March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:金曜日】自分との出会い

おはようございます。
MG 小金澤 晴花(3年)です。

気づけば3月も今日で終わり、春らしい暖かさが感じられるようになりました。
春は出会いと別れの季節と言われるように、実際に新入生の方々は最近高校を卒業して友達と別れ、新しい出会いが待っているところだと思います。

人との出会いや別れがあるように、この季節は自分自身との出会いや別れがあります。

新入生、新入社員は、これから新しい生活がはじまり、やること全てが新鮮なものだと思います。
今まで知らなかったことをして、できるようになることも増えるはずです。

もちろんその分不安も大きいはずです。
新しいことを始めたときに、自分はどうなってしまうのか。
それはやってみないと分かりません。
始めはわからないことだらけだったのに、慣れていけば自分の可能性に気づくこともあるでしょう。

私も大学1年生の春にパソコンを持ち始め、指1本でキーボードを打っていたのに、今では使いこなせるようになりました。
そんな些細な変化も新しい自分との出会いです。

新しいことに挑戦すれば、新しい自分に出会うことができます。
自分の環境が新しくなる季節だからこそ、私もたくさんの挑戦をして新しい自分にも出会いたいと思います!

【新入生応援特集 Vol.17】縁を信じて

合格おめでとうございます!
初等教育教員養成過程 数学選修のLB29 星野 眞澄(4年)です。

新入生のみなさん、もうすぐドキドキワクワクの大学生活が始まろうとしていますね。

そんな大学生活についてみなさんが気になることの1つに、部活・サークル選びがあると思います。
部活・サークル選びのコツを私の経験から書きたいと思います!

私は入学時、「大学でこれをしよう」ということは全く考えていませんでした。
何も考えずに入学し、良さそうな部活・サークルに適当に入ろうと考えていました。

いろいろな縁があり、結果として僕は見たことも聞いたこともない、アメリカンフットボール部にたまたま入りました。
今では、部活中心の充実した日々を送っています。

先入観は禁物です。
フラットな気持ちで入りたいものに入る、それがコツだと思います。

もしかしたら私が抱いていた、「何かしらのサークルに入ろう」という考えすら、先入観かもしれません。
どこにも入らず、自分で目標を決めて新しく何かを始めることも選択肢の1つだと思います。

ただ何も考えずに、「高校までやってきたから」という理由だけで、大学でもそれを続けようとするのはもったいないです。
いくつもある選択肢を消すことになってしまいます。

先入観なしにビビッときたものに入る。
そういう「縁」を信じてみても良いのではないでしょうか。

4年間しかない大学生活、精一杯楽しんでください!

【朝ブログ:木曜日】相棒

今年初の試合前ルーティーンで前にブログで紹介した甚五郎に行ったところ、臨時休業しておりルーティーンをこなせなかったDB27 津野 聡史(3年)です。

つい数日前は凍えるような寒さであったのに、最近は日差しが降り注ぐ良い天気で汗を滝のようにかきながら練習しています。

汗をかくと問題になるのが、ショルダーパッドやヘルメット、スパイクの匂い。
自分はなるべくオフの日に自宅に持って帰り、手入れをするようにしています。

ショルダーパッドやヘルメットは激しいコンタクトスポーツであるが故、自分の命を守ってくれる大切な相棒です。
そのため、手入れはかかせません。

またそれだけでなく、手入れをしていると「ヘルメットの上の方が傷ついているから、頭を下げてヒットしてしまっているな」、「片方のスパイクの先だけ削れてしまっているから、バックペダル(DBが後ろ向きで走る技術)がうまくできていないな」など、自分の未熟さを教えてくれます。

自分は大切にした分だけ、道具もその気持ちに応えてくれると信じています。

あと2年間という短い間ですが、自分の相棒と楽しく真剣にフットボールを続けていきたいと思います。

【新入生応援特集 Vol.16】家選びの決め手

新入生のみなさん、合格おめでとうございます。
特別支援教育教員養成課程 AS 西野 加奈子(2年)です。

上京してくるみなさん。
キラキラした東京生活に心躍らせながら、引越しを始めたころでしょうか。
一人暮らしの家は決まりましたか。
4年間住むのですから、家選びはかなり重要ですよね。
私も茨城から上京して、一人暮らしをしています。
私が家を決める際に大切にした条件を2つお伝えしようと思います。 1つ目は、玄関のオートロックです。
まだまだ世の中は物騒なので、アパートの住人でない人が勝手に入れないように、エントランスがオートロックになっています。
特に女の子は重要視したいポイントですね。

2つ目は、学校からの距離です。
やはり、学校から近い方がいいですよね。
私は自転車で5分のところに住んでいます。
自転車で10分以内のところをオススメします。ギリギリまで寝れます!
1限も遅刻しませんよ!

