February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

【Daily SNAILS】Super Bowl Lvol.3〜NFC Champion〜

いよいよスーパーボウル出場チームが決まりました!
まだチャンピオンシップを観ていないという方はこのブログを読む前に、ぜひ観てみてください。

今回は、スーパーボウルに出場するNFC代表チームについて紹介していこうと思います。
次回はAFC代表チームを紹介しますから、本番に向けてどちらが勝つか予想して楽しんでいただければと思います。
申し遅れました、OB1年目の永川 諒大です。

さてNFC代表は、サンフランシスコ・49ersです!

まず注目選手ですが、QB 10 ジミー・ガロポロとDE 97 ニック・ボサは抑えておきたい選手です。

QBのガロポロは、まだ若いですがミスが少なく安定感のあるプレーが持ち味です。
ケガが続いていたため、スターターとして1年間出場したのは今季が初ですが、チームをスーパーボウルに導いたということは既にNFLを代表するQBであると言えます。
DEのニック・ボサについては、今季のドラフトで全体2位で指名されたルーキーであるという点が最も注目されるポイントであり、49ersのDefenseはボサ以外にもタレントが揃っているのですが、パワーもスピードも兼ね備えた対戦相手にとって驚異となりうる存在に成長していると思います。

49ersの強みは、ランを主体としたOffenceと強力なDefenseに裏打ちされたゲームマネジメント能力の高さにあります。

先週行われたNFCチャンピオンシップでも、285ydものラン獲得ヤードを記録しグリーンベイ・パッカーズを圧倒しました。
強靭なRB,FB,OLが揃っている49ersは終始テンポを崩すことなく時間を使いながら得点を重ねることができていました。
この地力の強さはスーパーボウルでも大きな武器となるでしょう。

反対に、49ersの不安要素ですが、ビッグプレーをどれだけ起こせるかが疑問視される点です。

ガロポロのプレースタイルとも共通していますが、49ersはランとショートもしくはミドルパスを主軸に攻めるOffenceを得意としています。
このOffenceは良くも悪くも時間がかかり、2TD以上の差をつけられて後半を迎えるといった状況になるとなかなか逆転は難しい可能性があります。

当たり前ですが、Offenceはもちろん、DefenseもSpecial Teamも差をつけられないように常に集中することが必要不可欠です。

スーパーボウルまであと2週間!
今からでも遅くはありません、全世界が注目する1戦を全力で楽しみましょう。

(今週の1シーン:49ersの影の英雄、FB 44 カイル・ユーズチェック。
FBとはランブロックを主に行うRBのこと。OLのようにブロックをしてRBの走路を開けたり、TEやWRのようにパスをとったり、Offenceの幅を広げてくれるポジション。
近年FBがここまで活躍しているチームはNFLでは珍しいが、彼のプレーを見ればたしかに使いたくなる。
リアルタイムではボールを追っていても、リプレーではぜひとも注目してほしい選手。
/2019 NFC Championship GreenBay Packers vs. SanFrancisco 49ers)

【Daily SNAILS】冬といえば…

先日ついに東京でも雪が観測されましたね。雪国出身ですがとことん寒さには弱い、TR 森永 歩香(3年)です。

とにかく寒くて、家も出たくないような毎日。そんなときはみんなで鍋をつつきたい!


お鍋の具材といえば、白菜、お肉、しいたけ、などが王道ですよね?しかし、他にもたくさんおすすめの具材があります!ぜひ食べてほしい具材を紹介します。

.織泪優
タマネギは疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富に含まれています。しかし、タマネギは加熱すると栄養が水分として流出してしまいます。そのため、鍋などのスープごと飲める料理の具材には最適です。

▲┘
なんとエビにはタンパク質が多く含まれています。しかも脂質を少なく抑えつつタンパク質を摂取できます。筋肉や内臓器官を維持するためにもタンパク質は積極的に摂取しましょう。さらにカルシウムやビタミンEなどたくさんの栄養が含まれているのです!

トマト
トマトには、リコピンをはじめ風邪予防に役立つビタミンC、体を温めるビタミンE、カリウム、食物繊維など栄養素がバランスよく含まれています。加工されたトマトの方が栄養素の吸収率が高く、熱にも強いため、鍋にも入れてみてください!


