっています。我々にとって、この7月はSEASONへ向けて本格的に身体作りができる最後のチャンスです。


そんな我々SNAILS部員の胃袋を支える中華料理店の存在をご存知でしょうか。中央大学附属高等学校の向かいに店を構える「えびす菜館」 通称:えびす です。


えびすには現役のSNAILS部員ほぼ全員の“My 箸”があるだけでなく、歴代のSNAILS部員の名前を冠したメニューも多く存在します。

中でも2014 山口 奏良さんの名を冠した“sora定”(豚肉とニラとえびと卵炒め)は人気メニューです。

山口さんの背番号“34”を受け継いだ私は、このメニューを頼みすぎて、最近は店に訪れると注文をしなくてもsora定が出てくるようになりました。


そんなえびすの魅力はなんと言ってもコストパフォーマンスの良さでしょう。650〜800円の定食とは思えないようなボリュームと味が部員の心をしっかりと掴んで離さないのです。


− 先日、私はいつものようにえびすに行きました。いつもの席に座り、「DB 34 脇本智郎」というシールの貼られた箸で、いつものsora定を食べ進める…。


美味しい。


絶妙な醤油ベースの味付けにごま油の風味が加わった素晴らしい味。何度食べてもやはり飽きない。


…と思っていたが、いつもと様子が違う。

そう、やけにお腹がいっぱいなのだ。

おかしい。朝ご飯はいつも通りの時間に食べたし、いつも通りウエイトもしてお腹は空いているはず。なのにどうしてこんなにお腹がいっぱいなんだ。自問自答を繰り返した結果、ある答えに辿り着いた。


「ついさっきプロテイン飲んだわ。」


− ある目的を達成したいからといって無闇矢鱈に目の前のことに取り組んでも上手くいきません。ある時までにこうなっていたいという長期的なスパンで計画を立て、それに基づいて今自分は何をすべきなのか考える必要があります。自分の行動を順序建てて計画することがとても重要です。


体重を増やすためにプロテインを飲む。

体重を増やすためにえびすに行く。

えびすを食べる前にプロテインを飲むか、食べたあとにプロテインを飲むか。それは生死を分ける選択ともいえる…。


「君子は事を為すに始めを謀(はか)る」『易経』


SEASONまでに体重増やします。


【主務ブログ vol.7】七夕に願いを…


皆さん、こんにちは!

主務の森崎 瑠菜(4年)です。

 

今日、7月7日(日)は七夕の日。

皆さんは短冊にどのような願い事をかけたでしょうか。

 

「健康で暮らせますように。」

「素敵な人に出会えますように。」

きっと、思い思いの願い事をされていることと思います。

 

さて、日本の一大行事でもある七夕は、どうやら小学校でも食育に使われているようです。

私は2日前の金曜日、ある小学校で2年生と一緒に給食を食べてきたのですが、その時の一コマに心を揺さぶられました。

 

ご飯の食缶を開けると、そこには卵と鮭のフレークで見立てた天の川がかかっていたのです!

それから、星の形のナタデココをトッピングした"七夕ゼリー"まで。

子どもたちは、そんな七夕メニューに大喜びの様子で、願いを込めながら黙々と食べていました。

 

「ねぇねぇ、何てお願いしたの?」

私が聞くと、一人の女の子はこう答えました。


「キックボクシングで優勝できますように、ってお願いしたの!10連勝しないといけないから、痛いけど頑張るんだ!」

 

私は、小学校2年生にして、自分の目標を立てて頑張っているこの子が、本当に愛おしく思えました。

そして、これはただの願い事ではなく、努力に基づいた"祈り"だと感じました。


2019SNAILSとしての願い、いや、ミッションは「一部復帰」です。

ただ、それは闇雲に願っていても、短冊に書いてみても、決して手に届くものではありません。

 

目標達成のためには何勝しなければいけないのか?

そのためのチームづくりには何が必要なのか?

今日のトレーニングでは、具体的に何をすれば良いのか?

