October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【How to American Football vol.6】選択と顛末と

もう何日も快晴というものを見ていないように思います。

雨続きで身体からも雨の匂いがしてきた気がします、AS 永川 諒大(4年)です。


フットボールは"戦術"が重要なスポーツですが、それは1プレー1プレーの"作戦"だけを指すのではありません。


コーチが、誰を使い誰を使わないかという「ロスター」を考えることは、次の試合だけでなくその後のシーズンを闘い抜く重要な"戦術"となります。


NCAAの名門、クレムソン大学でもこのロスターに大きな動きがありました。


それまで先発QBであった4年生のケリー・ブライアントに代えて1年生のトレバー・ローレンスが先発として選ばれたのです。

ケリー・ブライアントは出場機会を求めて他の大学への転校を発表、チームから離れてしまいました。


元々このトレバー・ローレンスは高校生の頃から全米No.1のパサー(パス攻撃に長けたQB)として注目されていました。

しかし、先発として優秀な成績を残し続けていたケリー・ブライアントとこのタイミングで交替するとは予想外でした。


そして先日、ローレンスの先発デビュー戦となったシラキュース大学との試合。

ローレンスは決して良いとは言えない成績しか残せないまま、前半終了前にケガのため離脱してしまいました。


試合は何とかクレムソン大学が勝ったものの、格下相手に結果を残せなかったのはかなり痛手です。


コーチにしてみれば、ブライアントを使い続けることでローレンスに経験を積ませられないまま来シーズンを迎えることは避けたかったと思いますが、そもそも今シーズン勝てなければ元も子もないわけです。


「信頼を寄せる最終学年の選手」か、「期待を寄せる新入りの選手」か。


冒頭にも記した通り、これはこの先の闘いをも左右する選択です。いや、「でした」。


選択したことを変えることはできません。

変えることが最善であるかどうかもわからないのです。


こういった大小様々な選択とその顛末に目をやるのもフットボールの楽しみ方の一つだと思います。


この選択がもたらした未来について、いつか語れる時を楽しみにしておきます。


(今週の1シーン:先発デビュー戦は苦い結果となったトレバー・ローレンス。

来週以降の活躍に期待したい。

/2018 wk5 Syracuse Orange vs. Clemson Tigers)

【Physical Raiser vol.2】当然は当前

教育実習のおかげで生活リズムが整ったのか、毎朝5時に目が覚めます、TR 淵上美咲 (3年)です。

小学生のフレッシュさに元気を貰い、彼らの探求心に学習意欲を掻き立てられ、学び深い3週間を過ごすことができました。


教育実習では、実に7年ぶりの給食を食べました。

給食だよりには、「三角食べをしよう!」の文字。

私はいつも1品ずつ食べる習慣がありますが、自分の欲を押し殺して、子どもたちがそうしているように三角食べをしました。


給食でのエピソードをもう1つ。

ご飯・汁物・おかずの器の置き方をみなさんは勿論ご存知ですよね?

なんと、子どもたちの多くができていなかったのです。6年生です。少し驚きました。当たり前なのに!


彼らにとって三角食べは当たり前ですが、器の正しい並べ方は当たり前ではなかったのです。

そこで私は考えました。


「"当たり前" ってなんだろう。」


掲示されている事は当たり前のように行動するが、掲示されていなければ行動しないのか。

ルール化されていれば守るが、ルール化されていなければ守らないのか。


組織によって、当たり前の水準は異なります。

人として当たり前のことだとしても、組織の中の多数派が行動しなければ、少数派は紛れ、多数派が当たり前になってしまうのです。


SNAILSは100人を超える大きな組織です。

「当たり前のことを当たり前にやろう。」

「当たり前の水準を上げよう。」

このようなことを時々耳にしますが、SNAILSにとっての"当たり前"とは何なのでしょうか。


この問題に、私はいつも頭を悩ませられます。

大学生にもなってルール化を強いられるのか、とルールが作られるごとに感じます。

しかし、ルール化により行動する人が増える現状。

「やらされる当たり前」はもはや当たり前ではありません。


当たり前の水準を上げるために、主体的な当たり前を生み出すために、自分にできることは何だろう。


私はこのジレンマと闘いながら、そして何度も道に迷いながら、まだ見つからぬゴールを探して今も歩み続けています。

【Daily SNAILS vol.9】不器用QB


広島東洋カープの優勝が先延ばしになり、かなりのストレスを抱えている、広島出身QB17 所 亮丞(2年)です。


自分の背番号への思い、というテーマですが、私はこの「17」という番号に強い愛着を持っています。


一般的にQBがよく着けている番号は、1番や12番です。NFLにおいても、有名選手が数多く着けている人気の番号です。

それに対して、あくまで私のイメージですが、17番を着けているQBは、1番や12番を着けている選手に比べて、少し不器用な選手が多い気がします。


エースQBと呼ばれるのには少し物足りないようで、準エースといったところでしょうか。いずれにせよ、NFLにおいても、17番のQBというのは知名度があまり高くありません。

自分はどちらかというと、全てにおいて完璧なスーパースターQBではなく、まだ伸びしろの残った中途半端QBのほうだと思い、1年生のときにあえて17番を希望しました。


今では銭湯のロッカーや下駄箱はもちろん、駐輪場まで17番を使ってしまうという始末。ここまでの愛着(執着?)は、自分でも病的なものだと認識しています。

リーグ戦では、まだまだ発展途上の不器用17番QBに、ぜひご注目ください!


