June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.7】生活リズム


教育支援過程 教育支援専攻 情報教育コース 山本 怜央(1年)です。


いよいよセンター試験直前。

焦りや不安でいっぱいだと思います。

僕は浪人したため、その独特の緊張感を2回経験しました。


そんな僕から質問です。


「生活リズム」は大丈夫でしょうか?


朝起きるのが遅くなって、朝食を十分に取れず、昼間眠くて…といった、良くない生活リズムの人がいるかもしれません。


僕も1年目は生活リズムが悪く、センター試験前夜"だけ"早めに寝て、センター試験当日"だけ"早起きをして、慣れない生活リズムでセンター試験を迎えたのを覚えています。

(2年目は反省を生かし、最高の生活リズムで臨みました!)


生活リズムが結果に影響するとは断定できません。

しかし、もしかしたら影響してしまうかもしれません。


皆さんは、これまで受験勉強を本当に頑張ってきたと思います。


だからこそ、勉強以外の事が影響するのは嫌ですよね。


生活リズムが悪いなと感じてる人がいたら、今からでもまだ間に合います!

生活リズムを見直してみましょう。


2年目の話ですが、僕はこの時期「センター試験を意識した生活リズム」を心がけていました。

当日は◯時から始まるから△時には起きて、□時にはご飯を食べて、◯時に勉強を始める…みたいな。


更に言うと、勉強する教科も当日に受験する時間を合わせるとさらにGOODだと思います!


センター試験まであともうひと踏ん張りです。

これまでの自分を信じて頑張りましょう。


受験生の皆さんが、センター試験で良い結果を出せる事を願っています!

pagetop