June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【東京学芸大学 受験生応援特集 vol.64】 受験を終えたあなたへ

今日の試験が終われば、今年度の受験が全て終了します。
受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした!
東京学芸大学 教育支援専攻 多文化共生教育コース 倉山 裕子(1年)です。

今この状況で皆さんにどんな言葉を送ったら良いかわからず、少し戸惑っています。
なぜなら、皆さんが今置かれている状況は本当に多様なのですから。
前期試験で第1志望の大学、学部に合格した人ばかりではないでしょう。
予想外の進路に進むことになった人。
もう1年、頑張ろうと決意した人。
もちろん、後期試験の結果をドキドキしながら待っている人だって居ますよね。

1年前、私は当時の担任の先生に言われるがままに、現在通う多文化共生教育コースに後期試験で出願しました。
前期試験で第1志望の大学に落ちた時に、大きく後悔したことは言うまでもありません。
合格が決まってからも、自分の中でもやもやした気持ちが消えませんでした。
そこがなりたい自分になれる場所なのかどうか、確信が持てなかったからだと思います。

しかし私は、現在この学科に来て良かったと心から感じています。
高校生の頃の私は、英語の教員になるためには英語の学部に行かなければいけない!と考えていました。
いかにして近道を通るか、ということしか頭になかったのです。
しかしこの1年間、外国で学ぶ子どもたちの問題を考える中で、言語だけではなく文化からの視点も養うことができました。
これは、国際化が進む今日の社会で、他の教員にはない大きな武器になると感じています。

思い通りの進路に進める人も、進めない人も、目の前のその道が正しいかなんてわかりません。
遠回りかもしれないし、逆に近道なのかもしれない。
もしかしたら、全く予想していなかったとんでもない場所に繋がっているかもしれませんよ。
とにかく、自分が掴みとった環境の中でいかにして最大限成長するか、ということを考えて欲しいのです。

このブログが1年前の自分にも届くようにと願いながら、受験生応援ブログを締め括りたいと思います。
ご愛読いただきありがとうございました。
後日始まる新入生応援ブログもどうぞお楽しみに!
今後ともSNAILSブログを、そしてSNAILSの応援をよろしくお願い致します。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.63】自己暗示

中等教育教員養成課程 数学専攻 佐藤 志保里(2年)です。

本日は後期試験当日です。
多くの学科の試験で面接が行われると思います。

私も人生で何度か面接をする場面に出会ったことがあります。
例えば、英語検定など。
そこで、私が今までどのように面接を乗り切ってきたのかを紹介したいと思います。

タイトルの通り、大切なのは自己暗示です。

中学生の時、あまり積極的に話す性格ではなかった私は初めて面接をした時うまく話すことができませんでした。
しかし、それをそのままにしていてはいつまでも面接に受かることはできません。
そこで、「自分は明るい」「自分ならできる」とテスト前に自分に暗示することで徐々に面接で自信を持って明るく答えらるようになりました。

今の私は自己暗示でできているといっても過言ではありません!!
みなさんもぜひ、自己暗示で実力を発揮して頑張ってください。
みなさんに素敵な春が来ることを祈っています。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.62】隣はトモダチ!

初等教育教員養成課程学校心理選修 高橋 空良(3年)です。
いよいよ後期試験当日ですね。
前期試験が終わってからここまでの時間は、皆さんのかけがえのない財産になると思います。

私から後期試験に向けてのアドバイスがあります。
それは、「隣はトモダチ!」です。

周りには知らない人がいっぱいいますが、あと10日も経てば一緒に授業を受けている人たちです。
つまりトモダチです!

自分の殻にこもっていると余計に緊張してしまう人もいるのではないでしょうか。
そんな時は周りを見回してみましょう。
周りにいるのは春から学生生活を共にするトモダチです!

ここまできたら周りを見てみるしかないですね。
トモダチを発見しましょう!

ただし、キョロキョロしすぎると試験官から変な人認定を受けるので注意が必要です。
新しいトモダチに会いにいざ試験会場へ!!



