July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【主務ブログ vol.2】目標のその先

主務の倉山 裕子(4年)です。

信じられないことに2020年も半分が終わってしまいましたが、皆さんはどのような半年を過ごされましたでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて人々の意識や生活習慣が大きく変化する中で、最近は少しずつ日常のようなものが戻りつつあるのではないかと思います。


私個人にとって2020年は、4年生として、主務として、このチームで闘うことができる最初で最後の1年です。

それがもう折り返しを過ぎてしまったのかと思うと、時の流れの早さに改めて驚かされると共に、少しの寂しさがこみ上げます。


未知のウイルスが日本で猛威を振るいだした約3か月前、チームは大学からの要請を受け、活動の自粛を余儀なくされました。

それからも、大学や関東学生アメリカンフットボール連盟からイレギュラーな通達が日々入ってきており、いち学生である私でも、その苦慮や葛藤を推し量ることができます。


私たち2020SNAILSは、“一部昇格”を目標に掲げてスタートしました。

しかし、ニュースでは、連日あらゆる業界が感染症によって大きな打撃を受けている様子が報道されており、スポーツ界もその例外ではありません。

ソーシャルディスタンスが叫ばれている中で、ほとんどの競技は試合の中止や延期、開催方法の一部変更など、何かしらの対応を取らざるを得ない状況となっています。


関東学生アメリカンフットボール連盟も、今年のリーグ戦に関して、公平性・安全性をどのように担保するかを考慮し、力を尽くしてくださっているということですが、まだ明確な発表はありません。

2020SNAILSとして、“一部昇格”に繋がるスタート地点に立つことができるのか。

それすらも危ぶまれている状況で、ふと意味もなく道をさまよっているような感覚になることがあります。


そのような時に思い出すのは、あるOBさんからいただいた言葉です。

「勝つ、だけじゃなくてその先の目的を明確にしてほしい。」


私が入部してからの過去3年間、チームは“TOP8昇格”や“一部復帰”を明確な目標として掲げてきました。

しかし、毎年SEASONの結果が振るわず、途中で上位リーグとの入替戦出場の道が絶たれ、そのわかりやすい指標を失うという経験をしてきました。

一方で、それぞれのSEASONには、最後まで全力で闘う4年生についていった中で得た、学びや思い出が多くあります。

それはきっと、歴代の先輩方が、チームの根底の部分として“目標”以上に“目的”を重視してくださっていたからだと感じます。


最近、リクルートを通して新入生と関わる中で、自分がこのチームに入った理由をふと思い返します。

私が強く惹かれたのは、勝ちという目標よりもむしろ、その過程で先輩方が得たスキルやマインドでした。

例年と形や時期は少し違いますが、今の現状は、そのようなチームが本質として目指すべき部分を、より明確にできるチャンスだと捉えられるのではないでしょうか。


まずは、“一部昇格”をしっかりと見据えて、確実に地力を付けなければいけません。

一方で、どのような結果になるにしろ、2020SNAILSが闘った証を何かに残せるように、そして後輩に少しでも多くのものを残せるように。


ゴールで「最高の1年だった」と笑顔で言える未来を描きながら、ここからの時間を過ごしていければと思います。

【Daily SNAILS】怖いもの見たさ

不器用にせわしなくその躰に触れる僕の指先。キミは少し控えめに聲を漏らす。

僕が烈しく指を動かせば動かすほど、それに呼応する様にキミも大きな聲を出す。

ふふ、ずいぶんいい音を出すようになったね。ふふ…。


あ、最近買ったギターの話です。このあと一切ギターは出てきません。

DB29 成清 奎(3年)です。


僕、ホラー好きなんですよね。映画でも小説でもゲームでも、媒体は問いません。なんで好きなのか未だに分かっていませんが、なぜか惹かれてしまうんですよね。


現在時刻は午前2時。丑満時ですね。ちょうどいい時間なので、何故ホラーに惹かれてしまうのか考えてみることにします。


変な話ですよね。映画にしたって、テーマパークのアトラクションにしたって、なんでわざわざお金払ってまで恐怖を体験したがるのか。本来、人間って本能的に恐怖から逃げたいはずなんですよ。


