May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【朝ブログ:月曜日】女子大生の愚痴

MG 三浦 あかね(2年)です。

最近の悩み...
それは髪の色が変になってきたこと。

一度染めた髪は、日に照らされることでどんどん明るくなる一方、生えてきた髪の毛は真っ黒。

コントラストが素敵〜!
とは、絶対にならない髪色です。

2年生になり授業のコマは増え、内容も難しくなり、SNAILSでやることも多くなりました。
オフはバイトや自主ゼミに行っていて、なかなか美容院に行く時間が取れません。

「チクショーーーーー????」

グラウンド時間は2時間でもミーティングやスカウティングで、振り返ると一日SNAILSのことをしている休日。

「チクショーーーーー????」(私のお笑いの記憶は数年前で止まっているのです。)

強くなるために、愛されるチームにするためにはそれ相応のことをしなければならないので、それはいいのです。

しかし、やらなければいけないことを効率良くサクッとできたら自分の時間は作れるはず。

以前テレビでこんな特集を見ました。

内容は、乃木坂46の白石 麻衣さんが多忙すぎる!というもの。

過密スケジュールの中、美貌を保ち、握手会などでも笑顔を絶やさない白石 麻衣さんは本当にすごいと思いました。

あんなに綺麗で可愛くて、しかも仕事ができる白石 麻衣さん。

自分と比べて悔しさがこみ上げてきました。

「チクショーーーーー????」

白石 麻衣さんに比べたら、私の忙しさなんてアリンコみたいなものです。

忙しくても、忙しいオーラを出さず、見た目にも気を使える人になりたいです。

とりあえず美容院に行きます。

【朝ブログ:日曜日】天国と地獄

AS 永川 諒大(3年)です。
一昨日のしつこい雨とは対称的に昨日から日照りが続いています。
朝から実家の庭の草むしりを手伝っていた私にとってはとにかく暑くて暑くて、「勘弁してくれ」と音をあげたくなるような陽気でした。

そんな陽気の中最寄り駅に向かって歩いていると、どこからともなく明るい声が。
声の主を探ると、どうやら近所の小学校で運動会が行われているようです。

その楽しそうな声を聞きながら自分が小学生だった時を思い出してみました。
普通ならここで、
「あぁ、あの時は運動会の日は晴れて暑くなるのが楽しみでしょうがなかったなぁ」
という事になるのですが、私の場合はそうではありません。

「あぁ、あの時は雨が降って中止になればいいのになんて思ってたなぁ」

運動が大の苦手だった私にとって運動会は、かなりナイーブな気持ちになる行事だったのでした。
特に嫌だったのは「徒競走」!
「絶対勝てないのに、絶対カッコよく走れないのに、どうしてやらなきゃいけないんだ」
と心のなかで嘆いたのを思い出します。

あれから10年余りが経ち、Staffという立場ではありますが、フットボールという「闘い」の場に身を置く私をあの頃の私はどんな風に見るでしょうか。

今の私から彼にかけられる言葉はなかなか見つかりません。
きっとどんな言葉も空虚なものに聞こえるでしょう。
そういう子どもだということは私が一番わかっています。

2週間後、6/10(土)。
私は再び闘いの場に赴きます。
久しぶりのアミノバイタルフィールドのサイドラインに立つ私は、徒競走の順番待ちをしていた私よりずっとずっと良い顔をしているでしょう。

あの頃の自分に誇れるくらい、自分の闘いに挑む勇気を与えられるくらい、相応の準備と覚悟で闘いに挑みます。

それでは皆さん、素敵な1週間を!

【朝ブログ:土曜日】雨粒をかわす

OB2年目、野沢 真吾です。

昨日の雨をきっかけに、私は5月の終わりと梅雨の始まりを感じました。
気象庁発表の実際の梅雨入りは来週以降とのことですが、近づいてくる6月にどんよりとした気持ちになっている今日この頃です。

雨に憂鬱になるのは三流、雨を味方につけるのが一流だと、私の代のキャプテンはよく言っていましたが、それでも私は雨を好きになれません。

そもそも外に出たくなくなります。

もともとインドアな性格なので、休みの日は1日家にいるということがざらにあります。
雨が降っているとなれば言わずもがな。

それでも外に出ないといけない時はやって来ます。

そのときは、「雨をかわすゲームをしに行くのだ」という思いで外に出ます。

これはOBの臼田 環さんが教えてくれました。
頑張れば一粒くらいかわせるのではないかという考えです。

学部の2、3年生の頃、40kgほど増量し急激に体が大きくなった私は、自分の身体の大きさが把握できず、人や柱などにぶつかってしまうということがよくありました。

それから今に至るまで、街を歩くときは人をかわすゲームをしていると常々思っています。

引退して早2年。

現役部員の頃より10kg以上痩せた今なら、雨粒の1つや2つはかわせるのではないかと思います。

今年の梅雨は雨をかわす。
新しい目標が出来ました。

今日も生きましょう!

