September 2015  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【OB訪問vol.18】

TR 荻田 眞希(3年)です。



先日、主務 中野渡 卓也(4年)とDB5 森本 拓也(3年)と共に、OBの吉島 健太郎さん(1994年ご入学)にお会いしました。



当時のSNAILSの話や合宿の思い出、スタッフのことや怪我のことなど、様々なお話を伺いました。



また、吉島さんは現在もXリーグ(社会人リーグ)でフットボールをされているとのことで、私にとってはそのお話がとても印象的でした。





「社会人になると、平日は仕事。

皆で集まって練習するのは休日だけ。

しかし平日であっても、時間を見つけて体を動かさなければならない。



自己管理をおろそかにすると、すぐにボロが出る。



限りある時間の中で、自分に必要なことを見極めて動く必要がある。」





吉島さんはそう仰っていました。





今、私を含めた現役部員にはそれが出来ているでしょうか。



どうすれば強くなれるか、自分に必要なことは何なのか、一人ひとりがしっかりと考えられているでしょうか。



そして、そのような疑問を抱いたと同時に、「何も考えずにただやるだけなんてもったいない」と強く思いました。



「思ったからにはすぐ行動」です。





すべては勝利のために。







初戦まであと3日。



今、自分に必要なことは何なのか。



出来る限りの準備をして試合に臨みます。



吉島さん、この度はありがとうございました!







【OB訪問vol.17】

TR 中井 里美(3年)です。




先日、TR 野田 優子(4年)と共に、OGの浅井 なつみさん(2007年ご入学)と末吉 真衣さん(2009年ご入学)にお会いしました。



私たち4人の共通点は、同じ学科(D類養護教育専攻)であり、同じトレーナー(TR)でもあるということ。



今回のOB訪問では、当時のSNAILSの様子や熱中症対応へのアドバイスなど、様々なお話を伺いました。



どのお話もためになるものばかりで、自分が目指している道に進んでいる方からの言葉として大切にしたいと思います。



さらに、SNAILSでの経験が今の仕事に生きていることを聞き、大きな励みに。



将来に向かって背中を押してもらったような気がします。




今回はご都合が合わずお会いできませんでしたが、三村 紗希さん(2007年ご入学)と茂木 美鈴さん(2010年ご入学)も、同じ学科で同じトレーナーという、特別な先輩方です。



同じ学科で同じトレーナーならば、共通する事も多いはず。


いつか全員にお会いし、あるある話に花を咲かせたいです。




これからも常に学ぶ姿勢を忘れずに、偉大な先輩方に少しでも近付けるよう精進していきます。




浅井さん、末吉さん、この度はありがとうございました。




試合にお越しの際は...

おはようございます!

筑波大学戦まであと3日。
さらに準備できる期間が限られてきました。

SNAILS関係者の皆様、9月5日のご予定はいかがでしょうか。

今年のリーグ戦では、いらっしゃった方により楽しんで観戦していただこうと、様々なものを用意しています。

その内の1つ、今年の目玉はSNAILSイヤーブックです!



現役部員のロスター、OB、保護者の方々のご紹介、先日のブログでお伝えしたチアリーディングの様子、フットボールのルール解説、ポジション紹介など内容は盛りだくさん!

これを見ながら観戦すれば、何倍も試合が楽しめること間違いなしです!

SNAILS受付で配布しているので、お越しの際はぜひ立ち寄ってください!

試合にいらっしゃる方はコチラをご参照ください。

多くの方のお越しを、現役部員一同心よりお待ちしています。
観戦席をSNAILS BLUEに染め、「GO!GO!SNAILS」の声でフィールドを埋め尽くしましょう!

成長と自信

増野 祐真(1年)です。


9月を迎え、早いもので入部してから4ヶ月が経ちました。

日々新たなことに挑戦し、跳ね返され、それでも4ヶ月前の自分と比べると成長を感じています。


その中でも大きな成長のきっかけとなったのは、やはり夏合宿です。


合宿前はフットボーラーとしての自分に全く自信が持てず、思い切りのよいプレーが出来ずにいました。


しかし合宿中に2年生の先輩方と対戦した時、ぐうの音も出ないほど叩きのめされ、ただただ負けることが悔しくて涙が止まらず、それと同時に自分の中の「自分がやらなければ」という思いがどんどん強くなりました。


合宿後の練習では、以前よりも自分のプレーひとつひとつに責任を持つようになり、また、自分に自信を持ってコンタクトできるようになったと思います。

まだまだ技術的にも体力的にも未熟ですが、自ら相手に当たりにいくという気持ちの面では、先輩を倒すつもりで気合いのプレーをしていきたいです。


そして今週末から始まるリーグ戦では、自分ができることを精一杯やり切り、チームの成長にも自分の成長にも繋げられるようなシーズンにします!




GO!GO!SNAILS!

おはようございます!

初戦の筑波大学戦まであと4日となり、キックオフの瞬間が迫っています。

練習でも、チーム全体がピリピリしたムードに包まれており、いよいよリーグ戦が始まるんだという独特の緊張感が感じられます。

今日は、そんな中SNAILSを応援してくれると共に元気づけてくれる、心強い存在を紹介します!

