April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.18】学芸大のもう1つの食堂!


最近いつでもお腹が空いています、四六時中空腹と戦っている初等教育教員養成課程理科選修の岩野 源生(新3年)です。


入学したばかりの新入生の皆さんは大学近くのご飯屋さんもまだあまりわからず、大学の食堂を利用する機会が多いのではないでしょうか?2年前は、僕もそんな新入生の1人でした。しかし、1年生のうちは第1むさしのホール、通称"大生"と呼ばれている大きい方の食堂しか利用したことがなかったです。


もう1つの食堂は第2むさしのホール、通称"コパン"と呼ばれています。僕はその名前からパンなどの軽食を販売してる場所なのかなと勝手に思っていました。そんな勘違いもあり、お昼をがっつり食べたいと考えていた僕の選択肢に、コパンは入っていませんでした。


あまりにも大生が混んでいて初めてコパンを利用した日、こんなに良い食堂があったのかと衝撃を受けたのを今でも覚えています。ここからは、僕がコパンをお勧めする理由をいくつか紹介します。


1.大生よりも席の待ち時間が短い。

学芸大学は生徒の数に対して食堂が小さすぎます。そのためお昼には食堂で席を確保することでさえ困難です。僕自身、大生で20分近く席が空くのを待ったことがあります。それに比べてコパンは席の待ち時間が短いです。お昼時ともなれば流石に空いているということはないですが、それでも大生よりもすぐに席を確保できます。授業の合間で急いでいる時などは、この数分がとても大事になってきます。


2.バランスの良い食事ができる。

コパンでは、ご飯・味噌汁・メインおかず×2・小鉢からの定食型のセットなっているので大生よりもバランス良く食事が取れます。


3.値段が安い

コパンと大生で同じメニューを食べた場合、コパンの方が100円ほど安く食べることができます。たかが100円、されど100円。この100円の積み重ねで自分の好きなことに使えるお金を作り出すことができます。


他にも、朝にはお財布に優しい朝食セットを楽しめるなど、たくさんの魅力があるコパン。

皆さんも、ぜひ一度足を運んでみてください!


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.17】My Hair is Bad


最近世の中のかっこいいと言われる人の8割は顔ではなくて髪型がかっこいいだけだと思ってます。初等教育教員養成課程国語選修の早川 幸佑(新2年)です。


高校を卒業して髪の毛を染める人、奇抜な髪型にする人が多いと思います。しかし、髪色や髪型で失敗すると今後の大学生活に大きな影響を及ぼしかねません。


なぜなら第一印象を決めるのは、なんとたった7秒。心理学的にはそう言われています。

なかでも80%ほどは視覚的要素が関係していて、視線が集中する頭部はとくに印象を左右するパーツです。顔よりも髪のほうが広い範囲を占めるため、髪型や質感、髪色が与える影響は、考えている以上に大きいのです。


そこで今回は私が思う素敵な大学生活のスタートを切りたいならこれだけは避けた方が良い髪型、髪色を実体験を元に紹介していきたいと思います。


1.坊主

坊主といっても今ではおしゃれ坊主なんてものもありますから一概に坊主がだめだとは言いません。

ただ一つだけ言えることは五厘にはするな、ということです。

五厘なんて甲子園を目指す野球部だけしてればいいんです。裏であいつは何か悪いことをしてその罰で五厘にしている、とありもしない噂を流されるだけです。さらに眉毛まで五厘にしてしまっては、もう明日からあなたのあだ名は「脱獄犯」です。
周りから犯罪者呼ばわりされる大学生活を送りたくなければ五厘にすることはおすすめできません。

以上が私が思う素敵な大学生活のスタートを切りたいならこれだけは避けた方が良い髪型、髪色です。
おや、気が付きましたか?坊主しか紹介されていない。そうです、坊主しかありません。つまり坊主以外ならどんな髪型でも大丈夫です。
パーマをかけてみたり、赤や青、金など派手な髪色にしてみたり、ちょんまげにしてみたり、なんでもいいんです。だって大学生ですから。

どうですか?お役に立てましたか?これから楽しい大学生活が待っています。

せっかくの大学の4年間を同じような髪型、髪色でいてはつまらないと思います。思い切っていろいろな髪型、髪色に挑戦してみてはいかがですか?


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.16】バイト探しにサーチあれ


最近服のセンスが良いと褒められ、テンションが上がっています、特別支援教育教員養成課程 西野 加奈子(新4年)です。

高校までは制服やジャージで過ごすことがほとんどだったという皆さんも、これからは毎日私服を着なくてはいけません。これを機に、ちょっと背伸びした洋服を大人買いしてみてはいかがでしょうか。


さて、今回は学芸大学生のアルバイト事情についてお話ししたいと思います。


1.アルバイトの職種は?

