July 2014  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

暑熱順化!






真夏のような暑さの、ある日の昼下がり。
部員に一斉メールが届きました。

差出人は服部(DB27 服部駿平 4年)。
件名は「暑熱順化」。

※暑熱順化とは?
暑い時こそ外に出て、身体を暑さに慣れさせようという熱中症対策です。


「みんな、暑いけど冷房マンになってないか?」

「漢なら外でタッチフットじゃろ!!」

(服部は生粋の広島人)


トレーニングだけでは物足りない漢たちは、迷わずグラウンドに集結しました。

意地と意地のぶつかり合い。
勝負は白熱し、様々なルールを追加して7対7で行いました。

彼らの中の1人に感想を聞いてみました!

***************

LB47 仲村 佑樹(1年)です。

大学入学前までは、生活の中にフットボールは全くありませんでした。
しかし今、授業の合間を縫ってタッチフットをやってるなんて、フットボールが生活の中に馴染んできたなぁと実感しています。

今日のタッチフットは追加ルールなどもあり、4月に行ったタッチフット大会より何倍も楽しかったです!
これからも楽しく頑張ります!

***************

酷暑の夏が近づいていますが、フットボール楽しむことで暑さを吹き飛ばしていきます!

考えながら、動くこと






先日ランニング講習会を開催し、特別講師として秋本真吾さんにお越しいただきました。


TR05 荻田眞希(2年)がその様子をお伝えします!

***************

みなさんこんにちは!
荻田です。

このランニング講習会は去年から始まりました。

講師の秋本さんは私たちスネイルズの中でも大人気なのですが、人気の理由はもちろんその抜群の容貌だけではありません!

秋本さんは元プロ陸上選手で、現在は全国各地で陸上競技の指導にあたられています。

立命館大学やオービックシーガルズでもランニングフォームの指導をされています。

詳しくはコチラ

競技力だけでなく、人にスキルを伝授する指導力も兼ね備えたスーパーアスリートです。
羨ましいの一言です!


講習会では、“フットボールで使える”ランニングフォームをご指導いただきました!




軽やかに走る秋本さんの姿を見ると自分たちでもできる気になってしまいうのですが、いざやってみると悪戦苦闘!

秋本さん曰く、「地面からの反発」、「上に軽く跳ぶ」、「空中での余裕」が大事とのことですが、


・・・???????????????


レベルが高すぎて、正直「?」だらけの部員もいたようです。

「考えながら動くこと」が大事だと思います。

コツをつかめば大きなお腹のラインマンだって、まるでサラブレッドのように軽く優雅に走れるようになるはずです!

今回の講習会を「いい経験だった」で終わらせてしまっては何の意味もありません。

選手個々人が、自分に合った情報を積極的に取り入れ、更に進化していって欲しいと思います。

***************

秋本さん、本当にありがとうございました。

夏のトレーニングといえばこれ!






夏の定番、プールトレーニングを行いました!
心肺機能向上を狙うこのトレーニング。
15m30往復のインターバルを行いました。

選手たちは自分自身を追い込み、楽しく厳しくトレーニングをやりきりました!




OL75 福田耕介(2年)の感想は?

***************

学芸大学のプールは改修工事で新しくなり、最高の環境でトレーニングすることができました。

泳ぐのが苦手な僕は、最初はみんなについていくので精一杯。
無事やりきったときは最高、、、ではなく雨が降っていたので最低でした。

しかし、プールの力ってすごいですよね。
フィールドではあんなに真剣なみんなが、小学生に戻ったかのような弾ける笑顔で楽しんでいました。

今年のプールでのトレーニングは全2回。
あと1回しかありませんが、真吾さん(OL64 野沢真吾 3年)よりは上手くなってみせます!笑

***************


暑い夏に負けないよう、しっかり身体づくりをしていきます!

なんと、あの方が東京に??






この7月は授業・テストやトレーニングの合間を縫って、東京近郊やちょっと遠方にいらっしゃるOBの皆様にお会いする『OB訪問』を実施しています!

「OB訪問」というと一般的には、、、就職活動中の大学生が志望企業・業界で活躍している大学や学部のOBに会いにいくことですよね。

その機会に就職や社会人として「はたらく」ということについて、アレコレ相談させていただくのが俗に言う「OB訪問」です。

しかし、教員養成大学である学芸大学は、学生の半数以上が教職員志望。
一般企業への就職活動(いわゆるシューカツ)をしない人が半数以上なのです。

私たちSNAILSもその例に洩れず、4年生になっても「OB訪問」なんてやったことがない者だらけです。

なのになぜ、この忙しい時期に『OB訪問』をやるのか?

