May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2019 SPRING CAMP DAY3】


窓から差す光で自然と目が覚めました。いつもより健康的な生活ができている気がします。MG 齋藤江里子(3年)です。


SPRING CAMPは明日までですが、練習は今日が最終日。最後の練習になるかと思われた午後は雷雨に見舞われ、宿舎でミーティングの時間となりました。


山中湖の水面に激しく降りつける雨と轟く雷鳴の中で、あることわざを思い出しました。


No Rain, No Rainbow.


雨が降らなければ、美しい虹を見ることはできない、という意味のハワイのことわざです。言い換えると、華やかな偉業の裏には努力があり、苦難がある、ということです。


私たちの状況はどうでしょう。

昨年12月に二部降格という結果を突きつけられ、すでに半年近くが過ぎました。もう間も無く本格化するPRESEASONで勢いをつけ、9月から始まるリーグ戦で勝利すること。そして、12月の入替戦で一部リーグに復帰すること。この半年間、それだけを目指してきました。


しかし、私たちはその虹を見るための雨の中にさえ、まだいないのかもしれません。


この3日間を通して、練習やミーティングの中で、克服することができたものもあれば、まだ足りない部分も大きい、素直にそう感じました。CAMPが終わったら何かが変わると信じられるほど、現実は甘くないでしょう。しかし、このCAMPで得た「なにか」を持って、東京へ帰り、日々の練習に励むことだけが、いま私たちにできることです。


この先の試合でどんな結果が待っていようとも、自分の思う通りに動けない時も、いまが雨だと耐え忍び、諦めずに取り組み続けることが、目的を達成するための唯一の方法なのです。


雨上がりに虹が出るかはわかりません。それでもその美しさを求めて、一歩ずつ進んでいきます。


pagetop