July 2016  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:土曜日】なるようになる

おはようございます。 野沢真吾です。

7月が終わろうとしています。 現役部員は今日からシーズンインとなります。

トレーニング期で鍛え上げた身体をここからどれだけ維持できるか。 いや、まだまだでかくなるんだ。 とにかく暑くならないでほしい。

去年の私はそんなことを考えていたと思います。 初日で暑さに負けたのはいい思い出です。

私事ですが、先日修士論文の構想発表があり、教授陣の愛のムチをこれでもかというくらいに受けてきました。

今年は暑さではなく、書物の文字に負けそうです。

発表会の後には飲み会がありました。 私は「なんで教授になったのか」など人生に関する質問を教授陣にしたのですが、教授全員の答えは「気付いたらなってた。人生なるようにしかならないよ。」というものでした。

私は心の中で、「かっこつけなくていいから、本当の理由を教えてくれ」と思いました。 その反面、「自分のなりたいようにはならないのかもしれないな」と腑に落ちない自分を納得させていました。

「なるようになる」

確かにもう半年後には2017年になり、今の4年生は引退し新しい世代になります。 そのまた1年後にはまた次の世代に…

どうあがいても時間は進んでいくのであれば、「なるようになる」、その言葉に身を預けるのも悪くはないのかもしれません。

私としては平成が終わるまでは、自分なりにあがいてみようと思います。

今日も生きましょう。

【朝ブログ:金曜日】至高の何かを

おはようございます! 主務 奥田 茜(4年)です。

7月はトレーニング期間でもあり、リフレッシュ期間でもあり、そして大学の試験期間でもあります。私は、東京学芸大学の学生として最後になるであろう試験を終え、卒業に一歩近づきました。非常に、非常に嬉しいです。

先日、テレビで興味深い番組を観ました。 ある人物を取り上げ、その人物の仕事や生き方から今と未来を描くドキュメンタリー番組です。

私が観た回は、魚と花の水槽お絵かき水族館といった、最近度々メディアで取り上げられている有名な活動を行うチームラボ株式会社の代表、デジタルクリエイターの猪子寿之さんにフォーカスしたものでした。

猪子さんは、代表として社員に指示を出したり指導したりするというよりは、猪子さん自身が中心となり、知識や情報の交換とそこから生まれた発想を徹底的にぶつけ合うことのできる環境を作り上げていました。

そして私が注目したのが、猪子さんのある考え方です。

「1人の天才より、チームの力」

猪子さん自身は華々しい経歴の持ち主で、日本のスティーヴ・ジョブズともいわれるほどの天才クリエイターです。 しかし猪子さんは、「いいものを作り上げるためには、自分が知らないことを知っている人たちと一緒にチャレンジすることで、個人では到底作れないようなものが作れるんじゃないか」と考え、様々な分野の人間とともに一つの活動を作りあげることを大切にしているそうです。

SNAILSの入部者は、その大半がフットボール未経験者です。 様々な環境で異なる経験を積んできた人間がSNAILSというただ一つの共通項に集まります。 初めから飛び抜けた才能を発揮する天才はいません。しかし、だからこそ現役部員116名の長所をチームのために集結させることで、至高な何かを作りあげることができるのだと思います。

その至高な何かは、TOP8昇格なのかもしれません。もっと先にある何かなのかもしれません。 私は、猪子さんのように常に上を見たり、視野を広げ新しいことに恐れずチャレンジしながらこの曖昧な何かを追い続け、チームの先頭に立ち続けなければならない、と改めて感じました。

シーズンインまで、あと1日。 帝京大学戦まであと44日。

自分がチームのために何ができるか、貪欲に考え、行動し続けます。

【朝ブログ:木曜日】坂の上からの景色

おはようございます。 最近涼しいです。初戦の暑さに慣れるためにも早く暑くなってほしいです。 OL55 谷村 康太(3年)です。

7月も終わりに近づくこの時期、毎年あることが頭に浮かびます。 もう二度とやらねーと思いつつ、毎年地獄を味わう。しかし、自分が一番成長すること。

そう、合宿です。

高校の合宿が一番印象に残っています。 合宿ではとにかく走りました。練習場まで数キロあるのにも関わらず、みんなで走って移動です。タイムを計るため、毎回全力です。練習前に吐き気を催しました。 そうして練習が終わった後も走って帰ってくるのですが、まだ終わりません。宿舎の隣にはゲレンデがあり、そこを走るのです。すでにボロボロの自分達にとっては本当に地獄でした。

