July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.21】私立と上手に付き合おう

受験期からずっと苦手な評論文を克服しようと頑張っていますが、一向に克服できないでいます。中等教育教員養成課程 国語専攻の平野 克尚(1年)です。


2月に入ると私立大学の一般入試も多く行われるようになり、やるべき事が急に増えるかもしれません。「本命の対策をもっとしたいのに…」と思いながら私立の対策に奔走することもあるでしょう。今回は私立の対策と国公立の対策について、どのようにバランスをとればいいのかを少し考えてみたいと思います。


まず考えるべきなのは、「その私立にどれくらい行きたいのか」「その私立は自分にとってどのくらい難しいのか」ということです。前者については簡単で、行きたい気持ちが強ければ強いほど多く時間をかけた方がいいでしょう。


問題は後者で、これについては、前者のように単純に比例はしないと考えています。簡潔に言ってしまえば、極端に難しいところにはあまり時間を割くべきではない、ということです。自分にとって難しい、いわゆるチャレンジ校に挑むことは決して悪いことではありません。しかしそこに時間を極端にかけてしまうと、本命である国公立の対策が疎かになってしまう危険性もあるのです。


私立受験で合格を勝ち取るのは安心感や自信に繋がります。しかし、受験で一番大事なことは「本当に行きたい大学の合格を勝ち取ること」ではないでしょうか。これだけを常に忘れないでいれば、必ず上手に私立と付き合い、本命の合格も勝ち取れると確信しています。


皆さんの成功を祈り、そして皆さんと東京学芸大学の正門の先でお会いできることを心から楽しみにしています。

pagetop