定番である白菜やネギなどももちろん栄養満点です。白菜やネギなどの冬野菜にはビタミンCがたっぷりで免疫力向上が期待できます。風邪を引きやすい冬にはぜひとも食べてほしい食材です。また血行促進の作用があるビタミンEも豊富です。血行が促進されるとからが温まります。寒い日にはぴったりですね。


雪予報の日もまた出てきています。みんなで鍋を囲んで温まるついでに、栄養もたくさん取ってみてはどうでしょうか。

【2020 受験生応援ブログ vol.33】小論文対策

最近、世界一周旅行に憧れています。英語検定5級、教育支援課程生涯学習コース(2年)の沢田智紀です。

受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。今回は小論文対策について、僕が実際に受験生時代にやっていた勉強法を紹介していきます。と言ったものの、実は勉強法というほど大したことはやっていません。受験生だった当時、センター試験から二次試験までの約一ヵ月半の期間、私は併願校の対策に追われて、二次試験対策の時間が充分にあるとは決して言えない状況でした。実際、学芸大の過去問をしっかりと原稿用紙に書いたのは併願校受験が全て終わった、二次試験の二週間前からでした。

そんな常に時間に追われていた私は、東京学芸大のホームページやパンフレットを見て、志望学科の特徴を調べ、自分がそこで何を学びたいかのか、そこで学んで将来何になりたいのかなどの具体的な自分の意見を考えました。また、小さいメモ帳を常に持ち歩き、誰かと会話したり、テレビを見たり、スマホをいじったりといったスキマ時間や休憩時間に、小論文で自分の意見を述べる際に使えそうなことをとにかくメモっていました。どんなことでも、「あっ!これちょっと関係あるかも!!」と思ったことは何でもメモしました。このメモで書いたネタが、後々小論文での自分の意見に説得力を与えてくれました。

東京学芸大学の小論文は、受験する学科のことをしっかりと調べておけば、誰でもそれなりに良い感じの文章が書けます。そんな受験生の中で人頭抜きに出るためには、自分の意見をしっかりと書くことと、独自のアイデアや体験談を上手く使い、その意見に説得力を持たせることが本当に大切です。東京学芸大学に小論文で合格するために、
 ☆自分の意見をしっかり書く!☆
 ☆その意見に説得力を持たせる!☆
この2点を意識して、今日から自分の意見を考えたり、その意見に説得力を持たせるためのアイデアや体験談を日常から探してみましょう!!

最後に、偉そうに色々書きましたが私はセンター試験で失敗しセンターリサーチもE判定でした。それでも諦めずに最後まで勉強して、小論文で学芸大学に合格しています。受験生の皆さんも最後まで諦めずに頑張って下さい。大丈夫、まだ、助かる。まだ、たすかる、マダガスカル。

【2020 受験生応援ブログ vol.32】2次試験に向けて

20歳になる今年こそ年齢に見合った大人女子になりたいと毎日意気込んでいます。初等教育教員養成課程 英語選修(1年) 神谷日奈帆です。

先日センター試験が終了しました。皆さんは1つ大きな山場を超えましたね、まずはお疲れ様でした!ここで軽く一息着くのも私はいいことだと思います。一息つけたらきちんと切り替えて、次にくる大きな山場2次試験に備えなければいけません。今回この記事では、私がどうやってこの山場を乗り越えたかを紹介したいと思います。少しでもお役に立てたら幸いです。

まず東京学芸大学の2次試験の1番の特徴といったら、試験科目が1つしかないということです。つまり自分が1番得意とする科目、私の場合は英語のみで勝負をすることができました。私は逆に英語しかろくにできる科目がなかったので、この形式にはとても救われました。ここで私が言えることは、2次試験は過去問をとにかく沢山解くことがカギになってくるということです。ありきたりな意見だとは思います。しかしとても大切なことです。東京学芸大学の2次試験の出題形式は毎年だいたい同じであって、それに慣れておけば時間配分を間違えることも、独特な問題形式にも焦る必要がなくなります。それでももし例年通りの出題形式ではなかったら?全然大丈夫です。そのときはみんな一緒です。もう自分の力を信じるしかありません。