殴っていいのであれば、地獄のメニューを課す顧問の先生を殴っていたでしょう。 ただ、先生にはとてつもなく感謝しています。地獄のメニューのおかげで最高の景色を見ることができました。 3年生の合宿最終日、ゲレンデの頂上まで走りきったとき全てが終わるのですが、そこから見える景色は最高でした。目の前に広がるのは至って普通の畑ですが、3年間の合宿の全てを思い返しながら見下ろすと、達成感や充実感で一杯になり、本当に泣きそうになりました。 「二度と来ねー!」と叫んでいましたが。

しかし、本当の最高の景色は違いました。 合宿後の選手権、これが高校最後の大会です。そこで決めたシュートが格別でした。サッカー人生最高のゴールでした。 それも全てそこまでに積み重ねたトレーニングのおかげだと思います。 全てが報われた瞬間に思えました。トレーニング頑張ってよかった。あのときほど思ったことはありません。 

合宿の地獄は、合宿の達成感で感動するためのものではありません。あの時までは何か勘違いしていたかもしれません。 全ては試合で力を発揮するためです。試合で最高の景色を見るためにきついトレーニングを課すのです。

SNAILSも8月にTraining Campを行います。心身ともに追い込み、地獄でしょう。 初参加のFreshmanには特に気をつけてほしい。乗り切ったという達成感などで終わらせないでほしい。 リーグ戦のためのTraining Campということを忘れたらお仕舞いなのです。

全ては去年味わった昇格の喜びのために。

Training Campは重要な分岐点であり、ただの通過点。 リーグ戦の準備をしっかりします!

【朝ブログ:水曜日】旬の食材万歳!

おはようございます!
今日も元気にTR 齋藤 優香(2年)がFoodieブログをお届けします。

皆さん、夏の風物詩と言えば何を思い浮かべますか?
花火、夏祭り、浴衣、肝試し…

今日7月27日は夏の風物詩と言われて連想するものの1つ、「スイカ」の日です。
ということで、今日は【スイカ】を取り上げます!



以前、冬瓜を取り上げましたが、「スイカ」は「西瓜」と書きますよね。
漢字からも容易に想像ができるように、スイカも冬瓜と同じウリ科の仲間なのです。
あれ?当たり前のことすぎましたかね…

そんなことはさておいて、スイカにはリコピンが多く含まれています。
スイカはなんと、トマトの1.4倍のリコピンが含まれているのです。
リコピンについては【トマト】の回のブログで書いているので、ぜひ読んでくださいね!

また、ご存知の方も多いと思いますが、スイカの90%は水分です。この水分の中には、ミネラルや糖分も多く含まれています。
塩をかけて食べると、スポーツドリンクのような効果も期待できます。
塩をかけると甘く感じるだけでなく、熱中症予防にも効果があるなんて、びっくりぽんですね。

先人の知恵って、現代の理論で説明できるものも多く、感心してしまいます!

そして、なんとスイカはむくみや冷え性の改善もしてくれます!
水分が多いだけに、体を冷やすイメージが先行しがちなスイカです。しかし、シトルリンという栄養素の血行促進作用のお陰で、むくみや冷え性を改善してくれるのです。

旬の食材万歳!といったところでしょうか。

そろそろ梅雨明けする頃です。梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。
暑くなることが予想される今年の夏を、スイカを食べて乗り切りましょう!

来週もお楽しみに!と言いたいところですが、今週でFoodieブログは終わりです。
半年間お付き合いありがとうございました!

【朝ブログ:火曜日】Road to Training Camp

おはようございます!
DL76 森脇 雅也(4年)です。

シーズンインまであと4日。
もうすぐ梅雨が明け、本格的に夏が始まります。
真夏日のグラウンドはまさに熱々の鉄板のよう。
ヘルメットやショルダーパットも熱を帯び、恐ろしい暑さの中での練習が待ち構えています。
思い返すと夏の練習といえば、暑さにやられ、練習を乗り切ることだけ考えていた自分がいました。

最後の夏は、暑さばかり考える夏にしたくない。
フットボールで充実するため、オフシーズンから準備をし、現在多くのイメージ動画や試合を見ています。

きっかけは、OBの林 裕二朗さんのクリニックです。いくつかスキルを教えてもらっただけでも、練習で注意するポイントや意識が変わりました。
それと同時に、自分をもっと成長させるチャンスはいたる所にあり、どれだけ気づけるのかが重要だと痛感しました。
4年生でも謙虚な姿勢で貪欲に学べば、まだまだ上手くなれると思います。
それから毎日イメージトレーニングをしています。

自分の中で、7泊8日のTraining Campが大きなチャンスです!
肉体的にも精神的にも辛い場面がありますが、イメージトレーニングを実際に再現しながら、毎日チャレンジ精神で今年のTraining Campを乗り越えていこうと思います!

