August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2019 卒業ブログ vol.17】壁

初等教育教員養成課程国語選修(4年) 藤井 基弘です。


ついこの前、和西くんと監獄のような予備校を無事に卒業し、胸を踊らせて東京に来たことを思い出すと、4年間という月日の短さに圧倒されてしまいます。


余談ですが、教師を目指していた私が一般企業に就職し、教師を目指していないにも関わらず学芸大に入学した和西くんが先生になるなんて、思ってもいませんでした。これも何かの運命ですね。教師になる和西くんには私の分まで頑張って欲しいです。


引退から3ヶ月が経とうとしています。大学生活の全てをかけたSNAILSでの最後の試合は、反則で退場になってしまいました。もちろん不本意ですが、この何とも言えない気持ちの矛先をどこに向ければいいのかわからず、負けが決まった瞬間は、みんなともうフットボールができないことが悲しく泣いていました。後悔とはまた違う、言葉では言い表せない感情が沸々と出てきました。


この気持ちを解消するにはフットボールで昇華するしかないと私は考えました。だから、日本一に1番近いチームでフットボールをすることに決めました。自分にとって1番ハードな選択をすることで、このモヤモヤを解消できるはずだと。

仕事との両立など不安を挙げればキリがないですが、進まなければ何も起きない気がしています。だから私はチャレンジし続けます。辛そうにしんどそうにするのがカッコいいんじゃなくて、その辛い状況の中で、辛さを見せず誰よりも楽しんでみたいです。


4年間で、私はたくさんの方の支えのもとで部活も授業も頑張れました。家族、仲間、コーチ、学科の数少ない友達。終わってみてようやく自分を見てくれる人の多さに気づけました。本当にありがとうございました。


東京ドームへ私の生き様を観に来てください!

See you again!!

comments

   
pagetop