April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【新入生応援特集 Vol.37】自分なりの過ごし方は?

初等教育教員養成課程 社会選修のWR18 天田裕貴(2年)です。

新入生の皆さん、ついに始まった大学生活をどうお過ごしでしょうか。

大学での授業も始まり、早くもあの時間が待ち遠しいと感じる方もいるのではないでしょうか。
そう!
「空きコマ」です!!
私は、大学生にとって1番大切といっても過言ではない時間である「空きコマ」の過ごし方について書かせていただきます。

「3限やっと終わったー。次の授業は5限か、4限の時間何しよう…。」
と思う人もいるでしょう。
空きコマの過ごし方は様々で、授業の課題を附属図書館でやる人もいれば、附属図書館のリラックスチェアで優雅にお昼寝をする(オススメ)人、大生でお菓子でも食べながら友達と楽しくおしゃべりする人などいます。

私はというと身体づくりのために仲間と一緒にウエイトトレーニングをしたり、プロテインを飲んだりしています。
これはこれでなかなか楽しいものです。
ですが、一度でいいから、プロテインではなくて、紅茶を飲みながらコパンテラスでゆっくりと本を読む空きコマを過ごしてみたいなとも思ったり、思わなかったり、ラジバンダリー。

空きコマは自分の好きなように使える時間です!
課題をするもよし、友達と遊ぶもよし、男のロマンを追い求めるもよし。
ぜひ自分なりの過ごし方を見つけてください!

【朝ブログ:水曜日】rush hour

おはようございます。

新学期が始まり、他大学は大学3年生になると1限の授業がほとんどなくなるらしいのですが…
東京学芸大学ではそんなことはありません。
私の場合も、2年次よりも1限が多いです。
参りました。

私は、神奈川から2時間かけて通学しているので、1限に出席するためには6:50に家を出ます。
ジャストタイミングで通勤ラッシュに遭います。
練習よりもきついです。

ということで、今日も通勤ラッシュに参っている、TR 齋藤 優香(3年)が元気にFoodieブログをお届けします!

通勤ラッシュの何が嫌かって?
それは、すし詰め状態の電車内で乗客同士の陣取り合戦が繰り広げられるからです。
肘で押され、手で押され、鞄で押され…
小学生なのに電車通学している子を見ているといたたまれなくなります…

はい。
ここで質問です。
この満員電車の状態を英語でなんというでしょうか。
(ここからは例のあの曲を脳内サウンドで流してくださいね)

packed trainやjam packed train…

ダメ読者。
…packed like sardines

これは、「すし詰め状態」と訳されるの。
満員電車の様子を表わすことには変わりないわ。

sardinesとはなにか知ってますかー?

…いわし。

ということで、今日はsardines、「いわし」について取り上げるわ。

いわしはカルシウムや鉄分、また、カルシウムの吸収を促進するビタミンDも豊富よ。
身体を強くするにはぴったりな食べ物ねー。

また、「さば」の回で取り上げたEPAやDHAという脂質も多く含んでいるの。

どれくらい含んでるかって?

…35億。

ウソ、2.5g。
(可食部100gあたり)

おすすめー?

…いわしの梅煮。

白いご飯と梅煮と味噌汁…
今日の晩御飯は決まりね!

ということで、来週もお楽しみに!

【新入生応援特集 Vol.36】楽しいフリ

高校と全然違う、難しい、意味わかんない。

大学数学のプレッシャーに押し潰されそうになっていたあの頃から早くも3年が経ちました。
中等教育教員養成課程 数学専攻、OL55 谷村 康太(4年)です。

大学での授業が始まって、1週間が経とうとしていますが、新入生の皆さん、どのような気持ちでしょうか?
3年前の自分は、ひたすら大学数学の複雑さと闘っていました。
しかし、実は、もう1つ強敵が潜んでいました。

「この授業、あんまり興味ない。何に役立つの?眠い…」

そう、強敵の正体は、自分にとって興味のない授業とそれに伴う睡魔です。
必修の授業の中には、人によっては興味の湧かない授業があるかもしれません。
自分はありました。

