July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.12】けりをつける

高校で背が急激に伸びたため、成人式で会った友達にシークレットブーツを疑われました、初等教育教員養成過程 国語選修の野村 讓二(2年)です。


いよいよセンター試験目前ですね。

皆さんは今、やる気に溢れていますか?

やる気には波がありますよね。


先日行われた成人式で久しぶりに再会した友人の話を少しします。

彼は現役受験生の時にセンター試験で失敗してしまい、1年間浪人していたらしいのですが、夏休みには1日3時間の睡眠でひたすら勉強していたらしいのです。

もちろん、彼が浪人していた1年間ずっと3時間睡眠で勉強尽くしだったわけでもありません。

彼は夏休みに一番高いやる気の波が来たのでしょう。


ここでいきなり話を僕自身のことに切り替えますが、僕はセンター試験の数日前にはやり切った感が出てしまい、波なんて立っていませんでした。

兄弟には、余裕だななどと言われたものです。笑

でも自信なんてありませんでした。

ただ、センター試験数日前に何をやったらいいかわからなかったのです。


皆さんの中にも、少し前に高波が来て、今は少し穏やかになってきてしまっている、という人もいるのではないでしょうか?


そんな時にオススメなのが、語源や人物背景などについて調べて楽しむことです。

例えば、「けりをつける」とよく言いますよね。決着をつけるという意味です。

この「けり」、何のことだか知っていますか?

過去・詠嘆の助動詞「けり」だそうです。


こんなことを調べていると、ちょっと面白く知識を深めることが出来るのではないでしょうか!


皆さんも、平成最後のセンター試験で、受験生としての生活にけりをつけましょう!

pagetop