居酒屋、コンビニ、喫茶店、ドラッグストア、ラーメン屋、お花屋、プールの監視員など様々な場所で活躍しています。やはり教育系をやりたいなと考えている人は、塾の講師や小学校の学生ボランティアがおすすめです。ちなみに、私は塾の講師をしています。中学生や高校生の最近学校で流行っている遊びなどを教えてもらえるので、流行に乗ることができるだけでなく、教員採用試験に向けての知識も蓄えておくことができるなんていうメリットもあります。受験期にせっかく蓄えた知識を忘れないためにも、塾の講師はおすすめです!そして、生徒との交流を通して教えるって楽しいなと再認識できるはずです。


2.アルバイトの時間は?

多くの学生は、夕方から夜にかけてアルバイトをしています。授業後に、「今日はバイトだぁ」という声を聞くこともよくあります。しかし、授業の空き時間にアルバイトをやるというのも、時間の有効な活用法の1つ。私自身、午後から授業の時は、午前中に小学校で学生ボランティアをしていました。実家生は空きコマに家に戻るのも難しいと思うので、バイトで時間を潰すということも考えてみると良いかもしれません。ただ、居酒屋や塾の講師は昼間はできないので、職種との兼ね合いも大事になってきますね。


3.アルバイト探しはどうやればいいの?

アルバイト探しのアプリを入れることをおすすめします。場所や職種、条件など選択するだけで自分に見合ったアルバイトがすぐ見つかります。便利な世の中ですね。また、大生や研究棟にもアルバイト募集の紙が貼られているので、逐一チェックしてみてください。一人でアルバイト先に飛び込むのが不安だなという時には、先輩に紹介してもらうのがいいかもしれません。しかも、知っている人と一緒に働けるなら、心強いですよね!


社会に出る前の準備でもあるアルバイト。ひとつに限定せず、たくさんの職種を経験してみてください。新たな自分に発見できるかもしれません。

そして、働いたお金で欲しいものを買って、充実した大学生活を送ってくださいね。


私は働いたお金でたくさん服を買い、おしゃれな女子大学生を目指します。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.15】大学生にノートパソコンはいらない。


昨年12月のブログにて授業も頑張るということを書かせていただきましたが、無事に自己最高の成績を修めることが出来ました。

みなさんこんにちは教育支援課程生涯スポーツ専攻 岡野 隼也(新3年)です。


私は冬休み頃からタブレット型のノートPc欲しいな。

と思うようになっていました。

もともと入学と同時にノートPCは購入したのですが、徐々に使い勝手が悪くなり……

もっと優秀なPC使いたいと思い始めたわけです。


そこで私は少しPCについて調べていたのですが、あるときMicrosoft社のSurfaceというノートPCのCMに衝撃を受けました。

CMタイトルは「大学生にノートPCはいらない」です。

一度ぜひ見てみてください。

PCを売る側がこんなこと言って大丈夫なのか?

と思いましたが全部見終わればSurfaceを買いたくなること間違いなしの良CMです。


このCMの前半に描かれているのが、大学生のリアルな日常です。


これから大学生としていろいろな期待を抱いてる新入生にはショッキングな内容かもしれません。

ですが、本当にこうなんです。

ネットで探す、旅行をする、SNSをする、課題やレポートだって何とかなる。

大学生活なんてスマホがあれば大体うまくいく。

だから大学生にノートPCはいらないとMicrosoftは言うのです。


私もそうだと思いました。

実際に大学生にノートPCが本当に必要な場面なんて基本的にはないです。

どうしても必要になったら図書館なりで借りれば事は足ります。

では、なぜ私はより性能のいいノートPCが必要になったのか?

それはスマホしか使えない大学生の将来が怖かったからです。

デジタルに何か新しいことに挑戦しておきたいと思ったからです。

確かに大学生にとってノートPCは必須アイテムではありません。

ですがPCを使いこなし新たなものを創り出す大学生も着実に増えています。

私もそういった側に回りたいというささやかな希望から新たにノートPCを自費で購入しました。


購入して数日が経ちましたが素晴らしい日々です。

少しではありますが動画を作らせていただけたりと大変ではありますが充実しています。


4年間という短い大学生活新品のPCと共に有意義な時間を過ごせることを願っています。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.14】自分を形作るもの