そもそも、なんのために?

みなさん、わかりますか?


SNAILSには、お仕事や育児・家族サービスでお忙しく、なかなか試合会場まで足を運んでいただけないOB・OGの皆様がたくさんいらっしゃいます。

でも、私たちは大観衆の中で試合がしたいんです。
アミノバイタルフィールドのスタンドを、ARAKURE応援団で埋め尽くしたいんです。

ならば、来ていただくのをただ待っているだけでは駄目だ!
まずは今年のメンバーの顔と名前を覚えていただかないと!
どうしても今、会ってお話がしたい!

という思いから始まったのが、SNAILS式の『OB訪問』です。

2014年度の記念すべき『OB訪問』第1弾は、SNAILSでその名を知らない人はいない、生津達次さんです。

実際にお会いできた部員に、喜びの声を聞きました!

***************

【vs 生津達次さん(1983年ご入学)】

AS02 川口まなみ(4年)です。

今回は生津さんをはじめ、私の高校時代の先生、主将藤田、主務山野、私の5人が集合!
東京駅のステキなイタリアンでお話させていただきました!

実は生津さんと高校時代の先生が大学で同期というご縁もあり、このような会が実現しました。

普段は名古屋にいらっしゃる生津さん。
たまたま東京出張のご用事があり、帰りの新幹線の時間までSNAILSのこれまでの話をしていただきました。

1部にいくために、強くなるために、どんな組織を目指せばいいのか。
親身になって相談に乗って頂き、アドバイスをくださいました。
本当に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

なかなかお会い出来ない生津さんですが、今回で生津さんの大ファンになりました。

また機会があれば、ゆっくりお話を聞かせていただきたいと思います!

***************

生津さん、出張中のお忙しい中貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。


このOB訪問シリーズ、これからどんどん更新していきます。

もちろんお話の内容をご紹介することはなかなか難しいのですが、

懐かしのあの方

伝説?を残したあの方

神と呼ばれたあの方

音信不通のあの方

などなどなど・・・

ご紹介していきますのでお楽しみに!!

目指せ800本!




個人能力で勝負が決まるキッキングゲーム。

スキルポジションと呼ばれるキッカー(K)、パンター(P)、スナッパー(LS)は精度向上のため、トレーニング期である7月も日々練習しています。

7月中に必ず800本蹴ります。

キッカーの石垣裕貴(3年)から一言!

***************
こんにちは!
K 石垣です。

7月はトレーニング期!!
ということでウエイトに勤しみつつ、僕たちパンターやキッカー、スナッパーなどのスキルポジションは、空きコマやオフの放課後を利用して練習しています。

今年は数多く蹴ろうということでノルマ800本を設けました。
「今のはここが悪かった、だから次はここを変えよう。」
というように1本1本課題を明確にして、入替戦で通用するスキルを身に付けます。

この7月をどう使うかが勝負の分かれ目。
オンとオフを切り替えて1日1日を無駄にしないよう過ごしたいです。
***************

7月はトレーニング、勉強、トレーニング、トレーニング…と忙しい月になりそうです。

私たちに会いに、ぜひグラウンドへお越しください!

サシイレ第2号!




先日、サシイレ第2号が到着しました。
大量のお米、なんと60kg!!
 
4年主務兼フィジカルトレーナー山野のご両親より頂きました。
 
プレイヤーたちの血となり肉となること間違いありません。
山野様、本当にありがとうございます!
 
朝起きてお米、授業を受けてお米、
ウエイトしてお米、トレーニングをしてお米…
 
たくさん食べて、体重アップを目指します。

誰よりもこのお米を喜んでいる森本悠太からお礼の一言です!

***************
山野さん、たくさんのお米ありがとうございます。
このお米たちを食べれることに感謝し、大きくなります。
ふっくりんこで体もふっくりんこ!
WR 6 森本悠太(2年)
***************

また、サシイレからではありませんが、OL75 福田耕介(2年)のご両親からも栃木のおいしいお米を頂きました。

あってもあっても足りないお米たち。
部員一同、感謝してもしきれません!
本当にありがとうございました!!


まだまだサシイレ募集中!

※「サシイレ」は、コチラからアクセスできます。

2014 春季納会!



