October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:木曜日】人をみる

おはようございます!

最近の趣味は鼻毛を抜くこと、LB41 本田 稜人(2年)です。

私と隔週で木曜朝ブログを担当するQB93 遊佐 一樹(2年)も先週書いていましたが、リーグ戦期間中は相手チームを分析するためにscoutingをします。

この中に、personal scouting(通称:人スカ)というものがあります。
相手チームの選手一人ひとりの動きの特徴、癖、さらには性格、どんなものが好きかなどまで詳しく分析して共有し、勝つための策を練ります。

私はこの人スカをするのが好きです。
試合のビデオを何試合も見て手間ひまかけて分析するので、大変だと言う人もいます。
そういった中、私が「人スカ」を好きな理由は、私自身「人間観察」をするのが好きだからです。

「人間観察」が趣味と聞くと、「なんかずっと人を見てるってキモくない?」「やばいやつじゃん。」と言う人がいますが、私は全くそうは思いません。

人と話す際に、「この人何考えているのかな?」 「あの人喋る時、手をこう動かす癖あるよな。」と、相手の気持ちを読み取ろうと努力したり、所作の癖を探したりしていると日常生活の役に立つことが多くあります。

例えば、人間観察をするようになってから人のモノマネが出来るようになりました。(いつも早くモノマネしたい気持ちが先走り完成度40%くらいで披露してしまうため、「似てねーよ。」と言われがちですが…)

同じく人間観察が好きというLB52 野澤 柾斗(4年)やAS 藤本 愛祈(4年)とは話が合うので会話が弾みます。

ついこの間、大学院の試験に合格した事を言いたげにしていたDL51 森田 風斗(4年)の仕草を見逃さなかった野澤が「風斗がなんか言いたそうにしてるから」とHuddleで指名した時にはさすがだなと思いました。

Footballというスポーツをする上で、日頃の「人間観察」は必ず活きると思うので、これからも続けて自分の強みにしていきたいです。

それではまた再来週お会いしましょう!

pagetop