特別支援教育教員養成課程の松藤 奈々(3年)です。


私は現在、人生で初めて東北の地に足を踏み入れ、2週間ほど滞在しています。


一番驚いたことは、この時期でもまだ雪が降ること。一つひとつの粒が大きい、ふわっふわの雪が降ります。


朝のニュースでは東京は桜が見ごろだと聞きました。その反面、東京から600キロメートルも離れた地では、まだまだ冬の装いです。


この話の流れ、地方から上京してきた皆さんへ、一人暮らしを始めたばかりは不安なことも多いでしょう、となりそうです。

しかしvol.11に同じようなことが書いてあったので、この話はやめようと思います…


このブログをはじめ、人の言動や考え方は、その人のこれまでの経験や今置かれている状況で作られるものだと思います。


人生の夏休みと言われる、大学生活の4年間。

これからいろいろな経験ができそうだと考えるだけでワクワクしてきますね。

何を選択するのも自由で、あなた次第です。

今まで頑張ってきたことを続ける、新しいことに挑戦する、どちらもかっこいいと思います。

私も、今自分が過ごしている毎日が未来の自分を作っていると考えると、身が引き締まります。


何かにつけて『平成最後の…』と騒がれていた昨年、受験勉強を必死になって頑張っていた皆さんに、『〇〇最初の』素敵な大学生活が訪れることを願っています。


【Physical Raiser vol.8】隠れた才能に灯火を


2日後には新たな元号の発表!!

世間の人々は、どんな元号になるのか?と予想していることでしょう。


が、しかし、

毎日私の脳内を支配している最大の課題、

そうそれは、卒業論文のテーマ。

刻一刻と迫り来る春学期。

期限を目前にして、「平成最後の…」と言っている場合ではないTR 淵上 美咲(3年)です。



またかよ!と思われる前に申し上げます。

また食べ物の話です。

しばしお付き合いください。


日本の食品ロスは年間およそ646万トンと、世界と比べても群を抜いており、その半量は家庭から出ています。(驚きを隠せる人はいないはず…。)


可食部も切り落として三角コーナーへ。

私にも思い当たる節があります…。


"塵も積もれば山となる"

まさにこの言葉通りの現実ですね。



ところで、

日本酒を作る過程でできるもの

豆腐を作る際に出る大豆の絞りカス

これらが何を示しているかご存知でしょうか。


前者は甘酒(米麹によるもの)、後者はおからです。

これらは普段あまり口にしない食べ物のように思います。

表にはズカズカと現れない両者ですが、

栄養価はピカイチ!

米麹甘酒に至っては「飲む点滴」と呼ばれるほど。


米を食べて糖質摂取!

緑黄色野菜はなかなか摂れないなあ…。

ミネラル…?海草?


毎日栄養バランスを気にしながら食事をするのは大変ですよね。

ご安心を。

米麹甘酒には、糖質・タンパク質・ビタミンB群・

ミネラル全て含まれています。さすが点滴。

さらに糖質は、麹の働きによりブドウ糖にまで分解済みのため、すぐ身体に吸収されます。

実は米麹甘酒は運動後の栄養補給に最適なのです。

すんばらしい!!


素晴らしすぎて熱く語ってしまいました…。


おからも負けてはいられません。

カリウムや食物繊維がたっぷり含まれ、ビタミンも豊富です。

唯一の植物性たんぱく質である豆を絞り出しているのですから、もちろんタンパク質も豊富!

水分が少ない分、栄養が凝縮されています。



こんな高い栄養価をもつおからですが、

需要が間に合わず、膨大な廃棄量が問題となっているという裏の顔も。




食べ物について発信すること、それが私にできる1つの灯火だと考えます。

この灯火が、いつかスポットライトに代わる日が来ることを願って。


【Daily SNAILS 】【閲覧注意】これが大学生の1日か

タイトルを見て開いたと予想するが如何か。

バンドインボストン。


蛙はその悲しみに気付いていた。当方、LB 9 佐藤 悠(新2年)である。


偉大な人物が引退を決めた。

そう、イチローである。

皆が礼賛するものに賢しらにケチをつけてやることは如何にも分かっている人間の様で、そのシニカルな具合が気に入った私はよくそうした。しかし、どうやら憧れや嫉妬すらも届かない位置にいる人間をどう論じようとも虚しいだけらしい。

さて、その様な事を考えていると、どうも彼の事が気になったので、ネットの名言集を開いた。

すると、ある気づきがあった。

イチローの名言は心理学で有名な哲学者アドラーと似たような主張のものが多いということだ。

例えば

「人に勝つという価値観では、野球をやってない。」

これはアドラー心理学の課題の分離的な発想で、自分の課題と他者の課題は分離され自己承認に他者を必要としておらず、なにを為すかにスポットライトが当てられている。

また、

「大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。」

ともあるが、これも所有の心理学と使用の心理学としてアドラーが言及している。人生において何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかという事が肝要だということだ。


結果を残す人間にはその人なりの哲学がある。


イチローがアドラー心理学について造詣が深いのかもしれないが、もし、そうで無いのならば、スポーツを通して、この境地へと達したということになろう。

私は、自己研鑽とは哲学である。そう、考えた。

研鑽の航路には哲学のコンパスが必要なのだ。何故に、何を為し、何処へ向かうのか。それを決めるのが哲学だ。


スポーツは哲学。


勝ち続ける。そう目標を掲げるなら、哲学の重要性は増すだろう。


野球に限ったことでは無い。


と思った。

そんなことよりtwiceのLive動画見なきゃ。

終わり!閉廷!



