January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【How to American football vol.14】終始

明日、14日は成人の日でして、めでたく我が弟が成人します。何だか自分も年を取ったようで、侘しい気持ちでいます、AS 永川諒大(4年)です。


ここ3週間、同じ話で申し訳ないのですが、ここまで来たら語らずにはいられません。

そう、ナショナルチャンピオンシップの話をしようと思います。

(「な」と打つと「永川」の次に「ナショナル」が予測変換されるスマホでこのブログを書いています)


先週のブログを見ていただいた方はご存知の通り、私はアラバマ大学の勝利、もっと言えば圧勝を予想していました。

しかし、蓋を開けてみればクレムソン大学の圧勝。

最終スコアは44-16という結果でした。


前半終了の時点で2つのインターセプトを奪われたことが大きかったように思いますが、それだけが原因ではないでしょう。

Offence,Defense,Kicking共に勝負どころで勝てないアラバマ大学を見たのは初めてかもしれません。

それほどまでに「アラバマ大学の完敗」というのは記憶に刻まれるものでした。


今季から先発になったQB13 トゥア・タガヴァイロアにとってはこれがアラバマ大学で試合に出るようになってから初めての(!)敗北です。

昨年はチャンピオンシップの後半から起用され大逆転をお膳立て、その勢いのままシーズンを全勝したのです。


さて、こういうときに私はあの言葉を思い出します。

名作『SLAM DANK』の山王高校の監督が言った

「『負けたことがある』ということがいつか大きな財産となる」

という言葉です。


タガヴァイロアも、そしてクレムソン大学のQB16 トレバー・ローレンスもまだまだカレッジで活躍する若い選手です。


「あの闘いは終わりではなく、新たな時代の始まりだった」

いつかそう言われるような闘いになる。

そう期待して、来季を待とうと思います。


それにしても今季は予想がよく外れるシーズンだったので、来季はもっと勉強して当てられるようになります。

私にもまだまだ成長の余地がありそうです。


(今週の1シーン:

アラバマ大学のニック・セイバンHC(左)とQB13 トゥア・タガヴァイロア(左)

この表情がこの試合の全てを物語っているようだ/

2019 National Championship Clemson Tigers vs Alabama Crimson Tide)

pagetop