そのためにも今日もイメージトレーニングを忘れずに、ポケモンGOで立ち止まる通行人をスイムやリップでかわし、どんな場所でもフットボールに繋げていきます。

今日も火曜ブログをありがとうございました!

【朝ブログ:月曜日】行動あるのみ

おはようございます!
MG 小金澤 晴花(2年)です。

以前、火曜日ブログを担当する森脇が紹介していた「パンパレット」というお店を覚えていますか?
イタリアンの食べ放題のお店です。

私も昨日ソウルを魅せに行きました!
と言いたいところですが、単純にご飯を食べに行きました。

想像していた雰囲気とは違い、落ち着いたお洒落なお店で、こんな中でゴリゴリのフットボーラーがソウルを魅せていると思うとなんだか笑ってしまいました。

とてもお腹が空いていたため、同期マネージャーである今田 和磨と袖山 涼音とほぼ無言で食べ続けていました。

さて、なぜこんなにお腹が空いていたのかというと、マネージャーでミーティングを開き、頭を使っていたからです。

主に下半期の取り組みについて話し合い、チームマネジメントについての根本的なところまで話し合いました。

今の自分の役割がマネジメントの最終目標にしっかり向いていただろうか。
現状を変えるためにはどんな取り組みができるだろうか。

自分の中でまだ答えが出し切れているわけではありませんが、シーズンインまでに考え抜き答えを見つけたいと思います。

マネージャー18人の視点で様々な意見を出し、それを実行していけるマネジメントチームになっていきたいと思います。

パンパレットでお腹も満たされ、力がみなぎりました。あとは行動あるのみです。


【朝ブログ:日曜日】人

『人に助けを求めることは緊急事態でも何でもありません。』

皆さんおはようございます。
日曜日朝ブログ担当のAS 藤本 愛祈(3年)です。

昨日、東京学芸大学はオープンキャンパスの日で、たくさんの高校生と話す機会がありました。

不安を抱えながらもキャンパス内で自分の大学生活をイメージしている高校生と話すと、自分にもそんな時期があったなと、懐かしさを覚えます。
昨日出会った高校生の中に、もしかしたら来年一緒に闘う仲間がいるかもしれないと思うととても楽しみです。

”人に助けを求めることは緊急事態でも何でもありません。”

今回冒頭で紹介したこの言葉は、母に教えて貰った言葉です。

人に助けを求める

これは私の中で一大事が起きた時にとる行動でした。
自分ではどうしようもなくなった時に人に助けを求める。そこまでは自分で頑張る。
そういった順序が普通であり、それが最低限の振る舞いであると思っていました。

しかし、人は助け合うのが”日常”であるというのです。
だから人に助けて貰うことに罪悪感を、人を助けてあげることに優越感を持つ必要はないのです。

他の人に、
”キャパオーバーは自己コントロールが下手な人が起こすもの。そこに仕事量は関係ない”
と言われたことも印象的です。

助けを求めること、助けてあげること、これを”日常”と思うと、何か自分の中の常識が変わった気がします。

小学生の授業を参観していても、困っている子を当たり前の様に近くの子が助け、それに対して感謝を述べるという光景をよく目にします。

大人になればなるほど、罪悪感、優越感、劣等感など、様々な感情が必要以上に起こってしまうのかもしれません。

この言葉に出会って、お互いを大切に支えあっていける様な関係をたくさんの人とつくっていきたいと思いました。

素敵な一週間を!