(写真は、私が一番好きなQBで、誕生日も同じである、LA ChargersのPhilip Riversです)


【How to American football vol.5】いまだ

一番好きな季節は秋なのですが、近年は秋らしい日が一年に15日くらいしかない気がします。

もう少し秋を楽しみたい、AS 永川諒大(4年)です。


フットボールは2チームで争うスポーツであり、ほとんど必ず勝者と敗者に分かれます。


先週、「波瀾」が多い年という話をしましたが、それは同じだけ「波瀾の敗者」を生んでいるということです。


ネブラスカ大学やUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)、フロリダ州立大学。

NCAAの名門校であるこれらのチームが、開幕からこれほど負けを重ねるとは誰が予想していたでしょうか。


どんなに負けても、ファンから批判が集中しても次節は平等にやって来ます。


「私は少し楽しみな気持ちになっている、それは我々が置かれた状況からこれ以上悪くなることはなく、これからは上がっていくだけだからだ。」

これはネブラスカ大学のヘッドコーチ、スコット・フロストのインタビューから抜粋した言葉です。


また、こうも言っています。

「重要な言葉は"未だ"だ。」

同校の卒業生でもあるフロストは、信じているのです、このチームは"未だ"成長できると。


過去に戻って結果を変えることは出来ません。

今の成績が今のチームを表しているのです。


しかし、それはあくまで"今"のこと。

シーズンが終わったときの成績ではありません。


年々短くなっているとは言え、"未だ"秋。シーズンが本格化する冬は"未だ"先です。


"未だ"ここから。"未だ"闘いは続きます。


(今週の1シーン:ミシガン大学のRB 22 カラン・ヒグドンに独走されるネブラスカ大学のDefense

どちらも歴史のあるチームであり、今後の闘いぶりに注目したい。

/2018 Wk.3 Nebraska Cornhuskers vs. Michigan Wolverines)

【試合結果】2018リーグ戦 GAME2 桜美林大学戦

本日の試合結果を報告致します。



アミノバイタルフィールド  18:15〜

1Q2Q3Q4QTOTAL
東京学芸大学00077
桜美林大学14713741





本日も多くのご声援、ありがとうございました。

■GAME3のお知らせ------------------



vs.国士舘大学 RHINOCEROS

10月7日(日)
18:15 KICK OFF
@アミノバイタルフィールド




【Daily SNAILS vol.8】勝利にこ"じ"つける

秋期教育実習が始まって2週間が経ちました。

3・4年生が子どもたち相手に奮闘している姿を横目に、教育実習とは縁のない学生生活を送っている主務 保坂 実生(4年)です。


主将の藤井が、毎練習後のHuddleで部員に対して発する言葉。


その言葉、またそれを聞く部員の顔つきに変化を感じています。

3年生ながらに主将を務める藤井の言葉は、以前に比べてより重く、一人ひとりの心をついていると、私は思います。


「これも教育実習のおかげなのだろうか。」というのは、実習を経験したことのない私の勝手な憶測にすぎません。



前置きが長くなりましたが本題に移ります。先日の練習後、あるコーチの方がこのようなお話をされました。


「日常生活での小さなサボりを許しちゃいけない。その積み重ねが綻びに繋がる。」


この言葉を聞いたとき、心のどこかに「チクッ」と刺さるものがありました。

その時、自分が起きてから寝るまでの取り組み全てに、もう一度疑ってかかりました。


「自分は常に万全の状態でフィールドに立っている。」と言う者がいるとします。

果たして、自分が万全だと思っているその状態に、”万全たる証拠”はあるのか。


証拠なんてありません。ですが、万全だと自分が信じるためにできることはたくさんあります。


靴を揃える。ごみを拾う。


「こんなこと」と思ってしまうような行動、探せばいくらでもあるでしょう。


靴を揃えていれば、ここぞと言う時に息が揃う。


落ちているごみを拾っていれば、そのうち転がっているチャンスが拾える。


こじつけのようですが、些細な事さえ勝利に繋がっている、むしろ些細な事こそ勝利を掴むために欠いてはならないものである。


そう信じ、第2節 桜美林大学戦に臨みます。


桜美林大学戦まであと3日。

【How to American football vol.4】世はまさに大○○時代

中学生から何らかの部活動を続けているせいか、あまり祝日を意識できていません。

何でもいいから祝われたい、AS 永川 諒大(4年)です。


まだ開幕して間もない学生フットボールですが、既に様々な波乱が巻き起こっています。


まずは、先々週。

明治大学が法政大学に32年振りとなる勝利をあげました。

試合終了間際までもつれる熱戦は明治大学のFG成功によって劇的に幕を閉じました。


そして、今週は立教大学が慶應義塾大学相手に28年振りの勝利!

