August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 新入生応援特集 vol.17】My Hair is Bad


最近世の中のかっこいいと言われる人の8割は顔ではなくて髪型がかっこいいだけだと思ってます。初等教育教員養成課程国語選修の早川 幸佑(新2年)です。


高校を卒業して髪の毛を染める人、奇抜な髪型にする人が多いと思います。しかし、髪色や髪型で失敗すると今後の大学生活に大きな影響を及ぼしかねません。


なぜなら第一印象を決めるのは、なんとたった7秒。心理学的にはそう言われています。

なかでも80%ほどは視覚的要素が関係していて、視線が集中する頭部はとくに印象を左右するパーツです。顔よりも髪のほうが広い範囲を占めるため、髪型や質感、髪色が与える影響は、考えている以上に大きいのです。


そこで今回は私が思う素敵な大学生活のスタートを切りたいならこれだけは避けた方が良い髪型、髪色を実体験を元に紹介していきたいと思います。


1.坊主

坊主といっても今ではおしゃれ坊主なんてものもありますから一概に坊主がだめだとは言いません。

ただ一つだけ言えることは五厘にはするな、ということです。

五厘なんて甲子園を目指す野球部だけしてればいいんです。裏であいつは何か悪いことをしてその罰で五厘にしている、とありもしない噂を流されるだけです。さらに眉毛まで五厘にしてしまっては、もう明日からあなたのあだ名は「脱獄犯」です。
周りから犯罪者呼ばわりされる大学生活を送りたくなければ五厘にすることはおすすめできません。

以上が私が思う素敵な大学生活のスタートを切りたいならこれだけは避けた方が良い髪型、髪色です。
おや、気が付きましたか?坊主しか紹介されていない。そうです、坊主しかありません。つまり坊主以外ならどんな髪型でも大丈夫です。
パーマをかけてみたり、赤や青、金など派手な髪色にしてみたり、ちょんまげにしてみたり、なんでもいいんです。だって大学生ですから。

どうですか?お役に立てましたか?これから楽しい大学生活が待っています。

せっかくの大学の4年間を同じような髪型、髪色でいてはつまらないと思います。思い切っていろいろな髪型、髪色に挑戦してみてはいかがですか?


pagetop