September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【Daily SNAILS】100%うまくいくという人生ってどうなんだろう ©ポルノグラフィティ

9月になっても暑いままだろうと高を括っていたら、昨晩寒さで目が覚めました。

もう暦の上でも気温的にももうすっかり秋ですね。


AC 福永 和輝(4年)です。


約半年後に社会に出るという危機感から最近本屋でビジネス本を眺めるようになりました。

見ていると一際目立つタイトルがありました。「人は話し方が9割」

かと思いきやこのようなタイトルもありました。「人は見た目が9割」

他にも調べてみると「伝え方が9割」という本もありました。


ここで1つの疑問が生まれます。

完璧な話し方、完璧な見た目、完璧な伝え方ができる人はビジネスマンとして270%、つまり約3人分の力を持っているのでしょうか…。


また、このような話も聞きました。

人の脳みそはその10%しか働いておらずあとの90%には潜在している能力が秘められているというものです。

ならば、あとの90%を使うことができれば人間はサイコキネシスとかも使えるようになるのでしょうか。


身近な話で言うと、練習のW-upで8割ランというメニューがあります。

これも、いつも40yを5秒で走る人がその80%の何秒で走る…ではなく体を温めるために大体80%で走るというメニューです。


つまり、能力や程度を表すの○%なんて言葉はあやふやなのでしょう。

具体的な数字で表しているように見えますが、結局はだいたいこれくらいというひとつの基準でしかありません。


現在、チームは昨年に比べて100%活動できているわけではありません。

また、教育実習があるため全部員の約50%が平日各実習先でで頑張っています。

もっと言えばもともと強豪チームと比べれば規模も人数もお金もその何パーセントしかないでしょう。


ただ、そのようなパーセントの話なんて結局あやふやなものなのです。

また、完全に設備が整っていたとしても270%、3チーム分の力を持ったチームなんてありません。


しかし、このような状況だと、周りの大学どうだと、去年はどうだとか、あやふやなものと自分たちの現状を比べてしまいます。


ただそうではなく、自分が100%やり切ったという確信的な数字を自問しながら日々を過ごさなければならないなと日々痛感しています。

その積み重ねが、試合で点数という確定的な数字に表れるのではないでしょうか。

そのことを信じ、残り少ない部活動を頑張っていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました

【主務ブログ vol.5】応援団と共に

主務 倉山 裕子(4年)です。


公式戦の開幕が近づく中、先日、関東学生アメリカンフットボール連盟から試合日程などが発表されました。


早くに大学から活動を許可され、私たちよりも練習量を確保できているチームは多くありますが、不安定な状況に居ることは全員変わりません。

全てのチームが、感染症によって突然試合に出場できなくなる、という可能性は大いにあります。

先の見えない緊張感に、このSEASON、もしかしたらその先も、ずっと向き合っていくことになるのでしょう。


今年は、最終戦を除いた全ての試合が、原則として無観客での開催となりました。

一方で、全ての試合でライブ中継が許可されたのは、不幸中の幸い(という言葉が適切なのはわかりませんが)と言えます。

SNAILSは2年前にも行っていたこの試みですが、当時、会場に来れない遠方の方をはじめ、多くの方々から好評の声をいただきました。

生で試合を観ていただく術がない今年は、実施の是非に関して、迷う余地はありませんでした。


しかし、実際に運用していくとなると、課題が山積みであることに気がつきます。

今まで素人なりにも積み重ねてきたノウハウが通用しないことも多く、虚しさを覚える場面も。


しかし、やはりこのような面でも私たちを支えていただいたのは、後援者であり「ARAKURE応援団」である、OB・OGや保護者の皆様でした。

現在は、配信ツールに詳しいOBの方にご指導いただくなど、サポートを受けつつ試行錯誤する日々が続いています。

また、他の方々からも、リモートでできる応援企画のアイデアを多くいただきました。


