March 2015  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【2015 OB訪問 vol. 2】

RB21 高木 賢統(3年)です。

先日、1999年ご入学の上谷大輔さんにOB訪問させていただきました。

上谷さんとは教員の話、昔や現在のSNAILSの話など、短い時間でしたが色々なお話をさせていただきました。

その中でもやはり気になったのは教員の話です。
上谷さんは、現在小学校の教員をされていて、地元香川県での教員を目指している自分にとって、実際に教職に就かれている方のお話を伺う大変貴重な機会となりました。

上谷さんのご実家は九州で、やはり「地元で教員をやりたいという思いはあった」と仰っていました。
現在東京で教員をされているのには様々な理由があるそうですが、一度他の都道府県で教員になったり、就職したりすると地元に戻ることは難しくなる、と教えていただきました。

地元で教員をしたいけれど、東京にもう少しいたいという気持ちもある自分にとっては、すごくリアリティのある言葉を頂けたと思います。

社会人になるまで、時間はいくらでもあるわけではありません。
悩んでいる暇もありませんが、大事なことなのでしっかり考えて決めたいと思います。


最後になりましたが、この場をお借りして。
上谷さん、先日はお忙しい中、優しくお話してくださってありがとうございました。

春シーズンの試合、お待ちしています。
活躍する姿をお見せできるように頑張ります!

最近の癒し

WR23 諸橋 正多(4年)です。

ようやく春が訪れましたね。
自分は寒いのが苦手なので、春になるとなんだかウキウキしてくる今日この頃です。

さて、そんな自分の最近の流行りは「しっかりお風呂に入り、自分の身体をケアすること」です。

時間が無かったり、一人暮らしだったりするとシャワーだけで済ましがちですが、
ちゃんと湯船にお湯をはって浸かることで、疲れた身体をケアすることができます。

時間とお金に余裕がある時は、友人と共に近所のスーパー銭湯「お風呂の王様」に向かいます。

プレーの一つひとつに全力を注ぐために、自分の身体を労ることを大切にしたいと思います。

【新入生応援特集 vol.1】始まる新生活!

みなさん!

お久しぶりです。
りょへです。


さてさて、後期の入学手続きも終わり、

入学式を待つのみとなりました!


みなさん気づいてくれてる(そう願いたい)と思いますが、


受験生応援ブログ


改め、


新入生応援ブログ となりました!!




もう大学生ですからね。

みなさんも私たちと同じ学芸大生の一員です。


大学生は楽しいです。

やりたいこと、やれること、たくさんあります。


ぜひ、色んなことにチャレンジして
華のキャンパスライフを送ってください!


まだまだ僕たちは応援してますよ!



そして次回からは、SNAILS部員達の経験したそれぞれの新歓期について綴ってもらいます。


1,2,3年前のこの時期、先輩たちは何を考え、何に悩んでいたのでしょう。


要チェックです。

では、またいずれお会いしましょう!

「春シーズンを迎えるにあたって」

DB5 森本 拓也(3年)です。

最近、自分にも花粉症の気配が出てきました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回のブログは「春シーズンを迎えるにあたっての決意」について書こうと思います。

今年は1月にTomotsuna Academy Football Camp、3月にJAFAシニアフットボールアカデミーに参加しました。
今までの取り組みを変え、外の世界を知るために積極的に行動してきました。
心機一転、髪も切りました。

そうやって自ら行動することで得た知識をブラッシュアップさせるのが春シーズンと捉え、春の試合では色々と試していこうと思います。
もちろん失敗もするでしょう。
それでもいいです。
成長するための失敗ならいいと思います。
それで秋シーズンに勝てるなら、その方がいいですからね。

また、5月後半には早稲田大学と対戦します。
格上ですが、得たことを試すにはもってこいの相手です!
今から楽しみで仕方ないです。

春シーズンは挑戦を重ねる森本拓也に注目です!

そして秋シーズンは、春と夏を越えて一回りも二回りも成長したDB5番に大注目です!

中学2年生の本音

K39 石垣 裕貴(4年)です。

楕円球を蹴り始めて4年目に突入しました。
高校までサッカー部に所属し、球をずっと蹴ってきた訳ですが、それに比べると楕円球は難しいです。
扱いの難しさという点で、子供に例えると球が小学2年生で、楕円球は中学2年生だと思います。

今回のブログのテーマは「目標とする選手」

自分は2人の選手を目標にして、日々楕円球(例えで言うと中学2年生)と向き合っています。

1人目は、早稲田大学の佐藤選手。
自分がK専任になるきっかけをくれた選手です。

大学2年の頃から彼のキックの秘訣を掴もうと早稲田大学の試合に通い詰めています。
とにかくKCもPCもFGも圧倒的です。

もう1人は藤田貴士さん(2014年度卒)です。
過去3年間、自分にキックとは何たるかを教えてくれた大先輩です。
貴士さんに追いつきたいと思っていましたが、引退されるまでに追いつくことは出来ませんでした。

先日の練習に来てくださった時、キックに関して1つだけ褒めていただきました。
3年間褒められたことがなかったので、本当に嬉しかったです。
泣きそうなほどに。

しかしその後、課題も頂きました。
3年間貴士さんが事有るごとに言っていた“終わり無き課題”です。

最後の年は日々その課題に向き合っていきます。

貴士さん、またグラウンドに来て自分のキックの音を聴いてください。

幹部紹介vol. 1

Feel&Soulを掲げ、最速でフィールドを駆け抜ける

2015SNAILS 主将のRB22 木本 知歩にインタビューしました。

*********************

*主将になった理由を教えてください

昨シーズン、最もボールキャリーさせてもらいながら、チームを勝利に導けなかった責任を感じていました。
勝ちたいという気持ちが一番強いのは自分だと思っているので、主将就任を志願しました。


*自分に求められることは何だと考えますか?

