February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.28】 Every sentence is meaningful


リップクリームとハンドクリームの二刀流で必死に冬の厳しい乾燥に抗っています、初等教育教員養成課程 英語選修の脇本 智郎(1年)です。


センター試験から早2週間が経過し、私大の入試が徐々に始まってくる時期になりました。連日とても寒い日が続いているので、体調にはくれぐれも気をつけてください。


さて、今回は受験生の多くが受験する英語の長文読解に関する、ちょっとしたテクニックを紹介していこうと思います。学芸大学を英語で受験する方はもちろん、私大受験で英語を使う方も必見です!


大学入試英語において、多くの受験生を悩ませるのが 「読解速度」 です。英文を読むのが遅くて問題が解き終わらない、という経験をしたことのある受験生は少なくないはず。


そんな受験生の悩みを解消するために必要な力が、「予測力」です。


例えば、文章中に“Many people say that bread is delicious.”(多くの人がパンは美味しいと言う。) という文があったとしましょう。至極当然な文ですが、筆者がわざわざこのような文を書くのには理由があります。それは、筆者は逆説的に「パンは不味い。」という主張をしたいからです。

他にも、“Certainly,〜,but...”(確かに〜。だが...) のような“譲歩”という表現もあります。

これらの表現は全て、逆説以下に書かれた筆者の意見を強調するために、あえて逆のことを言うというテクニックなのです。長文を読んでいてこのような表現が出てきたら、「はいはい、あなたの言いたいことは逆説の後に書いてくれるのね。」と予測して、手ぐすね引きながら気軽に読み進めてOKです!


また、この時期には私大対策で国立二次対策があまり出来ないということもあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、「私大の英文の内容を記憶すること」です。

ある程度時間をかけて一生懸命読んだ私大の英文、採点と見直しだけして捨ててしまうのではあまりに勿体ないですよね?

一度読んだ文章や実験内容をなんとなく記憶しておくことで、そのtopicに関する知識が身につきます。そして、再度似たようなtopicの文章が出題された時、その知識は大いに役立ちます。文章の展開を「予測」できるようになり、読解速度は飛躍的に向上します。

僕の場合、某私立大学の入試本番で読んだ長文の一部が、学芸大学の二次試験のディクテーションで出題されました。文章が流れて来た瞬間思わずニヤけてしまったのを、今でも覚えています。


Every sentence is meaningful.

筆者の主張を強調するためにわざわざ書かれる “sentence” もあれば、ある日読んだ “sentence” があなたを助けてくれるかもしれません。


受験までの一日一日を大切に、走り抜けてください。皆さんの合格を心から祈っています。

“Step by step. I can’t see any other way of accomplishing anything. ”(: Michael Jordan)

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.27】合格するには○○に入ろう!

先日、1日に10回も御手洗に行ってしまいました。早くも老化を感じている初等教育教員養成課程環境教育選修の稲葉 燎(3年)です。



この時期は私立の対策をしたり、待ち受ける国立大学の対策をしたりと多忙な日々をおくっていることと思います。


そんなみなさんに、私から1つだけ聞きたいことがあります。


「疲れてませんか?」


「疲れてるに決まってんだろ!」と思った方たくさんいらっしゃると思います。

私自身もこの時期は肉体的にも精神的にも疲れ、夜も眠れませんでした。

そんな人には、お風呂に入ることを推奨します!

シャワーではなく、湯船に浸かりましょう!!


忙しいこの時期だからこそ、お風呂でリラックスしてみませんか?明日も頑張るために今日の疲れは今日取ってしまいましょう。


お風呂に入るときは、40℃のお湯に10-15分全身浴することが良いらしいです。お風呂のときは副交感神経を優位に働かせたいので、スマートフォンの使用は控えましょう。お好みに合わせて好きな香りの入浴剤をいれるともっとリラックスできるでしょう。 


お風呂は日本の素晴らしい文化です。コストパフォーマンスも非常によい健康法です!