今年はオープン戦や合宿などがなく、後援者の方々に、チームを感じていただく機会が本当に少なかったように思います。

そのような状況でもSNAILSを応援し、変わらない熱量を持って、時には力を貸していただけること。

その恵まれた環境に感謝すると共に、SNAILSは、ARAKURE応援団が居るからこそこれまで成長してこれたのだと、改めて、そして心から実感しました。


私たちに関わってくださる全ての方々と共に、1つでも多くの試合で、1つでも多くの勝利を掴み取れるように。

それぞれの形でいただく声援を力に、精一杯活動していきます。

【Daily SNAILS】夏休みを返上して…

夜が涼しくなってきて、寝る前にコンビニにふらふら行くのが楽しいです。

DB98 雨河 倖生(2年)です。


夏休みに入ってからというもの、早朝のトレーニングとたまにある自動車学校の教習しかない日々。少しだらしないと思いつつもこれ以上ない贅沢なのんびりとした時間を過ごしています。そんな僕がここ最近で一番頑張ったと思えることは、防具のお手入れです。


梅雨の季節と蒸し暑い夏を経て、1年間の汗と涙が染みこんだヘルメットと、応援の気持ちから去年の4年生の先輩に頂いたショルダーには、カビがちゃっかり生えていました。


このままでは練習ができない―。


貴重な夏休みの半日をつかって、これ以上ないほど丁寧に洗いあげました。


そこで目にとまったのはヘルメットに跡がくっきり残る多くのキズ。本当はキズがつかない場所にもたくさんキズがはいっていて(下手くそだなあ)、まだ1年くらいしかまともにコンタクトしていないのに何を言うかって感じにもなりますが、とはいえしっかり努力してきた道筋が残っているようで、なんとなく嬉しい気持ちになりました。


めちゃくちゃ話が変わりますが、総合格闘家だった山本“KID”徳郁選手の上半身には、びっちりとタトゥーが入っています。実はこのタトゥーひとつひとつそれぞれに、KIDの願いや思いが込められているのです。日本文化において、タトゥーは馴染みがなく好まれないといえど、それを全部背負って戦うと思ったらやっぱりかっこいいじゃないですか。


気づけば大学でアメフトできるのはあと2年半。これからヘルメットに残すキズは、全部自分の気持ちがこもったものにしなきゃなと思いました。

【What is American football Vol.4】日本がグローバル化を進めるためには何が必要か

「日本の常識が通じない場所での経験は、コミュニケーション能力やファシリテーション能力の向上につながる。グローバル人材とは、生き方そのものを表す。 」


皆さんご存知、池上彰氏のグローバル化についての見解の言葉の一部をお借りしました。コロナ禍で、自分の常識じゃ考えられないことが沢山起こっていますよね?LB50 赤星 光太郎(4年)です。


いや、急にどうした?笑

「What is American Football」

何が関係ある?笑

なんて思う方多いですよね?


そんな方々に読んでほしい今回のブログでございます。「What is American Football」私と所くんが書いているブログのタイトルになりますが、私はアメフトって何?ぐらいから、所くんはアメフトの面白さを、事細かに、コアに発信していきます。ぜひそちらもご覧ください!


日本ではあまり馴染みの無いアメフト。なぜでしょうか?簡単です。知られていないんですね。American football というスポーツ自体を。私自身大学入学まで名前しか聞いたことのないスポーツでした。ニュース等でも滅多に名前は出てきません。しかしこれがスポーツ大国アメリカでは真逆なんです!日本でも有名な野球のメジャーリーグ(MLB)、バスケの最高峰であるNBA、一度は耳にしたことがあるでしょう。しかしこれを凌ぐのがアメリカンフットボール。いわゆるアメフトのプロリーグ「NFL(National Football League)」です。米国内の商業スポーツ分野で「圧倒的な人気と売上」で群を抜いています。NFLのリーグ優勝決定戦であるスーパーボウルは、毎年米国のテレビ番組で年間最高視聴率を記録しており、20年以上連続で40%オーバーです。さらにアメリカのテレビ史上の視聴者数ランキングで歴代トップ10をほぼ独占しており、視聴者数は毎年増加傾向、最近では全米で1億5000万人を超えているのです。

