June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【How to American Football vol.20】闘いが終わり、始まる闘い


およそ1ヶ月ぶりのブログを書きます、OB1年目の永川 諒大です。


私がブログを書いていなかった間、SNAILSは新たな仲間が加わり、Spring Campも無事に終え、大きく歩みを進めた1ヶ月だったようです。


私が常に目で追い、ちょくちょくブログにも載せているNFLでも4月は大きなイベントが行われました。


それは「NFL Draft」です。

大学を卒業した選手をチームごとに指名し迎え入れるこの一大イベントは全世界のフットボールファンの注目を集めています。

今年はテネシー州ナッシュビルで行われ、3日間で50万人以上が訪れたという報道からもその盛り上がりは想像に難くないでしょう。


このDraftがここまでの盛り上がりを見せる理由は、そもそもカレッジフットボールがNFL同様にアメリカで人気があるからだけではありません。

Draftのキモは、昨季成績が悪かったチームから順に指名権を与えられているというシステム、それに伴って生み出される様々な戦略です。

(数年前に公開された「ドラフト・デイ」という映画ではこのNFL Draftの様子が描かれていますが、現実にああいったやり取りがされています。)


3日間で7巡、さらにドラフト外でもフリーエージェントという形で契約される選手もおり、その総数は約300人以上。

当たり前ですが1巡目で指名した選手が必ずスターになるわけではありません。


昨季ロサンゼルス・ラムズをスーパーボウルに導いたQB 16 ジャレット・ゴフは1巡全体1位指名ですが、そのスーパーボウルで勝利をおさめたニューイングランド・ペイトリオッツのQB 12 トム・ブレイディは6巡全体199位です。


大学での活躍や他チームの動き(自チームより高順位指名権を持つチームが、欲しい選手を獲得しそうなら、指名権を交換するために交渉する。など)、その選手のNFLでの将来性まで見据える戦略と何より運が必要なわけです。


そんなわけで、私も日本にいながら大いに盛り上がったNFL Draftも終わり、いよいよ5月が始まっています。


新たに加入した仲間とチーム全体を強化する期間であることはSNAILSでもNFLでも変わりありません。


その仲間が数年後、活躍するかどうかは分かりません。本人の努力や周囲の働きかけで将来を断言することはできないからです。

しかし、スタートダッシュの期間は既に終わり、新たな闘いが始まっています。


私にできるのは見守ることだけですが、一緒に闘っていければと思っています。


SNAILSは今週末、日本一のチームと闘います。


【NEXT GAME】


vs. 日本大学 PHOENIX


5/11(土) 10:00 KICK OFF

@アミノバイタルフィールド


(今週の1シーン:マイアミ・ドルフィンズに1巡全体13位で指名されたDT クリスチャン・ウィルキンス。選手にとってもNFL Draftは人生を左右する一大イベントだ。

/2019 NFL Draft Day 1)


【2019 SPRING CAMP DAY4】


山中湖で行われた、3泊4日のSPRING CAMPが本日終わりを迎えました。

今回で4回目の合宿を終えた MG 西村 美希(3年)です。


『OWNERSHIP』


その言葉を掲げ続けた4日間。


当事者意識を持つことができたか?

何かのリーダーとして行動できたのか?

最後の練習後ハドルで、主将は私たちに問いかけました。


その瞬間、各々が何を考えたのかは分かりません。

しかし、成長したにしろしなかったにしろ、勝たなければこの4日間は意味がなかったことになる。そう私は思いました。


2019SNAILSは既に4分の1を終えています。

いつまでも『ここから』ではいけない。


勝って、必ず1部復帰を出来るよう、

合宿で得た『OWNERSHIP』を見せつけられるよう明日からも全力で闘っていきます。


【2019 SPRING CAMP DAY3】


窓から差す光で自然と目が覚めました。いつもより健康的な生活ができている気がします。MG 齋藤江里子(3年)です。


SPRING CAMPは明日までですが、練習は今日が最終日。最後の練習になるかと思われた午後は雷雨に見舞われ、宿舎でミーティングの時間となりました。


山中湖の水面に激しく降りつける雨と轟く雷鳴の中で、あることわざを思い出しました。


No Rain, No Rainbow.


