July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【新入生応援特集 Vol.47】理由を忘れずに

初等教育教員養成課程 国語選修のMG 小金澤 晴花(3年)です。

1月1日。
受験生が本格的に入試に向け闘い始めたころ、私たちSNAILSも闘い始めました。
そう、受験生応援特集の始まりです。
少しでも受験生の役に立ちたいと書き始めたブログですが、受験から数年経つと当時何をしていたのか忘れてしまい、思い出すのにも一苦労。
それぞれ記憶を辿りながら、毎日様々な情報をお届けしていました。

そして、たくさんの新入生が入学!
受験生応援特集から新入生応援特集に変わり、一人暮らしのためのお役立ち情報や時間割の組み方などを発信してきました。

そんなこんなで特集は今日でなんと総数119記事。
なんとも切りの悪い数字ではありますが、今回でこの新入生応援特集も終わりを迎えます。

新入生の入部を以て、100人を超える組織になったSNAILSがお届けするブログは、十人十色ならぬ百人百色と言っていいほど、個性が溢れていたのではないでしょうか。

どの記事が皆さんの役に立つことができたのかはわかりませんが、少しでもお楽しみいただけていたのであれば幸いです。

今日で4月も終わり、新入生の皆さんはこれから何を始めようか、何を頑張ろうか決めたころではないでしょうか。
そんな皆さんに、私から1つだけお伝えしたいことがあります。

何かをしようと思った理由を忘れないでください。
楽しそうだから、本気になりたいから、人それぞれ思うことは違いますが、新しいことを始める時、そこには必ず理由があります。

その理由が今後4年間の軸になり、辛くなった時も助けてくれるはずです。

どんな些細な理由だとしても、大事に大事に覚えていてほしいと思います。

あとは、最後の学生生活をめいっぱい楽しむのみ!
これからもどうか素敵な大学生活を送ってください。
またお会いしましょう!

ご愛読いただきありがとうございました。

【新入生応援特集 Vol.46】HEAT HEART

環境総合科学課程 自然環境科学専攻 LB52 野澤 柾斗(4年)です。

人生最後の学生生活で何に打ち込むのか、心に決めたでしょうか。
大きな選択を右も左もわからないうちにしなくてはならない、残酷な世界であります。

自分が伝えたいことは自らの生きる意味を見つけることです。
壮大な話かと思われますが、つまるところ人生のテーマです。

自分のテーマは「カッコよく生きる」 常に考え、男らしく生きようと必死です。
男なら強くなるためにひたすら前へ前へ。

それぞれの軸があるならば、途中何度転んでも立ち上がれます。
今一度自分は何のために生きているのかを考えてみてください。

そしてもう1つ、私が大切にしているものがあります。
それは人との繋がりです。
人生を彩るものだと思います。
新入生の皆さんには何かのきっかけで出会った全ての人に感謝の気持ちを忘れず、BIGな人間になってほしいです。

私は憧れの先輩とまた野球をするため、東京学芸大学に来ました。
そんな自分がSNAILSを選んだ理由は新しい世界への挑戦、そして本気の仲間、1プレーに懸ける熱い思いがこの場所にあるからです。

熱いハートを持っている新入生、一緒にフットボールをしよう!

全部自分次第、今を全力で

【新入生応援特集 Vol.45】素敵な空きコマを

特別支援教育教員養成課程 TR 原 麻里江(3年)です。

授業が始まって2週間。
そろそろ大学生活にも慣れてきた頃でしょうか?

私はこの時期、新しい生活に心をときめかせすぎて毎日放課後にバイトか部活動をしていました。

しかし、そこには盲点がありました。友達と遊ぶ時間がないことです。

そこで私が編み出したのは、「空きコマの時間に思う存分友達と遊ぶこと」です。

空きコマに大生で友達とお菓子パーティーをしたり、ゴシップネタを話して盛り上がったり、ウッドデッキでマネキンチャレンジをしたりしていました。
今では、大生かウッドデッキに行けば原に会えると言われているほどです。

大学生になって友達と遊ぶ時間がないという方、空きコマで思う存分友達と楽しんでください!

皆さんが素敵な空きコマを過ごせることを願っています。

【新入生応援特集 Vol.44】share!!

新入生の皆さん、 今日4月27日は中等教育教員養成過程 理科専攻 WR85 山 杜彦(2年)がお届けします!

