October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:木曜日】あぁ、栄冠は◯◯に輝く。

最近、耳掃除は耳かき派から綿棒派に変わりました。
QB93 遊佐 一樹(2年)です。

8月7日、高校野球夏の甲子園が開幕しました!

今年の開幕戦は、9年ぶりの公立校対決。
彦根東(滋賀)が阿佐見(長崎)を6-5のサヨナラ勝ちで下しました。

開幕戦からドラマのある甲子園。
高校球児たちの底知れないパワーには感服です!

「普段は野球なんて見ないけど、甲子園は見ちゃう」という人をよく聞きます。

なぜ、高校野球になると引きつけられてしまうのでしょうか。

私にとって、肌にまとわりつくような湿った空気と、ジリジリとした日差しにさらされながら白球を追いかける甲子園球児たちは、いつになっても自分よりはるかに大人びて見える眩しい存在です。

甲子園球児たちに対する思いは人それぞれでしょうが、その「本気」は誰しもが認めるものではないでしょうか。

冒頭の彦根東や甲子園の歴史を彩る名試合も、球児たちの「本気」が作ったドラマだと思います!

甲子園球児たちからは学ぶことばかりです。

SNAILSの練習では、最初の1プレーにどれだけ懸けられるかを大事にしています。

1プレー目から、ウォーミングアップから、試合を想定できているか、対面をイメージしているか、そこに部員それぞれの「本気」が表れます!

「本気」の集団は秋にとんでもないドラマを巻き起こすはずです!

甲子園ボウルを目指して今日もグラウンド駆け回ります。

また再来週お会いしましょう。ありがとうございました!

pagetop