しかもスーパーボウルだけが特別な訳ではなく、毎週行われるレギュラーシーズンの試合も全米全体で1億人以上が観戦しています。人口の約1/3が観戦するスポーツ。日本でのサッカーや、野球を遥かに凌ぐ人気ぶりです。


そこまでの人気を誇るアメリカンフットボール。競技内容も究極です。ヘルメットやショルダーパットを装着して行う程のコンタクト。これは見れば、聞けば分かります。音がえげつないです。闘牛やバイソンのように体全体で相手とぶつかります。ラグビー以上のコンタクトです。そして競技者の体格。大きい人は2m近く、体重は150kgほどあることもあります。その巨体同士がぶつかり合うわけです。恐ろしいですね。そしてスピード。プロリーグには陸上の世界選手権に出ても遜色ないプレーヤーがいるほどスピード感もすごいです。超高速で相手を翻弄し、ボールを持って走ったり、パスをキャッチしたり、逆にタックルをしたりします。沢山の究極な要素が詰まったアメリカンフットボール。よく言われるのは、「ultimate sport(アルティメットスポーツ)」です。


さて、最初の言葉を振り返ってみましょう。「日本の常識が通じない場所での経験は、コミュニケーション能力やファシリテーション能力の向上につながる。」まさにアメリカンフットボールはぴったりです。常識なんて通じません。その境地に一度足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。グローバル化はこんなところからも進められます。日本でグローバル化を進めるためには何が必要か。答えは簡単です。アメリカンフットボールを知ることです。流石にそこまでとは言わなくても、自分のまだ知らないことに興味を持ってみる。これは大切だと思います。私はアメリカンフットボールが、日本でも人気を博すスポーツとなることを望みます。

【Daily SNAILS】サイゼリヤと麻婆丼(700yen)

大学入学祝いに購入したBianchiのロードバイクが、修理から帰ってきました。

嬉しさのあまりハンドルテープを新しい色のものに貼り替え、往復36kmの自転車旅をしてきました。DB34 脇本 智郎(3年)です。


家から18km先の目的地まで行き、用事を済ませて帰ろうとした時、僕はあることに気付いた。


「打ち合わせ30分前だ。」


忘れていたわけではないけど、もう少し予定に余裕があると思ってた。まずい。

幸い、打ち合わせはオンラインだから、どこにいても参加はできる。

ここで30分待つのも退屈だから、自宅の方へ帰るついでにどこかのお店に入ろう。


そう思って、愛車に跨り出発。


〜10分後〜

通り沿いにサイゼリヤ現る。

「サイゼありだけど…。あと20分か…。この先もいい感じのお店あるでしょ。」(スルー)


〜20分後〜

マクドナルド&デニーズ現る。

「マックはやだなぁ。デニーズよりはサイゼのが良かったなぁ…。」(スルー)


打ち合わせまで残り10分を切ったものの、いいお店に入れない。

やっぱりサイゼだったのか…。あの時入ってれば…。

後悔の念が押し寄せてくる。


そして、打ち合わせ2分前。

商店街の一角に店を構える昔ながらの中華料理屋に入店し、メニュー左上に書いてあった「麻婆丼 700yen」を注文。

打ち合わせには何とか間に合い、麻婆丼も量・味共に申し分無し。ラッキー!!


“Life is a series of choices. ”

『人生は選択の連続』

Shakespeareも言っていました。

そして、その選択の先には必ず「後悔」が生まれます。

後悔するのは仕方ないことです。選択してる時点で“前進”してるんですから。人生ゲームみたいなもんです。

後悔はするかもしれないけど、きっと“後退”はしてないですよ。きっと。


実習前の忙しさと、フットボールのできないもどかしさに押し潰されそうになりながらも、今やっていることに誇りが持てるように日々を過ごしていきます。

引き続き応援の程よろしくお願いします。

【Daily SNAILS】自粛生活のすゝめ

自粛中の一人暮らしは寂しすぎます。TR 森永歩香(4年)です。

秋学期もオンライン授業が決まってしまいましたね。寂しい生活はまだまだ続きそうです。


そんな自粛生活、家でパソコンや課題など、机に向かうことが増えていることと思います。毎日座りっぱなしの生活で身体に異変は起きていませんか?