実家から通学している人は、通学時間が長いですよね。
東京都在住の私はdoor to doorで1時間半ほどかかりますが、神奈川県から通っている人などはもっと遠いなんてこともありますよね。
1限に間に合うように起きるのは大変です…

一人暮らしの人が羨ましいなぁなんて思ったりもしますが、一人暮らしは一人暮らしで家事やバイトなどに追われ大変なのは一緒だと思います。

そこで考えたのが「シェアハウス」です!
シェアハウスは家事も分担できるし、一人暮らしよりもお金はかからないし、実家生は大学に近いところに住めるし、朝は起きられるし…とにかく最高です!
結局実現こそしませんでしたが、私はSNAILSの同期と3人でシェアハウスをする予定でした。
同じ部活動やサークル、学科でシェアハウスをすれば生活リズムも同じで楽だと思うのでオススメです。

新入生の皆さんには自立しつつ自由な生活を送って、楽しい大学生活にしてほしいです!
enjoy!

【新入生応援特集 Vol.43】Get Up Early

初等教育教員養成過程 環境教育選修OL59 増野 祐真(3年)です。

つい先日入学式をしたばかりですが、早いようでもう桜が散る頃になりましたね。

新入生の皆さん、ドキドキワクワクな新生活には慣れてきた頃でしょうか。
自分はといえば…
最近暖かくなってきて、趣味の昼寝に勤しんでいる今日この頃…

これを読んでくださっている皆さんの中には実家から通学する人もいれば、実家を離れ一人暮らしをしている人もいるのではないでしょうか。

自分はどちらも経験している身なのですが、どちらにしろ大切だと思うのは、「時間を有効活用すること」です。

ふと、自分の恩師の言葉を思い出します。

「イニシャルを意識しろ!!」

何が言いたいのかというと、イニシャルとは「最初」のことであり、1日の最初の動きといえば…
そう起床です…!

自分は朝起きる時間を変えないことが、とても大事だと思います。
実家生の多くは朝が早い上に夜は帰りも遅いし、大変ですよね。
自分も実家生の頃、朝が弱いにもかかわらず睡眠時間が少なすぎて、割と本気で辛かったです。

それでも、我慢して平日の朝は必ず6時に起きるリズムを作っていました。
そのおかげか、自分は一人暮らしを始めてからも平日は6時に目が覚めるようになりました。
早く起きた分、時間を有効活用しています。

一人暮らしだと友達と遊びに行くなどで、夜遅くなることもあると思います。
そんなときも朝起きる時間を変えないようにして、1日のリズムを崩さないことが大事だと思います。

実家生は通学の時間が長いけれど、一人暮らしだと家事の時間が長くなりますね。
そこで、一人暮らしの人は朝早く起きることで、有効に時間を使えます。
また、実家生の人は家事をやらなくていい時間や通学の時間など探せばいくらでも有効に使える時間はあります。

実家生の人も一人暮らしの人も有効に時間を使えれば、とても最高でアツい大学生活が送れること間違いなしです…!!

【新入生応援特集 Vol.42】ハッピーランチタイム

初等教員養成課程社会選修、MG 戸内 基宮子(2年)です。

入学して早1ヶ月。
友達もたくさんでき、お昼ご飯を大生やコパンで楽しく食べている方も多いと思いますので、学芸大の食堂を使うときに便利な「学食パス」について紹介したいと思います!

学食パスとは交通系ICカードで登録できるサービスで、大生やコパンなどの「学食限定で使える財布」です。
ある程度のお金を予め振り込んでおけば、数ヶ月は普段使っている財布を気にせずに学食を食べることができます!

また、学食パスに登録すればwebサイトの「マイページ」から自分の食事履歴を確認することができます。
これを見れば自分が学食でどのような栄養バランスの食事をとっているかを知ることができます。
つい財布の中の残金を気にしてしまう学生や、一人暮らしで食事の栄養が偏りがちな学生にオススメの学食パス!
ぜひ使ってみてください!

【新入生応援特集 Vol.41】居心地

教育支援課程生涯スポーツコース LB13 菅野 公貴(3年)です。
授業が本格的に始まり、やっと大学生活が始まった実感が湧いてきたのではないでしょうか?

私はこの時期、新しく買った文房具を眺めては大学では勉強を頑張ってやるぞと意気込んでいました。

高校と違い、大学では自分のクラスの教室というものがありません。
しかし時間割によっては授業と授業の間に空きコマがあるので、その間の時間を潰さなければならないときが出てくると思います。

そんな時のために、自分にとって居心地の良い場所を見つけておくことをオススメします。

私の場合、1年生のときはいつも学科の友達と一緒にコパンのテラスの決まった位置にいました。
2年生になってからは部室がとても居心地が良く、今では他の部員に住人と呼ばれるほどすっかり部室にいる割合が高くなってしまっています。

居心地の良い場所を見つければ、大学生活の何気ない時間も何年後かには「あの場所によくいたな」と思い出になっていくことでしょう。
ぜひとも新入生の皆さんには自分にとって居心地の良い場所を見つけて何気ない時間を過ごしてほしいと思います。

私も部室での思い出をどんどん増やしていこうと思うので皆さんもたくさんの思い出を作っていきましょう。

【新入生応援特集 Vol.40】友達にありがとう

初等教育教員養成課程 国語選修のTR 小川 伊緒里(2年)です。
私は履修を組むのがとても苦手で去年のこの時期ただひたすらアタフタしていたのを覚えています。
そこで皆さんには時間割を組む上で大切なポイントをお伝えします!

