July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【主務ブログ vol.7】七夕に願いを…


皆さん、こんにちは!

主務の森崎 瑠菜(4年)です。

 

今日、7月7日(日)は七夕の日。

皆さんは短冊にどのような願い事をかけたでしょうか。

 

「健康で暮らせますように。」

「素敵な人に出会えますように。」

きっと、思い思いの願い事をされていることと思います。

 

さて、日本の一大行事でもある七夕は、どうやら小学校でも食育に使われているようです。

私は2日前の金曜日、ある小学校で2年生と一緒に給食を食べてきたのですが、その時の一コマに心を揺さぶられました。

 

ご飯の食缶を開けると、そこには卵と鮭のフレークで見立てた天の川がかかっていたのです!

それから、星の形のナタデココをトッピングした"七夕ゼリー"まで。

子どもたちは、そんな七夕メニューに大喜びの様子で、願いを込めながら黙々と食べていました。

 

「ねぇねぇ、何てお願いしたの?」

私が聞くと、一人の女の子はこう答えました。


「キックボクシングで優勝できますように、ってお願いしたの!10連勝しないといけないから、痛いけど頑張るんだ!」

 

私は、小学校2年生にして、自分の目標を立てて頑張っているこの子が、本当に愛おしく思えました。

そして、これはただの願い事ではなく、努力に基づいた"祈り"だと感じました。


2019SNAILSとしての願い、いや、ミッションは「一部復帰」です。

ただ、それは闇雲に願っていても、短冊に書いてみても、決して手に届くものではありません。

 

目標達成のためには何勝しなければいけないのか?

そのためのチームづくりには何が必要なのか?

今日のトレーニングでは、具体的に何をすれば良いのか?

  

常に考え、行動に移すこと。

その積み重ねがあって初めて、祈る資格があるのだと思います。

 

トレーニングシーズンとなる7月。

フィジカルアップのために全てやり切った時、勝利の女神は私たちに微笑むのではないでしょうか。


8月のシーズンインに向け、チームとしても個人としても成長する1ヶ月にしていきます。

  


「            」



自分たちの祈りは、やるべきことをやり尽くしてから。

最後の最後に取っておくことにします。


pagetop