実は、座っている姿勢は人間にとってすごく大きな負担なんです。立っている時に比べると座った方が足は楽だと思うかもしれません。しかし、立っている時の腰にかかる負荷を100%とすると、座っている姿勢は負荷が140%になります。前かがみの悪い姿勢で座るとさらに負荷は185%に増えます。

腰が痛い!身体が重い!など身体に不調がある人はもしかしたら座り方に原因があるのかもしれません!



正しい姿勢というのは、簡単に言うと骨盤を立てて背中を真っ直ぐにした状態です。椅子を壁際に置いて、お尻と背中と後頭部を壁につけた姿勢をイメージすると分かりやすいかもしれません。

ですがこの姿勢、1度やってみてください。

つらいです。これで座り続けるのは正直きついです。

正しい姿勢を維持することは実はとても疲れることなのです。



そこで今回は、正しい姿勢を少しでも楽にする姿勢をご紹介します。

用意するものはバスタオル1枚だけ!


バスタオルを丸めて腰と背もたれの間に挟んでみてください。この時お尻を椅子の奥までしっかり入れ込むことが大切です。

丸めたバスタオルをお尻の下に置いてもいいです。



自粛生活で憂鬱になる毎日ですが、体も労って元気に過ごしましょう!

【Daily SNAILS】懐休み

外に出れば2秒で発汗、基礎代謝2500kcalのOL78 佐藤 光(2年)です。



最終レポートとの戦いに勝利し、先日、やっと夏休みを迎えることができました。


しかし私の夏休みはジムと整骨院に通うばかりの毎日で、代わり映えしない日々です。



さて、昨年の夏休みは何をしていたかと思い返してみると、今頃はちょうど夏合宿の真っ最中でした。


今年はコロナウイルスの影響で行けなくなってしまった夏合宿。昨年の思い出が蘇ります。


毎日のハードな練習で減っていく体重と増えていく夕食。

練習中にたまらずサイドラインへ駆け寄りバケツに嘔吐する先輩。

先輩に怒られながらも毎日着実に成長が実感できた自分。


今の私は、あの頃からどれだけ成長できたでしょうか。少なくとも体重は20kgくらい増えました。


しんどくて、二度と行きたくないと思っていた夏合宿も、行けないとなると寂しいものです。


大きな成長の機会を失ってしまった我々ですが、今できることを積み重ねていくしかありません。



今年の夏は、過去を懐かしみながら、今に向き合う毎日にしていきます。

【Daily SNAILS】いなかのよかとこわるかとこ

福岡の実家にいます。

DB29 成清 奎(3年)です。


特になにか気になる症状が出ていたわけではありませんが、帰省するにあたって、かの流行り病の抗体検査を受検しました。


帰省のためなんかに、って思いました?僕は思いました。

昨今の医療機関は流行り病のせいでとても忙しいと聞きます。そんな時に症状のない自分が行って医療従事者のみなさまの仕事を増やすなんて。

って思ってました。


意外とすぐ予約が取れたので、さっと行って血抜いてもらって時間もかからず終わりました。

ちなみに陰性でした。


こんな時に検査受けなきゃならないのも、僕の実家が田舎だからなんですよね。

最近もニュースで流れてましたね。帰省先の実家にめちゃくちゃ書かれた紙が投げ込まれたって。


ああなんて恐ろしい。これが田舎イズム。


田舎ってなぜか情報がまわるのがやたら速いんですよね。だから、きっと僕が帰省したこともご近所さんは既に知っているのかもしれません。こそこそ過ごしてますけど。


例えばの話なんですけど、実家の近所で感染者が出たとします。なぜ感染してしまったのかわからない。そんな時に疑われるのは僕かもしれません。「成清さんちのお孫さん、最近東京から帰ってきたらしいわよ。」


