April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.19】What a long day!


目黒川でお花見をしながら団子と唐揚げばかり食べていました。教育支援課程 教育支援専攻 多文化共生教育コース 齋藤 江里子(2年)です。

4月4日は待ちに待った入学式ですね!
新入生の皆さんにとって初めての顔合わせの日です。

友達できるかな、教授はどんな人なんだろう、そんな緊張とワクワクが入り混じった気持ちでいることでしょう。

東京学芸大学の入学式は「長い」です。 といっても、長いのはエライ人のお話ではありません。
式自体は1時間程度で終わります。

では、何が長いのでしょうか?
今日は入学式の1日をちょっとだけご紹介します!

1年前の入学式の日。
私は実家から通っているので、国分寺駅から歩いて東京学芸大学に向かいました。

そこでまず思うことは、駅からの道のりが長い!
武蔵小金井駅からも国分寺駅からも徒歩20分弱かかります。
慣れていないとかなり遠く感じます。
余裕を持って出発しましょう。

正門の前に着くと、記念撮影が行われていました。
そこでも「入学式」の看板の前には長蛇の列が!
入学式前に写真撮影をしたい方は、さらに早く家を出ることをおすすめします。

そして、正門をくぐると体育館に誘導されます。
そこではたくさんの新入生が少しかたい表情で、式の始まりを待っています。

始まる前にお手洗いに行っておこう、そう思う人も多いことでしょう。
残念ながら体育館のトイレは数が少ないためここにも長蛇の列が…。
特に、開始時間が近くなると混雑するので注意が必要です。

いよいよ式が始まりました。
式自体は1時間程度で終わります。
これで、皆さんも晴れて東京学芸大学の学生です。
ご入学おめでとうございます。

式が終わると、体育館の外には学科名が書かれたプレートを持った人たちがいます。
皆さんに会うのを楽しみにしていた上級生です。
自分の学科の方へ行くと、上級生が教室へ案内してくれます。
ここからは学科に分かれて分科会です。

保護者の方とはここでお別れする場合が多いので、記念撮影をしたい方や一緒に食事に行きたい方は、上級生に声をかけておくといいかもしれません。

学科会は夕方まで行われるところが多いです。
自己紹介やさまざまなゲーム、上級生は皆さんと仲良くなりたい!と思って、たくさんの企画を用意しているはずです!
色々な人と話して楽しんでください!

学科によっては分科会のあとに二次会があるところもあります。
私たちの学科は、近くのホールでお菓子やジュースを食べながら、打ち上げのようなものを行いました。
ここでも色んな人と話して、これからのことを聞いてみるとおもしろいかもしれません。

文字通り、朝から晩までの長い1日です。
しかし、忘れられない日となるでしょう。
皆さんにとって最後の学生生活の始まりです!
入学式の日にお会いできるのを楽しみにしています。



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.18】学芸大生の自転車豆知識!


春を感じに、上野公園で花見をしました。初等教育教員養成課程 環境教育選修 松原 絵(1年)です。

大学から一人暮らしを始めてとても役に立っているのは自転車です。
学芸大学構内を移動するとき、友達の家に遊びに行くとき、駅から学校まで行くとき、自転車は必須ですよね!
今回は、自転車に関して役に立つ情報を書きたいと思います!

4月から電車で通学する実家生の人も少なくないと思います。
その中で、武蔵小金井駅や国分寺駅を利用する人はとても多く、併設してある駅の駐輪場はこの時期になると予約待ちになりがちです。
早めに予約しておくことや、武蔵小金井駅の方が駐輪場の予約が取りやすいという話もきいたことがあります。

また、「ちょっと国分寺に用がある…」そんな時に国分寺駅と西国分寺駅の間にある無料駐輪場を利用してみるのもいいかもしれませんね!

そしてもう一つ、学芸大学では、自転車を駐輪する人が多いため、駐輪場に自転車がたくさん並びます。
授業開始ギリギリで急いでるときなど、綺麗に並べておかないと、別の場所に移動されることが多々ありますので要注意です!

ぜひこれらの情報を利用して快適な大学ライフを送りましょう!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.17】きたる新入生のつどいとは…?


東京に引っ越してから1年が経ち、時間の流れの早さに驚きを隠せません。初等教育教員養成課程 国語選修の森永 歩香(2年)です。

4月が近づき、本格的に大学生活が始まろうとしていますね。
そこで今回は、4/1.2に行われる「新入生のつどい」についてお伝えしようと思います。

この「新入生のつどい」、実は同じ学科の新入生と仲良くなる大チャンスです!
なぜなら、同じ学科の先輩たちが学科ごとの楽しい交流会を企画してくれているからです。

自己紹介をはじめゲームや歓談など、友達をつくるきっかけだらけです。
楽しみながら積極的に話しかけましょう!