早く終わんないかなと思いながら聞いていたら、瞼が重くなってくる。
結果、その日の内容が全く理解できず終わってしまう。
このような授業とどのように付き合っていくのか。

自分なりの答えとしては、楽しいフリをすることです。
どんなに興味が湧かなくても、勉強する意義が見いだせなくても、とにかく楽しいフリをして授業を受けるのです。
些細なことになるほどーと思い、なんとなくおもしろーいと思ってみる。
そうしていると、授業の理解が深まっていき、本当におもしろくなってくるのです。

寝てしまう、コソコソ他のことをするなど、授業に向き合わないのは最悪です。
授業にどんどん置いていかれ、ますますつまらなくなってしまい、負のスパイラルです。
楽しい気持ちを持って、授業に向き合ってください。

そして、もう1つ。
自分の役に立たない授業なんてありません。
その道のプロフェッショナルが授業をしてくださるのです。
そしてその豊富な知識は色々なことに繋がっていくのです。
関係ないと思っていた授業が思わぬところで繋がってくる、これこそが大学の醍醐味なのではないかと思います。

新入生の皆さん、たくさん授業と向き合ってください。
もちろん、楽しい気持ちで。

【朝ブログ:火曜日】DEVOTE MY LIFE !!

新たな胸筋を鍛えるトレーニングを普段のメニューに追加し、下乳がパンプアップしてきた、OL79 藤井 基弘(2年)です。

まだ4月の半ばとはいえ、日焼けした焦げ茶色の太い腕を出すため、少々の寒さを耐え半袖を着て、かつ腕まくりをし、キャンパス内をドヤ顔で歩いております。

昨年度の主将であった山中さんがおっしゃってた「筋肉が最大のファッション!自分の服をピチピチに着てからファッションを語れ!」を体現するため、もっとパンプアップしないといけない…!と思います。

先日の新歓試合では社会人チームと対戦し、私はLTとして試合に出場しました。

私のマッチアップさせていただいた相手は私よりも一回り歳上の方で「この歳でもfootball を楽しめてるのか…かっこいいなぁ」と家庭を持ち、かつ社会の荒波を乗り越えらていらっしゃるfootballerってかっこいいと思いました。

人生の先輩でもありfootballの先輩でもある相手に、試合中でしたが尊敬の念が湧き、だからこそ絶対に負けたくないと、より気持ちを熱くして闘うことができました。

私たちでさえ身体のケアは重要で、怪我と共にfootballをしている部員はたくさんいます。
歳が重なるにつれ怪我がしやすくなるのは明らかです。

しかしただfootballを楽しみたい!
その気持ちで何歳になろうとも、楽しむためにケアや栄養などを考えている、footballは人をそこまで没頭させる!
マジすげーー!!!

私も人生をかけてまで勝負できる何かが欲しいと思いました。
まだ始めて1年のfootballですが、私も人生をかけて闘うことができるくらいに精進してまいります。

【新入生応援特集 Vol.35】普通では味わえぬ感覚

「お前も上級生になったら新入生の若さが分かるよ。」

2年前に言われたこの言葉が最近身にしみるDB27 津野 聡史(3年)です。
自分が東京学芸大学に入学、SNAILSでfootballを始めてもう2年が経つことに驚きを隠せません。

大学に入ったらテニスサークルに入って、遊びまくろう!!

…とは特に考えてはいませんでしたが、こんな大学生生活になるとは思ってもいませんでした。

身体を大きくするためにひたすら食べ、体力をつけるためにひたすら走り、うまくなるために時間を割いている今。

ふと
「なぜこんなことをしているのだろう」 と思うこともありました。

しかし、リーグ戦に出場し勝利したことでこの思いは吹き飛びました。

勝利の瞬間の喜びはその場にいる人しか味わうことはできません。

悩んでいるそこのあなた!!!
勇気を出して一歩踏み出し、最高の瞬間を共に分かち合いましょう。

【朝ブログ:月曜日】アノ現象

おはようございます。
月曜朝ブログ担当、MG 三浦 あかね(2年)です。

最近は急に暖かくなって過ごしやすい日が続いているなあ、と思いきや4月にしては暑すぎじゃありませんか!!!??
日に日に夏に近づくことが楽しみであり、暑くなるのがしんどくもあります。

