May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【受験生応援特集 Vol.46】なんとかなる!

受験生の皆様、初めまして。
初等教育教員養成課程 社会選修のDB31 堀 勇雅(2年)です。

皆様は10日後に迫った2次試験の勉強に追われながらも、3年間の思い出深い高校生活の終わりが近づいていることを噛み締めていることと思います。

さてこのブログを書くにあたり、1年前の自分を思い返してみると、この頃の私は目先の私立受験のことばかり考え、ほとんど東京学芸大学の2次試験の勉強をしていませんでした。
私立受験後も2次試験の勉強にほとんど身が入らず、早く受験生活が終わることだけを考えていました。

そんな状態で臨んだ試験本番。
前日泊まったホテルのベッドが体に合わなく寝不足、かつ空腹も襲ってくるという最悪のコンディション。
試験中は久しぶりに紙に文字をたくさん書いたことにより手がつってしまい、散々だったなあと思いながらも、どこから湧いてきたのかわからない自信で満ち溢れていました。

結果としては、合格最低点+3点というかなりギリギリで合格することができました。

ほとんど自分語りになってしまいましたが、私がこの中で言いたかったことは、どんな状況であっても、焦らず気楽にやればなんとかなるということです。
勉強が足りなくても、受かる時は受かります!
受かってしまえば最高点でも最低点でも同じことです。
これまでの自分の努力を信じて、後少し頑張ってください!

pagetop