そしてもう1つ、一足早く部活やサークルを知ることができます!
当日はたくさんの部活・サークルが、いろんな教室で自分たちのブースをつくり、新入生の皆さんを待っています。

高校とは比べものにならないくらい沢山の団体があります。
行って話を聞くだけでもすごく楽しいと思います。

学科での交流会で友達をつくった後は、ぜひみんなでいろんな部活・サークルのブースをまわってみてください!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.16】定期券は値段だけで決めるな!


不評だったパーマをもう一度かけたらやっぱり不評でした。初等教育教員養成課程 理科選修の村上 誠也(1年)です。

新入生の皆さんは、4月になったら定期券を購入すると思います。
学生証が交付されてから学割を使用して購入することは常識ですよね?

定期券をただ値段だけで決めようとしていませんか?

通学もキャンパスライフの一部です。
乗り換えの少なさや、混み具合、始発駅から近いかなども考慮しましょう!

ちなみに、南武線ユーザーは立川駅乗り換えと西国分寺乗り換えの定期券で1万円程差がつくので、購入するときは気をつけてください!

東京学芸大学は夏休みが2ヶ月以上あります。
自分が夏休みに学校に行くかどうかも考えて、3ヶ月の定期券か6ヶ月の定期券にするのか選びましょう!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.15】4年間を左右する1限との闘い


東京学芸大学のグラウンドから見える満開の桜に、ついついウットリしてしまいます。
初等教員教育養成課程 国語選修の藤井 基弘(2年)です。

新入生の皆さんは、大学で何学ぼうかと心をウキウキ踊らせているのではないでしょうか。
そこで、学芸大学のカリキュラムに組み込まれている教養科目のうちの総合学芸領域、通称CAという授業の紹介をしますね。

CAは主に月曜日と木曜日の"1限"に開設されています。
(ちなみに1限は8:50から始まります。なーんだ、余裕じゃん!って思った、そこのあなた。大学生になると、この困難さがわかるでしょう…。)

4年間卒業するまでに4つの授業を取らないといけません。
CAの授業には近代文学やイスラム教に関する授業、身近な現象や科学を扱う授業など、様々です。
また、自分が専攻している教科ではない分野の授業も受けられることが魅力です!

1限に開設されているため、寝坊などの遅刻や欠席は命取りです…!
第1回目の授業ではいっぱいだった教室も、回を追うごとに少なくなっていく、とか。

しかし、1年生の時にしっかり取っておけば、4年生になって焦って取らずに済むでしょう。
また、朝早く起きることで生活リズムも整い、一石二鳥です。

そんな私も、1年生の時にしっかり8単位取りました!
新入生の皆さんも、「この授業おもしろそう!」と思ったら受けてみてください!

大学生活は受け身になってたらいけません。
勇気を持って一歩踏み出しましょう。



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.14】街探検してみよう!


大学構内の桜が咲き始めて、やっと春の訪れを感じています、特別支援教育教員養成課程の松藤 奈々(1年)です。

地方から上京してくる人は、この3月の最終週は引っ越しの時期ではないでしょうか。
私は4月に入ってから引っ越しをしたので、昨年の今頃はまだ実家にいました。

私が、東京に引っ越してきて間もない皆さんにおすすめするのは、家の周りを散策することです。
近くにスーパーマーケットがあって便利だから、歩いて行けるところに病院があって安心だからという理由で家を選んだ人もいるかもしれません。

しかし、散策してみると、それ以外にも美味しい香りがするパン屋さんがあったりするものです。
私は入学してから数ヶ月後に家の近くにあるパン屋さんに初めて行きました。
そのお店は朝の7:00から開いているので、1限前に寄ってから授業に出席することができます。
今となっては、引っ越してきてすぐに発見できたら良かったなと思います。

いよいよ始まる大学生活。
入学式を終えると、自分が気になるサークルや部活の見学に行ったり、新しい環境の中で疲れたりすることも多くなると思います。

だからこそ、今この時間があるときに、自分がこれから4年間住む街を探検してみてはいかがでしょうか。
素敵な場所を発見し、その街を好きになったら、大学生活をさらに楽しいものにできるはずです!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集Vol.13】エキスパート


地方出身の新入生に出会うと、私がど田舎の岡山県から上京してきた日のことを昨日のことのように懐かしく思います。
教育支援課程 生涯スポーツコース専攻の菅野 公貴(3年)です。

地方から上京してきた私が最も苦戦したことは電車の乗り換えです。
自分が行きたい場所に行くためには多くの電車を乗り継がなくてはなりません。

JR線だけならまだしも、西武線などの私鉄や東京メトロなども東京都にはあります。
これらの乗り換えがとにかく難しい!