忙しいこの時期だからこそ、1日に10分ほどお風呂でリラックスしてみてください。

きっと明日も頑張れるはずです。

私もお風呂から皆さんの合格を祈っています。

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.26】「これで実技はもらった!スーパーアスリート浅井的実技必勝法!」


同じ服を着すぎたせいで、友達に「あんたそれ洗濯してんの?」と言われた、初等教育教員養成課程保健体育選修の浅井貴敦(2年)です。

私は、2次試験で体育の実技がある人に向け、このブログを綴りたいと思います。

浅井的実技試験必勝法!

その1「防寒対策をしっかりしよう!」
試験当日は2月で寒いことが予想されます。また受験者も多いため、活動をしない時間も意外と多くあります。それを考慮して防寒具を持ってきましょう!

その2「ウォームアップをしっかりしよう!」
当日はとても緊張するのでいつもより体が動きません。そのためウォームアップをしっかりして万全の準備をしましょう!

その3「落ち着いて試験に臨もう!」
緊張したり、良いパフォーマンスをしようと変に力が入ってしまって、自分の100%の力が発揮できなかったら、必ず後悔の気持ちが残るはずです。
自分の実力が出せるよう、平常心で試験に臨みましょう!

スーパーアスリートの皆さん、試験までの残り期間を悔いが残らぬように走り抜きましょう!

皆さんの合格を祈っています。


【Physical Raiser vol.7】「選べる」は幸せか?

今日は2月3日(日)、節分ですね。

千葉県にある成田山新勝寺の節分は、私の地元である八街市名産の落花生を撒くことで有名です。

皆さんの予想通り、実家の周りは畑しかありません、TR 淵上 美咲(3年)です。



最近では恵方巻の種類も多く、具材のバリエーションが豊富なのが嬉しいですよね。

しかし一方で、恵方巻の廃棄量はとてつもなく多く、年間約10億円超にもなるのだそう…。

食べるものを選べる飽食の時代、その裏側では悲しい現実があります。


何を食べるかを選ぶだけでなく、毎日は選択の連続ですよね。

朝早めに起きて活動を始めるか、家を出るギリギリまで毛布にくるまっているか…。

私にとって、冬の最大の選択です。



強くなるためにはどちらを選ぶべきか?


両者を天秤にかけて判断し、勝ちに繋がる行動を選択することが求められます。己に勝つ強いメンタルが必要です。しかし、時には立ち止まり、ホッと一息つくことも大切。


疲れた身体をしっかり休ませていますか?


身体の回復に欠かせないのが、交代浴とケア。

冷やすことで、炎症を抑えます。

温めることで、血流を良くします。

交代浴ができない場合は、特に疲れている部分や気になる部分などの一部を冷水のシャワーで冷やし、お湯に浸かることでも効果はあります。


お風呂の後はケアが大切。

固まっている筋肉をほぐしましょう。

手では届かない後背部のケアのためにも、ストレッチポールを持っているとやりやすいですね。



休むという選択をすること、身体を回復させるという選択をすることは、勝ちに繋がる行動です。

トレーニングばかりして、疲弊したボロボロの身体で困難な道のりを進もうと思っても、1日に進める距離はせいぜい限られています。

それよりも、しっかり休息をとって身体を回復すれば、1日に進める距離は長くなりますよね。


自分にとって何が必要か。

数ある選択肢の中で、自ら選ばなければいけません。

【How to American football vol.14】第53回スーパーボウル(後編)

先日は東京でも雪が降ったところがありました。

長い冬はまだまだ続きそうですが、NFLのシーズンは終わりが近づいてきました。

「フットボール好きによるフットボール好きにさせるブログ」ライターこと、AS 永川 諒大(4年)です。


前回に引き続き、第53回スーパーボウルを特集していきます。

今回は前回お知らせしていた通り、スーパーボウルの勝利予想をお届けします。


しかし、ただ私の予想をお伝えしてもいつも以上に偏った内容になってしまう…。

そこで、3人の部員にアンケートを実施。その回答と共にスーパーボウルを予想していきましょう。


まず答えてくれたのは、QB 17 所 亮丞(2年)!