【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.13】熱、冷めてませんか?


初等教育教員養成課程社会選修の遊佐 一樹(新4年)です。


大いなる夢とたくさんの希望に満ちているであろう新入生の皆さん合格おめでとうございます。これから始まるワクワク大学生活に心弾ませ、喜びに打ち震えていることでしょう。


皆さんはなぜ学芸大を目指しましたか?


別に理由はなんでもいいと思います。大学に入ってからその理由を見つけることだってあると思います。ただ、その気持ちを、受験戦争を勝ち抜いたそのアツアツなハートを忘れずに過ごしてください。


大学に合格するという大きな目標を達成した今、気の抜けた生活を送っている人もいるのではないですか?

そんなのもったいない!日本の大学は入るのが難しくて出るのは簡単とか言われるけど、入って満足している暇はありませんよ!


入学直前の今こそ、改めて自分が何を目指してこの大学に来たのか考えてみましょう。


アツアツなハートを持って、ワクワクな夢見れば、バチバチで激アツで最高な大学生活が君を待ってるぜ。


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.12】お部屋が決まったその後は…


インドネシアに行った時に、現地の方に道を尋ねられました。現地の人だと思われたのでしょうか…。中等教育教員養成課程国語専攻の福永 和輝(新3年)です。


私ごとですが、つい最近、長らく住んでいた寮を出て念願の一人暮らしを始めました。

そこで、これから引っ越しをするであろう皆さんに向けて、私の体験談、そしてアドバイスをお伝えしようと思います。


1.電気、ガス、水道の申し込みはお早めに

今まで家族との暮らしでは当たり前に使っていた、電気、ガス、水道。

しかし、一人暮らしを始める際には、きちんと会社に申し込みを行わないと使うことができません。

また、引っ越しが多いこの時期は申し込みをしようと電話をかけても繋がらないことがあります。

このことを考えずにいた結果、僕は一人暮らし初日の夜を真っ暗闇の中で過ごすことになりました…


2.レイアウト構想は慎重に…

部屋が決まり、あとはどこにベッドを置きどこにテレビを置こう…など考えると思います。その時に部屋の形、窓だけに目を向けてしまっていませんか?

僕が気をつけて欲しいのは、コンセントのプラグ、そして特に“テレビのアンテナプラグ”の場所です。特にテレビ線は普通、部屋に1つしかないためその近くにテレビを置かざるをえません。

下見の時、不動産店の人に確認しておきましょう。


以上が僕の引っ越しの中で意外と見落としやすいなと思った(僕が見落とした)ポイントです。

これを見て、なんだ当たり前じゃん…と思った方。そうです、当たり前なのです。(笑)

これを見て、やばい!確認しておこう…と思った方。そうです!あなたのためにこのブログを書いたのです。


新学期から良い学校生活を送れるよう、一人暮らしの準備は万全にしましょう!


【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.11】「俺ら東京さ行くだ」


先日、友人と話していて「もぞい」という言葉が通じず、とても切なくなりました。初等教育教員養成課程国語選修の小川 伊緒里(新4年)です。


「もぞい」は宮城弁で弱い、大人しい、かわいそうという意味です。宮城県出身の人は東京では通じないので気をつけてください。ちなみに、ゴミは「捨てる」ものではなくて「投げる」ものです。


方言がまだまだ抜けない田舎者の私ですが、休みの日には都会女子の真似をして、古着屋巡りをしています。下北沢や高円寺に行って、一日中古着屋散策をすることが趣味になりました。古着が大好きすぎて毎日のように着ているので、友人から「また同じようなの着て」と言われます。そろそろ違う系統にした方がいいのかな。


地方の皆さんは上京すること、そして大学生活が始まることのダブルワクワクで心がいっぱいかと思います。東京にしかないもの、東京でしかできないことを大学生のうちに思いっきりやってみてください。

皆さんの大学生活がよりよいものになりますように。


東京には地方には無かったものがたくさんあります。多分ベコは飼えないと思いますが、バイト代や仕送りを上手く使って東京での生活をエンジョイしてください!


<<back|<123456>|next>>
pagetop