雨が降らなければ、美しい虹を見ることはできない、という意味のハワイのことわざです。言い換えると、華やかな偉業の裏には努力があり、苦難がある、ということです。


私たちの状況はどうでしょう。

昨年12月に二部降格という結果を突きつけられ、すでに半年近くが過ぎました。もう間も無く本格化するPRESEASONで勢いをつけ、9月から始まるリーグ戦で勝利すること。そして、12月の入替戦で一部リーグに復帰すること。この半年間、それだけを目指してきました。


しかし、私たちはその虹を見るための雨の中にさえ、まだいないのかもしれません。


この3日間を通して、練習やミーティングの中で、克服することができたものもあれば、まだ足りない部分も大きい、素直にそう感じました。CAMPが終わったら何かが変わると信じられるほど、現実は甘くないでしょう。しかし、このCAMPで得た「なにか」を持って、東京へ帰り、日々の練習に励むことだけが、いま私たちにできることです。


この先の試合でどんな結果が待っていようとも、自分の思う通りに動けない時も、いまが雨だと耐え忍び、諦めずに取り組み続けることが、目的を達成するための唯一の方法なのです。


雨上がりに虹が出るかはわかりません。それでもその美しさを求めて、一歩ずつ進んでいきます。


【2019 SPRING CAMP DAY2】


霧の中にそびえ立つ富士山の荘厳さに、朝からパワーをもらいました。

MG 倉山 裕子(3年)です。


「スタートダッシュが遅い。」

そう言われ続け、身に染みて実感した時にはもう遅い。

その結果重ね続けてた負けにより、私たちは今年、2部リーグで闘うことになりました。


昨日迎えた、SPRING CAMP 初回の練習。

何かを変えるためのきっかけを探していた私たちには、ちょうど良い機会だったのだと思います。

そこには、日本大学戦を前に焦りを隠せず鬼気迫る雰囲気が、確かにありました。


そして、夜が明けた今日、2回目の練習に臨みました。

私がグラウンドで見たのは、スタートを全力で駆け抜けた後、どこか妥協しながら走る自分たちの姿でした。

普段のグラウンドとは比べ物にならない素晴らしい環境が、ただただ持てあまされているように感じました。


スタートダッシュを切ることができたら、全てがうまくいく。

そんなに都合良くはいきません。


始まりの一瞬を駆け抜けた時に、掴みかけた何か。

私たちは、もっとそれにしがみつくべきでした。


全員が確かに、現状と理想とのギャップに危機感は持っているのです。

しかし、私たちは、その課題にどれだけOWNERSHIPを持って向き合えているのでしょうか。


夏になってから?

リーグ戦が始まってから?

入替戦が近くなったら?


私たちは、いつまでたっても本当の意味で変わることができません。


もちろん、私自身も甘えている所、変わらなければいけない所だらけです。

改めて気を引き締め、3日目の練習に臨みます。


【2019 SPRING CAMP DAY1】


「令和」初日は、久々にまったりとした朝を過ごしました。余裕を持って生きることが目標のMG 齋藤 江里子(3年)です。


日本全体がさわやかな新しい空気に包まれる中、2019 SPRING CAMPが始まりました。今年も山中湖のほとりで、FOOTBALL漬けの4日間を過ごします。


1分単位のスケジュールが組まれるCAMPの中で私が大切にしていることは「ゆとり」を持つことです。自分のことで精一杯になってしまうと、ついつい周りが見えなくなってしまいます。しかし、普段は練習中しか関わりのない人とも24時間同じタイムスケジュールで動くことができるのが、この期間の魅力でもあります。


だからこそ、周囲とのコミュニケーションを大切にしたい、そんな思いで臨んでいます。


私たちは、このSPRING CAMPに「OWNER SHIP」というスローガンを掲げました。当事者意識を持って、一人ひとりが「リーダー」であることを目指しています。


短いけれど濃密な4日間過ごすため、練習中だけでなく、そのほかの時間も積極的に活動していきます。




【2019 SPRING CAMP】


5/2(水)から5/5(日)まで山梨県でSPRING CAMPを行います。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.35】"れいわ"


2000年生まれの新入生と仲良くなり、老いを感じる今日この頃。皆さんにはドラえもんに出会ってほしいものです。

初等教育教員養成課程数学選修の畠山 舜(4年)です。


いよいよ明日。

新元号「令和」が施行されます。

令和になる瞬間あなたは何をしますか?


友達と過ごす!良いですねえ

ジャンプする!恒例ですねえ

バイトする!頑張ってください


なんて挨拶はこのくらいで…



人生の夏休みと言われる大学生活もようやく1ヶ月が過ぎようとしていますね。これまでにない密度の濃い時間を過ごしてきたことでしょう。


しかし、大学生活はこの程度ではありません!先日読んだ本に、こんなことが書かれていました。


「大学生活は時間をお金で買っているようなものだ。自由な時間が多い分、何をやるか、誰とやるか(中略)あなたはどんな人生の夏休みにしたいのか」


私の大学生活を大きく変えることとなったSNAILS。入部したきっかけは"人"でした。


皆さんもこの先、多くの人との出会いがあるはずです。学科の人はもちろん、部活やサークルの先輩、後輩、OB・OGの方々、バイト先の人etc…


どんな出会いも、人生の夏休みを変えるチャンスをあなたに与えてくれます。それを活かすか活かさないかはあなた次第。4年間という最高の夏休みを送れるかもあなた次第。


一期一会。

感謝ができる人には素敵な出会いが待っています。全ての出会いに感謝を忘れずに!