チアリーディングのHYDRANGEAの皆さんです!



昨年発足し、ARAKURE応援団と共に声援を送ってくれるだけでなく、ハーフタイムにパフォーマンスをしてSNAILSを勇気づけてくれていましたが、今年はさらにパワーアップ!

人数も増え、チアリーディングとしての華やかさ、魅力も倍増しています!

「HYDRANGEA」とは英語であじさいのことです。
かたつむりに寄り添うあじさいの様に、チームを華やかに彩り、後押しするチアリーディングチームという意味を込めて名付けられました。

OB・OG、保護者の皆さん、そんな彼女達と一緒に是非大きな声で声援を送ってください!

掛け声は、「GO!GO!SNAILS!」です!

今年のリーグ戦は、チアリーディングにも大注目です!

夏の終わり

おはようございます!

随分涼しい朝が続いていますが、今日で8月も終わりを迎えます。

夏休みに入り厳しい暑さの中、これでもかという程フットボールに打ち込んできました。

照りつける太陽の下、くる日もくる日も練習に励み、時に暑さにやられそうになりながらも、秋の勝利を目指してチーム一丸となって進んできた1ヶ月。

最近は秋の訪れを感じると同時に、そんな夏の日々が終わってしまうことに寂しさを感じています。

ですが、何より初戦が近づいているという危機感が日に日に増しています。

明日になれば、いよいよ9月。
リーグ戦の幕開けはもう目の前です。

これから始まる怒涛の3ヶ月半、夏の日々以上にフットボールのことを考え、1日を大切に過ごしていきます。

ALL SNAILSで

おはようございます!



初戦の筑波大学戦を目前に控え、OB・OG、保護者の皆様などARAKURE応援団の方々が続々と参戦を表明してくださっています!



ご多忙の中、貴重な休日をSNAILSのために使ってくださること、心強い応援をしてくださること、感謝の気持ちでいっぱいです。



初戦にご参加予定の方の中には、ARAKURE応援団を代表するアラクレっぷりを見せてくださるOBさんが多くいらっしゃり、観戦席はキックオフの瞬間から大盛り上がりすること間違いなし!



2015SNAILSが、これまで取り組んできたことの全てをお見せする大事な初戦。



ぜひ直接その目に焼きつけてください!

多くの方々のお越しをお待ちしています。



ALL SNAILSで勝利を掴み取りましょう!



来てくださる方はコチラをご参照ください。

正しさの証明

RB25 橋本 勇郎(4年)です。

初戦まであと1週間となりました。

時間はあっという間に過ぎてしまうということを改めて実感しています。

リーグ戦は、一度でも負ければ、一気に1部への道が遠のいてしまいます。

今までの取り組みが、負けることによって、途端に間違っていたことへと変わってしまうのです。

自分達自身のために、そして、自分達の活動を支えてくださっている方々のためにも、これまでの取り組みが正しかったということを証明します。


初戦が大切。


多くの方が仰るように、ここで勢いをつけ、モメンタムを持って来ることが重要です。

残り少ない時間を大切に、できる限りの準備をして初戦に臨みます。



デキる女に

MG 袖山 涼音(1年)です。

今年の春、SNAILSマネージャーの仕事ぶりを見て、「私も“デキる女”になりたい!」と入部を決意してから早4ヶ月。

リーグ戦が目前に迫り、時の流れの早さに驚きを隠しきれません。

これまでの毎日はとても充実していて、失敗をしながらも、同時に多くのことを学ぶことができました。

初めは、“自分が成長するためにはどうしたらいいのか”ということしか考えていませんでしたが、合宿を経て、“チームの成長のために自分ができることは何か”ということを強く意識するようになりました。

これからはメディア部門の担当として、心からSNAILSを応援してくださるファンの皆様を増やすことを目標にしたいと考えています。

そのために、上辺だけのかっこよさではなく、プレーヤーの本気、闘志その魅力を、多くの方々に知ってもらえるような仕事をしたいです。

まだまだ“デキる女”への道のりは長いですが、少しずつでも前へ進んでいきたいと思います。



プレッシャーを力に

おはようございます!

今日で初戦の筑波大学戦までちょうど1週間となりました。

来週の今頃は、それぞれが並々ならぬ思いを抱えて試合会場に向かう準備をしているところでしょうか。

キックオフ直前は、緊張やプレッシャーに押し潰されそうになっている現役部員も多いことでしょう。

ですが、試合前の緊張やプレッシャー、焦りをフィールドに立った瞬間自分の力に変えることができて初めて、真のフットボーラーです。

多くの人の思いを背負うからこそ、勝つためには責任感、揺るぎない精神力が必要です。

一朝一夕で身に付くものではありませんが、初戦のセレモニーに「SNAILSが勝つ。」という絶対的な強い意志を持って臨むことができるよう、残りの日々を過ごします。
12345>|next>>
pagetop