November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【Daily SNAILS vol.18】諺の秋

肌寒くなってきた今日この頃。半袖短パンで布団にくるまって寝るのが毎日の密かな楽しみです。LB40 畠山 舜(3年)です。


食欲の秋、芸術の秋…○○の秋という言葉だけでもたくさんありますね。

それだけでなく「天高く馬肥ゆる秋」のように、秋は「諺」の中でもたくさん出てきます。


ブログのネタを考えながら秋探しをしていた私は、このことに気が付いてからいつのまにか諺探しをしていました。


「人事を尽くして天命を待つ」

最近、私が読み始めた漫画に出てくる諺です。


これは、「出来ることは全てやり、そのあとの結果は運命に任せる」という意味を持っています。一見、神頼みのようにも捉えることができるこの言葉。果たしてそうなのでしょうか。


私はこの諺には2つの解釈ができると思います。


1つは、「やるだけのこと(人事)をやり尽くせば、結果がどうなろうとも悔いは残らない。」です。


物事には結果が出ます。中途半端な準備で、どんな結果が出るかは、火を見るより明らかです。準備を怠らない。人事を尽くす。よりよい結果を出すためには欠かせません。この諺にはそれが端的に表現されているのだと私は思います。


もう1つは、「やるだけのこと(人事)をやり尽くせば、自信となり、どんな状況でも慌てることはない。」です。


どんなことも、不安なまま実行してもよい結果は出ません。確固たる自信をつけることが、よい結果を出すことに直結するのではないかと私は思います。



世の中は様々な諺で溢れています。


諺の秋。


そんな言葉もこの世界のどこかにはあるかもしれません。秋探しをする感覚で諺探しをしてみてはいかがでしょう。自分なりの解釈をすることで諺の世界は無限に広がる可能性を秘めていますよ。

pagetop