ここで私が2次試験を受けたときに経験した、ちょっとしたエピソードを紹介しようと思います。それは試験前、私を含めた受験生が単語帳やら文法書やら各々の参考書を読んで試験に備えている中、1人だけ異彩を放っている人物がいました。その人はたしか男の子だったと思います。その男の子は、1人で黙々と『鉄録会 東大英単語熟語 鉄壁』を読んでいました。
”東大”
すごい、レベルが違う。周りの受験生はそう思いました。
試験が終わり、合格発表も無事に終わり、私はついに入学式を迎えました。英語科では、”東大”という言葉で周りを圧倒していた男の子は誰だったのかがすぐに話題になりました。「○○君じゃないの?」「いやきっと△△君だよ!」
でも首を縦に振る人は1人もいませんでした。
今でも彼が一体どこの誰なのか、そして今何をしているのかは、謎に包まれたままです。
もしかしたら現在東京大学に通っているかも?

皆さんも大学受験が終わったら私に2次試験でのエピソードを教えてください!東京学芸大学で待っています!
皆さんの健闘を心から祈っています。

【Daily SNAILS】Super Bowl Lvol.2〜"スペシャル"・プレー〜

昨日は首都圏でも雪が降った場所もあるほど冷え込みました。
今年度になって初めて早朝に寒さで目が覚めるという経験をしました、OB1年目の永川 諒大です。

そんな真冬にも関わらずアツい闘いが繰り広げられているのがNFLのプレーオフです。

前回のブログでもお伝えした通り、先週はディビジョナルプレーオフが行われました。
どの試合も、ワイルドカードプレーオフにも増して激戦となっていましたが、その中から私が注目した1試合を紹介しようと思います。

今回は、AFCのディビジョナルプレーオフ、ヒューストン・テキサンズvsカンザスシティ・チーフスです!

先に結果から述べますと、31-51でチーフスの圧勝でした。
私の中では20点もの差がついた試合はアツい展開がなかなか無いので紹介することは珍しいのですが、この試合は別です。

なんと、第2Q開始直前ではテキサンズが24-0で圧勝してたのです。
この試合が動いたのは、その後チーフスがTDを決めて、逆転に向けて一歩踏み出した次のテキサンズのドライブでした。
それまでは順調に得点を重ねていたテキサンズでしたが、そのドライブはあっさりと3rd downで止められてしまいます。
その次のプレー、テキサンズはPunt隊形からスペシャルプレーを選択したのです。
誰もが予想していなかったプレーでしたが、チーフスのDefenseは冷静に対処しゲインさせずに止めました。

その後のチーフスのドライブもTDに終わり、24-14と追い上げました。
前半終了時点では24-28と逆転し、後半もチーフスの勢いは衰えず31-51という最終スコアになりました。

過去、このブログ内でも勝負を分けたプレーについて、いくつか取り上げてきました。
逆転のTDパスをインターセプトされた。
キックを決めればタイブレークに突入するトライフォーポイントで2ポイントコンバージョンを成功させ逆転勝利した。
それらのプレーは全て、コーディネーターが組んでコールしたプレーですが、それで流れが変わるかどうかは誰にも伺い知れません。

この試合のテキサンズのプレーも、今から考えれば「あの時普通にPuntしてればなぁ」と思ってしまいますが、もし成功していたならそのまま勝利することができていたかもしれません。

このプレーが起きるまでチーフスのスペシャルチームは、Puntをブロックされるわ、Puntリターナーがボールをファンブルして奪われるわ、とにかく散々な出来でした。
むしろ、それらが試合を決定づける(テキサンズに勝利をもたらす)プレーだったとなるのが自然です。

それが、試合が終わった頃には「チーフスのスペシャルチームは素晴らしく、テキサンズのそれは課題が残る」というような印象になってしまったのです。

プレーオフは一発勝負です。
たった1つのプレーで栄光を掴むこともあれば、手にしていたはずの栄光を放してしまうこともあります。

その異常な緊張感のなかでそれぞれのチームがしのぎを削るからこそ、ファンも1プレー1プレーに一喜一憂するのです。

これは本当はどの試合でもそうなのですが、「普通のプレー」はありません。
全てのプレーが全てのチーム、全ての選手のその後に繋がる「スペシャル・プレー」なのです。

そして、日本時間の1月20日の早朝は、ついにスーパーボウル出場チームが決まる、カンファレンスチャンピオンシップです!