【朝ブログ:土曜日】ポケモンGO

おはようございます!
野沢真吾です。

昨日、ついに日本でも「ポケモンGO」が解禁されました!
実は今年をもってポケモンは20週年を迎えたようです。
私は今23歳ですが、その前後10歳ほどの世代はポケモン世代ではないかと思います。
赤、緑に始まり、金、銀、ルビー、サファイアなどは私の周りで知らない人はいないでしょう。
今年発売の新作もあるので、2016年はまさにポケモンイヤーです。

さて、注目の「ポケモンGO」ですが、日本で始まる前から話題を呼び、「ポケノミクス」と称されるほどの経済効果を生んでいます。
経済効果は「ポケモンGO」と連携する企業にも生まれ、最近では日本マクドナルドがその恩恵を受けています。

その反面、ゲームを通じた様々問題も懸念されており、日本よりも先に解禁された国々では実際に不法侵入などのトラブルが起きています。
教育単科大学の学生としては、教育現場への影響が気になるところです。
小学校内でのスマートフォンの規制を行っている自治体は多々ありますが、何かしら問題が出てくるかと思います。

2016年下半期、「ポケモンGO」がどれほどのムーブメントを起こし続けることができるのか。
少なくとも、7月中はこの話題で持ち切りでしょう。

私はまずゼニガメを捕まえました。
家の近くにベロリンガ(あるポケモン)がいると思ったら、ジム(ポケモンを戦わせる場所)が設置されており、このゲームの奥深さを実感しました。

今日も生きましょう!

【OB・OGの皆様へ】あと8日!

不安定な天気が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、MG 保坂 実生(2年)より、寄付特典のご案内をさせていただきます!

7月の初めにもご紹介しました寄付特典
1口でネックストラップ、2口で番号入りTシャツ、3口でなんと両方手に入ってしまうというお得なキャンペーンを実施しております。

そしてこの度、一足先にTシャツを手に入れた村田龍矢コーチに着ていただきました!

さすが村田コーチ、かっこよく着こなしてくださいました。
背中には学生時代の背番号である「1」がプリントされています。



実はこのTシャツ、私がデザインしたものなのです。

試合観戦の際はもちろん、様々な場面で着用できるシンプルなデザインになっています。

乾きやすいポリエステル素材で、暑いこの時期にぴったりです。また、サラッとした質感なので着心地も抜群です。

このTシャツのデザインをブログで初めて公開したとき、同期のプレーヤーから「欲しい!」という希望があったくらい…。

欲しいと言われると制作者としてはあげたくなってしまいますが、このTシャツが手に入るのはSNAILSのOB・OGの皆様だけです!

また、ネックストラップもTシャツに負けず劣らずの自信作です!

ネックストラップ、そしてこのTシャツが手に入るのはあと8日です。8日しかありません!

世界に1枚だけの特別なTシャツを着て応援しませんか?

皆様からのご支援を心よりお待ちしております。

【朝ブログ:金曜日】今年の色

おはようございます!
主務 奥田 茜(4年)です。

一昨日は天候にも恵まれ、この時期ならではのプールトレーニングを実施することができました。
先週のブログにも書いた通り、7月はトレーニング期のためチームや自分自身の取り組みを見つめ直し、シーズンインを最高の形で迎える準備をしています。

とはいえ7月も後半に突入し、シーズンインまで残り8日となりました。
特に4年生は約1ヶ月間、最上級生としてチームの太く強い軸となるべく、全員が納得のいく方向性について議論を重ねてきました。
プレシーズンを振り返り、現役部員が持つ問題意識の根拠を探り、その解決策をゼロベースで考え直しました。さらに、どうすれば2016SNAILSの最終目標であるTOP8昇格を果たすことができるのか、という単純かつ根本的な課題についても検討し直しました。

これらの議論の中で、一つキーワードになった言葉があります。
それは、「今年の色」。

昨年の結果を成功体験として記憶している者がチームに多く存在している上に、未知のステージでの闘いへの不安から、無意識のうちに昨年のチームレベル・取り組みを再現しようと考える現役部員も多かったように感じます。特にチームの核となる4年生がこのような意識を持ち核となりきれていなかったことがチームの問題でした。

昨年、一部昇格を果たしたのは、フットボールにおける実力のみならず、先輩方がチームに合ったスタイルを確立し、後輩である私たちが先輩を信じ、部員全員が同じ方向を向くことができたことが要因だったと考えます。

つまり、2016SNAILSが一戦一戦勝ち、TOP8に昇格するためには、勝利のための「今年の色」を部員全員が理解し、同じ方向を向く必要があります。

帝京大学戦まで51日。
覚悟を新たに、さらに"今年らしく勝つ"メソッドを考え、シーズンインに向かいます。

12345>|next>>
pagetop