【朝ブログ:金曜日】Football × ○○

教育実習期間として、毎日子どもたちと鬼ごっこに明け暮れています。
子どものエネルギーは凄まじく、先生方の体力に感服しながら先日は20時に就寝しました。

半場先生ではなく、主務 半場 梨佐子(4年)が"今"だからこそ感じることを今回はお伝えします。

今は4年生の多くが教育実習に行き、平日の練習をお休みしています。
教員志望の者が多い私達にとって、春と秋にあるこの"実習期間"をどのように活かすかがTeamづくりにおける毎年の課題です。

秋に3年生が行く期間も含めて、3,4年生が一気に練習を離れるこの時期。
練習量が減る以上、Footballの面ではどこかで補わなければいけない"マイナス"ですが、そう捉えるだけではもったいないことです。

この期間だからこそ練習やチーム運営を後輩に任せきることで、自主性や「俺がやる精神」を引き出し、自分は1歩引いた状態で関わる必要があると感じています。

その上で後ろからサポートをし、黒子となる。
(実習に行くと、まがりなりにも考え方が"先生らしくなる"ことも事実です。)

この期間はそういった形で、Teamに関わっています。

また、教育実習は教師になるために実践経験を積み、現場を知ることで学ぶ場ですが、SNAILSでの活動に繋げられような"気づき"や学習もたくさんあります。

Footballを通して得たことを学校現場で活かし、子どもたちから学んだことをSNAILSで実践する。
どちらとも、そういった相互に関わり合う取り組みができる、貴重な場です。

「 Football × 教育 」

他のチームには少ない、そのような特性を持っている私達だからこそ、両方の現場にて存分に実力を発揮できるようにしていきたいものです。

来週からは担当授業も始まり、上智大学戦も刻々と近づき、自分にとって大きな山場を迎えます。

後輩の成長と、子どもの成長の両方を見守りながら、自分自身も人間力を鍛えていこうと思います。

様々な試行錯誤できる場が2つもあることに感謝して、土日は東京学芸大学総合グラウンドを、平日は小学校のグラウンドを駆け回ってきます!

【朝ブログ:木曜日】自転車でGO!

おはようございます。

最近、暑い日が続き、体重を落とすまい!とご飯を食べまくるLB41 本田 稜人(2年)です。

私は普段、授業の空き時間はウエイトトレーニングをしたり、補食をとったり、課題をやったりしています。

しかし、空き時間が続いた時など時間がある時には学外へと旅に出ることがあります。

そんな私の最近のマイブームはズバリ

「学食巡り」 です!

東京学芸大学から視野を広げて、色々な大学を訪れることで様々な発見があります。
学内の雰囲気、学生の日常、キャンパスのデザイン、などなど大学ごとにまちまちで、その大学の特色がよく分かります。

これまでは、東京経済大学、東京外国語大学、亜細亜大学、法政大学、一橋大学、東京農工大学などを訪れました。

しかし唯一、女子大である津田塾大学に入ろうとした時は守衛さんに全力で止められました…。

学芸大には看板メニューの「学芸大丼」があるように、農工大の「農工バーガー」、亜細亜大の「特大チキンカツ」など各大学の名物メニューを見つけるのも学食巡りの楽しみです。

次はもっと遠くの大学へ。「本田稜人の自転車でGO!」の旅はまだまだ続きます。

また再来週お会いしましょう!

【朝ブログ:水曜日】〜復活 Foodieの徒然なるままに〜伊達政宗の様に俺はなる!

おはようございます!

毎日夏のような暑さが続いておりますが、読者の皆様はいかがお過ごしですか?
干からびてませんでしょうか。

夏の暑さが思いやられますね…

さて、今日は5月24日、伊達巻の日。 そして、伊達巻の由来となったと伊達政宗の命日。
今日は伊達巻について取り上げます!

と言いたいところですが、一昨日MG 三浦 あかね(2年)が食べ物について書いていたので、今日私は食べ物では無いことを書こうと思います!

Foodie ブログが読みたいという声が聞こえるような聞こえないような…

…気を取り直して書きますね!

私はSNAILSの中ではどこのポジションをやっているかご存知ですか?
OL?
LB?

