May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 新入生応援特集 Vol.41】農園、3種の神器


自然に囲まれ、マイナスイオンの中、卒業論文に勤しんでいます。
初等教育教員養成課程 環境教育選修 増野 祐真(4年)です。

新入生の皆さん、東京学芸大学構内の北西側には何があるか知ってますか?

実は…
東京学芸大学附属研究農園(以下、農園)があります。
その農園の中にはたくさん魅力が詰まっていますが、今回はその中でも3つに絞って新入生の皆さんにお伝えしようと思います。

1つ目は、「ヤギとふれあおう」です。
なんと、農園にはヤギがいます!

ちょうど1年前、昨年の4年生が研究で使用するために他大学から借りてきたヤギで、1頭の親ヤギと2頭の子ヤギがいます。
お昼には農園内で放牧されてるので、授業で疲れたお昼休みにはヤギと一緒に農園をお散歩して、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

2つ目は、「食費に困ったら農園に行け」です。
農園は様々な団体が使用していますが、農園に入って左側は農園の管理者の方が趣味で育てている作物があります。

特に今の季節はいちごが食べられ、夏にはブルーベリー、きゅうりなどが食べられます。
空きコマに小腹が空いたら農園に立ち寄ってみてください。

3つ目は、「管理者の方と仲良くなろう」です。
管理者の方と仲良くなると、困ったときに色々と教えてくれたり、手伝ってくれたりします。
とても良い方なので、農園に寄ったときはぜひ話しかけてみてください。

以上が簡単な農園の魅力です。
農園は他にもたくさんの魅力が詰まっている場所なので、皆さんも探してみてくださいね!



新入生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら
pagetop