August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.43】努力やで


最近乾燥肌がピークに達し、気がついたらすね毛がほとんど抜け落ちている事に気がつきました。教育支援課程多文化共生教育コース松葉 陽平(1年)です。


二次試験が刻一刻と近づいて来ましたね。焦る気持ちはわかりますが、ここはあえて一旦落ち着いて深呼吸です。

はい、ご一緒に。スーハー。


二次試験は小論文です。「小論文って何を勉強したら良いかわからない…」というあなたに、直前だからこそできる準備をポイントごとに紹介していきます。


^枴顕酬呂凌圭顱⊃景后∋┿錣鯑匹燹

多文化共生教育コースでは、基本的に日本と異文化(海外)の比較について問う問題が、小論文で出題されます。とにかく多くの文献を頭に入れておく必要があります。


得た知識を書き出す。

私は「ここ、小論文の内容で書けそうだな」と思った箇所は全てに線を引き、別紙に書き出しました。書き出す理由としては、試験直前にその紙をチラ見できるからです。小論文なんて知識さえあれば書けます。


私は当時、多文化共生の過去問や他大学の国際系の小論文を片っ端から問いていました。しかし、今思い返せば無駄だったかもしれません。本を読むことがとにかく重要だと思います。

試験当日は、異文化系のお気に入りの本1冊と、書き出した紙を持っていけば大丈夫です。きっと安心して試験が受けられます。


頑張るのは当たり前です。努力すれば受かります。努力し、合格を掴み取った皆さんと会えるのを楽しみに待っています。

ちなみに...試験直前は太ももに手を置くとリラックスできるそうですよ。


pagetop