昨日は2014年春シーズンの納会を行いました。

SNAILSでは毎年、春の総まとめをする中間総括会を実施しています。

今季の絶対目標である12月の一部昇格から逆算して、春シーズンを終えた今のチームは何が出来ていて何が出来ていないのか?
2014後半戦で何をどれだけやれば目標達成できるのか?
というのをひたすら議論する会です。

7月以降の取り組み方から、チームが中長期で目指すべき理想像まで。

今回は過去に例が無いほど活発に議論が交わされ、意義のある時間に出来たと思います。

今年のスローガンである「HEAT HEART」を胸に、秋のリーグ戦全勝、一部昇格を目指して全力で取り組んでいきます。

7月は全体練習の無い『トレーニング期』になります。
この1ヶ月でプレーヤーは一回りも二回りも大きくなり、8月のシーズンインの頃にはグラウンドが狭く見えることをスタッフ全員願っています。

今、自分にできる事を追求していきます。
成長し続ける私達にご注目ください!

スネイルズの日


今日は年に1度の『スネイルズの日』。
毎年恒例OB戦が行われました!

今年悪天候にもかかわらず、多くのOB・OGの方々にご参加いただきました!
本当にありがとうございました!

OB戦だからこそ出た課題、見えた課題があった気がします。
同じグラウンドで同じような経験をし、それを乗り越えてこられたOBの皆様からは学ぶべきことがたくさんあると思います!
これからもぜひ、グランドにお越しください。

また、OB戦後の食事会では普段話すことのできない方々と話ができる貴重な場となり、とても良い機会となりました。

会の最後には石本ヘッドコーチからOB戦のMVPと春シーズンのMVPが発表されました。
OB戦のMVPはFG成功率100%のK39 石垣裕貴(3年)!

春シーズンのMVPは、フレッシュマン育成担当としても大活躍したフィジカルトレーナー星野明日香(3年)です!



2人に喜びの声を聞きました!

***************
ディフェンスとオフェンスが沢山蹴る機会をくれて、FGユニットのみんながいつもノープレッシャーで蹴らせてくれたので全部決めることができました!

入替戦はこんなに甘くはないので、7、8月で細部にこだわった練習をし、リーグ戦は1戦1戦全力で戦います。応援宜しくお願いします!

3年キッカー 石垣裕貴
***************

***************
今回はこのような賞をいただきありがとうございます!
この春は本当にたくさんのことを学びました。
これからもたくさん吸収し、スタッフとしてもフィジカルトレーナーとしても成長していけるよう頑張ります!
また、1年生はぐんぐん成長しています!!
OBの皆様、是非彼らにフットボールの楽しさを身体で教えていただきたいです!!
グランドで現役部員一同お待ちしています!

3年トレーナー 星野明日香
***************

秋シーズンのMVPは誰になるのか、今から楽しみです!

SPEED



春シーズン4回目の10yd・40yd走の計測を行いました。

今季こそ、石本ヘッドコーチの目指す「速いチーム」になるために。

秋のリーグ戦に向けて、特に強化を図っているのがSPEEDです。

チーム全体のランニングフォーム指導をしてきた2年DB田中仁郭は、自己べスト更新!!

体重アップにも取り組んでいる中で、SPEEDが落ちないのはトレーニングが理に適っているから。

まだまだSPEEDを追求します。

圧倒的なSPEEDで対戦相手を圧倒できるチームを目指し、7月のトレーニング期間も貪欲に取り組みます。

フレッシュマン合同練習 in東大




先日SNAILSフレッシュマンと東京大学WARRIORSの1年生で合同練習を行いました。

初の試みでしたが、ヒット・タックルの基礎から勝負色の強い練習まで。
東京大学WARRIORSの効率的で密度の高い練習は、フレッシュマンにとって良い刺激となりました。
ジョグバックで必ずダッシュするWARRIORSの文化?に触発されて、普段はダラダラ練習している人間が別人のようでした。
こんな些細なところでも、1部校との差を痛感させられました。

とにかく、たくさんのものが吸収できた1日でした。

フレッシュマン 窪田に感想を聞きました!

*********
初めての同学年の他大学との合同練習で、アメフト部に入って一番自分達がアメフトをしていることを実感出来ました。
ヒットやタックルやムービングなどアメフトの基本的な事しかしてないけれど、お互いに学ぶことも多かったと思います。
1on1もやったのですが個人的には同年代に絶対負けたくなかったので、まずは勝つことが出来て良かったです。
東大は1部で学芸大は2部。
今は大差が開いているとは思いませんでしたが、これが四年間で一部と二部という差に開くのは日頃の練習やトレーニングの成果だと思います。
自分は4年間の取り組みで今よりも更に東大を圧倒出来るように取り組みます。
学ぶ事も多く、気も引き締まる良い機会でした。

*********

やる気と自信に溢れたフレッシュマンの成長に乞うご期待ください!
12345>|next>>
pagetop