春服を着ることができるのは嬉しいですね!
4月に入りそろそろニットなどの冬服をしまい、春服を出し始めた人も多いのではないでしょうか。

春服が欲しくなりお店に行ったところ、ジーンズ生地のジャケットであるGジャンに目が留まりました。
可愛いし、春っぽくて一目ぼれ。
気づいた時には購入していました。

ウキウキで学校に登校したところ、ここにもGジャン、あそこにもGジャン!
私服がかぶるのが嫌な私は、
「これじゃあ、Gジャン着れないジャン!」て感じです…。

そんなことを考えているとGジャンを着ている人に意識が向き、目が行きます。
それまで感じていたよりも多くの人がGジャンを着ている感覚です。

ある物事を意識した途端に、それに関する情報が目につくようになる現象を「カラーバス効果」というそうです。

練習前、ハドルで「この練習で何をやりきるか一人ひとり意識して取り組もう」ということがよく言われます。

それは意識することで、ただ漫然と練習するよりも何倍も気づきのある、密度の濃い練習ができるからだと思います。これも「カラーバス効果」。

「カラーバス効果」を意識したことで、それが身の回りにたくさんあることに気が付きました。

「カラーバス効果」は日常にあふれています。

このブログを読んだ皆さんが、少しでも「カラーバス効果」もしくは「Gジャン」を意識するようになりましたら、なんだか嬉しいです。

これも「カラーバス効果」ですね。
くどいですよね、すみません。

写真は、同じA類国語選修のAS 石井 ゆめか(3年)との双子ショットです!
大好きな先輩と服装がかぶって、嬉しいような恥ずかしいような。
「Gジャンかぶるのも悪くないジャン!」

【新入生応援特集 Vol.34】潤う冷蔵庫

新入生の皆さん初めまして。
教育支援課程 教育支援専攻 生涯スポーツコースのTR 万代 和果(3年)です。

まだ新しい生活に慣れず、忙しない日々を送っている時期でしょうか。

私は、実家暮らしと1人暮らし両方を経験しているのですが、その中で感じた大きな違いは食事でした。
下宿では、待てど暮らせどごはんは出てきません。
ごはんがオレンジジュースの時期もありました。

そんな私から1つアドバイスです。
それは外出のついでに食材を買い、しっかり冷蔵庫を潤すことです。
この意識があれば冬バテも防げます。
ここでの冬バテは私が勝手に作った意味のものです。
夏バテは食べ物があっても食べられない状態。
冬バテはお腹は空いてるけど寒くて家から出られず、食材切れで食べられない状態です。

外出のついでに食材を買うくせをつけておけば、冬バテにならずに済みます。
体調を崩して外に出られない時も困りません。
さらにさらに、食材が家にあれば友達が作ってくれます!
友達と買い出しして作ってもらうのも良いですが、もともとあれば友達の手を煩わせることもありません。

ちなみに私は冷蔵庫を潤すことはできていないし、よく友達の手を煩わせているタイプの人間です。
あと2年かけて成長しようと思ってます。

皆さんも、頑張って冷蔵庫を潤し、慣れない生活にも負けない健康な身体をつくりましょう!

【朝ブログ:日曜日】ワクワクすっぞ!

AS 永川 諒大(3年)です。
皆様がこのブログを読んでいるということは、とりあえずまだ平和な1日が訪れているということですね。
昨日のブログを読んで少し不安になったので、一安心です。

戦争は見たくもないですが、すっかり暖かくなった、春の午後、「闘い」を観にいらっしゃいませんか。

そんなわけで本日は立川FALCONSとの試合当日です。

今年は2010年ご入学のQB 増田 拓大さんがチームに加入したとのことで、SNAILSにはより一層の緊張感が漂っています。

ただ、私としては、『ドラゴンボール』の孫悟空のように、強い相手と闘うことに一種の「ワクワク」を感じています。

その裏にはオープン戦とリーグ戦の違いがあると思っています。
もちろんどちらも「勝利」を目指すのですが、オープン戦は結果よりも「内容」を重視する試合だと思うのです。

