October 2014  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ホームフィールド完成!



夏休み開始と同時に始まった学芸大グラウンドの工事が、ついに先日終了し、陸上トラックが新しく生まれ変わりました!





以前もご紹介した通り、新しいタータンの色はブルー!



いや、スネイルズブルー!



グラウンドがチームカラーに覆われ、まさに『ホームフィールド』が完成しました。



次節の国士舘大学戦の会場は、ここ東京学芸大学小金井グラウンド!

ALL SNAILSのチカラで、このフィールドをさらに青く、蒼く染めましょう!



★参加表明は、コチラで受付けています。

【試合結果】2014第4節 桜美林大学戦

第4節 桜美林大学戦の試合結果をご報告致します。
 
大井第2球技場 16:30〜
2部Aブロック 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
東京学芸大学 14
桜美林大学

最後まで大きな声援を送っていただき、ありがとうございました!

次節の国士舘大学戦はホームグラウンドでの試合です。
応援宜しくお願いします!


■次節のお知らせ ----------------------
第5節
vs 国士舘大学 RHINOCEROS
11月1日(土) 13:45 KICK OFF
@東京学芸大学小金井Gr.

SNAILS公式グッズ紹介 Part 2

今回は、公式グッズ紹介第2弾としまして、ウエア系のグッズをご紹介します!



【左:51森田 風斗(1年)、右:42福田 航平(1年)】

左:ブームTシャツ 1000円
右:速男Tシャツ 2000円



【左から:渡部 友里菜(1年)、石山 葵(1年)、後町 安里紗(1年)】

Tシャツだけでなく、防寒対策に最適のトレーナーも取り揃えています。

これらのグッズも小物系グッズと共に、試合当日のチーム受付にて販売しています。

もちろん明日の桜美林大学戦でも販売します!

それぞれのグッズについての詳しい情報は、 コチラをご覧ください。

SNAILSグッズを身につけて、アツい応援をよろしくお願いします!

桜美林大学戦まであと1日!











こんにちは、DB27服部駿平(4年)です。



僕のFor the Teamは「しゃべる」です。



チームスポーツはコミュニケーションが命です。

実際にプレーしているときもそうですが、練習外でのコミュニケーション『おしゃべり』もすごく大事だと思います。



先輩が後輩を飯に連れて行ったりということは、実はチームを良くするすごく重要なファクターなんじゃないかなと感じます。



入替戦は文字通りチーム一丸とならないと厳しい戦いになるでしょう。


4年の役割は部員をチームにコミットさせること。

なかなか難しいですが、僕はそれを実現させるためにはいっぱいしゃべるしかないと思っています。


チーム一丸とは数字や形では表せないものです。



そういう見えない力もぶつけないと、入替戦は勝てません。


まずは桜美林大学戦、チーム一丸となって戦ってみせます。


応援よろしくお願いします。





桜美林大学戦まであと2日!








こんにちは。
RB25橋本勇郎(3年)です。



自分が掲げるFor the Teamは「成長」です。


多くの人達がそうであると思うのですが、自分は大学からフットボールを始めた人間です。



何も分からずがむしゃらにやった1年目。


もっと上手くなりたいとたくさん考えた2年目。


そして、上級生としての責任の重さを感じた3年目。



ヒットのひとつもろくに出来なかったのが、少しは成長できたのかなと思います。



しかし、僕達が目指すところは1部リーグ。

自分の実力がまだ足りないことは明白です。



リーグ戦も半ばに差し掛かり、入替戦を入れても残り5戦。

どの対戦チームも強く、個人個人がどれだけ強くなれるかがキーなってきます。



自分自身の成長はもちろん、自分が貪欲に成長することで周りにも良い影響を与えることが出来ると思います。


もっと上手く。もっと強く。
ひたむきにシーズンを駆け抜けます。



桜美林大学戦まであと3日!






こんにちは。
LB31中渕翔太(2年)です。


自分は小さい頃から甲子園に憧れてきました。

自分が甲子園に行くのは今年が最後のチャンスで、どうすれば一部昇格できるのかをずっと考えてきました。


勝利のために、チームのために、自分は「周りを見る、先を見る」ことをFor the Teamとして掲げ、頑張っています。


声のかけ方にしても、盛り上げる声がすべてではない。



たまに「オフェンス行こう!」とか「ディフェンスとめてこう!」とか、そういう声をよく聞きますが、そんな当たり前にやるようなの声だけじゃ勝利につながらないと僕は思います。


盛り上げる声ももちろん大事。

でもそれだけではなくて周りを見て、先を見て、仲間にベストプレーをしてもらうために声を出さなければ勝利につながらない。


自分たちがオフェンスの時は相手のカバーを読んだり、ディフェンスの時は相手のプレーを判断して呼び掛けたり、ボールボイスをだしたりと、僕は今年そういうことを意識してきました。


夢のために、一部昇格を果たすために、甲子園に行くために、僕はやれることはなんでもします。
一部昇格への気持ちは4年生にも負けません。



次節の桜美林大学戦も、必ず勝ちます。
応援よろしくお願いします。



桜美林大学戦まであと4日!







こんにちは!
OL59川島慶之(3年)です。


私のFor the Teamは
「ブレない」です。




シーズンを通してOLの左ガードでありつづけて、どんな相手でも動いてくる相手でもブレないブロックをしたいです!


ボールキャリアーに、あいつのところなら走れる、と信頼されるラインでありたいと思います。


また、チームが苦しい状況になったとしてもブレずに声をかけプレーすることで、チームを活気づける存在になりたいです。



桜美林大学戦ではOLに注目してください!

