April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【How to American football voll.12】明日を楽しみに思うブログ

ブログを書くのは2週間ぶりくらいなのですが、前に書いた日が遠い昔のようです、AS 永川諒大(4年)です。


と言っても、引退した今となってはただの「永川諒大」ですから、このブログも1人のフットボールファンとして書いていこうと思います。


日本では大学でも社会人でもフットボールのシーズンはほとんど終わり、あと大きなイベントと言えばライスボウルとカレッジボウルくらいでしょうか。


しかし、アメリカに目を向ければ今この時期が最もアツいのです。


NFLではレギュラーシーズンも最終週となり、プレーオフが近付いてきました。

そして何よりNCAAでは、

チャンピオンシップ出場を決める闘いが日本時間の明日30日に行われます!!


オクラホマ大学vsアラバマ大学

ノートルダム大学vsクレムソン大学


の2試合で4チームが出場しますが私はノートルダム大学に注目しています。

カレッジフットボールの名門としてアメリカでも日本でもリスペクトを受けるチームなのですが、ここ数年は檜舞台に上がることはありません。


しかし、今年途中からスターターになったQBイアン・ブックの活躍もあり12勝全勝でプレーオフ進出となりました。


対戦相手のクレムソン大学は、以前このブログで紹介したフレッシュマンQB トレバー・ローレンスを筆頭にした、攻守共に強い優勝候補の1つです。

しかし、今季のクレムソン大学の目玉であるDLの主要選手が規約違反で出場停止というアクシデントがありました。


ノートルダム大学の優秀なOL陣に主要選手が抜けたクレムソン大学のDL陣はどう立ち向かうのか。

クレムソン大学の強力なオフェンスをノートルダム大学はどうやって止めるのか。


一発勝負。

なにが起こるか分からないプレーオフにおいて、1988年以来の全米チャンピオンを目指すノートルダム大学の闘いに注目です。


(今週の1シーン:今季のノートルダム大学の躍進を支えたQB イアン・ブック。パス能力の高さは光るところがあるが、プレーオフを勝ちきるスター性は果たして。)

pagetop