そこで新入生の皆さんにオススメしたいのが『駅すぱあと』というアプリです!

この『駅すぱあと』では出発時刻や到着時刻にあわせて電車の時刻を調べられるだけでなく、何番線発の電車なのか、乗り換えの駅まで歩いて何分なのか、バスの時間までも調べることができます。
私も友人から勧められ、今では駅すぱあとなくして生活できません。

ぜひこれを機に『駅すぱあと』のアプリをダウンロードしてみてください。
そして皆さんが電車移動のエキスパートになってほしいと思います!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.12】じゃがりこが50円で買える!?


初等教育教員養成課程 環境教育選修の稲葉 燎(2年)です。

春からの新しい大学生活にワクワクがとまりませんよね。
そんな皆さんにもっとワクワクしてもらえるように、今回は東京学芸大学付近のおすすめのお店について紹介したいと思います!

1つ目は、国分寺駅近くにある「ピカソ」というお店です。
実はこのピカソ、「激安の殿堂 ドン・キホーテ」の姉妹店なのです!なんといっても安い!

じゃがりこが50円!!
アルフォートが約70円!!
なんて時もありました。
他にもたくさんのものが安く売っています。

2つ目は、東京学芸大学すぐ近くの「オリンピック」というお店です。

なんといってもスペックの高さです!!
オリンピックには自転車屋があるので自転車が壊れた時など非常に便利です。
他にもちょっとしたスポーツ用品もありますし、薬局も中にありますし、パン屋もあります。もう最高ですね!
イートインスペースもあるので買ってすぐに食べることができます!

いかがだったでしょうか?
東京学芸大学付近には他にもたくさんの素晴らしいお店があります!

ぜひ自分で冒険して、いいお店を見つけてください!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.11】これが大学生活の第一歩!


つい先日、「新入生の強敵」というタイトルのブログで津野君がイケメンと共同生活を始めたと言っていましたね。
そうです、私です。初等教育教員養成課程 情報教育選修の杉山 由津樹(3年)です。

新入生の皆さん、合格に浮かれて「何もしていなくても友達ができるだろう。」なんて考えていませんか?

…甘い!

そのままでは、高校までよりはるかに人数の多い大学では埋もれてしまいます!

初対面の人に、自分のことを覚えてもらわなければならないのです。
そのままで覚えてもらうことができるでしょうか。

初対面の人に覚えてもらうためには決め台詞のような自己紹介を準備しておくことが大切です!

例えば…
・高校時代はカーリングをしていました。
・コツメカワウソを飼っています。
・受験期の1日平均勉強時間は12時間でした。
などなど。

話すことは何でもいいんです!
ただ他の人と絶対被らないことを言うと、印象に残りやすいので意識してみてください!

ちなみに私は、高校時代の大学入試センター試験直前に、毎朝30分のランニングを1週間続けたことによって4キロ痩せたことがあります!

皆さん、最高の自己紹介を準備して新歓イベントに参加してみましょう!
きっと最高の大学生活の第一歩を踏み出せるはずです!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 新入生応援特集Vol.10】後悔しない時間の使い方

大学生活4回目の春を目前に控え、残り1年となった大学生活に焦りを感じています。
特別支援教育教員養成課程 学習障害専攻の原 麻里江(3年)です。

新入生の皆さんは、大学生活に期待と希望を感じていることと思います。
私も3年前の春は、新しく始まる大学生活にドキドキワクワクしていました。

そんな私が大学生になって1番感動したことは、時間を自由に使えるということです。
高校の頃の決められた時間割を1〜5限まで受ける生活とは違い、大学生には授業と次の授業までの空いた時間、すなわち「空きコマ」が存在します。

また、放課後にバイトをするのか、部活をするのか、友達と遊びに行くのか、何をするかは自分次第です。

私は、放課後は部活やバイトや勉強をする頑張る時間、空きコマは友達と大生でゴシップネタを話したり近くの食べ放題でランチをしたり、アイスを食べながら友達とどうでもいい話をしたりする楽しい時間と決め、メリハリをつけた時間の使い方をしてきました。

我ながらこの時間の使い方のおかげで3年間はすごく充実したものになったと思っています。

3年間の大学生活はあっという間でした。
きっと4年目もあっという間だと思います。

大学生の時間をどのように過ごすかは、自分次第です。
後悔しない時間の使い方をして素敵なキャンパスライフを送ってください!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら
<<back|<1234567>|next>>
pagetop