相手DLを押し続けます!




応援よろしくお願いします。



【LAST SEASON】vol.4 山本俊介



WR14山本俊介です。

将来体育の教員を目指している私はバスケット、卓球、野球など様々な競技を経験してきましたが、フットボールは本当に特別なスポーツであると実感しています。


中学、高校と野球部として毎日白球を追い続けてきましたが、大学ではそれが楕円球に変わりました。
ボールを捕ることが大好きな自分にとって、ワイドレシーバーというポジションは非常に魅力的でした。

ボールを捕るか、捕らないか。
0か100でシンプルに結果が出る、このレシーバーというポジションに自分は誇りを持っています。

1年生の時、尊敬する先輩がプロ野球の平野恵一選手のことをブログに書いていました。

平野選手は明らかに届かないボールに対しても、常に全力で飛び込んでいきます。
飛び込めばもしかしたら捕れるかもしれないが、飛び込まなければ捕れるはずがないからです。

競技は違いますが、この平野選手の一球にかける思いの強さに震えました。

ラストシーズン。
10年以上ボールを追い続けた日々の集大成として、チーム全員の想いが詰まったボールを捕り続けます。



最後に。

フットボールはおそらくどのスポーツよりも、フィールドでの練習以外にかける時間が多い競技です。
ウェイトトレーニングやスカウティングなど、練習を終えた後もやることが山ほどあります。
フィジカルの弱さは直接的にケガの原因になるし、スカウティングの精度が勝敗を左右します。

準備が何よりも結果に影響するスポーツであるため、ケガをするかもしれない・・・、試合に負けるかもしれない・・・という恐怖心が常に傍らにあります。
その恐怖心を拭い去るために、フットボール選手はフィールドでもフィールド外でも準備をしなければならないのだと思います。

しかし、いくら準備しても恐怖心が完全に消えるということはありません。
そんなときに最後の支えとなるのが、「感謝」であるとフットボールのクリニックで学びました。
その時クリニックで講師をしてくださった元K1選手の小比類巻さんは、試合前日の夜、支えてくれた人たちに感謝の気持ちをメールで伝えるということを必ずやっていたそうです。
それを行うことで、試合の対する恐怖心が和らぎ安心して眠ることでできるのだとおっしゃっていました。

#43下采が、
スタッフがいて
先輩や後輩がいて
監督・コーチがいらっしゃって
OBの方々がいらっしゃって
保護者の方々がいらっしゃって
支えてくれる皆がいて
そしてやっとフットボールができます。
書いていましたが、本当にその通りだと思います。

支えてくれている全ての人達に対する感謝の気持ちを持ち、最高の準備をして残りのシーズンを戦っていきたと思います。
応援よろしくお願いします。


次は、RB21松野です。
4年間で物凄い成長を遂げた、彼が今思うことは?
乞うご期待!

桜美林大学戦まであと5日!






こんにちは!
DB4池田慎一朗(2年)です。

もうすぐ夏休みも終わり、授業が始まります。
フットボールに費やせる時間が少なくなります。

ここから更に大切な試合になるので、時間を上手く使いながら頑張っていきます!

次節の対戦相手桜美林大学は1、2年生の高校フットボール経験者を中心としたチームです。

もう負けられないので、必ず勝利します!


私のFor the Teamは、「広く、自由に」です。


DBとして、常に冷静であり、広い視野を持ち、後ろから声をかけられるような選手になります。

また、果たすべき役割の中でも、自由にのびのびプレーをし、チームと共に成長していきます。


ちなみに、もうひとつのFor the Teamは、「チームに坊主を増やす」です!

今年の夏、部員の大半が坊主になりました!
これから、もっともっと坊主の人が増えたらいいなと思っています!



ここからの大切な試合、ぜひ応援に来てください!




桜美林大学戦まであと6日!







こんにちは!
OL76森脇雅也(2年)です。

前節は大雨の中、たくさんの方に応援に来ていただきました。
ありがとうございました。

次節は桜美林大学戦です。
この桜美林大学戦では必ず勝利し、チームに勢いをつけたいと思います。


もう負けられないという状況は変わりません。

いつでも気を引き締めて、スカウティングや日々の練習に取り組んでいき、必ず一部昇格という目標を成し遂げます。

その姿をまず桜美林大学戦で確かめてください。



私のFor the teamは、「声をかけ続ける」です。



これだけは誰にも負けたくないです。
このチームの中でも
どのチームの中でも。

そう思うのはマンガの影響なのですが...


自分は高校時代はバスケ部で、いつも試合の前にスラムダンクを読みます。

スラムダンクの作者が描いたリアルという漫画があり、その中にこんな言葉があります。


「声をだすとどうなるか知ってるか。キツイときも頑張れるんだ。気持ちが折れないんだ。楽しくなってくるんだ。そしてチームの気持ちが一つになるんだ。まずは手始めに日本一声を出すチームになろうや。」


このセリフは今つらい状況の中で戦うSNAILSにぴったりです。

SNAILSが1部にいくために、まずはチームの気持ちをひとつにするために声をかけ続けます。

自分は2年生です。
実力もないです。
足を引っ張る場面は多々あります。
でも、声を出すことだけは出来る!!


それだけは誰にも負けないプレーヤーでいたいです。


そして、声を出せば、自然と応援されるチームになると思います。
そうすれば、スラムダンクのような奇跡が起きると信じています。


ぜひ試合に来ていただき、僕たちの姿を見て、応援してください。


12345>|next>>
pagetop