しかもこの試合は、新入生やSNAILS関係者ではない学芸大生も多く観戦する「新歓試合」です。

「相手も自分達も素晴らしいプレーをして、最終的に自分達が勝つ。」
フットボールをあまり観たことがない方にも分かりやすく、ワクワクする試合展開は他にはないのではないでしょうか。

世界中が何だか物騒なこのご時世に、平和でアツい、拍手を送りたくなるような闘いを。
本日、東京学芸大学総合グラウンドにて、14:30キックオフです!

ぜひお越しください。

それでは皆さん、素敵な1週間を!

【新入生応援特集 Vol.33】本当の大変さを

初等教育教員養成課程 国語選修のAS 小林 伊万里(3年)です。

授業も始まり、新しいことばかりで新入生の皆さんは忙しい時期ですね。
わたしは今、長野県から上京してきて一人暮らしをしています。

地方から上京してきた勢にとってこの時期は一番寂しさを感じる時期ではないかと思います。
わたしは一緒に上京した地元の友達や大学でできた友達の家をお互いに行き来したりして、寂しさを紛らわしていました。

5月、6月になってくるとみんな大学生活にもなれてきて、それぞれサークルや部活動に所属するようになり、友達の家に行き来する頻度も減ってくることでしょう。

ですが、ここからが一人暮らしの本当の大変さを知る時期です。
自分が家にいる時間が増えた分、当然部屋も汚れますし、洗濯や洗い物の頻度も増えてくることでしょう。

忙しさにかまけて、これらを放っておくと取り返しのつかないことになります。
ぜひ、こまめな掃除、洗濯、洗い物を心がけましょう。

あと、自炊もたまには頑張るとお金が浮きますよ。

今まで家に帰ればその日1日のことを家族に話して、何もしなくてもごはんが出てきて、洗濯掃除をしてくれる。
それが当たり前だった人は、一人暮らしを通して、改めて家族のありがたさを感じると思います。
そういう感謝の気持ちをぜひおうちの人に直接伝えてください。

一人暮らしでも、困った時、辛い時は周りに助けてくれる友だちや先輩が必ずいます。
適度に人に頼りながら、楽しみつつ一人暮らしを一緒に頑張りましょう!

【朝ブログ:土曜日】当事者意識

OB2年目、野沢 真吾です。

北朝鮮とアメリカに関してのニュースが飛び交っている中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
私は情報を咀嚼できていないのですが、もしかしたらこのブログが投稿される土曜日には大変なことになっているかもしれません。

どうなるかわからないと緊張し、どこか胸を高鳴らせているのは、一部の人だけで、ほとんどの人は会社や学校といった目の前の現実に向き合っているのだと思います。

今週1週間、私は「当事者意識」について考えていました。

そもそも、「当事者意識」や「論理的思考力」といった曖昧な言葉は好きではありません。

若造の言うことに過ぎませんが、考えた結果、当事者意識というものは誰にでもあって、誰にでもないものだという考えに私は至りました。

上にも書いたように、一部の人を除けば誰しも会社や学校、部活動といった組織に所属している以上、当事者です。
ただ、その中での自分の役割が明確ではないから、「自分には関係ない」という思考になってしまうのではないかと思います。

そうなるのはもちろん、やることを明確にさせてあげられない上司に責任があるのですが、何から何まで全て指示することは難しいのではないでしょうか。

そのため、ときには自分の役割を超えた仕事をしてくれる人が必要です。
役割がなくても、自ら進んで手を貸してくれる人が必要です。

私はそういった人を「当事者意識」のある人と言うのではないか思います。

何よりもまず、目の前の現実、そしてその周囲に興味関心を抱かないといけないのではないでしょうか。

今日も生きましょう!
明日がないかもしれない今日を。

写真は核戦争に恐怖しているDL57 沖 晃史(3年)です。

<<back|<123456>|next>>
pagetop