December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【主務ブログ vol.11】"後悔"を糧に

これが私の最後のブログになります。
主務の森崎 瑠菜(4年)です。

12月1日(日)、1-2部入替戦出場をかけたリーグ最終節 成蹊大学戦を行いました。
今年掲げてきた目標「一部復帰」を達成するために、絶対に落とせない一戦。
試合前の部員の表情からは、緊張感と高揚感の入り混ざった感情が伝わってきました。

この時は誰もが、自分たちが入替戦に出場することを信じて疑いませんでした。
2部リーグを1位通過して、"あと2週間"。
一部復帰に向けて頑張れる時間が残されている、とさえ思っていました。

でも、現実は甘くなかった。

相手OFFENSEのランが止まらない。DEFENSEの壁が抜かれていく。
0-7、……0-21、……0-35。
相手の得点だけが無情にも追加されていく電光掲示板。

「まだ終わってねぇ!」
「このままじゃ引退できねぇんだよ!」

サイドラインで叫ぶプレーヤー。
涙を必死に堪え、固唾を飲んで試合を見守るスタッフ。
SNAILSは無得点のまま、タイムクロックがじわじわと進んでいく。

自分たちならいつでも逆転できる、勝てると信じ続けた私でも、ふと怖くなりました。

そして、最後のプレー。
エンドゾーンの手前、WR83 梅坪 和希(4年)が意地でパスキャッチを成功させるも、タッチダウンにはならず。

2019SNAILSは、2部リーグAブロックで6勝1敗、3位という結果で幕を閉じ、私たち4年生は引退を迎えました。


主務として、チームを一部復帰に導けなかったことは、非常に歯痒く、これまで支えてくださった後援者の皆様、コーチの皆様、そして後輩に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

では、今の自分に何ができるのか?
それは、今日も明日も10年後も続いていくSNAILSのために尽力することに他なりません。

すでに、2020SNAILSは始動しています。
「来年、絶対に上げます。見ていてください。」
一部復帰を宣言する3年生を筆頭に、新チームは前を向いています。

私たちが4年間で学んできたこと、悔しかった経験、全てを糧にして勝ってほしい。
この"悔い"を、ただの後悔で終わらせてはいけない。後悔は先に立たせるべきだと思うのです。
未来のSNAILSが1部リーグで闘えることを願って、全力でバックアップしてまいります。

後援者の皆様におかれましては、どうか今後とも変わらず、温かいエールを送っていただけたら嬉しいです。
改めまして、2019SNAILSへの多大なるご支援、ご声援を誠にありがとうございました。


pagetop