新入生のみなさんも自分の条件を大切にして家選びをしてみてください。

一人暮らしは最初は寂しいですが、慣れてくるととても楽しいですよ!
いつでも友達を呼べるようにお掃除はがんばりましょうね!

春から楽しい新生活が送れますように。

【朝ブログ:水曜日】ぶたじる?とんじる?

おはようございます!

東京学芸大学では昨日、秋学期の成績開示がされました。
10時発表だったのですが、学芸大のホームページが開けないのなんの。
学芸大生は携帯の小さな画面の前で一喜一憂したことでしょう。

そんな成績開示に安堵の息をついたTR 齋藤 優香(3年)が3月29日のFoodieブログをはりきってお届けします!

今日はニク(29)の日。
ということで、今日は豚肉を使った「豚汁」について取り上げます!

豚汁の具材はご家庭によって様々だと思います。
今日は、豚汁の栄養バランスが上がるものを紹介します!

まず、こんにゃくとしめじとにんじんを入れることをオススメします。
これらは、食物繊維を多く含み、腸内環境を整えてくれます。
それぞれの効果については、残念ですが割愛しますね。

また、豚汁になくてはならない、豚肉と味噌。
この組み合わせはタンパク質をしっかりと摂れるだけでなく、女性に不足しがちな鉄分の吸収効率も良くなります!
前の晩からつくっておいて、朝温めて飲むのもいいですね!

また、ネギをトッピングすることで、豚肉に多く含まれるビタミンB1の吸収率も上がります。
これは疲労回復だけでなく、糖質の代謝も促すので、ダイエットをしている方にもピッタリですよ!

そんな栄養満点の豚汁。
東京学芸大学では、新歓の一環として花見を行うのが慣例となっています。
私たちSNAILSの花見では、温かい豚汁を作って新入生をお待ちしています!

このブログを読んでくださった新入生はぜひともSNAILSの花見へ足を運んでくださいね!

来週もお楽しみに!

【新入生応援特集 Vol.15】駐輪場>自転車?!

初等教育教員養成課程 社会選修のMG 石山 葵(4年)です。

入学式まで、あと1週間となりました。
これから始まる新生活を前に、期待と不安が入り混じっている人もたくさんいると思います。

今回はそんな皆さんに、キャンパスライフを送る上でなくてはならない、とっておきの必需品を紹介します。

それは…自転車です!

「え?自転車?」と思う人もいるかもしれませんが、自転車を持っているか持っていないかで、皆さんの生活が大きく変わると言っても過言ではありません。

学芸大の特徴は、何と言ってもその広さ!
東京ドーム6.5個分の敷地面積を持つ構内を端から端まで歩こうものなら、授業を受ける前にヘトヘトになってしまいます。

そんな時に役立つのが、自転車です!
自転車さえあれば、構内の移動もラクラクです。

また、学芸大の周りには美味しい飲食店がいっぱいあります!
授業の合間にご飯を食べに行く際にも、自転車は大いに役立つことでしょう。

さらに、最寄り駅である武蔵小金井駅や国分寺駅から大学までは徒歩で約20分ほどかかるため、駅を利用する皆さんにとっても、自転車は必須アイテムと言えます。

いかがでしたか?
自転車の必要性は伝わったでしょうか?

自転車の必要性を分かってくれた皆さんには、もう1つとっておきの情報を!

入学式が終わると、武蔵小金井駅や国分寺駅の駐輪場には、自転車を使い始める新入生の予約が殺到します。

このブログを読んで自転車を買おうと決意したそこのあなた!
自転車を買う前に、駐輪場の予約もお忘れなく。

皆さんが素敵なキャンパスライフを送れることを心から願っています!