「第53回スーパーボウル、どちらが勝つと思いますか?その理由と共に教えてください。」


所「私は、ニューイングランド・ペイトリオッツがスーパーボウルを制覇すると思います!

QB 12 トム・ブレイディは、ロサンゼルス・ラムズのQB 16 ジャレッド・ゴフと比べると、スキルや経験面で遥かに上回っています。チームを支える精神的な柱としても、大活躍することは間違いないでしょう。」


前回もお伝えした、ブレイディの名前が出てきましたね。やはり経験値というものは勝負を左右する大事な要素であると言えそうです。


しかし、そんな所に対抗する化のようにDL 89 秦 雄太郎(3年)は次のように答えてくれました。


秦「私はロサンゼルス・ラムズだと思います。

Offence,Defenseともに名前を知ってる選手が多い、特にDLにはキープレーヤーも多いですね。

それと個人的にペイトリオッツが勝つのはなんかいやです笑」


たしかにラムズの層の厚さは脅威になりうるでしょう。

そして「ペイトリオッツはなんかやだ」という感覚は何となく分かります。

次に紹介するAS 上原 裕貴(3年)も「ペイトリオッツが順当だが、願望としてはラムズ」と言っていました。


その上でより選手にフォーカスした回答をくれました。


上原「ラムズはエースQB 16 ジャレッド・ゴフとエースRB 30 トッド・ガーリーの調子がいまいちなのが痛いですね。

WR 17 ロバート・ウッズやWR 12 ブランドン・クックスはペイトリオッツもカバーしてくると思われるので、TE 81 ジャレッド・エヴェレットなどの伏兵に注目してます。

ペイトリオッツは不安要素ないですね。普通にやれば勝っちゃうのではないでしょうか。」


この選手へのフォーカスは的確ですのでほとんど解説はいりませんね。


さて、「普通にすれば勝っちゃう」ペイトリオッツに対抗するカードは何でしょうか。

秦が回答してくれた内容にもありましたし、上原とも話した中で出てきたのは「DL」です。


ラムズにはDL 99 アーロン・ドナルドというNFLを代表する選手がいます。


ペイトリオッツはプレーオフのこれまでの闘いでDefenseの強いチームと当たってきませんでした。

ペイトリオッツにチャンピオンシップで敗れたカンザスシティ・チーフスが、試合後にディフェンス・コーディネーターを解雇しましたが、それはつまり、ペイトリオッツ、特にブレイディにプレッシャーを与えることができなかったということです。


アーロン・ドナルドが率いるタレント揃いのラムズDefenseがブレイディへと迫れれば結果は変わってくるでしょう。


「スーパーボウル予想!」と大々的に銘打ってきましたが、本番はすぐそこ。

いかなる予想も本番の面白さには及びません。


日本時間の2/4(月)まで迫ってきた第53回スーパーボウル。

この中の誰かの予想が当たるかも?

ぜひ皆さんリアルタイムで観ていただきたいです!


来週は「第53回スーパーボウル反省会」をお届けする予定です。

お楽しみに。


(今週の1シーン:ラムズの鍵を握るDL 99 アーロン・ドナルド。決して恵まれた体格とは言えないがスピード、テクニック、パワーは超一流。スーパーボウルで最も注目したい選手の1人だ。

/2018 Conference Championship Los Angels Rams vs. New Orleans Saints)

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.25】基礎を固めろ

大学のテスト勉強に追われ、受験生だった頃を思い出しています。

初等教育教員養成課程社会選修の戸内 基宮子(3年)です。


2次試験まで1ヶ月きり、不安な気持ちでいっぱいかもしれませんね。


私は、大好きだった世界史の試験を受け、入学しました。東京学芸大学の2次試験は1科目なので、皆さんもきっと好きな教科を選んでいるのではないでしょうか。


自分もセンター試験が終わった直後は、大好きな世界史を「完璧」にして試験に臨もう!と意気込んでいました。


しかし、歴史は特にですが学問は奥が深く、勉強をする中できっと試験にでないところまで気になってしまうことがあります。教科書に書いてあることが腑に落ちなかったり、細かい部分を疑問に思ったり。しかし、学芸大学の試験内容は、過去問を見ての通り基本を問う問題が多いです。(少なくとも私が受験するまでの傾向は...)試験に出ない知識を頭にいれることよりも、興味本位で深堀りすることなく、様々な地域・時代を満遍なく、基礎をしっかりと記述できるようになることが社会科においての2次試験成功のカギになると思います。


