August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:月曜日】温かい背中から感じたもの

最近、照屋コーチに「丸くなった?」と言われたり、先輩に「泥団子」と呼ばれたりして日々悲しい気持ちに浸っておりますが、万全の日焼け対策をし、全力でグラウンドを駆け回っています。
MG 福谷 茉裕子(2年)です。

先週、現役部員6人で、SNAILSのOBである関根 史朗さんの勤める小学校へ行き、子どもたちと『フラッグフットボール』をしてきました!



『フラッグフットボール』とは、先週お伝えしたタッチフットとも異なり、ボールを持っている人の腰に付いている旗「フラッグ」を取り得点を競うスポーツです。
体育館中を元気いっぱいの子どもたちと一緒に駆け回り、とても楽しい1日を過ごしました。

『フットボールで使うボールって楕円の形をしてるよね、幼い頃に円形以外のボールを触ることも大事なんだよ』
『先生の先輩として言えることで、日々の日記を書くことも重要なことなんだ。あの日はあんなことがあったな、こんなことを学んだなって、思いだすことができるでしょう。アウトプットすれば、またそれは「経験」になるよね。』

この日、史朗さんからいただいた言葉がとても心に残っています。
どれもその通りだと、強く感じられたから。

きっと人が「成長」するには、いつもと違う経験をしたり、日々のフィードバックを行ったりすることはとても大切なことで、そんな小さいことの積み重ねが私たちにとって大きな前進につながることでしょう。

そして最後にもう1つ、
『「ありがとうございます」が言えることは大事。そして、「また次回もよろしくお願いします」と言えることは、もっと大事。』
そんな言葉をいただきました。
素敵な経験は1度では勿体無いです。
また次も。
今日も1つ、貴重なことを学び前進できました!

そして、このようなことを気づかせていただいた関根さんへ「向日葵」を送りたいと思います。
花言葉は「憧れ」。
熱い気持ちを胸に持っている方で、この日私たちに大事なことをたくさん教えていただきました。

今日も読んでいただきありがとうございます。
また来週も、よろしくお願いいたします!

pagetop