いよいよフットボールシーズンも大詰め。最後まで楽しみましょう!

(今週の1プレー:テキサンズのスペシャル・プレーを止めたチーフスのLB 49 ダニエル・ソレンセン。
オープンフィールドの1対1という決して簡単ではない状況ながら正確なタックルでテキサンズの野望を阻止した。
/2019 Divisional Playoff Houston Texans vs. Kansas City Chiefs)

【Daily SNAILS】新たな年に

あけましておめでとうございます。
AC 福永 和輝(3年)です。

高校生の頃に2020年の東京オリンピックの開催が決まったのですが、かなり先の話だと思っていました。
もう今年の話なのですね…。高校生の僕に時の流れの早さを教えてあげたいものです。

2020年の話は一度置いておいて、昨年末とても嬉しいことがありました。
それは、東京大学とのJV戦に勝利したことです。

オフェンスはOLのナイスブロックもあり、RB陣が奮闘しました。また、ディフェンスもDLを中心にビッグプレーを起こしました。
また、今回の結果である7-6という点数はキッキングチームの活躍を表していると思います。FGをはじめとして、どの面でもモメンタムを持ってくる、離さないプレーだったと思います。

Freshmanたちの2019年の取り組みがこのような形で成果となって現れたことは、僕にとっても、とても嬉しい出来事になりました。

しかし、時はもう2020年、新たな年が始まりました。
もう彼らはFreshmanではなく、2年生として見られ、また、行動していかなければなりません。

そのような'旧'Freshmanたちの取り組みに大きな期待を持って、今回のブログを閉じたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【2020 受験生応援ブログ vol.31】センター試験前日の過ごし方

成人式で久しぶりに会った友人に、100%の確率で「デカくなりすぎ」と言われました。中等教育教員養成数学専攻(2年) 諏訪 陽彦です。

センター試験まであとわずかとなりました。2年前、私が受けたセンター試験地理でムーミンと遭遇した経験も今では懐かしく感じます。

さて、今回は「センター試験前日の過ごし方」がテーマです。私は当日に潜むリスクとその回避方法という視点から話していきたいと思います。

リスクその1:眠気で集中できない
センター試験に必要なものは何と言っても集中力。集中力を保持するためにはしっかりとした睡眠が必要不可欠です。寝不足はもちろん、寝過ぎも頭の回転を悪くするようです。また、起きてから3時間たってやっと脳は本来の力を発揮できます。そのため、前日はリラックスして早めに就寝し、7〜8時間程度睡眠時間を取るように心がけましょう!

リスクその2:行く道で迷子になる
「センター試験会場へ、いざ出発!ってあれ?ここはどこだ?」なんてことが起こったら、試験を受ける前に余計な心配をすることになってしまいます。そうならないためにも、もう一度、会場までの経路、移動手段、交通費の準備等確認しておきましょう。また、当日は混雑も予想されます。早め早めの行動がおすすめです。

リスクその3:お腹が痛すぎて焦る
センター試験を受けている最中、腹痛で集中できなかったら残念すぎます!なので、前日の食事や当日の朝食は胃への負担が少ないものを選びましょう。かと言って食べなさすぎもエネルギー不足で不調になってしまいます。栄養バランスもしっかり考えて適切な食事を取りましょう!

勉強に関しては改めて新しいことを覚える必要はありません。今までの復習を中心に、自分が分かることをしっかりと確認して自信に変えていきましょう。

他にも心配なことがあったら、そのために準備しておくことをお勧めします。備えあれば憂いなしです。最高の準備をして、最高のコンディションでセンター試験を迎えましょう。みなさんの100%が本番で発揮されることを願っています。

【2020 受験生応援ブログ vol.31】忘れ物

地元の物忘れが激しい祖母に「お小遣いもらってないよ詐欺」を企てました。中等教育教員養成課程 社会専攻(2年)氏原崚也です。

いよいよセンター試験ですね。小学生の頃から通知表の「忘れ物をしない」の項目に毎学期「×」がついていた私は2年前のセンター試験直前、何度も何度も持ち物チェックをしたことを覚えています。結果腕時計を忘れました。今回はセンター試験の準備物について話していきたいと思います。

