January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2020 受験生応援ブログ vol.31】忘れ物

地元の物忘れが激しい祖母に「お小遣いもらってないよ詐欺」を企てました。中等教育教員養成課程 社会専攻(2年)氏原崚也です。

いよいよセンター試験ですね。小学生の頃から通知表の「忘れ物をしない」の項目に毎学期「×」がついていた私は2年前のセンター試験直前、何度も何度も持ち物チェックをしたことを覚えています。結果腕時計を忘れました。今回はセンター試験の準備物について話していきたいと思います。

さっそくセンター試験に持っていくべき物を発表していきますよ〜、、、と言っても、おそらく皆さんそんなものは学校や予備校などで口酸っぱく先生方から言われていることと思います。私ができるアドバイスといえば、「最悪受験票だけは忘れるな!」です。

私が今回受験生の皆さんに伝えたいのは「忘れ物をしても何とかなる!」ということです。
考えてみてください。皆さんは約20年の人生の中で忘れ物をして詰んだことがありますか?私はありません。小学生の時は宿題を忘れても先生に怒られて終わりです。中学生の時は定期試験の日にカバンごと忘れました。高校野球部時代は新チーム最初の大会でグローブを忘れましたが、相手チームにいた中学時代の後輩に借りるという聞いたことない方法で乗り切りました(監督から不審には思われました)。

「センター試験は人生かかってるんだ!そんな経験と一緒にするな!」と言いたそうですね。何言ってるんですか。実際私がセンター試験に腕時計を忘れた時よりもグローブを忘れたときの方がよっぽど顔面蒼白でしたよ。

なんだかんだ言ってセンター試験も忘れ物してもなんとかなります。筆記用具は誰かに借りてください。時計は前の人に声かけてちょっとズレたとこに置いてもらって下さい。参考書は誰かと一緒に見ましょう。ご飯はたかりましょう。
周りが知らない人でもその日限りの関係なので恥なんて感じなくていいです。最初に忘れるなと言った受験票も実はなんとかなります。忘れたと気づいた瞬間ダッシュで証明写真を撮りに行って身分証と共に試験場本部に行って下さい。いけます。

本当に皆さんにやって欲しくないことは「取りに帰る」という行為です。センター試験直前は本当に緊張します。その緊張をほぐすために余裕を持って会場入りしたいのに取りに帰ってギリギリになっては本来の力は出せません。忘れても開き直って余裕を持って対応しましょう。

結局センター試験当日に準備するものは「自信」です。それは当日の朝確認してなんとかできるものではありません。今このブログを読み終わった瞬間から準備するものです。

残り1週間を切ったセンター試験、何事にも動じず普段以上の力を出しきって春に東京学芸大学で会えることを楽しみにしています。最後まで気を抜かず頑張ってください!

pagetop