残念。
トレーナーです。
あ、知ってる。
感謝感激雨嵐。
いつもご愛読いただきありがとうございます。

現在、トレーナーをやっているわけですが、トレーナーは現在、メディカル、ストレングス、ニュートリションと3部門に分かれています。
この3方向からのアプローチにより、プレーヤーの身体を作っている途中です。

私はこの中のストレングスとして活動してます。
ストレングスの仕事は、ウエイトトレーニング管理、トレーニングの組み立て、指摘などPhysical upに関するトレーニングの全てを行なっておりますが、私が1番大切にしている仕事はトレーニングでプレーヤーをやらせ切ること。
キツい事をやらせているのは百も承知。
悪態を吐くのはまだ許せるのですが、いくら言っても聞かない同期には腹が立ちます。

嫌ですが、私がやらなければ誰もやりません。
トレーニング中は私がどのプレーヤーよりも強いという心持ちでプレーヤーと対峙しております。
トレーニング以外は「可憐な」女子大生という心持ちで健気に活動しております。
…ウソです。

そんなこんなで、プレーヤーを2017シーズン勝たせる身体を作る一端を任されているわけですが、まだまだまだまだ足りません!
OL79 藤井 基弘(2年)ももっともっと強くなれます。

他の部員も然りです。
今後とも熱い応援をお待ちしておりますが、皆様からのphysical 足りてないんじゃないの?という一声で、まだまだプレーヤーは強く大きくなります!
そんなご声援、お待ちしております!

どんなプレーヤーよりも強くなる、と心に決めてから本当に男勝りになってしまって、最近、彼氏が卒業するまで出来ないのではと本気で焦っているTR 齋藤 優香(3年)が水曜日の朝ブログをお届けしました!

安心してください。来週はFoodieブログに戻ります。

ということで、来週もお楽しみに!

【朝ブログ:火曜日】革命的に自分を変えた1年

Offence lineを志望するFreshmanの貪欲でギラついた目が嬉しく感じると同時に、負けていられない気持ちから、自分のやる気をより一層高めてくれます。
OL79 藤井 基弘(2年)です。

SIGNING DAY を終えて、正式に入部したFreshman。
昨年、私も1人のFreshmanとしてsignはしたものの、Footballのルールもわからず不安しかなかったことを思い出しました。

今では試合にも出場することができ、空きコマにはひたすらNFLやcollege の動画を見まくっており、Footballの魅力に取り憑かれた1人です。

そこでこの1年で、「私の何が劇的に変化したのだろう?」と考えた時、瞬時に思いつくのがやはり身体でしょう!!

ほぼ1年前に測ったTANITAを見返すと、筋肉量が約8kg増えており、驚いたことに体内の骨量までも増えております。
骨が太くなったという解釈でいいのでしょうか…?

日に日にゴツく変わっていく自分の身体を何度も鏡の前で見てはニヤけて、それをモチベーションにウエイトトレーニングを頑張った1年でもありました。

またFreshmanと話す際、嬉しそうな顔で「入部してすでに5kg増えました!!」と言うのを聞くと、「一緒に俵飯で喰らった甲斐があったなぁ…」と自分のことのように嬉しくなります。

満ち溢れる可能性しかない、Freshman!
共に大量のお米を食べ、辛いウエイトトレーニングを乗り越え、屈強なbodyを作りましょう!
さすれば、自ずとFootballが楽しくなってくるはずです。

【朝ブログ:月曜日】アボカド

月曜朝ブログ担当、MG 三浦 あかね(2年)です。

「好きな食べ物は?」
と聞かれると必ず「アボカド!!!」と答える私の戯言にお付き合いください。

アボカドは脂肪分が多く、「森のバター」とも言われています。そんなアボカドの異名は「食べる美容液」。

私はアボカドが大好きですが、アボカド好き!と言うと、何となくオシャレぶっている人みたいでちょっとイヤです。
そう、私はいつもわさび醤油で渋〜くアボカドを食べているのです。

そんな私の最近の悩みは、スーバーで買ったアボカドがなかなか食べごろにならないことです。

柔らかいアボカドはもちろん、固いアボカドもおいしいのですが、皮をむくのが大変なのが玉にきず。早く柔らかくなってほしいなあ。

先日、ついに、アボカド料理専門店に行ってきました!
そして「アボカドスムージー」という謎の飲み物を飲みました。

アボカドは美味しいけれど、これは正直美味しくなさそう…

そんな想像は見事に裏切られました!

アボカドがまるまる1個入っていそうな濃さなのにさっぱり!

アボカドは「最も栄養価の高い食べ物」としてギネスにも認定されているそう。
アボカドを食べれば暑い夏も乗り越えられそうですね!