さっそくセンター試験に持っていくべき物を発表していきますよ〜、、、と言っても、おそらく皆さんそんなものは学校や予備校などで口酸っぱく先生方から言われていることと思います。私ができるアドバイスといえば、「最悪受験票だけは忘れるな!」です。

私が今回受験生の皆さんに伝えたいのは「忘れ物をしても何とかなる!」ということです。
考えてみてください。皆さんは約20年の人生の中で忘れ物をして詰んだことがありますか?私はありません。小学生の時は宿題を忘れても先生に怒られて終わりです。中学生の時は定期試験の日にカバンごと忘れました。高校野球部時代は新チーム最初の大会でグローブを忘れましたが、相手チームにいた中学時代の後輩に借りるという聞いたことない方法で乗り切りました(監督から不審には思われました)。

「センター試験は人生かかってるんだ!そんな経験と一緒にするな!」と言いたそうですね。何言ってるんですか。実際私がセンター試験に腕時計を忘れた時よりもグローブを忘れたときの方がよっぽど顔面蒼白でしたよ。

なんだかんだ言ってセンター試験も忘れ物してもなんとかなります。筆記用具は誰かに借りてください。時計は前の人に声かけてちょっとズレたとこに置いてもらって下さい。参考書は誰かと一緒に見ましょう。ご飯はたかりましょう。
周りが知らない人でもその日限りの関係なので恥なんて感じなくていいです。最初に忘れるなと言った受験票も実はなんとかなります。忘れたと気づいた瞬間ダッシュで証明写真を撮りに行って身分証と共に試験場本部に行って下さい。いけます。

本当に皆さんにやって欲しくないことは「取りに帰る」という行為です。センター試験直前は本当に緊張します。その緊張をほぐすために余裕を持って会場入りしたいのに取りに帰ってギリギリになっては本来の力は出せません。忘れても開き直って余裕を持って対応しましょう。

結局センター試験当日に準備するものは「自信」です。それは当日の朝確認してなんとかできるものではありません。今このブログを読み終わった瞬間から準備するものです。

残り1週間を切ったセンター試験、何事にも動じず普段以上の力を出しきって春に東京学芸大学で会えることを楽しみにしています。最後まで気を抜かず頑張ってください!

【Daily SNAILS】Super Bowl LXIVvol.1〜波乱の幕開け〜

2020年になって2週間が経とうとしています。
今年は、東京オリンピックの年ということもあり、昨年から「2020が来る!」といった謳い文句を耳にしていたおかげか、2020年であることにあまり違和感を感じていないのですが、皆様はどうでしょうか。

東京オリンピックも楽しみですが、その前に大きなスポーツイベントがありますよね!
そう!ついにスーパーボウルの季節です!

申し遅れました、OB1年目の永川 諒大です。

既にスーパーボウル進出への闘いは始まっており、ワイルドカードプレーオフが先週終了しました。

1試合1試合とても見応えがあり、それら全てを紹介したいのですが、それをしているとブログがとんでもない長さになってしまいますので、特に気になった1試合に注目したいと思います。


先程からワイルドカードプレーオフとかディビジョナルプレーオフといった聞き慣れない単語が出ていますが、これはスーパーボウル出場を賭けた各カンファレンスのトーナメントの段階を指す言葉です。
スーパーボウル出場=カンファレンス優勝
ですので、
ワイルドカードプレーオフ=準々決勝
ディビジョナルプレーオフ=準決勝
カンファレンスチャンピオンシップ=決勝
と考えていただくと少しわかりやすいかもしれません。

さて、私が紹介するのはAFCのワイルドカードプレーオフ、テネシー・タイタンズvsニューイングランド・ペイトリオッツです。

昨年のスーパーボウル王者、ペイトリオッツがワイルドカードプレーオフに出場していることが、まず珍しいことでした。(調べてみたら最後にワイルドカードプレーオフに出場したのは2009年シーズンでした)

20年近くものあいだ常にプレーオフに進出し続け、ここ10年はディビジョナルプレーオフから出場するいわゆる「シード権」を守り続けてきたペイトリオッツ。
今年もその地位は揺らぎないと思われていましたが、シーズン中にボルティモア・レイヴンズに敗れた辺りから雲行きが怪しくなってきていたようです。