ただ、人間はその恐怖対象に強い関心があるとも思うんですよね。


目の前には足を滑らせてしまえば間違いなく無事ではいられない崖。身の危険を鑑みると絶対に近づかない方がいい。しかし人は気になってしまう。

「この崖の下はどうなっているのだろう…?」


恐怖と好奇心は意外にも紙一重なのかもしれませんね。

崖とは違って、ホラー映画やアトラクションは、安全が保障された恐怖です。自身が危険にさらされることがないために、より好奇心が強く働くのかもしれません。


短くなりましたが、思うところはこんな感じでしょうか。ただ、どうしたってホラーが苦手な人もいますよね。ホラーが好きな人、ホラーが苦手な人、お互いが相手を気遣いあえる優しい世界になるといいですね。ちょっと我慢して戦慄迷宮について行ってあげる、とか、今日はタワー・オブ・テラーに乗るのを我慢する、とか。


余談ですが、このブログを書いている途中にお風呂に入ろうと思ったんですけど、恥ずかしながらなんだかちょっと怖くなってきたので、電気代もったいないと思いつつも部屋の電気全部点けてお風呂に行っちゃいました。

体も洗い終わって、そろそろ出ようかなって時に部屋から物音がした気がしたので、恐る恐る部屋の電気をつけて確認したんですけど、とくに何もなかったです。

こんな話してる最中だと敏感になっちゃうんですかね。


さて、時刻は午前3時。丑満時も終わり、物の怪たちも静まる頃。拙文失礼致しました。それでは、おやすみなさい。

【Daily SNAILS】先輩

今や下の名前で呼ばれることはほぼなくなってしまいました。

今でも岡野さん呼びをしない人は大切にしていこうと思います。

こんにちは、DB 岡野 隼也(4年)です。

2週間ほど前にオンラインOB訪問というものを行いました。

2014年入学の山口奏良さん、福田航平さんを現役部員数名で、ビデオ会議を通じて訪問させていただくというものです。


2014年入学の先輩方は私の1-4の代であり、お二方ともDBの先輩であったため、未熟な私が一からご指導いただいた偉大な先輩です。

久しぶりかつオンラインという事で、どう話していいか難しかったですが、とても有意義な時間でした。


数ある話題の中で私が印象に残ったことは、昨年の第7節の成蹊大学戦です。

勝利するだろうとの思いから、お二方とも会場での観戦はされず、2週間後の入れ替え戦の応援に駆け付けようとしてくださっていました。

ですが、知っての通り結果は惨敗。


先輩方は学年のLINEなどで試合の状況を把握していたらしく、急に通知が騒がしくなり、負けるという結果を理解していったと聞きました。


毎試合応援に来てくださるOBOGの方々もいますが、1年に1試合応援に行けるかどうかも厳しい方々もいます。

もちろん来ていただけることはとても力になりますが、動画配信がなくても、なんとかSNAILSの試合状況をリアルタイムで入手しようとしてくれる先輩、来れない方々に試合状況を伝えている先輩方の存在を改めて知りました。


私たちの1試合には簡単には数えきれないほどの関係者、ファンの思いがあるのだと思います。

単に勝てばいいとかそういった思いだけが必要なのではなく、どういった取り組みをしていくのかといったプロセスのレベルこそ私たちが勝つために、応援していただくために必要なのだと思います。

【Daily SNAILS】新しいセレブレーション

ハイタッチのときはズボンで手を拭いてからするのが暗黙のルールでした。バレーボール部出身、AS 山本 寧音(2年)です。


相手に汗をつけないように気をつけてハイタッチしていた2年前のことを思い出したのは、スポーツ界でソーシャルディスタンスを保ったセレブレーションが話題となっているからです。

そこで今回は新しい生活様式ならぬ、新しいセレブレーションを私なりに考えてみました。



まず思いついたのは、エアーハイタッチです。これなら汗を気にして手を拭く必要も無さそうですね。しかし、タイミングを合わせるのが少し難しいので、事前にチームメイトと練習しておきましょう。


また、お尻タッチや肘タッチも有効です。お尻や肘でタッチすればウイルスの付いたところで口や鼻を触ってしまう心配もありません。


最後は、ベンチに帰ってきた時にヘルメットでタッチ。観客席ならメガホンでタッチも楽しそうです。



好プレーが出たときのことを考えるだけでワクワクが止まりません!