「礼は急げ」です。


平成最後に、オチました。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.34】〇〇最後の


本日、4月29日は昭和の日。

明日、4月30日は平成最後の日。

そして明後日5月1日は令和最初の日。


3世代を感じさせるならびに感傷的な気分になりました。教育支援課程多文化共生教育コース(3年)齋藤江里子です。


平成に生まれ、平成に育った、平成っ子らしくインスタグラムを見ていたらこんな広告が流れてきました。


「平成最後の日、あなたは何をしますか」


新入生の皆さんにはどこか聞き覚えのあるフレーズではないでしょうか。


「最後の学生生活、あなたは何をしますか」


サークル、部活、授業、バイト…新生活の基盤も整い始めたこの時期、みなさんにおすすめしたいことがあります。それは「きっかけを忘れないこと」です。


歴史の流れと同じで、「今」を見ることはとても難しいことです。


昭和や平成がどのような時代であったかは、その終わりを迎えた時に初めてわかるものです。私たちも同じで学生生活を振り返ることができるのは、学生ではなくなった時なのです。


それならば、私たちは「今」に迷った時に、自分の学生生活に確信が持てない中で、何を信じれば良いのでしょうか。

答えは簡単です。

物事の「きっかけ」を思い出せば良いのです。

憧れだから、楽しそうだったから、人それぞれ理由は違ってもそこには必ず「きっかけ」があります。そして、それは、立ち止まりたくなった時に、あなた自身の軸となり、支えになるはずです。


何かの節目、変わり目はワクワクすると同時に、不安もつきもの。

最後の学生生活はもう始まっています。限られた時間を大切に、精一杯楽しんでください!


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.33】慣れの善し悪し


今年度は授業がないためまだどこか春休み気分の初等教育教員養成課程理科選修 木下豪(4年)です。


新学期が始まってからはや1ヶ月。

新入生の皆さんは、大学生活に慣れてきた頃でしょうか。2日後に迫ったみなさんが楽しみにしているGWが終わると、夏休みまで授業続きが始まります。


この時期にかかる病気といえば五月病です。最近は、5月からずるずる学校をサボり始め、“六月病”にまでかかってしまう人も少なくないようです。


しかし、とある大学の調査では大学1年の6月第1週の授業の出欠状況が、その後の学生生活を左右するとの結果が出ているそうです。つまりこれから数ヶ月の大学生活が特に大事だということになります。

車の運転も、慣れたと思った時に一番事故が起こりやすいそうですよ。


こう言われると、なんだか危機感を持てませんか?

自由な大学生活だからこそ、自律して生活しましょう!


以上、最近毎朝10時起きの木下からでした。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.32】陰キャのすすめ。


未だ4女の自覚がない、初等教育教員養成課程社会選修 戸内基宮子(4年)です。「人間関係は浅く広く」をモットーにしています。


入学式から1ヶ月が経とうとしていますが、夢に見た大学生活はいかがでしょうか。友達づくりに必死で、精神的に疲弊しているという人も多いのではないでしょうか。


私も入学して半年程度は、学科の友達と大生でご飯を食べるといういかにも女子大生のような毎日を過ごしていましたが、いつからか1人でマイペースに過ごすことが好きになりました。謂わゆる陰キャです。団体行動をストレスフルに感じてしまうんです。来年から社会に出るのが心配ですね。


しかし今回は、私のようにたまにはマイペースに過ごしたい!という人のために、ひとりでも安心して居座れる場所をご紹介したいと思います!


1.学生ラウンジ


N棟1階にあるラウンジは、ひとりで過ごしたいときにはとっておきの場所です。食事にも勉強にもピッタリです。


2.第2学生ラウンジ


グラウンド門LAWSONに隣接している第2学生ラウンジは、Wi-fi、電源完備にも関わらず意外と知られていない場所です。入るにはポータルにあるパスワードが必要なので気をつけてください。


3.自宅


家が近ければ帰宅してしまいましょう。空きコマに自宅でリラックスして授業を受けたらより集中できます。寝坊には注意してくださいね。


大学は、高校までのように常時グループに属していなくても大丈夫です。せっかくできた友達を大切にしつつ、たまにはひとりでリラックスするのも良いですね。がんばってください。


<<back|<1234567>|next>>
pagetop