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.61】 Never give up

「朝ごはんを食べた方が太りにくい」と聞き、最近は欠かさず朝ごはんを食べるようになりました、初等教育教員養成課程理科選修 岩野 源生(1年)です。

後期試験まであと2日となりました。
面接の対策は、2日あればまだまだ多くのことができます。
最後まで諦めなかった人が勝つと信じて、面接対策を頑張ってください。

諦めなかったという点について、今日は自分の後期試験の時の話をご紹介します。

自分は後期試験の面接で、「高校時の理科の成績があまり良くないのはなぜですか?」と質問されました。
理科選修を受験している自分にとって、高校の理科の成績が良くなかったことと、それに着目されたという事実は不合格を意味するものだと思いました。

しかし、それでも諦めずに、受験を通して理科を得意科目にしたことや、今後も理科を学んでいきたいという気持ちを面接官に伝えました。

その結果、現在は東京学芸大学で学ぶことができています。

どれだけ準備をして面接に臨んだとしても、想定外の質問をされてしまうことはあります。
そんな時でも諦めずに、最後の瞬間まで頑張ってください。

4月に皆さんと会えることを楽しみにしています。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.60】感謝を忘れずに

春のような暖かさを感じたと思ったら、また寒くなり、まだまだマフラーが手放せない初等教育教員養成課程国語選修 三戸 梓(3年)です。

後期試験に向けてもうひと踏ん張りしている皆さん。
私も後期試験までチャレンジしていたのですが、前期で合格した友達の楽しそうな様子などを見ると、どうしてこうなってしまったんだろう、と思うこともあると思います。

そんな時思い出してほしいのは、周りの方への感謝の気持ちです。
家族や先生、友達など皆さんのことを応援してくれている人はたくさんいます。

その人たちのためにもあともう少し。
合格という形で恩返しできるように。
皆さんが笑顔で春を迎えられることを、私も願っています。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.59】最後の最後まで

3月になり日々花粉と闘い続けている、初等教育教員養成課程 環境教育選修 福谷 茉裕子(2年)です。

一昨日、東京学芸大学では前期合格発表がありました。
合格した方々、本当におめでとうございます。

まだ後期試験を控えている方、自分だけではありません!
諦めずにラストスパート、駆け抜けましょう。

私も一昨年、学芸大の試験を受けました。
合格発表を見に学校まで行った中、不合格という結果でした。
センターの判定はC。
前期試験の感触も悪くなく、一般的にGOと言われる判定だったこともあり、ショックはかなり大きいものでした。

後期試験も学芸大に決めていた私は、次の日から面接練習に取り組みました。

私にとってこの2週間の原動力は、どうしても学芸大へ行きたいという、強い''気持ち''でした。
判定や偏差値、それもとても大事なことだと思います。
でも、一番大事なのはやはり、受かってやる!という強い気持ちだと思います。
現にD判定の私が、後期試験で合格を掴むことができたのです。
特に面接は、本当に気持ちが大事だと思います。

最近嬉しい縁があり、3年前の面接試験で試験監督だった先生のゼミに入りました。
この年、私の受けた学科の後期試験合格は6名。

「この人なら大丈夫だ。」
直感でそう思った6名を、先生は合格にしたと言ってくれました。

ぜひ誰よりも、受かる!という強い気持ちを持って後期試験へ挑んでください。

気持ちは伝わるものです。

皆さんの合格を心から祈っています。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.58】笑顔で勉強すると試験で合格する!?

先日、某番組でやっていた「笑顔で食べるとわさびが甘くなる!?」という説をひとり家で実証していた、C類特別支援教育教員養成課程 秦 雄太郎(2年)です。

受験生の皆さん、昨日は前期合格発表でしたね!
合格した方、本当におめでとうございます!!

残念ながら合格しなかった方も、後期試験に向けて気持ちを切り替えて、前に進んでいってほしいです。
そして、後期試験に合格して一緒に喜びを分かち合いましょう!
まだまだこれからです!!

先日、私が実証していた「笑顔で食べるとわさびが甘くなる!?」説を笑顔ではなく、しかめっ面でも試してみたところ、全く甘さはなく、より一層わさびの辛さだけを感じて、死にかけました。
本当ですよ。ぜひ試してみてください。

このことは、日常生活、受験生の皆さんには後期試験にも繋がることだと私は思います!

しかめっ面や暗い顔をしていても、良いことはありません。
わさびのツーンがくるだけです。
辛い時や不安な時こそ笑顔を意識してみる。
そうすると自然に少し余裕ができて、自分のことを把握できるのではないでしょうか。

「笑顔で勉強すると試験に合格する!?」を実証した皆さんと4月に会えるのを楽しみにしています。
あと少し、最後まで頑張ってください!