フィールドもサイドラインも観客席も、みんなで喜びを分かち合える日が待ち遠しいばかりです。

【STAY HOME リレー vol.9】勝者の条件?「笑う事」

やうやう白くなりぬく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。


皆さん生活リズムは大丈夫ですか?


清少納言さんは春はあけぼのまで起きてましょうって意味で言ってるんじゃありませんからね。気をつけましょう。僕も気をつけます。DB42 山本 怜央(3年)です。


「この期間、みんな何してる?」

このセリフ、おそらく皆さんが一度は言ったり聞いたりしてる事でしょう。僕もオンラインになった塾バイトで全生徒に言っております。


肝心の僕はと言いますと、恥ずかしながら、この期間を機に始めたことは特になく…


この"STAY HOMEリレー"に何を書けばいいものかと悩んでおります。


新しく始めた事は無いのですが、僕はこんな毎日に一つ、ノルマを課しています。それは


「1日1回は笑うこと」


です。

ほかは特に変わった生活はしておりません。というか自粛前は勝手に笑ってたんですけどね。こんなご時世だし、笑う事を奪われてはいけないと。


さて、この一見簡単かに思えるチャレンジですが、意外と難しいものです。いかに日常が笑いに包まれていたのかを実感します。

僕は「とんねるずの皆さんのおかげでした」のDVDにたくさん笑わされました。


笑うためにはテレビやYouTube、SNSを見たり、友達とLINEをしたり…まぁ色々ありますね。


しかし、どれもイマイチ面白くない時があります。特にテレビやSNS、YouTube。


"「このご時世にそれはダメだろ」感"

をどうしても感じてしまいます。あとバラエティ番組とかって昔の方が面白かったなって。老害でしょうか。


どれもこれも「不適切だ!」「不謹慎だ!」「不快!」みたいなクレームが増えてるとのこと。そんなこと言ったらなんもできねぇって思ってしまいます。


「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」


って感じですよね。ここ最近。「poison」です。いろんな意味でpoisonが蔓延してます。反町隆史さんは予言者だった!?


我ながら上手いこと言いました。テヘ


僕は人を笑わせる方法なんてなんでもよくね派です。それに、なんでも笑える人の方が魅力的だと思います。みんなが笑えば世界は平和なのです。


完全に僕の持論ですが、笑う事は、勝者の条件でもあります。勝利に近い人の方が笑ってると僕は思う。勝利の女神だって微笑むっていうし、福だって笑ってる方に来るんです。ルフィだって処刑されそうなときに笑ってます。


人それぞれいろんな過ごし方のあるおうち時間。そんな中で忘れられがちな「笑う」という事。


勝者になるために。こんな時でも、というかこんな時こそ、スマイルですよ!皆さん!


まだぼやきたい気持ちもあるのですが、長くなりそうなのでこの辺で…


この記事が、皆さんの笑いの種になれば幸いです。

【STAY HOME リレー vol.8】自粛中にクッキーを焼く女。

人と会わないのを良いことに増量が止まりません。明日からダイエットします。MG 齋藤 梨歌(2年)です。


皆さん、知っていますか?

