July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【Daily SNAILS】怖いもの見たさ

不器用にせわしなくその躰に触れる僕の指先。キミは少し控えめに聲を漏らす。

僕が烈しく指を動かせば動かすほど、それに呼応する様にキミも大きな聲を出す。

ふふ、ずいぶんいい音を出すようになったね。ふふ…。


あ、最近買ったギターの話です。このあと一切ギターは出てきません。

DB29 成清 奎(3年)です。


僕、ホラー好きなんですよね。映画でも小説でもゲームでも、媒体は問いません。なんで好きなのか未だに分かっていませんが、なぜか惹かれてしまうんですよね。


現在時刻は午前2時。丑満時ですね。ちょうどいい時間なので、何故ホラーに惹かれてしまうのか考えてみることにします。


変な話ですよね。映画にしたって、テーマパークのアトラクションにしたって、なんでわざわざお金払ってまで恐怖を体験したがるのか。本来、人間って本能的に恐怖から逃げたいはずなんですよ。


ただ、人間はその恐怖対象に強い関心があるとも思うんですよね。


目の前には足を滑らせてしまえば間違いなく無事ではいられない崖。身の危険を鑑みると絶対に近づかない方がいい。しかし人は気になってしまう。

「この崖の下はどうなっているのだろう…?」


恐怖と好奇心は意外にも紙一重なのかもしれませんね。

崖とは違って、ホラー映画やアトラクションは、安全が保障された恐怖です。自身が危険にさらされることがないために、より好奇心が強く働くのかもしれません。


短くなりましたが、思うところはこんな感じでしょうか。ただ、どうしたってホラーが苦手な人もいますよね。ホラーが好きな人、ホラーが苦手な人、お互いが相手を気遣いあえる優しい世界になるといいですね。ちょっと我慢して戦慄迷宮について行ってあげる、とか、今日はタワー・オブ・テラーに乗るのを我慢する、とか。


余談ですが、このブログを書いている途中にお風呂に入ろうと思ったんですけど、恥ずかしながらなんだかちょっと怖くなってきたので、電気代もったいないと思いつつも部屋の電気全部点けてお風呂に行っちゃいました。

体も洗い終わって、そろそろ出ようかなって時に部屋から物音がした気がしたので、恐る恐る部屋の電気をつけて確認したんですけど、とくに何もなかったです。

こんな話してる最中だと敏感になっちゃうんですかね。


さて、時刻は午前3時。丑満時も終わり、物の怪たちも静まる頃。拙文失礼致しました。それでは、おやすみなさい。

comments

   
pagetop