July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【Physical Raiser vol.11】夏バテにはネバネバ

自粛期間に痩せてやろうという気持ちとは裏腹に、数字だけは日々上昇しております。TR 森永 歩香(4年)です。



暑いとやってくるのが食欲の低下。ダイエットにぴったりなんて思ったら大間違い…!

バテやすい夏こそ栄養を摂ることがすごく重要なんです。しかも今年はコロナウイルスが流行中。コロナに打ち勝つには健康な体が1番大事になってきます。


でも栄養が大事なのは分かってても、夏バテで食欲が出ない…。こんな人多いのでは?

夏バテの原因は、自律神経の乱れと言われています。高温多湿の環境がストレス…。屋外と室内の温度差…など、要因は様々です。


そこで、今回は自律神経の乱れを整え、食欲をアップしてくれる食材ベスト3を紹介します!



第3位 きゅうり

きゅうりは栄養素が少ないことで有名ですが、その代わりに水分は大量に含まれています。

その水分は体を冷やす効果があり、体を冷やしてから食事を摂ると食欲増進につながるのです。

夏バテの時期には最適の食材ということです!



第2位 枝豆

お酒のおつまみというイメージが先行する枝豆ですが、実は夏にぴったりの食材です。

枝豆にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、疲労の原因である乳酸を消費して、エネルギーに変えてくれます。

つまり、だるさが取れて元気になれるのです!

小腹がすいたら、ちょっとつまんでみてもいいかもしれません。



第1位 オクラ

オクラの良いところはなんといってもネバネバしているところ!このネバネバ成分はムチンというものです。

ムチンは胃や鼻などの粘膜を保護してくれます。食欲がないということは、自律神経の乱れで胃腸が弱っているという可能性もあります。このムチンで胃腸を回復させましょう!


また、免疫力を高める効果もあります。今の時期にはぜひ食べてほしい食材です。



最後にちょっとしたオクラのおすすめレシピを。良かったら作ってみてください。


【オクラの漬け物】

(騰したお湯で15〜20秒茹でて、冷水に入れる。


袋にオクラ、白だし大さじ2、砂糖小さじ3/1いれます。


7擇揉んで3時間放置。


ご粟。



大変な時期ですが、出来ることをやって暑さにもコロナにも負けずに頑張りましょう!

comments

   
pagetop