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.57】image

周りに不評だったパーマをもう1度かけたいと強く思っている、初等教育教員養成課程 理科選修 村上 誠也(1年)です。

後期試験に向け、皆さんは様々な準備をしていることと思います。
自分は前期試験が終わってからもずっと面接の練習を繰り返していました。
そこで今回は、自分がやってきた最強の練習方法を伝授します!

それは、何を隠そう「イメージトレーニング」です!
そんなの分かっているよ、と思ったそこのアナタ!
「イメトレ」を見くびっちゃいけませんよ。

イメージというものは自由です。
まずは、面接官を1人思い浮かべてみてください。
フランクな面接官や、お堅い面接官、周りに不評のパーマをかけた面接官などたくさん出てくるでしょう。
あとは、その面接官に質問をさせて、自分がそれに答えるだけ。

ポイントは、全てをリアルに行うことです。
「現実」に近ければ近いほど、本番でも心の余裕を持つことができます。
これが1番の模擬試験だと、自分は信じてやっていました。

今日は前期合格発表です。
早咲きの桜もありますが、全ての桜が咲き揃うまで、まだ時間があります。
皆さんと「イメージ」ではなく、「現実」でお会いできることを楽しみに待っています!



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.56】夢の舞台へ駆け上がれ!

受験生の皆さん、明日はいよいよ東京学芸大学の前期入学試験の合格発表が行われる日ですね。
ソワソワしている方も多いのではないでしょうか。
私も3年前の今頃はソワソワしていたことを思い出しました。

3年前…
入学試験を受けてから、もう3年が経ったと時の流れの速さにぞっとしている初等教育教員養成課程 国際教育選修 齋藤 優香(3年)です。

明日合格発表のある受験生の皆さんは、合格発表が気になり、勉強が手につかない方も多いかもしれませんね。
そんな時にしてほしいことが、『イマジネーション』つまり、想像力を働かせることです。

さて、東京学芸大学に無事に合格し入学した皆さんは、どのような生活を送っているのでしょうか。

サークル?部活?バイトでお金を貯めて、長期休みで海外旅行に行ってみたり?留学している人もいるかもしれませんね。
一人暮らしをする予定なら、毎日自炊?美味しいご飯屋さんを開拓?

色々と想像が膨らんできたことでしょう。

未来を想像することは、未来へ進む原動力となります。
ソワソワして勉強が手につかないこのブログを読んでいる受験生の皆さん!
ぜひ、「自分が東京学芸大学に合格したら」を想像してみてくださいね。
不思議とやる気も起きてきて、また勉強に取り掛かれることでしょう!

最後に夢に向かって進む時に必ず私が励まされる漫画のMAJORの主人公、茂野吾郎の言葉で皆さんを応援して締めたいと思います。

『夢の舞台へ駆け上がれ!』



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら

【東京学芸大学 受験生応援特集 Vol.55】歩いてきた道

最近、春の訪れを感じるような日々が続きますね。
好きな季節は"春"。
中等教育教員養成課程 保健体育専攻の草村 智史(2年)です。

前期試験の合格発表まであと2日となり、そわそわして落ち着けない人もいるかと思います。
この入試結果が気になってしまう時期の私なりの解決策として、今まで使ってきた参考書を片付けるというものがあります。

ずっと苦手だった数学の教材、得意科目で武器にしてきた世界史の資料集。
結果はまだわかりませんが、振り返ってみると自分って結構頑張ってきたんだなと実感することができ、少し気持ちが楽になります。

また、受験の道を振り返ると、ここまで来ることができたのは自分だけの力ではなく、学校の先生、予備校のチューター、そして家族の支えがあったからなのだなと感じることができ、感謝しなければという気持ちになります。

皆さんも、結果が気になりモヤモヤしていたら、これまでの受験の道を振り返ってみてください。
4月皆さんに会えるのを楽しみにしています。



受験生応援ブログは、東京学芸大学アメリカンフットボール部SNAILS(スネイルズ)が運営しています。

≫≫ SNAILS公式Webサイト

≫≫チームへのお問い合わせはこちら
12345>|next>>
pagetop