June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.24】"自分"とは。


毎朝、実家の愛犬とテレビ電話をして寂しさを紛らわせている、教育支援課程カウンセリングコースの碾 沙織(2年)です。


突然ですが、皆さんは自分自身のことを良く知っていますか?知っている"つもり"ではありませんか?


自分のことを深く理解することを「自己分析」と言い、就職活動をする上でとても大切なプロセスになります。

そこで今回は、先日私が参加した自己分析セミナーで学んだことを基に、自己分析の手順を簡単に綴っていきたいと思います。

特に、一般就職が多い教育支援課程の皆さん、必見ですよ!!


1.好きなこと、得意なこと、嫌いなこと、苦手なことの4項目を紙に書き出す。

2.書き出した内容を、ペアになった人と共有する。※聞き手は話し手の内容を否定せず、どんなことでも頷きながら聞く(これとっても重要)。

3.それを基に導き出される“自分らしさ”を一言で表す。

4.最後に、何のために働くのかを書き出す。


このような手順で自己分析を行いますが、一番重要なのが手順2です。他者に自分のことを言葉に出して伝えることで、自分はどういう人間なのか再確認したり、意外と見えていなかった自分に出会えたりします。就職活動の面接で自己PRする際に活きてきますよ!


ところで…このブログを読んでいる1年生!

自分はまだ就職なんて関係ないからいいや…と思っていませんか???

実は、就職活動はもう始まっているも同然なんです。きちんと探せば、1.2年生でも参加出来るインターンや自己分析セミナーは山ほどあります。積極的に参加して、周りの友達よりも就職情報を先取りしちゃいましょう!


このブログが、自分とは何か、自分が将来どうなりたいのか、今一度考えるきっかけになれば幸いです。


pagetop