そんな話になってしまったら、実家に変な紙投げ込まれちゃうかもしれない。石投げられるかもしれない。落書きされちゃうかもしれない。うちのご近所さんに限ってそんな人いないと信じてますけど。(牽制)


そんなとき、陰性だったという事実があれば幾ばくかマシになるんですよね。たぶん。さっきのニュースの人も帰省前に検査を受けて陰性だったらしいですけど。


ここまで読むと、田舎って怖いところなんだなって思われちゃうかもしれませんね。でも、悪いとこばっかりじゃないですよ。いいとこもたくさんありますよ、田舎。


特にウチの住んどるとこはぎゃんよかとこばい。飯もうまかもんしかなかし、程よく栄えとるしえーらしかひとが多かもん。やけんほんなこついっぺんくらい来てもらいたかと思っとるばってん、こげんか様子やとだいぶ先になるかもしれんね。ぜひいっぺん来てみんね。まっとるよ。


実家の短足の写真を添えてドロンします。

それではまた。

【主務ブログ vol.4】一瞬の積み重ね

主務 倉山 裕子(4年)です。


感染症の影響で、まだまだ多くの行動に制限がかかる日々。

その中で、最近、過去の自分の行動を後悔をすることがよくあります。


例えば、以前から受験しようと思いつつ、後回しにしていたTOEIC。

実施回数が減った結果申し込み者が殺到し、受付当日はサイトにアクセスすらできない状態に。

先着順だった申し込みは気が付けば終わっており、「思い立ったあの時、普通に受けておけば良かった」と後悔しました。


地方に住んでいた頃テレビで見て憧れていた、都内の某花火大会。

テストやレポートの追い込み時期と被っているが故に、「4年生になったら授業もないし行けるだろう」と行動しなかったことが悔やまれます。

次々と花火大会の中止が発表される中、学生最後の夏は空しく過ぎるばかりです。


部活動においても、イレギュラーばかりの日々の中で、前例がない問いを前に選択を迫られる場面があります。

今この瞬間、どのように行動すれば、未来の自分たちは後悔しないのか。

誰も答えを知りませんが、今やるべきこと、今やりたいと感じたことは、“今”しかやれないのだということだけは確信できます。

どんなに自分たちが置かれている状況に言い訳しても、後から後悔するのは自分たち自身です。


という、当たり前のことに気が付けたのは、感染症の影響で変化した日常生活のお陰なのでしょう。

様々な“当たり前”が奪われたからこそ、多くの気づきがあったこれまでの期間。

決して無駄ではないと思うと同時に、大きな学びを得た、今ここからの行動が重要だと感じます。


この状況にいる自分だからこそ、2020SNAILSだからこそ、何ができるのか。

日々迷いは尽きませんが、その瞬間に確信できた“今”を、地道に積み重ねていきます。

【Daily SNAILS】男の勲章

歌は大の苦手。

AS 山本 寧音(2年)です。


最近、「今日から俺は!!」という2018年に一度ハマったドラマの再放送に再びハマっています。


再放送を観ていると新しい発見がありました。ドラマの主題歌「男の勲章」についてです。

2年前の私は、ドラマにぴったりのこの曲はドラマに合わせて新しく作られたものだと思っていたのですが、「男の勲章」という曲は1982年に作られた曲だそうです。


 つっぱることが男の たった一つの勲章だって

 この胸に信じて生きてきた


こんな詩で始まる曲を聴いて、1年前、先輩の姿に憧れてASを目指した時の気持ちを思い出しました。


 泣きたくなるような つらい時もあるけど

 いつも俺達がんばってきた

 時の重さに 流されそうになった時でも

 歯をくいしばり たえてきた

 ガキのころ 路地裏で見た 夜空にキラめいた

 流れる星を見て 誓った思いを忘れちゃいないぜ


どんなに辛いことがあっても、夢を実現するためにひたすら頑張っていく。この「男の勲章」は、夢に向かって頑張る人への応援ソングです。


私もこの歌を口ずさんで、2年後に憧れたあの背中になれるよう、頑張りたいと思います。

12345>|next>>
pagetop