対するタイタンズも、エースQB 8 マーカス・マリオタの不調によりシーズン途中から、バックアップQBである元ドルフィンズの17 ライアン・タネヒルが先発という不足の事態。

共にシーズン当初に思い描いたものではないチーム状態の中、試合が始まりました。

この試合を終始、支配していたのはタイタンズのRB 22 デリック・ヘンリー。
チームの総獲得ヤードの半分以上を占める187ヤードを走りペイトリオッツを苦しめました。
先制点はペイトリオッツが取ったもののその後はロースコアのまま一進一退が続きます。


試合が動いたのは第3Q終盤、75ヤードのロングドライブを決め、タイタンズが14-13でリードを奪います。
第4Qになっても、差は縮まりません。試合終了間際に何度も逆転劇を演じてきたペイトリオッツを信じる地元のファンにも焦りが見え始めます。
そして、試合終了直前。
ペイトリオッツにとっては勝利を賭けたラストドライブです。
その1プレー目、QB 12 トム・ブレイディの放ったパスは、無情にもDBに弾かれ、そのままインターセプト・リターンTD!
劇的な幕切れと共にペイトリオッツの2019年シーズンは終わりました。

試合を振り返ると、ペイトリオッツとしては、やはりヘンリーのランを止められなかったことと、エースレシーバーの不足があげられます。
昨年までチームを支えてきたTE ロブ・グロンカウスキーの引退が一発勝負のプレーオフになって響いてきたと言えるかもしれません。

この試合の結果により、長年AFCの頂点に君臨してきたペイトリオッツが消え、AFCの闘いはより一層先が読めなくなりました。

ここからはどのチームがスーパーボウルに出場してもおかしくありません。

このブログが投稿される頃には始まっている、ディビジョナルプレーオフも、ぜひ注目してみてください。

(今週の1シーン:テネシー・タイタンズのエースRB デリック・ヘンリー。約190cmとRBにしては大柄な体格が武器のパワーランナーであり、生半可なヒットでは止まらない。
ディビジョナルプレーオフでも彼のパワフルなランに期待しよう。
/2019 Wild Card Playoff Tennessee Titans vs. NewEngland Patriots)

【Daily SNAILS】僕らのシャボンディ諸島

年下の従兄弟にお年玉をもらいました。本当にありがとう。今日も胸を張って生きておりますDB42山本 怜央です。

先日貰ったお年玉を握りしめて本屋に行きました。え?何を買ったかって?

大学生ですよ?学生の本分は勉強ですからね。当たり前じゃないですか。

漫画です。ドンッ‼‼(白目)

僕は漫画が大好きです。特に少年系の漫画が好きです。いろんなことを教えてくれます。

少年漫画といえば、やはり「修行パート」が欠かせません。

ONE PIECEで言うところのシャボンディ諸島編、MAJORでいうところの夢島編とかそんな感じの所が好きです。

あの、修行パート後の強くなった主人公達が集まる感じもたまんないですね。

この正月、僕の故郷である静岡に帰省した際、久しぶりに高校の友達達と遊びました。

中には2年くらいあってなかったやつや、つい数ヶ月前にあったやつまで、様々いたのですが、みーんな最後に会った時とは何かしら変化があって、合っていない期間の事を語らうのはとても楽しいものでした。

まさに「修行パート後に主人公達が集まる感」があって、終始テンション上がりっぱなしでした。

停滞は退化と同じだとはいいますが、本当にその通り。みんな進化してるんだなと思うのと同時に、立ち止まったままではいられないなとも思いました。

立ち止まっていてはみんなに置いて行かれます。

もし2年前と同じ様でシャボンディ諸島にルフィが現れたら全国の少年達が漫画をぶん投げていたでしょう。麦わらの一味もびっくり。打ち切り不可避ですね。

さて、肝心の僕らSNAILSもこれから「修行パート」に入ります。

応援してくださる方達に今よりずっと進化したSNAILSを見せられるよう2020年も精一杯頑張ろうと思います。

一年後に‼‼入れ替え戦で‼‼ドドンッ‼‼

ってね。

写真は僕が15分で書いたあのシーンです。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop