September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【#TBT vol.4】#スローバックサーズデー

QB17 所 亮丞(4年)です。

いま何ができるか。

グラウンドも使えず、満足に練習できていない数ヶ月、ずっとこの問いを繰り返しています。


例年であれば、この時期は夏合宿。

富士山麓、山中湖近くの涼しいグラウンドで6泊7日、質の高い練習をできているはずでした。



1年生。

アメリカンフットボールというスポーツに触れて間もなく、まさにアメフト「漬け」となった初めての合宿は私にとって非常に大きな成長機会でした。

変なスローイングフォームを修正するために、高須 智人さん(2013年ご入学)にお願いし、グラウンドの隅でひたすらネットへの投げ込みを見ていただいていました。そしてヘトヘトになって宿に戻り、眠い目をこすりながらミーティングをする。

肉体的なキツさと共に湧き上がる、なんとも言えない充実感。もう味わえないのだと思うと、やり場のない思いが頭を巡ります。



2年生。

ようやくアメリカンフットボールというスポーツの魅力がわかりはじめ、人生初の五厘刈りで臨んだ合宿でした。合宿の少し前、当時4年生であったQBの先輩とOLの先輩に「強く」勧められ、伸ばしていた頭に泣く泣くバリカンを入れたことをよく覚えています。

池田 慎一朗さん(2013年ご入学)からQBとしてのスキルや心構えなど、多くのことを学ばせていただきました。自分の現在の立ち位置、そして目指すべき場所を明確に示してくださいました。

そして、「上を越えなくてはならない」という義務感と、なかなか結果がついてこない現実への焦燥感に苛まれていた私を励ましてくださったのは、前田 寛樹さん(2012年ご入学)でした。

わざわざ遠方からお越しくださったにも関わらず、当時の私の悩みをずっと聞いてくださいました。



3年生。

今年こそ、と意気込んで迎えた3度目の合宿でしたが、変な責任感を抱いてしまい、完全に行き詰まり状態。

村田 龍矢さん(2011年ご入学)から「自分が活躍することがQBの全てじゃない」とご教授いただきました。

いま思い返せば、自らを追い込みすぎて逆効果となっていた私にとって、とても大きなターニングポイントだったと感じています。



合宿は、OB・OGの方々とお話することで学びを得られる大きなチャンスでした。

ラストシーズンである4年生として迎える合宿は、私にとってどれだけの成長になったのでしょうか。


来年以降、後輩たちにとって学びのキッカケとなれるように。

今やれることを本気でやっていきます。

【#TBT vol.3】#スローバックサーズデー

実家に帰省しています。

帰省すると自分でご飯を用意しなくてもいいし、一人暮らしの身では手が出ないようなものを食べれるので日々幸せです。

昨日は鰻をいただきました。

DB/K34 脇本 智郎(3年)です。


鰻といえば静岡県浜松市での養殖が有名ですが、この間のニュース見ましたか?

『浜松市で日本歴代最高気温 41.1℃観測』


41.1℃て。

めちゃくちゃ体調悪くてもそこまで体温上がらんし。お風呂でも少し熱いかなって思うくらいの温度。(暑がり)

みなさんも熱中症には十分お気をつけください。


さて突然ですが、アメリカンフットボールにおいて牋貳崙静世鮗茲襯櫂献轡腑鶚瓩呂匹海世隼廚い泙垢?


QBからのボールを華麗にキャッチしてタッチダウンをとるWRですか?

ボールを持ってOLがこじ開けた穴を駆け抜けるRBでしょうか??


いいえ。答えは、K(キッカー)です。


NFLでもTop8,Big8でも、一番得点を取っているのはキッカーです。意外と思う人もいるかもしれません。

日本人キッカーのレベルは年々上がってきていて、現在NFLに挑戦している日本人キッカーもいます。最近メディアでも多く取り上げられていますよね。


僕も1年生の頃からキッカーをやっていますが、高校3年生までサッカーをしていた自分は楕円球の蹴り方が全く分かりませんでした。

そんな僕にキックの方法をイチから教えてくださったのは、杉山 由津樹さん(2016年ご入学)と石垣 裕貴さん(2012年ご入学)のお2人です。


由津樹さんは僕が1年生の時の4年生で、よく全体練習の後にキックの練習に付き合ってくださいました。サッカーの蹴り方からアメフトの蹴り方に矯正する方法など、基礎基本から丁寧に教えてくださいました。

由津樹さんのキックのモノマネをするのが、僕のキックの原点です。


石垣さんは練習を見に来てくださった時は必ずキックの指導をしてくださり、毎回的確なアドバイスをしてくださいました。

以前「甚五郎」に行った際には、キッカーとしてのメンタルの保ち方やチームビルディングについてなどたくさんお話させて頂きました。

あの時借りた本、お返ししたいのでまたご飯行きましょう…!!


個人的に今一番爛▲張き瓮櫂献轡腑鵝キッカー。

僕のキッカーとしての目標は、リーグでのリーディングスコアラーになることです。

大歓声の中で蹴る、あの痺れるような1本のキックのために、今できることを着実にこなしていきます。

【#TBT vol.2】#スローバックサーズデー

今年も残すところ4ヶ月と少しとなりました。今年何したかと聞かれると、本当に困ってしまいます。ジャングルポケットさんの決め台詞「人生何があるか分からない、だから面白い」後4ヶ月、今年は良い年だったと言える過ごし方をします。LB50 赤星 光太郎(4年)です。


#TBT #ThrowbackThursday

第2回となりました本日は、現在最上級生(4年生)となりました私がお届けしたいと思います。


私が入部したての頃、我がポジション、ラインバッカー(LB)はまさにリーダーでした。主将 52 野澤 柾斗さん(2014年ご入学)、リーディングタックラー 29 星野 眞澄さん(2014年ご入学)。DFの司令塔であるLBをまさに体現されていた方々です。そんな先輩方はいわば雲の上の存在でしたが、同時に一番近くでアメフトを教えてくださった存在でもありました。


野澤 柾斗さんは自分のために練習前に時間を作ってくださり、いつも練習のビデオを一緒に見てくださいました。主将としての背中をみながら、ビデオでのご教授をもとに練習できたこと、まさにこの上ない幸せでした。


星野 眞澄さんは練習での相手を毎日してくださいました。4年生が1年生の相手をしてくださる。普通に考えたら、プロが素人と練習をするようなものです。ありがたい限りでした。まさに理想像としていた人との練習は、一番得るものが大きかったと思います。これもまさにこの上ない幸せでした。


振り返ってみると本当に幸せ者です。しかしこのままでは終わらせません。この方々を超えるLBとなること。今年できる最高の結果を残す、そしてそれをまた代々継いでほしい。まずは私達が柾斗さんの「狂熱」、そして眞澄さんの「気持ち」を体現します。

【#TBT vol.1】#スローバックサーズデー

先日、向日葵のブーケをいただきました。

MG 齋藤江里子(4年)です。

花言葉は「憧れ」だそうです🌻


#TBT #ThrowbackThursday

InstagramやFacebookで見かけるこれらのハッシュタグ、みなさんご存知でしょうか。直訳で「木曜日に振り返る」、木曜日に懐かしい写真や思い出を振り返るというSNS上での企画です。少し前に海外セレブの間で流行し、最近では嵐のSNS投稿で話題になりました。


例年であれば、試合や練習にお越しいただき、思い出話に花を咲かせていただくところなのですが、2020年はそれが叶いません。そこで、8月より、日頃から応援してくださっているOB・OG、保護者、地域の方々と共に、SNAILSに関する懐かしい写真やエピソードを振り返る企画を始めました。このブログでもそれにちなんで、毎週木曜日に、現役部員とOB・OGさんとのエピソードをご紹介させていただきます。


私はマネージャーとして、一部員として、たくさんの先輩方やOB・OGさんにお世話になりました。その中でも特に可愛がっていただいたのが、同じ学科のOB・OGさんです。


私の所属するE類多文化共生教育コースは、2015年に発足した学部で卒業生がまだ少ないのですが、その分繋がりが深く、大変お世話になっています。例年2、3ヶ月に一度、「多文化会」と称したご飯に連れて行っていただいています。現役の活動について、お話をきいてもらったり、アドバイスをいただいたり、私のとても好きな時間です。


今年はまだ多文化会を開催できていないのですが、先日OGの神谷 青澄さん(2014年ご入学)にお会いしてきました。

履修や授業がわからないと喚いていた18才の私も、気が付けば今年で22才。

今回は進路の相談にも乗っていただき、将来の話や仕事、結婚などについてもお話しするように…。


出会った当時の青澄さんの年齢に追いついた今、オトナになったなぁとしみじみ思います。

しかしそれと同時に、私が1年生の時に憧れていた“4年生”には、まだまだ遠いように感じてしまうのです。


きっと、いつまでも追いつけることはないのでしょう。

とりあえず今は、次回の多文化会で良い報告をできるよう、目の前の活動に取り組んでいこうと思います。

1
pagetop