まず絶対に個で負けないことです。そして、主将としてチームの士気を高め続けることだと思います。


*主将に就任して初めて感じたことはありましたか?

新チームをつくり上げて、軌道に乗せるまでに必要な準備の量がとにかく莫大でした。
上の学年が引退してから気づいているようでは、すでに遅い。
まだ上がいるうちから4年の気持ちというか、最後の一年という覚悟を持ってやっておくべきだったと思いました。


*理想の主将像とは?

理想の主将像は、関西学院大学ファイターズ2014年度主将の鷺野選手です。
勝利への執念を言葉だけでなくプレーでも周囲へ伝え、リーダーシップを発揮されていたと思います。


*どんなチームをつくりたいか?

取り組む姿勢、メンタリティー、誰が見ても「このチームが勝つ」と、
そう思われるような、勝者にふさわしいチームをつくりたいです。

重要なのは「俺がやる」というメンタリティーだと思います。
チームの全員、一人ひとりに、その気持ちを常に持ってほしいです。
辛い状況、苦しい瞬間は必ず訪れます。
しかし、このメンタリティーを全員が持っていれば、必ず乗り越えることができるるはずです。
極限の状況で勝負を決めるのは、気持ちの部分だと思います。


*口癖?の Feel&Soul とは?

勝つ者が必ず持つ、勝ちたいという強い気持ちと、その瞬間瞬間に感じる感覚を大事にすること、です。
この一年間、この言葉を胸に進んでいきます。

新生活!

TE1 広田陽平(3年)です。



ブログは遠い昔に書いて以来久しぶりな気がします。



もうすぐ4月ですね。

そう4月と言えば新生活!

実は大学生活3年目にして、一人暮らしを始めることになりました。

親には「親のありがたみを知れ。」と言われ家を出てきました。

洗濯やら掃除やら食事やらほとんど任せっきりだったので、正直不安でいっぱいです。



通学時間は減りますが、その分他に自分でやらなければならないことも多くなるので、いかに時間を有効に使えるかが大切だと思っています。


自由な時間が増えるというのもそれはそれで難しいものです。



もうすぐ授業も始まります。

フットボールと勉強の両立がしっかりできるよう、時間を有効に使っていきたいです。



1日も早く生活に慣れて、一回り成長して実家に帰ろうと思います。

テンションを上げるために

WR80 瀬尾祐志(2年)です。



今シーズンに入ってから自分が日課としていることは、練習前に音楽を聴く、好きなものを食べるなどして、気持ちをつくってから練習に臨むことです。

これは自分が高校時代、野球の大会の前にやっていたことで、縁起担ぎのようなものです。



そして、気づきました。

試合の日だけではなく、練習の日から気持ちをつくるためのルーティーンを続けていれば、試合のための練習が毎日できるのではないかと。

日々の練習でキャッチする一球は試合での一球と同じ、最近はそう考えて練習に取り組むことができるようになりました。



今年はお菓子を食べ、EXILEを聴いてから毎日練習に臨もうと思います。



もうすぐ春のオープン戦が始まります。


WR80 瀬尾祐志のボールキャッチにご注目ください!

どう料理する?

DB2 田中仁郭(3年)です。

あだ名は「にかく」です。



自分の最近の楽しみは、自炊です。

「自炊すると節約出来る」

と言われていますが、大抵の場合は某牛丼屋の方が安いです。



ですが、自炊は楽しいです!

クックパッドを見て作ったり、創作してみたり。

日々色々試しています。

好きなものを好きな様に作って楽しめる自炊をオススメします!



このように、何事も楽しみを見つけて取り組むことが大事だとよく思います。

食事の面では自炊すること、部活の面では出来ないことを探すこと、が最近の楽しみです。



「出来ないことが出来るようになっとき」

それほど嬉しいことありません。

出来なかったことが当たり前のように出来るようになる。

これが成長と言えるのではないでしょうか。

確実に少しずつ、これからも成長していきたいです。



もちろん料理のレパートリー

増やしていきます!



写真は先日作った「アボカドマグロユッケ」です。



【2015OB訪問vol.1】

今年もOB・OGの皆様にご協力いただき、OB訪問を実施しています。



第1回は、1988年ご入学の飯島聖宏さんとお会いしました。



****************



OL74 藤本大貴(3年)です。



先日、1988年ご入学の飯島聖宏さんにOB訪問させていただきました。



飯島さんは教員ではなく、企業でご活躍されている方で、現在、就職活動をするか教員採用試験を受験するか迷っている自分にとって、就職した方のお話を伺える貴重な機会となりました。



飯島さんのお話を伺い、就職して社会人を何年か経験してから教員として教壇に立つのが良いのではないかと思うようになりました。





実際、会社員をしながら教員採用試験の勉強をするのは時間的にも体力的にも厳しいという現実的なアドバイスも頂きましたが、それと同時に、「人間、好きなことには時間が割ける」というお言葉も頂きました。



フットボールに毎日時間を割くのと同じように、自分の夢のためなら多少辛くても時間を割くことができる。



そして、「迷ったならどっちもやってみればいい」と。



結局、大事なのは時間の使い方なのかなと思います。

やりたい事をやりきれるよう、時間を上手く使えるようになりたいです。



そのためにはまず自分のスケジュール管理から。

早速手帳を購入しました。

せっかく買った手帳も時間も無駄にすることのないようにし、フットボールにも自分の将来の事にも上手く時間を使える大人になりたいと思います。



最後になりましたが、飯島さん先日はお忙しい中ありがとうございました。

次回はぜひグラウンドでお待ちしております!



12345>|next>>
pagetop