自分の好きな分野は大学に入ってた深く学ぶことができます!学問に対する「欲」は大学生になるまでとっておいて、今は基礎にこだわって勉強してみてください。


私にとっては最後の大学の後輩となる皆さんにお会いできることを、心から楽しみにしています!あと1カ月、乗り切ってください。

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.24】色んな国立大学を合格した気分に

先日の大阪旅行以来、串カツの味が忘れられません。初等教育教員養成課程理科選修の木下 豪(3年)です。


センター試験も終わり、いよいよ国公立大学の2次試験まで1ヶ月もありませんね。全国の受験生は、センター試験が終わってホッとする気持ちと、私立と国公立の勉強を両立させなければと焦る気持ちの葛藤を感じている人も多いのではないでしょうか。


そんな中には私立大学を受験しなかったり、数を絞って国立大学に力を注ぐ人もいるかもしれません。

今回はそんな人に、勉強が楽しくなるような勉強方法をお教えしたいと思います。


それは、同じ難易度、もしくは志望大学より少し難易度の高い他大学の赤本を解いてみる、という単純なものです。私の場合、首都大学東京や横浜国立大学、北海道大学の赤本を実際に解いていました。


これらの赤本が解けると、「あ、自分ここの大学受かるかもしれない!」と嬉しくなり、どんどん勉強が楽しくなります。

また、解けなかった問題は、自分の弱みだと思って勉強し直せばいいのです。

時間がある人は是非、他大学にも合格してみてください!


後悔のないよう、あと少し頑張ってください。

きっとサクラは咲きます。

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.23】学芸国語受験のお供

先日、コンビニで肉まんを購入したら酢醤油がついてこなかったことに衝撃を受けました、初等教育教員養成課程 国語選修の成清 奎(1年)です。


いよいよ二次試験まで1ヶ月を切りました。

今回のブログでは、二次試験を国語で受験する方へ向けて、僕なりの試験対策をガッツリ紹介しようと思います。


学芸大学の国語の入試問題では、「国語」を全般的に問われます。例を挙げると、類義語・対義語を問うような一問一答の知識問題から、100字を超える大きな記述問題まで…。

記述対策だけでは間違いなく足りない、「国語総合力」を問われるものです。


まず現代文ですが、近年の問題では、昔のように記述量は多くなく、知識を問う問題が増えているようです。

毎年問われているものとしては、言葉の意味・言い換えがあります。普段の生活や文章問題で、意味を正確に理解していないような言葉を見かけたらすぐ調べましょう。そうやって少しずつ語彙を増やすことがベストです!

また、類義語・対義語、文学史、そして漢字の読み・書きのような問題も、当然出題されるでしょう。

そういった知識問題の対策として僕がオススメする教材が、『即戦ゼミ 新国語問題総演習』(桐原書店)です。これで国語の知識問題は総ざらいできます。宣伝みたくなりますが、Amazonなどでも売ってるのでぜひ使ってみてください。


記述は多くはないとは言いましたが、その対策も忘れてはいけません。

学芸大の記述問題は字数が多いので、模試などの文章を200字程度に要約する練習がオススメです。やった後は、国語の先生にみてもらいましょう!

また、文章に対して、自分の意見を述べる練習もしておくとよいでしょう。


古漢に関しても、最近はあまり記述に重きを置かれていません。難易度もあまり高くないと思います。

ただその分、点数を落としたくないところなので、単語と文法、そして古典知識は古漢どちらもマスターしておいてほしいところです。

ちなみに単語・文法・古典知識対策も即戦ゼミでできます。即戦ゼミすごい。


以上が僕のオススメする二次対策です。二次試験まであと1ヶ月もありませんが、最大限、自分のやれることをやってください。

いっぱい勉強して、しっかり寝ましょう。

そうすれば自ずと結果はついてくるはずです。


このブログを読んだ受験生のみなさんと、春に学芸大学で会えることを楽しみにしています。

まだ間に合います!即戦ゼミを買いましょう!!