この自粛期間、クッキーを焼き、それをInstagramに載せる女性が急増しているそうです。

お恥ずかしいことに、私もその1人であります。


もともと私は、昔からお菓子作りが趣味でして、それも深夜に作り始めるタイプの夜行性です。家族が寝静まり、キッチンを占領できるこの時間は、自分ひとりの世界に入り込むことができます。


そして今回は、なんと、お菓子作りの最中にこのブログを書いています。今は好きな映画を観ながら、ルンルンと生地を混ぜております。


あ、何の映画を観ているのか気になりますか?気になりますよね。

私がお菓子作りをする時は、8割型『千と千尋の神隠し』と決まっています。

もうかれこれ50回以上は観ていますが、一生飽きる気がしません。さすが、日本の映画興行収入1位を保っているだけありますね。


この作品に出てくる「カオナシ」というキャラクターをご存知でしょうか。全身真っ黒で、お面のような顔を持った不気味な化け物です。人間の欲望の具現化とされるカオナシが、「あっ…あっ…」と言いながら手のひらに砂金を出すシーンは印象的です。


さっきから映画の話しかしていない?失礼しました。

ちゃんと手も動かしていましたよ。

それにしても、好きな映画を観ながら趣味を楽しむのは最高ですね。至福の時間です。


さて、焼き上がったのでブログを締めたいと思います。

実はこんなものを作っていました。カオナシクッキーです。食欲はそそらないですね。

カラフルなデコレーションは砂金を表しています。チアリーダーではありません。


皆さんもぜひ、昼夜逆転しない程度に、深夜の趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

【STAY HOME リレー vol.7】自粛の日々の中で

皆様いかがお過ごしでしょうか。今週からオンライン授業が始まったり、バイトが再開したりと以前に比べ忙しくなってきました。曜日感覚も段々と戻ってきました。

RB21 千葉 勇渡(2年)です。


先日、某テレビ番組の中で世間の人はこの自粛期間の中でテレビを見る機会が増えた、という話がありました。今、家にいると体を動かしたり、授業を受けたり、自炊をしてもやはり時間が余ってしまいます。そんな中で余った時間で僕もよくテレビをつけるようになりました。以前の何倍もテレビをつけています。最近はコロナの影響もあり、コロナ特番や、過去のドラマの再放送をよくやっています。もちろんコロナに対する知識を持っておくためにもコロナ特番やニュースなども見てはいますが、やはりよく見るのはバラエティーとドラマでしょう。


そんな中で僕がおすすめするドラマは「ノーサイドゲーム」です。現在日曜の夜8時から再放送をやっています。あまりドラマを見ない父が珍しく、面白いよ、とオススメしてくれたので再放送をやっているこの機会に見てみることにしました。このドラマは弱小のラグビーチームをGMとなった主人公が立て直していくという物語です。スポーツをやっている者として、共感できる部分や心震わされる場面が多々あります。毎度毎度、ラストの主題歌「馬と鹿」が流れてくるシーンは鳥肌モノです。是非見てください。


大変な時期ではありますが、少しでも早くアメフトができる日が来るよう願い、外出を控え、家で工夫しながら生活を続けていきたいです。

【STAY HOME リレー vol.6】こんな今こそ“再会”を

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

外の気温から、学校に行かなくても、外に遊びに行かなくても、月日はちゃんと過ぎているということを実感します。

AC 福永 和輝(4年)です。


思い返してみれば、幼少期は近所の子どもたちと遊びまわり、小学生からずっとスポーツに打ち込み、受験期も基本、学校に行って勉強していた僕にとって、ここまで家に閉じ込められるのは初めてのことかもしれません。

そのためもあるのか、どうしても手持ち無沙汰のままおうち時間を過ごしてしまいがちになっています。


ただそのような期間の中で僕は様々な“もの”と再会を果たしました。

ここではそれをいくつか紹介します。


まずは1つ目は、国語の教科書に載っていた作品たちです。

この時間がある時だからこそ本を読もうと考え、夏目漱石「こころ」を読み返すことにしました。回想場面の先生やKと同じ大学生になった今だからこそ高校の時よりも深く、共感を伴って読めた気がします。気だけかもしれませんが…。


もう1つはディズニー映画です。

ディズニーランドが臨時閉園し悲しみに暮れているときに、友人からディズニー作品を見られるサービスが期間限定無料で利用できることを教えてもらい、すぐに登録しました。

ディズニーランドは大好きなのですが、映画は幼少期以来見ていませんでした。

改めて見てみると、何歳になっても楽しめることを実感できたり、キャラクターや歌は知っているのにストーリーは知らない作品が多かったと思い知らされたりしたのと同時に、あの頃と違ってファンタジーに100%入り込めない自分がいることにも気づき、少し悲しくなりました…。