先日、Freshmanが正式に入部して、まだまだ未熟な私ですが先輩として仕事を教える立場になりました。
自分のことで精いっぱいになり、1年生のことまで気にかけてあげられないこともしばしば。

もっとちゃんとしたい。
できる女になりたい。
そんな時思い出すのがアボカドの優秀さです。
アボカドのようにオシャレで、わさび醤油にも合うような柔軟性もあり、栄養がギュッと詰まっていておいしいアボカドのように有能で価値のある人になりたいです。

私が好きな食べ物を「アボカド!!!」と言っているのには憧れの気持ちもあるのです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

【朝ブログ:日曜日】Bicycle Race

5月半ばにも関わらず夏を思わせる近頃の陽気に早くも参っている、AS 永川 諒大(3年)です。

「夏と冬、どっちが好き?」
という定番の質問には「夏」と答えることが多いのですが、いざ夏が近付くと冬が恋しくなります。

それでも、駅から大学に向かって自転車を漕ぐと何とも言えない良い気持ちになります。

アメリカでは5月に「Bike to Work Day」と表したキャンペーンが行われるそうです。
健康や環境に良いということで、州をあげての活動が行われたりするそうです。

フットボールでBikeと言うと写真のようなサイクリングマシーンが連想されます。



主に秋から冬にかけて行われるNFLでは、アメリカの地理的な条件も相まって、プレーヤーが身体を冷やしてしまうことが危惧されており、ウォームアップのためにこういったサイクリングマシーンが導入されています。

NFLは移籍やドラフトといったビッグイベントも終わり、8月のプレシーズン開幕に向けたキャンプの時期に入りました。

しばらくは新しいNFLの話題が入ってくることはないでしょう。

あと少なくとも2ヶ月半。
フットボールの季節が来る前に気持ちが冷えきってしまわないように、夏の陽気の下で自転車を漕ぎながら、気持ちのウォームアップをしようと思います。
(具体的には昔の動画をひたすら漁ります。)
さながら、次の出番を待つNFLプレーヤーのように。

それでは皆さん、素敵な一週間を!

【朝ブログ:土曜日】関東TOP8、関西1部リーグのチームの創部した年を調べたら、強豪たる理由がわかった。

OB2年目、野沢 真吾です。

ふと思い立ったことはすぐに行動してしまうのが私の常です。
今回はある記事を読み、関西学院大学FIGHTERSが戦前から存在していたことを初めて知った私は、強豪校の創部の年が気になり調べてみました。
つまり、各大学でアメリカンフットボールが始まった年です。
東京学芸大学SNAILSの場合は、1974年です。

次の大学は、戦前にアメリカンフットボール部が創部された大学です。
1934年 立教大学、明治大学、法政大学、早稲田大学
1938年 同志社大学
1935年 慶應義塾大学、関西大学
1940年 日本大学
1941年 関西学院大学

こちらは私が個人的に気になった大学です。
1947年 京都大学
1953年 立命館大学
1956年 日本体育大学
1957年 東京大学
1967年 中央大学、一橋大学
1971年 横浜国立大学

記載していませんが、50〜70年代にかけて多くの大学でアメリカンフットボール部が創部されていました。
アメリカンフットボールにおいて、今では名前を聞かない大学が多く見られます。

調べてみてわかったことは、組織としてトップに残っている大学の多くは、今から70年以上も前から存在しているということです。

なぜ残っているのか。
そのヒントになるものが、冒頭で述べた記事の中にありました。

元朝日新聞編集委員・石井晃さんによる関西学院大学FIGHTERSに関する4月27日のコラムからの引用です。
ファイターズは、監督やコーチの指示を待って行動することが義務づけられた集団ではない。
選手たちが自ら工夫し、互いに助け合って上達しようとすることを大切にする文化がある。
それは戦後、チームが再出発して以来の先輩たちが営々と築いた文化であり、いまもチームにとうとうと流れている水脈である。

おそらく戦前に創部された大学が今でも強豪として存在している理由は、上記の言葉を借りるなら「先輩たちが営々と築いた文化」を大切にしているからではないでしょうか。

もちろん今のSNAILSが文化を蔑ろにしているとは言いません。
しかし、戦争を通してもう一度再出発した原動力を通じて、脈々と続いている文化にはまだまだ敵わないように私は思います。

例えるなら、幕末の日本と欧米列強の差に等しいものを私は感じました。

文化は、歴史を大切にした先にあるものだと私は思います。

ただ、今のチームにいきなり
「SNAILS 43年の歴史を背負っているんだぞ、大切にしろ」と言うつもりは毛頭ありません。
実感が湧かないはずです。

まずは昨日から学んだこと、そして1ヶ月前に経験したこと、広く言えば今までの人生を通して感じていること、それらを大切にすれば、自分の文化を再認識することにもなり、同時に所属する組織の文化を大切にするきっかけになるように思います。

昨日から今日へ。
今日から明日へ。

今日も生きましょう。

12345>|next>>
pagetop