September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【受験生応援特集Vol.54】ピンチはチャンス!

A類社会選修のDB7 安間 祐人(新2年)です。

6日に行われた東京学芸大学の前期試験合格発表にて、胴上げされている新入生を見て、1年前の自分を思い出しました。

自分も同様に前期試験でA類社会選修に合格したので、1年前の自分のようにこれからの大学生活に不安を抱く人たちへ向けて、自分が合格した後どのように過ごしたのかをお伝えしようと思います。

静岡に住んでいた私は合格発表をインターネットで見ました。
合格が決まったその次の日には、家族3人で一人暮らしをする部屋を決めるため東京にやってきました。

部屋を決め、入学手続きを終えた後は地元で色々な人と遊んだり、新生活に備えて買い物をしたり、家族と旅行に行ったりしていました。

ピリピリとした受験モードから解放され、のんびりする時間としてこの期間は使うべきだと思います!

学校が始まると色々と新しいことが待っていますからね。

そうして4月1日から一人暮らしを始め、待ちに待った大学生活が始まると家族がどれだけ大切で、たくさんのことをしてくれていたのかを実感しました。

自炊はうまくいかないし、洗濯ですらとても苦労していました。
そんな生活の中でも新しい友達ができ、授業を受け、色々なサークルや部活を見て回る日々はとても楽しかったです!

自分は学科の友達と「タダ飯サークル」というLINEのグループをつくって、見学できるところの情報を共有してご飯をごちそうになっていました。

大学は自分から行動を起こしていかなければ見えるものも見えなくなってしまいます。
皆さんも積極的に色々なサークルや部活を見学して、自分が大学生活を満喫できる居場所を見つけてみてください!

最後に、自分が座右の銘のように心に刻んでいる言葉を皆さんに贈ります。

「常に前向き!ピンチはチャンス!」

皆さんの学芸大での生活が悔いの残らないものになることを願っています。
pagetop