August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【How to American football vol.21】いま、幸せですか?


団地にたまに来る怪しげな宗教勧誘みたいなタイトルで失礼します、OB1年目 永川 諒大です。


OBになれば全然休日とか暇なんだろうなと考えていたのですが、意外と忙しく試合に行けたり行けなかったりの日々です。


せめての罪滅ぼしではありませんが、先日、平日の練習を観に行きました。

これまでの何度か観に行っていますが、行く度に「あの頃は楽しかったなぁ」などと老婆心(老爺心?)が芽生えます。


そんな気持ちですから、「こうした方がいいよ」とか「もっとこうしなよ」などと後輩にアドバイスすることがなかなかできません。

まだまだ勉強不足の自分なんかが、という気持ちが少なからずあるからでしょう。


ではどんな会話をするかと言うと「この頃どうよ、楽しい?」と、こうなってしまうのです。


返事としては「はい、もちろん!」と言うのを期待しているのですが、なかなかそんな後輩ばかりではありません。

「楽しい…んですかねぇ?」といった、宗教勧誘のおばさんが聞いたら垂涎ものの答えが返ってくることがほとんどです。


思い返せば私が現役の時も楽しそうなのは私ばかりで、他のみんなは必死に立ち向かっているといった感じでした。

終わってみれば「あの頃は楽しかったなぁ」と言えるのに、それを「あの頃」真っ只中の彼らが言えないのは非常にもったいないと思います。


フットボールをしていて常に求めているのは「1ydでも前に進むこと」であり「1点でも多く点をとること」であり、すなわち「勝つこと」です。

しかし、それはフットボールをしているときの目標であってそもそも何故フットボールをしているのかと言えば、「楽しいから」ではないでしょうか。少なくとも私はそうあってほしいと願っています。


このブログを読んでくださっているOB・OG、保護者の皆様。

ぜひ一度、試合だけでなく練習にも足を運んでいただきたいです。

練習には明確な勝ち負けはありません。しかし、だからこそ、そこは勝ちに向かう純粋で強固な意志が体現されるべき場所です。

そして何より選手・スタッフを身近に感じ、楽しさを味わうことができるはずです。


このブログを読んでいる選手、スタッフ達。

一生懸命と楽しいは両立しないと思っていないか?

毎日のやることに追われて楽しさを見失っていないか?

勝つことは本当に大切で、そこに向かうことは尊いことだ。

でも、私はそのことを楽しんでいる君達を観たいんだ。一生懸命に楽しくやることはそんなにむずかしいことじゃないはずだよ。


明日の試合は行けないけど(本当に申し訳ない)、また練習行くから一生懸命楽しんで!


―NEXT GAME―


vs. 東洋大学 TOYO VIKINGS

5月19日(日)

14:45 KICK OFF

@東洋大学朝霞グラウンド

https://www.toyo.ac.jp/en/about/access/asaka/


(今週の1シーン:Amazon Primeで配信される、NFLチームの1年間に密着した企画「All or Nothing」は今回カロライナ・パンサーズと発表された。

エースRB 22 クリスチャン・マカフィーはこのオフに筋力が大幅にアップ。さらなる活躍が期待される。

/2019 off season Carolina Panthers)


comments

   
pagetop