新入生の皆さんも感じたと思いますが、時間割を組むのって難しいですよね。
時間割を組む時ほど友達の大切さを感じることはありません。
学科の友達ありがとう。
この場を借りて感謝申し上げます。

自分だけで時間割を組むと意外と見落としているところがあります。
また、副免などを取る場合はより複雑になりますよね。
必要な授業を友達が教えてくれるのはとても助かります。
新入生の皆さんも学科の友達をたくさん作って、一緒に時間割を組むことをおすすめします!

またせっかく頑張って時間割を組んだのに、講義中はただ話を聞いているのではもったいないですよね。
そんな時はノートを取るだけではなく、発言をしてみましょう!
高校の時とは違い、大学の講義では手を挙げさせて教授が当てるというのは少ないです。
だから、教授が何か全体に向けて問いかけした時、大きな声で発言してみましょう。
これであなたもきっと人気者になれますね!!!
話を聞くだけより眠くもならないし一石二鳥です!

皆さんも大学でたくさん友達を作り、人気者になってキラキラの大学生活を送りましょう!
私もキラキラの2女になれるように頑張ります!

【新入生応援特集 Vol.40】フィーリング

中等教育教員養成課程 理科専攻のWR15 伊藤 雅恭(4年)です。

新入生の皆さん、新生活には慣れてきたでしょうか?
私はこの時期、実験とバイトと部活動・サークル選びでパンクしそうでした。

皆さんがこれから過ごす大学生活は自分の将来を決めるといっても過言ではありません。
そんな大事な大学生活をぜひ充実したものにしてほしいなと思いますので、皆さんに向けて私なりの部活動とサークル選びのアドバイスを勝手に書かせていただきます。

まず1つ目は、将来を見据えた選択をしてほしいということです。
社会に出て何をしたいか、どんな大人になっていたいか。
そのためにどんな経験をしたいのか、どう大学生活を過ごしたいか。
今楽しければいいのか、困難なことに挑戦をすることはしないのか、最後のチャンスに何もしなくていいのか。
ぜひ将来のことも考えつつ、今何をすべきなのかを考えてほしいと思います。

次に2つ目ですが、「何をやるかより誰とやるか」を大事にしてほしいと思います。どんな部活動やサークルに入っても必ずそこには人がいます。
4年間を過ごす上でかけがえのない仲間になる存在です。
そこにはどんな人がいるのか、どんな人と一緒に4年間を過ごしたいのか、そんなことも考えてみてほしいと思います。

今もまだ迷っている人がたくさんいると思います。
なかなか決断できずにしんどいかもしれません。
考えてもわからなかったら最後はフィーリングです!
もしSNAILSにあと一歩を踏み出せなかったら、思い切って飛び込んできてください。
私たちSNAILSは君の挑戦を全力でサポートします。
迷ってるのはやりたい証拠。
グラウンドで会いましょう。

【新入生応援特集 Vol.39】一人暮らしあるある

特別支援教育教員養成課程 OL70 秦 雄太郎(2年)です。

新入生の皆さん、入学式から2週間が経ちましたね。
大学、学科にはもう慣れ、周りとは打ち解けられましたか?

その中でも特に一人暮らしの方!
ついこの間まで家族と住んでいたのに、急に家に帰ったら自分1人しかいない。
寂しいですよね。
しかも、地方出身だと東京に住むというだけで何か事件が起こりそうで警戒しますよね。
私はそうでした。

家の鍵を開ける前に毎回、周囲を見渡していました。
さらに、入ってからもずっと家のドアの方を見ていました。
それぐらい恐かったです。
おかげで、実家でよく見ていた名探偵コナンなどのちょっと刺激的な番組を夜に見ることができなくなりました。

これを言うとバカにされるのですが、犯人がわかる前の黒い人は普通に恐いですよね?

そんな私でしたが、バラエティ番組を見続けることで寂しさも恐さも解消していきました。
笑っている瞬間やその番組を集中して見ている間だけはそのような不安を忘れたので、お昼の番組も録画して夜に見ていました。

そのようにして、私はだんだんと一人暮らしに慣れていきました。

今でも名探偵コナンは録画して朝に見ていますが…

このような一人暮らしの不安を抱えている皆さんには、たくさんバラエティ番組を見ることをオススメします!

そのためには録画機器を買いましょう!!
そして、たくさん笑いましょう!!!

12345>|next>>
pagetop