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.22】不合格体験記

受験期に数学ばかりしていたせいか、今でもたまに日本語を忘れてしまいます。初等教育教員養成課程 数学選修 本田拓海(1年)です。


ネットなどの情報を見てみると、志望大学に合格した人たちは「たくさん問題を解いたから合格できた!」や「1年間死ぬ気で勉強した!」など、自分の成功体験を語っています。

私は1年間浪人しており、''失敗''した経験も成功した経験も、どちらもしています。

今回のブログでは、どうして私が浪人したのか、自分の体験談から皆さんに紹介していきたいと思います。


現役時代、私は全く勉強しなかった、というわけではありません。人並みに勉強し、それなりの成績は取っていました。

ただ、周りと違ったのは、予習をしなかったこと、夜遅くまで勉強していたことです。この2つが、後に大きな障害となって合格を阻んだと考えています。


まず、予習をしないで起きた弊害。それは二次試験当日に起こりました。試験中に、「見たことがある問題」を解けなかったのです。

授業では先生の解答を見て納得し、復習の時もスラスラ解すことが(だいたい暗記しているので)できていたため、自分はできると勝手に思い込んでいました。


つまり、''考える力''を十分に身につけることができなかったのです。この力はやはり予習で培われます。現に浪人時代、予習に力を入れてみると、解ける問題の幅が広がりました。もちろん復習も大事ですが、ぜひ予習には力を入れてほしいです。


次に、夜遅くまで勉強した弊害。それは暗記物です。

浪人時代、予備校の先生に、効率よく暗記をするにはどうすればいいのか尋ねたところ、「寝ろ!」というアドバイスをいただきました。もちろん授業中眠って暗記の効率をあげるわけではありません。

安定した睡眠をしっかり取ることで脳が整理され、効率よく暗記ができるのです。

実際に私も、23時半に寝て6時半に起きるという生活を、浪人時代の1年間続けました。その結果、現役時代と比べて格段に違う量を暗記することができていました。


予習と睡眠。

皆さんには、この2つの大切さを、私の「不合格体験記」から学んでほしいと思います。


二次試験まで残りわずかとなりました。

受験生の皆さんが、後悔しないような結果を得られるよう、心から祈っています。

努力は実る!!

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.21】私立と上手に付き合おう

受験期からずっと苦手な評論文を克服しようと頑張っていますが、一向に克服できないでいます。中等教育教員養成課程 国語専攻の平野 克尚(1年)です。


2月に入ると私立大学の一般入試も多く行われるようになり、やるべき事が急に増えるかもしれません。「本命の対策をもっとしたいのに…」と思いながら私立の対策に奔走することもあるでしょう。今回は私立の対策と国公立の対策について、どのようにバランスをとればいいのかを少し考えてみたいと思います。


まず考えるべきなのは、「その私立にどれくらい行きたいのか」「その私立は自分にとってどのくらい難しいのか」ということです。前者については簡単で、行きたい気持ちが強ければ強いほど多く時間をかけた方がいいでしょう。


問題は後者で、これについては、前者のように単純に比例はしないと考えています。簡潔に言ってしまえば、極端に難しいところにはあまり時間を割くべきではない、ということです。自分にとって難しい、いわゆるチャレンジ校に挑むことは決して悪いことではありません。しかしそこに時間を極端にかけてしまうと、本命である国公立の対策が疎かになってしまう危険性もあるのです。


私立受験で合格を勝ち取るのは安心感や自信に繋がります。しかし、受験で一番大事なことは「本当に行きたい大学の合格を勝ち取ること」ではないでしょうか。これだけを常に忘れないでいれば、必ず上手に私立と付き合い、本命の合格も勝ち取れると確信しています。


皆さんの成功を祈り、そして皆さんと東京学芸大学の正門の先でお会いできることを心から楽しみにしています。

<<back|<123456>|next>>
pagetop