【朝ブログ:火曜日】ほろ苦いデビュー戦

初めての試合を終えて、楽しかったのはもちろんですが、悔しさで勝利を素直に喜べませんでした、OL79 藤井 基弘(2年)です。

私は昨年、freshmanで嬉しいことに1番最初に選手登録をされた1人でした。
しかし1秒も試合に出場することなく、1年目のリーグ戦を終えました。

入替戦の成蹊大学に勝利した時、サイドラインに立っていた私は率直に「この1年何もできないまま終わってしまった…。」とただ呆然としました。

ですが、それ以降は怪我をすることもなく昨日の試合を迎えることができました。

試合の入りは自分らしくない緊張ぶりでなかなか力を発揮することができませんでしたが、2Qの始めからは満足はできませんが、いつも通りの自分を出せた気がします。

試合も気づけばあっという間に終わり、何より1年間頑張って来た同期とともにフィールドに立って試合ができたことに私は感動しました。

2017プレシーズン、これから試合が続きますが、1試合ごとに必ず成長してリーグ戦で大暴れします。

【新入生応援特集 Vol.14】大事な大事な生活リズム

新入生のみなさん、合格おめでとうございます。

中等教育教員養成課程 保健体育専攻のWR88 柴田 遼太(4年)です。

入学式を目前に控え、これから始まる大学生活に胸を踊らせている新入生がほとんどだと思います。

大学生活が始まる前に今から必ずやるべきことがあります。
それは生活リズムを整えることです。

春休み、遊び呆けて生活リズムが乱れている人も少なくないと思います。

生活リズムを整えるためのポイントは朝御飯をしっかり食べることです。

朝御飯は起床後の身体にエネルギーを与えて、身体を活動モードに切り替える大事な役割があります。

寝坊した。
朝御飯食べてない。
遅刻だ。
なんて大学生がちらほらいますが、

朝7時起き!
朝御飯食べた!
フル単!
こっちのほうがカッコいいでしょう。

今のうちから生活リズムを整えて、よい大学生活を!

【朝ブログ:月曜日】初めてのフットボール

おはようございます。月曜朝ブログ担当MG 三浦 あかね(2年)です。

昨日は東京経済大学との試合がありました。
新体制での初試合。
このブログを書いている今は試合前なので、どうなるだろうとドキドキです。

この試合では、今年度東京学芸大学に合格された新入生の皆さんにもアメリカンフットボール部SNAILSのことを知ってもらうために、試合解説や試合後の懇親の場を用意しました!

私は昨年度、新歓試合を観に来て、魅せられた1人でもあります。
今年の新入生にとって、魅力のある試合、懇親会になっていたら幸いです。

私は、新歓試合で初めてアメリカンフットボールの試合を見ました。
体格の良い選手のぶつかり合いに圧倒され、ランやパスが通った時、興奮しました。
しかし、ルールが全然分からず、心の中は
「わーー!えーー!」と、混乱していたのをよく覚えています。

すぐに試合は止まり、笛が吹くたびに 「あれ…!?何が起きたんだろう!」の繰り返しでした。

そこで今回は、【初めてアメリカンフットボールを観る方】に向けて、試合観戦の楽しみ方をお伝えします!

それは、「1人の選手に注目すること」です!

背が高くて目立つ選手、足が長い選手、顔がかっこいい選手、なんとなーく気になった選手…など選ぶ基準は何でも構いません。
一度話をしたことがある選手だと、よりいっそう楽しいかもしれませんね!

とにかく1人見つけて、その選手の動きに注目してみてください!

そうすると、今まで全体を見ていて曖昧だったものが、見る範囲が狭まり、急にはっきりして見えてきます。

その後は、SNAILSのホームページからその選手はどんなポジションなのか、ぜひ調べてみてください。

何も意識せずに見るよりも楽しめること間違いナシです!

プレシーズンはまだまだこれから!
ぜひ一度試合にいらしてください。

【新入生応援特集 Vol.13】私が思う実家生あるある

新入生の皆さま、受験勉強お疲れ様です。
合格おめでとうございます!

初等教育教員養成過程 環境教育選修 DB33 稲葉 燎(2年)です。

春から親元を離れて一人暮らしを始める方など、不安を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
今回は一人暮らしではもう味わうことのできない私が思う「実家生あるある」を2つほど紹介させていただきたいと思います。

1つ目はテレビを巡る争いです。
これは誰しも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。
「月9観たいのに、お父さんなんでニュース観るの!」
「お母さん韓流ドラマ観すぎだよ!他のが観たいよ!」各家庭特有のこの争いはよく起こりますよね。

余談ですが私の家のテレビは壊れております。
弟により破壊されました。
こういったものも「実家生あるある」ですよね。

2つ目はお風呂を巡る争いです。
帰りが遅くなってしまったときは、早くお風呂に入って早く寝たいですよね。
しかし、家族の誰かがお風呂に既に入っている。そんな経験ありませんか?
あるあるですね。
長風呂の人が家族にいると、けっこう待つのでしんどいですよね。

いかがでしたか?
私が思う「実家生あるある」少しくらい共感していただければ幸です。
また、4月から一人暮らしの方は、残り少ない実家生ライフを楽しんでください。

それではまたお会いしましょう。
グラウンドでお待ちしております。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

12345>|next>>
pagetop