前半こそ3-3で折り返したものの後半に突き放し、17-3と慶應義塾大学を引き離しての勝利でした。


「モメンタム」という言葉があります。

フットボールの世界では「試合の流れ」を指すことが多く、それこそが結果を大きく左右するものだと言われています。


私はこのモメンタムとは別の、「時代の流れ」というものがあるように感じています。

それは、昨年のスーパーボウル(その年のNFLのチャンピオンを決める闘い)とNCAA(アメリカの大学スポーツ協会)のチャンピオンシップが、共に「控えのQBが率いたチームが勝利を収めた」といったことに代表される、何か大きな流れのことです。


日本では「平成」という時代が終わる今年。

何か大きな時代の変化を感じているのは私だけでしょうか。

そして、その変化を楽しんでいるのは。


タイトルにあげた「○○時代」の空白の中身はまだ、分かりません。

SNAILSもこれから迫り来る時代に乗り遅れないように、いや時代を先導できるように、一戦一戦全力で闘っていきます。


(今週の1シーン:本文でも少し触れた、昨年のチャンピオンシップでアラバマ大学に勝利をもたらしたトゥア・タガヴァイロア。

先週から先発起用となりさらなる躍進が期待される。

/2018 wk.2 Arkansas State Red Wolves vs. Alabama Crimson Tide)

【Daily SNAILS vol.7】 綺麗な数?

先日誕生日を迎え、遂に22歳になりました。

RB24 杉山由津樹(4年)です。


背番号に対する想いというテーマをいただきましたが、最初から意味を持たせて希望する番号もあれば、逆にもらったあとから番号に想いが湧いてくる場合もあると思います。


かく言う私は、24という数が単純に好きです。


数学の問題のようになってしまいますが、十の位の数字aと一の位の数字bに関係があると、とても綺麗な数に見えるような気がするのです。


24という数は、a=2、b=4なのですが、2×2=4であるし、2の自乗は4なのです。


とても個人的な感覚であるため、共感を得られるか自信はありませんが、自分としてはとてもすっきりするのです。


SNAILSの24を世に轟かせるべく、日々取り組んでいきます!

試合会場にお越しの際は、ぜひ24にご注目ください!

【Daily Snails vol.6】Perfect Number

数学にはあまり興味がないのですが『博士の愛した数式』は素晴らしい小説だと思います。

こんにちは、DB28 岡野隼也 (2年)です。


完全数という名前がかっこいい。

中二病的かもしれませんがそう思いませんか?


完全数(perfect number)とは、自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数のことです。

例えば 6(=1+2+3)であり、28(=1+2+4+7+14)というわけです。


6、28、、、。意外と近くにある?

いやいや探せば分かります、完全数とは極めて稀な数なのです。


当たり前ですが、誰しもフィールドに立ったら自分が一番目立ちたいと思っているものです。

私も常にそうありたいと思っています。

つまり、フィールドの中において特別な存在でなければならないのです。


28という、存在自体が特別である完全数を着けることは“特別な存在であれ”というメッセージを与えてくれているように思えます。

そしてそれは私のエネルギーともなっているのです。


スタンドから28が目に入りましたら、ぜひとも注目してみてください!

【How to American football vol.3】月曜日の朝に

朝型だった時代はどこへ。

完全に夜型になりました、AS 永川諒大(4年)です。


月曜日の朝。

ほとんどの試合が土日に行われるアメリカンフットボールの世界では、この日の目覚めは試合の勝敗に左右されます。


「VICTORY MONDAY」を迎えたチームにとって、これだけ清々しい日はないでしょう。


「勝ち試合より負け試合の方が学ぶことが多い」と言えるのは、最終的に勝った人間だけで、そこまで割り切れるものでもありません。


9月8日(土)の横浜国立大学戦に敗れた私たちは、まさにその渦中です。


私の思うフットボールの面白さは「逆転」にあります。


そのために必要なものは、「積み上げ」と「自信」そして、「奇跡」です。

「奇跡」は神様からもたらせる類いのものではありません。

限界まで挑戦した者が限界を超えられた、その「一瞬」の総称であるはずです。


次節は9月22日(土)桜美林大学戦。


横浜国立大学戦で学んだことを積み上げて自信をつけて、この憂鬱な月曜日から「逆転」しに行きます。


素敵な一週間を!


(今週の1シーン:フロリダ大学にアップセット勝利したケンタッキー大学。

フロリダ大学に対して31連敗という屈辱の歴史を塗り替える1勝。

/2018 WK2 Kentucky Wildcats vs. Florida Gators)

<<back|<123456>|next>>
pagetop