June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.26】「力を手に入れる方法」


自転車通学に50分かかります、初等教育教員養成課程保健体育選修 前原昭太(2年)です。


皆さんこんにちは。突然ですが私は男子寮の大泉寮に住んでいます。大泉寮は練馬区にあり、学校から約13km離れた場所にあります。私は自転車で学校まで通っており、毎朝50分ほどかけて通学しています。


学校の近くで一人暮らしをしている人も、実家や寮で通学に時間がかかる人も、朝が早いことって辛いですよね。特に1年生の皆さんは1限の授業も多く、大変だと思います。そこで私が皆さんに力を得る方法をお教えしたいと思います。


1.音楽を聴く

自分の好きな歌手、バンドなどのグループの音楽を聴くとテンションが上がりますよね。私は邦楽・洋楽問わずよく音楽を聴きますが、特に朝眠い時にアップテンポの曲を聴くと目が覚めるのと同時にテンションも上がります。家を出るのが億劫な時や疲れている時に頑張る方法としてオススメしたいです。


2.筋トレをする

これは、文字通り「力」を手に入れる方法です。「なんだ、それだけか。」とお思いの皆さん、筋トレのメリットは力が強くなるだけではないのです。筋トレをした後は脳の神経伝達物質、ドーパミンの分泌が促進されます。ドーパミンとは、快楽や多幸感を得たり意欲を湧かせるのに使われます。つまり、何かをすることに対するモチベーションが上がり、軽く汗をかきすっきりするということです。更に、テストステロンというホルモンの分泌も促進されます。テストステロンは実は「モテフェロモン」と呼ばれており、筋肉が付きやすくなるだけでなく記憶力や集中力を高める効果もあるそうです。


大学生活を頑張りたい皆さん、授業のない空きコマや朝、音楽を聴いて筋トレをして、カッコイイ身体を手に入れて勉強もバッチリできるハイスペックな人になりましょう!


pagetop