October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.35】良いイメージを

生まれてからずっとショートカットだったのですが、大学生になって髪をのばしています、 特別支援教育教員養成課程 松藤 奈々(1年)です。

わたしが伝えたいことはただ1つ。
イメージトレーニングの大切さです。
高校3年生になるまで東京学芸大学という存在すら知らなかった私。
また地方出身ということもあり、受験前日になって初めて大学に足を運びました。

そのため、学校のパンフレットで写真などは見ていたものの、学校や教室の様子はあまり想像がついていませんでした。

そんな中私が毎日イメージしていたのは、試験当日をとばして合格発表の瞬間です。
先程も述べたとおり私は地方出身なので、合格発表はネットで見る予定でした。

合格発表の時間にあわせて電車に乗り、ひとりドキドキしながら学校に行く。
パソコンを開いて自分の番号があることを確認し、お世話になった担任の先生と喜ぶ。
私の頬には涙が。
そして落ち着いたところで、部活動の顧問の先生に報告に行く。

こんな光景をわたしは勉強の合間や寝る前など、よく頭の中に思い描いていました。
私はしようと思ってしていたというよりは、ただ自分が幸せな時間を想像したくてしていただけなのですが…

ちなみに、現実はイメージと大分違っていたのはここだけの話。
実際は予定よりはやくネットに合格発表の結果が掲載され、私は電車の中で結果を見ることになりました。
1人で静かに喜んだのを今でも覚えています。
学校に着いてから改めて、様々な人と喜びを共有しました。

皆さんのまわりにも応援してくれる人、支えてくれる人がきっといるはずです。
そのような人が1人でもいるならば幸せなことだと私は思います。

ぜひ残りの限られた時間で良いイメージをふくらませ、楽しみながら受験に挑んでください。
春になったらスーツに身を包んだあなたが、わくわくしながら東京学芸大学の門をくぐっているはず。
私もそんなイメージをしながら、皆さんをお待ちしています!



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら
pagetop