February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

【How to American football vol.15】第53回スーパーボウル反省会


暑かったり寒かったり気温の変化が多くて体調が崩れないか心配です。

「フットボール好きによるフットボール好きにさせるブログ」ライターこと、AS 永川 諒大(4年)です。


先週まで2週に渡って特集してきた、第53回スーパーボウルは2/4(月)に行われました。


一部ニュースで取り上げられたり、SNS上でも話題になっていたので、ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

※まだ観ていないという方は今すぐ読むのを止めて、ぜひ観てみてください!!


さて、先週予想した結果ですが、スコアで言えば13-3でニューイングランド・ペイトリオッツの勝利でした。

しかし、その内容は予想していたものとは全く異なったものとなりました。


2チーム合わせてタッチダウンはわずかに1つ。

この試合が初のNFL観戦という方には少し物足りない試合内容だったかもしれません。


ですが、先週のブログでも述べた通り、スーパーボウルというのはその後のフットボール界に影響を与える試合なのです。


先週は「ロサンゼルス・ラムズのDLに注目!」と言いましたが、実際に注目されたのはむしろペイトリオッツのDLでした。

ラムズの強力なランプレーを抑え、QB 16 ジャレッド・ゴフに始終プレッシャーを掛けて、仕事をさせていませんでした。


MVPこそWR 11 ジュリアン・エデルマンでしたが、この試合の勝利を支えたのはDLを始めとしたDefenseとそのコーチ達だったと思います。


スーパーボウルが終われば次のビッグイベントはNFL Draftです。

何の因果か、2019年のDraftで注目されている選手の多くはDefenseの選手です。


2018-2019シーズンに観られた大量得点の試合ではなく、第53回スーパーボウルのようなディフェンシブな試合が増えることも大いに考えられます。


終わりは始まり、第54回スーパーボウルまでの道のりは既に始まっています。

次の伝説はどのようなものか、予想しつつ、2019-2020シーズンのNFLの開幕を待ちましょう。


(今週の1シーン:QB 12 トム・ブレイディと共に6度目のスーパーボウル制覇となったペイトリオッツのHCベリチック。

彼の徹底的なコーチングこそがペイトリオッツの原動力だ。

/2019 Super Bowl LIII Los Angels Rams vs. New England Patriots)

pagetop