  

常に考え、行動に移すこと。

その積み重ねがあって初めて、祈る資格があるのだと思います。

 

トレーニングシーズンとなる7月。

フィジカルアップのために全てやり切った時、勝利の女神は私たちに微笑むのではないでしょうか。


8月のシーズンインに向け、チームとしても個人としても成長する1ヶ月にしていきます。

  


「            」



自分たちの祈りは、やるべきことをやり尽くしてから。

最後の最後に取っておくことにします。


【How to American Football vol.24】Focus


特技は傘を折ること失くすこと、OB1年目の永川 諒大です。

近々の目標は丈夫な傘を買うことです。


先日、NBAドラフトでゴンザガ大学の八村塁選手が1巡指名されたことが大きなニュースになっていました。

バスケットボールだけでなく、MLBのロサンゼルス・エンジェルスで活躍している大谷翔平選手、スペインの超一流サッカーチームであるレアル・マドリードに移籍が決まっている久保健英選手などなど、最近特に日本人選手の活躍をよく耳にします。


東京五輪の影響もあり日本全体のスポーツ熱が高まっていることで、様々なスポーツで世界的に活躍している選手が注目されてきています。


フィジカル的なハンデが日本人選手の枷になっていたのは昔の話(今も壁になっていると言えなくはないですが)。

世界的に見てもこれだけ様々なスポーツで世界トップレベルの選手を輩出する国はそう多くないでしょう。


そんな日本ですが、まだまだ注目度が薄いスポーツもたくさんあります。

残念ながら、我らがアメリカンフットボールもその1つです。


国内にプロリーグがないことも大きな要因と言えますが、もう一つは上記のような「世界トップレベル選手」が存在しな「かった」点があげられます。

「NFLに最も近い日本人」は過去に何人もいましたが、「NFLに入った日本人」は未だ1人もいません。


そんな「日本国民の大半が、存在は知ってるけど実際観たことはない」状態のアメリカンフットボールが、今後国民的スポーツになる可能性、もっと端的に言えば日本人初のNFL選手になる可能性のある選手を今日は紹介しようと思います。


前置きが長くなりましたが、これからまだ長くなります、すみません。


いま「NFLに最も近い日本人」の1人がIBM Big Blueに所属しているキッカーの佐藤敏基選手です。

既に何度かこのブログでも名前をあげたことがあると思うので詳細な経歴は省きます。


佐藤選手は、今年4月頃にアメリカで行われた「The Spring League」(TSL)に招待され、最長54ヤードを含む4本全てのフィールドゴールを成功させました。


TSLというのは、アメリカンフットボールのプロ選手を発掘しようという試みであり、NFLやカナダのプロリーグCFL、2020年にアメリカで新設されるXFLなどのスカウトが集まる場です。

2週間、練習(毎日あったそうです)と試合(2試合)全てがスカウトへのアピールになるわけです。


佐藤選手はその中で十分すぎる活躍をし、XFLのスカウトが強い関心を抱いていたと言うのですから、NFLもそう遠い未来ではないと言っても過言ではありません。


アメリカで大きな収穫があった佐藤選手、その中でもTSLで所属していたチームのヘッドコーチの言葉が印象に残っていました。


「Focus on what you can control」


訳せば「あなたがコントロールできることだけに集中しなさい」ということです。

キッカーは試合中プレーする機会はそう多くありません。

その1本1本が試合を、自分の将来を、決めることになります。

しかし、その1本に関係しているその他のこと、例えば天候や他の選手のプレーなど、全てが自分の思い通りになるわけではないのです。

だからこそ「自分がやるべきとをしっかりやる」ことが大切だ、ということでしょうか。


これはキッカーだけでなく他のポジション、アメリカンフットボールだけでなく他のスポーツでも同じことが言えると思います。


あれこれ考えるよりも自分ができることに集中することが、結果的に「あれこれ」に対しても効果的だったりするのです。


XFLのスカウトから連絡が来るのは早くても10月頃とのことなので気長に待ちましょう。

ちなみに、XFLはNFLのない春(2月から5月)に行われる予定なので、来年以降はそちらにも注目していきたいですね。


(今週の1シーン:TSLでの1枚。

日本を飛び出しアメリカで活躍できる逸材は、佐藤選手(K 2)だけではない。李卓選手(RB 22)や西村侑斗選手(WR 1)も招待されていた。

日本とNFLの距離は私が思っていたより近いのかもしれない。)


