January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2020 受験生応援ブログ vol.19】like this old man.

先日1日で自転車の走行距離50kmを突破し、大学に入学してから自転車の総走行距離が12,000kmを超えました。地球1周まで残り約28,000km、初等教育教員養成課程 保健体育選修 前原昭太 (2年) です。

センター試験まで30日を切りましたね。皆さんの勉強も佳境を迎えていることでしょう。

さて、皆さんはWilliam Smith Clark、この人物をご存知でしょうか。日本ではクラーク博士と呼ばれる、現在の北海道大学の札幌農学校を開校したアメリカの教育者です。彼が遺した言葉“Boys,be ambitious! (少年よ、大使を抱け)”はよく知られていると思いますが、その後に続く言葉を知っていますか?

諸説ありますが、“like this old man.(この老人のように)”が続くと言われています。これは札幌農学校創立15周年記念式典で行った講演でクラーク博士が言ったもので、「私のように、若いあなたたちも野心的であれ」という、いわば格言として札幌農学校の学生に向けられました。

クラーク博士は自分の姿を学生の目標となるよう、“Boys,be ambitious like this old man.”と言いましたが、皆さんにも目標とする人物や自分の理想像、近いもので言えば志望大学があると思います。センター試験も間近で気が抜けない日々が続く中ではありますが、今一度目標を見つめ直し「何故その大学に行きたいのか。」、「何故今勉強を頑張っているのか。」など考えてみると今頑張っている意味に自信を持てると思います。

札幌農学校の学生のようにクラーク博士の背中を追いかけるも良し、憧れの先輩の背中を追いかけるも良し。風邪をひかないように食事・睡眠も勉強と同じくらい大切にして、残り少し、目標に向かって頑張ってください。応援しています。

Boys and girls , be ambitious like me !!

pagetop