July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2020 受験生応援ブログ vol.31】センター試験前日の過ごし方

成人式で久しぶりに会った友人に、100%の確率で「デカくなりすぎ」と言われました。中等教育教員養成数学専攻(2年) 諏訪 陽彦です。

センター試験まであとわずかとなりました。2年前、私が受けたセンター試験地理でムーミンと遭遇した経験も今では懐かしく感じます。

さて、今回は「センター試験前日の過ごし方」がテーマです。私は当日に潜むリスクとその回避方法という視点から話していきたいと思います。

リスクその1:眠気で集中できない
センター試験に必要なものは何と言っても集中力。集中力を保持するためにはしっかりとした睡眠が必要不可欠です。寝不足はもちろん、寝過ぎも頭の回転を悪くするようです。また、起きてから3時間たってやっと脳は本来の力を発揮できます。そのため、前日はリラックスして早めに就寝し、7〜8時間程度睡眠時間を取るように心がけましょう!

リスクその2:行く道で迷子になる
「センター試験会場へ、いざ出発!ってあれ?ここはどこだ?」なんてことが起こったら、試験を受ける前に余計な心配をすることになってしまいます。そうならないためにも、もう一度、会場までの経路、移動手段、交通費の準備等確認しておきましょう。また、当日は混雑も予想されます。早め早めの行動がおすすめです。

リスクその3:お腹が痛すぎて焦る
センター試験を受けている最中、腹痛で集中できなかったら残念すぎます!なので、前日の食事や当日の朝食は胃への負担が少ないものを選びましょう。かと言って食べなさすぎもエネルギー不足で不調になってしまいます。栄養バランスもしっかり考えて適切な食事を取りましょう!

勉強に関しては改めて新しいことを覚える必要はありません。今までの復習を中心に、自分が分かることをしっかりと確認して自信に変えていきましょう。

他にも心配なことがあったら、そのために準備しておくことをお勧めします。備えあれば憂いなしです。最高の準備をして、最高のコンディションでセンター試験を迎えましょう。みなさんの100%が本番で発揮されることを願っています。

comments

   
pagetop