【Daily SNAILS】未来のために


先日クレヨンしんちゃんの映画「オトナ帝国の逆襲」を見ました。

段々と涙もろくなってるなと感じています。DB42山本 怜央(2年)です。


僕が見た「オトナ帝国」をざっくり説明すると、大人達が狂ったように昔の思い出に浸ってしまい子供に戻ってしまう、といった事件が起こります。そこにしんちゃんをはじめ、かすかべ防衛隊が立ち向かっていく…といった内容で、感動作としてたくさんの人に愛されています。


映画を見終えて、懐かしさにとらわれる大人達を思い出してこう思いました。


"懐かしい"って何だろう?

何で"懐かしい"って感じるんだろう?


そもそも、どんな時に懐かしさを感じることがあるでしょう。

高校の教室や部室を訪れた時、昔遊んだ友達と会った時、昔よく見ていたドラマやアニメの再放送を見た時…人によって色々あると思います。


でもきっと、懐かしいと感じる物事の中にはポジティブなものが多いのではないでしょうか。

辛かった日々を懐かしいと感じる人も、今となっては良い思い出で、体験して良かったと思うからこそ懐かしいと感じるのではないのでしょうか。


つまり、懐かしいと感じる事で、過去の自分を肯定してるんじゃないかなって思います。あの経験をして良かったな、これに出会えてよかった、といったように。


逆に、懐かしいと全く感じない世界を想像してみてください。

今の自分がやってる事が、過去の自分と結びつかず、きっとしんどいと思います。


懐かしいと感じることは、生きる上で欠かせない事であり、過去と未来をつなぐものだと思います。

懐かしいと感じるからこそ、人は前に進めるのではないでしょうか。


"懐かしい"が多い人生はきっといい人生です。

僕が映画のひろしの回想シーンでジーンときたのも、ひろしの"懐かしい"が伝わったからだと思います。


先日あったOB戦の日。部室を訪れたOBさんが、「懐かしい」と言っていました。

きっとその方にとって、部活はやっていて良かったと思えるものになっているのでしょう。


僕も今の部活動はもちろん、困難な事があっても、いつか"懐かしい"に変わる日が来る事を信じて今を生きていこうと思いました。


【Daily SNAILS】About Freshman


皆さん、こんにちは。

3年 AC(アシスタントコーチ)の福永和輝です。


AC…?という方も多いと思いますが、簡単に言うと学生コーチです。

練習中の技術指導やTEAM中の審判、その他いろいろなことをやっています。


その中でも僕が今シーズン最も力を入れているのがFreshmanの育成です。このブログではFreshmanがどのようなことをしているのか、してきたかを書かせていただこうと思います。


第1回の今回は、先日行った東京大学とのJV戦についてです。

率直に言うと、本当にナイスゲームでした。

彼らが入部してから約3か月、ショルダー・ヘルメットを付け始めて約2か月、彼らの近くでトレーニングやファンダメンタルを見てきましたが、その期間の中で身に付けてきた様々なものを思いっきり発揮してくれたと思います。


その中でも特に目についたのはライン達の活躍です。

そもそも今年のFreshmanは例年よりもライン志望の人が多く、OL・DL合わせると10人近いラインが誕生しました。

OLは人によっては10キロ以上増やしたそのphysicalを生かし、RUN PLAYではDLだけでなくLBまで完璧に押し続けたりしたり、完璧なパスプロテクションをしたりして縁の下の力持ちとしてBig playを演出してくれました。

DLは練習中だけでなく練習前後にもやり続けたスタート練習の成果を発揮し、何度もLOSS TACKLEでモメンタムを持ってきてくれました。


他にもTouchdown Passを決めたQB・WR、試合の中でどんどん動きがよくなっていったRB、試合を決めるInterceptをしたDB、グラウンドの中でもPitでもDefenceを引っ張ったLB、どのポジションのどのFreshmanも全員輝いていたと思います。


今回の試合が全員にとって、入部してからこれまでの最高の日であり、これから4年間のFOOTBALL人生の大きな一歩になったことを祈り、僕の第1回のブログを閉じたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。




<<back|<1234567>|next>>
pagetop