家にいるだけだと何もやる気が出ないと感じている皆さん、そのお気持ちとてもわかります。

そんな時に昔好きだったこと、よくやっていたことを振り返るのはいかかでしょうか。

改めてそのことをやってみることで、新たな発見が得られますし、何よりその頃の気持ちを思い返すことができてとても楽しいです。


いつもの仲間と再会する日のためにもう少し、お家でいい時間を過ごしていきましょう!

【STAY HOME リレー vol.5】オンライン〇〇

昨年の夏履いていた短パンを履きました。キツすぎてスパッツかと思いました。

OL78 佐藤 光(2年)です。


大学への入構が禁じられて早1ヶ月、"STAY HOME"のままオンラインでの授業がスタートしました。


学芸大学のオンライン授業は、

・Zoom等を使用して講義や意見交換を行うもの

・メール等を使用してレポート提出を行うもの


の2つの形式があります。


この2つ目が曲者で、時間に縛られないため、私はついつい後回しにしてしまいます。

今期も無事に単位を取り切れるとよいのですが…





さて、最近は何かとオンラインで行うのがトレンドです。

オンライン授業をはじめ、オンライン勤務、オンライン飲み会、オンライン帰省など…



「もしかしたら将来、オンライン〇〇が当たり前になっているんじゃないか?」



家で授業、家で飲み会、家で診療さえもしてもらえたら…


意外と便利な気がしてきます。


オンライン〇〇が私達のスタンダードになる日も近いかもしれません。



私も先日オンライン帰省をしてみました。

知らない間に祖母が骨折していたり、母が自宅勤務で時間を持て余していたり…


しばらく会えていない家族と近況を報告し合い、(心配もありましたが)充実した時間を過ごせました。


帰省にしろ、飲み会にしろ、案外オンラインでもなんとかなるものです。

でもやはり、顔を合わせて話をしたいですよね。


大切な人に会うために、新型コロナウイルスの感染拡大が一刻も早く終息することを願ってやみません。





私事ですが、先月20歳の誕生日を迎えました。

成人式までオンライン…とならないように

今は"STAY HOME"あるのみです。

【STAY HOME リレー vol.4】そうだ、おうちバーベキューをしよう


最近暑い日が多いので半袖を着たいのですが、夏服をどこにしまったのか分からなくなってしまいました。AS 山本 寧音(2年)です。


雲ひとつない青空、輝く太陽、ジュージューと肉の焼ける音

半袖が活躍するいい天気と言えば…

そう、バーベキューです。

でも今はお出かけなんてしてる場合じゃない?

いえ、お家の庭やガレージでもバーベキューは楽しめるのです。


今日はそんなおうちバーベキューの魅力をお伝えします。


「そうだ、バーベキューをしよう」

そう思ったらすぐに始められるのがおうちバーベキューの魅力の1つです。お庭やガレージを使えば、玄関からバーベキュー場までたったの徒歩10秒。山や川まで車で移動する時間を大幅に短縮できます。


もう1つの魅力は、その快適さです。

バーベキューは準備や片付けが大変というイメージはありませんか?おうちバーベキューなら重いバーベキューセットを運ぶ必要も、たくさんのゴミを持ち帰る必要もありません。もちろん遠くまでトイレを探しに行く必要もありません。家の庭やガレージは最高に便利なバーベキュー場なのです。



「大学生になって家族と食事する日が減った」

なんていうのはよく聞く話で、私もそんな大学生の1人でした。しかし、現在は外出自粛のため家にいる時間が長くなり、毎日家族で食事をすることができています。やはり家族との食事は楽しいものですね。

家族と楽しむおうちバーベキュー、みなさんもぜひ取り入れてみてください。


ただし、お肉の美味しさのあまり私のように食べ過ぎで後悔しても、責任を負いかねますので、悪しからず。

<<back|<123456>|next>>
pagetop